簡易地図★BE緑水●BE茶房部
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
2 0 0 7 年(灯亥)●07月 灯未//茶房部 緑水
閲覧可能なのは見出しがあるコラムのみで、
その他鳳積堂私信等閲覧は、専用IDとPASSが必要です☆
コラムの先頭へ
華原朋美が所属事務所から解雇●2007_0701
羽賀研二が恐喝容疑で逮捕●2007_0702
長澤まさみの長期低落と蒸発寸前●2007_0703
長崎原爆で引責辞任久間章生前防衛相の非常識●2007_0704
ロードオブメジャーが今頃解散の情けなさ●2007_0704
西山繭子が色鉛筆専門店で作家デビューの余興●2007_0705
坂本一生が刃物で脅され全治3週間●2007_0705
梅宮アンナの不可解な所属事務所退社●2007_0706
小沢一郎民主党代表は1%も消費税をあげない●2007_0707
香里奈佐藤隆太の知性なき参院選●2007_0707
小梅太夫の第一子男児誕生に見る限界●2007_0708
安田美沙子の身勝手な柏原収史との破局宣言●2007_0709
内山信二が内縁関係解消で告訴される●2007_0710
小室哲哉が吉本興業からクビ●2007_0711
立河宜子が夢結婚清算しエステシャンへの道●2007_0712
赤城徳彦農相の干合支害10年運と夢の清算●2007_0713
今井絵理子175RSHOGOと別居の単純な理由●2007_0713
浜崎あゆみとの破局で長瀬智也が救われた●2007_0719
中村麻美虎牙光輝が夢清算し離婚●2007_0719
まちゃまちゃ10歳年下男性と同居暴露される●2007_0720
滝川クリステルフローラン・ダバディの持続しない逢瀬●2007_0720
光浦靖子が頭部緊急手術も休養が必要●2007_0721
研ナオコが26歳ホストと不倫報道の情けなさ●2007_0722
くりぃむしちゅー 有田哲平西川史子のくたびれる仲●2007_0723
好きなお天気お姉さん第一位は皆藤愛子●2007_0724
プリンセス天功がイリュージョン失敗で全身打撲●2007_0725
假屋崎省吾が20億円豪邸に文句をつける薄汚い部分●2007_0726
父親にバカと言われた市川海老蔵●2007_0727
氷川きよしが機内で大声で携帯電話●2007_0727
石黒賢がテニスでアキレス腱断断絶●2007_0727
布袋寅泰町田康を殴った理由●2007_0727
中居正広が運転免許を失効●2007_0728
織田信成が酒気帯び運転で摘発●2007_0728
矢井田瞳の悲愴な干合支害結婚●2007_0729
鈴木京香が家賃百万豪邸引越と白人男性と交際●2007_0730
安倍晋三が演出した民主党の参院選大勝●2007_0731
 
■2007年07月01日(陽申)
華原朋美が所属事務所から解雇●
■薬物常用などによる、仕事をドタキャンしたなどの理由で、
華原朋美(71-0817/木戌*)が、
06月28日(雨巳)付で所属事務所から、解雇されたことが発表されました。
日座冲殺だけでも大変なのに、生月冲殺に内外シーソー運型に、
初旬天冲殺害という、条件が目白押し。
変剋律2旬目の「27歳畑亥」は、干合10年運で、潰えたことになります。
私事にとらわれず、宿命を活かしきれば、大きな成功もあったのでしょうが、
管理しきれない事務所にも問題があるのです。
よく耳にする言葉に、
「プライベートなことは本人に任せております。大人ですから」というようなのがありますが、
それはとんでもない過ちです。
組織がどんどん個人に干渉しなくなったせいで、
宿命冲殺などの条件が重なる人の、成功率が低くなったような気がします。
緩い保護というものは、何の役にもたたないようです☆
 
■2007年07月02日(灯酉)
羽賀研二が恐喝容疑で逮捕●
■購入した株が無価値になったと約4億円の賠償を求めた知人を脅し、
賠償請求権を放棄させたとして
羽賀研二(61-0721/草卯)が、恐喝容疑で逮捕されました。

生年冲殺が自己発揮の末に職を渡り歩くだけでも、
この人に一貫性を感じませんが、
今年(07年/灯亥)は、DNA「鳳」の忌み神年で、
さらに月支「未」と日支「亥」のからむ三合会局で危険な状態。
また、10年運「45歳鉄寅」は、月干と日干(共に草)を干合させると、
年干「宝」をふくめた金性の天干一気となり、
ただでさえ目上剋しの子丑天冲殺の威力が増すのです。
DNA「牽」は、マイナスにはたらき不名誉でもあるのです。
ちなみに一緒に逮捕された
プロボクシング元世界チャンピオンの
渡辺二郎(55-0316/陽子)は、
年支「未」VS日支「子」の害持ちで、持続力のない表裏人間。
羽賀の日干支に渡辺の年干支「草未」が大半会されますから、
乗せられたということでしょう☆
 
