BE●BE●緑水
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「 緑  水 」はBEのコラムです☆
2 0 0 7 年(灯 亥)02月分 海寅// 緑   水
 
02月分一覧(2007年目次)
山川恵里佳モンキッキーと結婚の情けなさ(2007_0201)
喜多嶋舞懲りずに情愛に生きる(2007_0203)
訃報.大杉君枝害年目前飛び降り自殺の理由(2007_0204)
高円宮承子女王過激な日記と宿命冲殺の意味(2007_0207)
アンナ・ニコル・スミス元プレイメイト変死を検証(2007_0216)
照英次代へ因果を伝承(2007_0220)
市川染五郎第二子長女誕生の喜び(2007_0221)
窪塚洋介役者廃業しレゲエミュージシャンへ(2007_0222)
赤江珠緒朝日放送退社しフリーになる無謀(2007_0223)
天海祐希吉川晃司に怒鳴り込まれた理由(2007_0225)
浅野史郎期待できない害の10年運(2007_0226)
板谷由夏さげ▼▼スタイリストと危険な結婚(2007_0227)
 
■2007年02月01日(陽寅)
山川恵里佳モンキッキーと結婚の情けなさ
■かねて交際を伝えられていた恵里佳(82-0306/山子※)と、
モンキッキー(68-0919/海辰)が、
近日中に入籍すると朝刊紙に報じられています。

目上が全ての午未天冲殺同士が、くっついても哀しいものですが、
山川は「戌」年生まれ「山子」で異性理解不能。
日干支「山子」は、モンキッキーの年干支「山申」を大半会させるので、
野人の彼は、まさに木にでも登る勢いなのです。

一方、モンキッキーの日干支「海辰」は、
山川の年干支「海戌」を納音するため、山川の未来は閉ざされてしまいます。
もとより「山」と「海」が一緒になっても絵になりませんが、
共に今年(07年/灯亥)は守護神年のうえ、
火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人であるモンキッキーにとっては、
千載一遇の好機なのですが、この結婚は発展しません。
明らかに未来のないことは賛成はしかねます☆
 
 
■2007年02月03日(山辰)
喜多嶋舞懲りずに情愛に生きる
■96年(陽子)に大沢樹生(69-0420/草丑)と結婚し、
05年(木申)に離婚した、
嶋舞(72-0811/木戌)が、
仕事を通じて知り合った、東大卒の大手出版社勤務の男性(42歳)と
意気投合して交際中だと朝刊紙に報じられています。

6年ぶりの主演映画『月下美人』の公開が控えている
喜多嶋はDNA「禄」冲殺主導で、
果てしない愛欲を持つものの満たされない人。
「子」年生まれ「木戌」は、内外シーソーばかりか、
生月冲殺付きの日座冲殺(さげ●●)ですので、仕事に生きるしかありません。

大沢のもとにおいた長男(10歳)まで連れだしているそうで、
守護神年とはいえ、理解の範囲を超えています。
成功することを拒否しながら老いていくのは、
懲りないというより、もったいないですね☆
 
 
■2007年02月04日(畑巳)
大杉君枝害年目前飛び降り自殺の理由
■東京杉並区生まれ、立教大学社会学部を卒業し、
87年(灯卯)の忌み神条件あり天冲殺+主導DNA「玉」年に、
AXに入社し『所さんの目がテン!』などで活躍した
大杉君枝(63-0704/山申)アナが、
忌み神害年突入を目前に控えた、忌み神天冲殺+主導DNA「玉」日の02月02日(灯卯)に、
渋谷区内の自宅マンションより飛び降り自殺したそうです。

大杉はDNA「玉」主導で、生き方を変えられない人。
「玉+牽」は、用心深い冒険心。
「玉+鳳」は、自己の感性を痛めると激情。
「玉+司」は、生活のための知恵。
「玉+貫」は、未来を読みづらい。
「山+玉+午月」は不気味。

96年(陽子)の忌み神月支対冲年に、
年下の不動産経営者と再婚するも(初婚時は不明)、01年(宝巳)に離婚。
02年(海午)の準守護神年に、10歳年下の電通社員と再々婚し、
昨年(06年/陽戌)の忌み神年の、
10月11日(雨酉)に男児を出産してから育児休暇中でしたが、
原因不明の線維筋痛症を苦にして、自ら命を絶ったと言われています。

大杉は年干「雨」と月干と日干(共に山)が干合すると、
それぞれ「灯」と「陽」になる火性の干合天干一気ですが、
エネルギー点数183点と、
夏山にしては、少々小ぶりで、疲れやすかったのです。
また、ターボ運で相応に派手ですが、
現在の10年運「41歳雨亥」は、干合支害10年運ですから、
これが07年(灯亥)の害の気を呼び込み、
持続させることが難しくなったのでしょう。

また誕生したばかりの男児も、
月干支「山戌」VS日干支「雨酉」の干合支害持ちですし、
年支「戌」と日支「酉」の害もある生年生月冲殺となり、
月干は「陽」・日干は「灯」に変化しますから、子供も干合火性天干一気なのです。
そして、この男児の日干支「雨酉」が、大杉の年干支「雨卯」を納音するため、
未来への稼働力が完全に断たれてしまったのです。

また、大杉の配偶者成分「雨」は年干にありますが、
冲殺された「卯」の上に乗っかっており、配偶者も仕事同様に制御不能です。
10年運干合支害は異性の裏切り。
何らかの形でご主人と不協和音が生じた、可能性も否定できません。
直接の要因は、お子さんの誕生が引き金でしたが、
結婚にも何らかの事情が隠されていたのかも知れません。

「卯」年生まれ「山申」は孤立しやすいということもあり、
お気持ちは察しますが、自殺は容認できかねます。
残された方は大変でしょうが、心からご冥福をお祈りいたします☆
大杉君枝63-0704
山雨雨
申午卯+1
司貫鳳玉牽(玉主導)
木性(23)火性(22)土性(91)金性(21)水性(26)/総合183
寅卯生年冲殺/干合支害(41歳雨亥)干合火性天干一気/ターボ運
大杉の長男06-1011
山陽陽
酉戌戌+9
司牽龍龍龍(龍冲殺主導)
木性(0)火性(54)土性(36)金性(93)水性(20)/総合203
戌亥生年生月冲殺/木性ゼロ/干合火性天干一気/
年支+月支VS日支害/月干支VS日干支干合支害
 
 
■2007年02月07日(海申)
高円宮承子女王過激な日記と宿命冲殺の意味
高円宮承子(86-0308/宝亥)女王が、
今年始めまで、ミクシイ上に過激な日記を公開していたと、週刊誌に報じられましたが、
生年生月冲殺らしく、正体がつかめないのはやむをえないとして、自己発揮しすぎですね。
皇族は国家の費用で生活なさっているのですから、流れに逆らってはいけません。
もっとも、放任しすぎというのも、管理者責任はどうなってるんだと思いますが、
干合水性天干一気ですから、手がつけられなかったのでしょう。
宿命にはDNA「龍」もなく、海外も似合いません☆
 
 
■2007年02月16日(宝巳)
アンナ・ニコル・スミス元プレイメイト変死を検証
■元プレイメイトの女優のアンナ・ニコル・スミス(67-1128/陽申)さんの変死。
月干支「宝亥」VS日干支「陽申」の干合支害持ちですから、
妙な異性にばかり縁ができて、裏切られ続けたのでしょうね。
今年(07年/灯亥)は、DNA「石」の害年。
02月(海寅)は、害切れの天剋地冲月。
さぞかし、辛かったのでしょう。
宿命の器を越えて、上昇しすぎると、持続できなくなってしまうのですね☆
 
 
■2007年02月20日(草酉)
照英次代へ因果を伝承
■01年(宝巳)の天剋地冲に知り合い、
04年(木申)の条件なし天冲殺+害に運命的再会を果たし、
05年(草酉)の条件なし天冲殺中に、結婚までしてしまった
筋肉系俳優の
照英(74-0404/草亥)と、
元ローカルフリーアナの
阿部和加子(74-0910/木寅)の間に
02月09日(木戌)に長男(快英)が誕生したそうです。

日座冲殺で、からつみくようなさげ▼▼の照英は、
DNA「貫」主導で、頑固者。
「貫+石」は独善的。
金性ゼロ(DNA車/牽なし)は、配偶者成分皆無ですが、
全エネルギー206点中、木性が7割を占める146点もある強者ですから、
夢がらみの結婚になってしまったのでしょう。

同学年同士の結婚ですので、共通干支はありますが、
阿部は子丑天冲殺のため逆縁結婚です(照英が年上)。
そして、(阿部は)年干支と日干支が同一のため、
新しい世界に進む挑戦者でありますが、
地元で出産するという子丑らしからぬ不器用さ。
毒のある「草」に寄生される「木」が産み落とした子供は、
なんと、同じ日座冲殺のさげ▼▼「木戌」でした。

そして、その子は年干「灯」と月干「海」が干合すると、
天干はそれぞれ「草」と「木」になりますから、
日干「木」を入れた干合木性天干一気が成立します。
さらに、地支は年支「亥」と月支「寅」が支合していますから、
木性はゆるぎないものとなり、
森のなかに異常な種が隠れている風情です。

親を吹き飛ばす宿命の子供が産まれる場合は、
一番弱い部分が犠牲になるのですから、
たとえ子丑天冲殺であろうと、10年運「31歳畑巳」が干合支害ですし、
日座冲殺に囲まれた阿部の末路は無惨かも知れません。

劇的出会いに演出された運命ほど、恐ろしいものはないのです。
同じく10年運干合支害で害年で命を絶った
大杉君枝(63-0704/山申)アナの事件が思いだされますね☆
 
 
■2007年02月21日(陽戌)
市川染五郎第二子長女誕生の喜び
■大阪松竹座で『朧の森に棲む鬼』を公演中の市川染五郎(73-0108/木辰)の
園子夫人(72-0724/陽辰)が、02月11日(陽子)に第二子になる長女を出産しました。

04年(木申)に結婚した二人には、
05年03月27日(鉄戌)に、生月冲殺で、両親と共通干支の一切ない
年干支「草酉」VS日干支「鉄戌」の
干合支害持ち(究極の表裏人間)の男児が誕生しており、
10代の頃交際していた女性との間にできた、庶子の因縁かと多いに心配しました。

ところが、今回のお子さんとは、二親と共通干支がありますし、
夫人の月干支「灯未」が子供の年干支「灯亥」を大半会し
目に入れても痛くないほどでしょう。
さすが、七代目の宿命にない火性(DNA鳳/調)の
守護神年だけのことはありますね。

(女児の)春の太陽は朝日のように爽やかです。
また、月干に守護神(守護神)の「海」があるために、
朝焼けの美しい海からの日の出をあらわしますので、
見目麗しい姿は容易に想像できます。

BEでは伝統ある高麗屋に、
子丑天冲殺の夫人はそぐわないのではと懸念してきましたが、
条件が一切つかない申酉天冲殺の誕生は、
家に少しずつ融合してきた証なのでしょう。
もっとも、誕生した女児は金性ゼロ(DNA禄/司なし)で、
優しさ・配偶者・金銭物質に疎遠であったり、
何かひとつに偏る傾向があります。
染五郎の妹の
松たか子(77-0610/山戌)なみの
育てづらいお嬢さまには違いありませんね☆
 
 
■2007年02月22日(灯亥)
窪塚洋介役者廃業しレゲエミュージシャンへ
■04年(木申)の年干と月干干合(共に畑)がからむ
条件なし天冲殺+マイナスの自己発揮年(DNA貫)に、
約26メートルもある自宅マンションの一室から転落した
窪塚(79-0507/木戌)が、
12年間所属していた事務所を辞めフリーとなり、
「卍LINE」という名前のレゲエミュージシャンとして
昨年(06年/陽戌)秋より活動を始めていることがわかりました。

窪塚はDNA「禄」主導で、自己顕示欲の強い人ですが、
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人で、
乾ききった夏の樹木は、火がついたら燃えさかる(燃えつきる)のみです。
時代整合性ない夏生まれで、理性的に世渡りする知恵はありませんから、
10年運「21歳陽寅」のDNA「鳳」の影響もあり、緩みきってしまったのです。

「木戌」は異性を真綿で絞め殺すような日座冲殺のさげ▼▼ですので、
淀みのない流れにのって、仕事に生きるべきですが、
子育て中の天冲殺で事故を起こしたように、
不安定な私生活を追究しているようでは、せっかくの異質な能力が埋もれたままです。

「未」年生まれ「木戌」は孤立しやすいのですが、
現在の10年運を活かすには、あまり一生懸命にならず、
それなりにやっていくことなのです。
真剣になればなるほど、辛いのですけどね☆
 
 
■2007年02月23日(山子)
赤江珠緒朝日放送退社しフリーになる無謀
■大阪・朝日放送(ABC)の赤江珠緒(75-0109/草卯)アナが、
03月31日(木子)付で退社し、フリーに転身することがわかりました。
04月(木辰)からは03年(雨未)以来の、
東京・テレビ朝日の朝のワイドショウ『スーパーモーニング』(月〜金8:00)の
司会にも復帰することが決定しているようです。

兵庫県生まれの赤江は、
「龍冲+司」は、一見マジメに見えますが、庶民的でハメをはずしやすい。
「龍冲+貫」は、地味な割にははしゃぐ。
「龍冲+石」は、言い訳しつつも何とかこなす。
「龍冲+鳳」は、ぶつかるようでぶつからない。
「草+龍冲+丑月」は、裏方の出しゃばり。

97年(灯丑)の守護神条件あり天冲殺の入社で、
DNA「龍」冲殺主導は、何度も見直しが行われ、ひとつの場所に定着せず。
10年運「31歳雨酉」は、新しい事に挑戦する気迫が溢れています。
しかし、それは木性が多い(230点中128点)
生月冲殺らしく、組織に所属してこその話です。
「寅」年生まれ「草卯」は寄生するのがうまいとはいえ、
生月冲殺はいかなる理由であろうと、
組織を離れてしまえば、年運にもよりますが、
一時的に上昇するように見えますが、長い目で見ると破綻は避けられません。

当面は、昨年(06年/陽戌)から始めた
『サンデープロジェクト』と両輪で稼いでいくのでしょうが、
それも今年(07年/灯亥)の守護神半会年に、
その後の条件あり天冲殺(08年/山子、09年/畑丑)までの
3年間の限定でしかありません。
才気もありますし、相応に注目されますが、上がりは永続的ではないのです。

また、組織の重厚な庇護は期待できませんし、
心の底では「オトコは全員アホ」程度にしか思っていない「草卯」ですから、
何かあれば命取りです。
それを理解したうえであろうと、目先の金銭物質にこだわると、
運格的には上昇しないのですから、厄介です。
先に退社した月支VS日支害持ちの
山本モナ(76-0211/雨巳)に比べれば、
破格の器には違いありませんが、
この人には、組織内で大物になってほしかったので、大変残念です☆
 
■2007年02月25日(鉄寅)
天海祐希吉川晃司に怒鳴り込まれた理由
■年明け早々に吉川晃司(65-0818/木辰)と
破局が伝えられた
天海祐希(67-0808/木辰)が、
ドラマ
離婚護士シリーズで共演した
佐々木蔵之介(68-0204/木辰)と、二股交際であったことが報じられたため、
逆上した吉川が視聴率低迷の『演歌の女王』の
収録スタジオに押しかけたと、夕刊紙に紹介されています。

天海はDNA「禄」主導で、誰にでも優しい。
吉川も佐々木も「木辰」で、実は全部お仲間。
「木」なので林や森にはなっても、感動はなし。

木性天干一気で頑固な吉川から、別れを切り出したと言われていますが、
この男は「木+禄+申月」らしく、寸前のところで異性に裏切られる特質。
天海も同じですが、調子の良い生月の佐々木についのせられた(笑)。
今年(07年/灯亥)は、DNA「調」年らしく、(吉川は)ナーバスになりすぎましたし、
一言文句をつけたくなる時期でしょうが、何だかみっともないですね。
皆、腹をくくって仕事に生きるべきなのでしょう☆
 
■2007年02月26日(宝卯)
浅野史郎期待できない害の10年運
浅野史郎(48-0208/雨亥)前宮城県知事が、
東京都知事選挙出馬に関して、出るのでないのと、もったいぶっているようですが、
東京に縁もゆかりもないわりには、生年冲殺らしからぬ鈍さが気になりますね。
この人、ターボ運ですけれど、今年(07年/灯亥)から、
10年運「59歳鉄申」の害ですから、都民は期待しちゃダメなんです☆
 
 
■2007年02月27日(海辰)
板谷由夏さげ▼▼スタイリストと危険な結婚
■AX系『ハケンの品格』にレギュラー出演中で、
先頃、映画
運命じない人の演技が評価され、
毎日映画コンクール助演女優賞を受賞した
板谷由夏(75-0622/畑亥)が、
忌み神年ながら、DNA「龍」の改良改革年らしく、
同じく「灯」が重なる大安の02月22日(灯亥)に、
スタイリストの
古田ひろひこ(66-0913/草亥)と入籍したことを
所属事務所が発表しました。

板谷はDNA「貫」主導で、頑固一徹。
「畑+貫+午月」は、用心深く生き方を変えないため
苦しみながらも良さを見いだす人。
「貫+車」は、一本気。
「貫+司」は、急がず焦らず強い意志力。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)の、無駄なもののない「畑」ですが、
年干の「草」と月干の「海」を加味すると、
(夏という季節の)浜辺の砂のような存在です。

相手とは12年前(95年/草亥)に、雑誌モデルとスタイリストとして知り合い、
友人付きあいののち、05年(草酉)より交際に発展したそうです。

懸念されるのは、出会いの時期が、
板谷の10年運「15歳木申」の干合支害ということ。
その気になると異性に翻弄され、異性の毒素が浸透し、
汚れていた時代の出会いに、清々しさは感じません。

板谷は今後も女優業を続行すると発表していますが、
社会参加そのものが害。
毒は既に廻りきっています。
潔く私的生活中心の生き方が望まれますが、相手との出会いに、
微かな不安の根を感じますから、それも叶わないのでしょう。
夏生まれは熱いので、紛れてしまうのもありますが、
共通干支があろうと、相手が寄生するばかりの
さげ▼▼の日座冲殺では、心配というより危険ですね☆
 
07年01月分 07年03月分 07年04月分 07年05月分 07年06月分 07年07月分
07年08月分 07年09月分 07年10月分 07年11月分 07年12月分
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
このページを美しくみる方法はこちら
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2012 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2