■2007年07月03日(山戌)
長澤まさみの長期低落と蒸発寸前●
■出演作の大コケが続く長澤まさみ(87-0603/雨未)が、
長期低落に入っている理由は、
時代整合性ない暑苦しい季節に生まれたにもかかわらず、
事務所が意図的な話題作りを連発したためでしょう。
しかも、それが何とかなったのは、
04年(木申)と05年(草酉)の条件なし天冲殺で、
「雨水」の流れが一時的に良くなったように見えたからです。
初旬条件もありませんし、主導DNA「司」が
トップクラスの魅力を振りまくには無理があるのです。
今年(07年/灯亥)は、年支「卯」と日支「未」がからむ
熱い火性の三合会局年で、蒸発寸前ですし、
来年(08年)は、60年に一度の干合支害年に加え、
10年運「21歳山申」の忌み神10年運天冲殺入りで、
埋め立てられてしまいそうですね。
「卯」年生まれ「雨未」は、一発勝負型。
もうよほどの大転換がない限り生き残れなさそうです☆
 
■2007年07月04日(畑亥)
長崎原爆で引責辞任久間章生前防衛相の非常識●
■「(長崎の)原爆投下はしょうがない」と発言し、
参議院選挙を控え、身内からも辞任要求をつきつけられ
引責辞任した
久間章生(40-1204/宝巳)前防衛相は、
DNA「調」主導で、偏っていないと不安な御仁。
「調+玉」は世間知らずですし、
「辰」年生まれ「宝巳」は矛盾だらけの人生です。
冬生まれのため、10年運「1歳山子/11歳畑丑」の
若い時分は守護神の恩恵をうけ、
少々変わった人ということでも評価されたのでしょうが、
現在の10年運「61歳木午」は、DNA「司」の堅実さが求められ、
もっとも苦手な環境にあるのです。
もともと月干支「灯亥」VS日干支「宝巳」の天剋地冲持ちですから、
内側の人々に迷惑をかけながら、直感に頼り生きてきましたが、
今年(07年/灯亥)は、60年ぶりの宿命に所有する「灯亥」の天剋地冲で、
初代防衛相を拝命したのですが、
同時に進みすぎれば、過去の実績を失いかねない危険時期です。
初当選(80年/鉄申)がDNA「石」の政治力の年ですが、
条件なし天冲殺でありました。
首相とは共通干支もあり、気心も知れていますが、
頑張りすぎたツケで、終わってしまったようです☆
ロードオブメジャーが今頃解散の情けなさ●
■02年(海午)の「大切なもの」以来、ヒットに恵まれなかった
ロードオブメジャー(02-0828/山辰)が、解散宣言。
ヴォーカルと作詞作曲担当の
北川賢一(80-0825/鉄午)ともども、
条件なし天冲殺で、自滅ということなのでしょう。
北川は初旬条件はないものの、「14歳陽戌/24歳灯亥」は、守護神10年運天冲殺。
ただし、年支も月支も「申」ですから、「亥」の害の影響は顕著だったようです。
また、変剋律「14歳陽戌/24歳灯亥/34歳山子」は、
苦痛を感じながらも、役割発揮せねばなりませんが、
「貫」主導で、「貫」×3と金性過多で融通性なし。
自己中心でしか物を考えられず、奉仕や感謝がないと、
この時期は乗り切っていけないのです。
もっと早くか、あるいはもっと我慢。タイミングの良くない人ですね☆
 
■2007年07月05日(鉄子)
西山繭子が色鉛筆専門店で作家デビューの余興●
■作家の伊集院静(50-0209/草亥)の娘で、
(親子間で)共通干支の全くない女優の
西山繭子(78-0120/海午※)が、
短編集『色鉛筆専門店』で
07月06日(宝丑)のDNA「玉」の害日に作家デビューするそうです。

日座冲殺の親に比して、異常干支の「海午」は、
精神活動より経済活動により力を発揮します。
しかも木性ゼロ(DNA鳳/調なし)で表現力はまるでありませんから、
偏った手法しか使えないのです。
月干支「雨丑」VS日干支「海午」は、DNA「石」の害。
ずる賢くふるまえば、結果はともなわず。
あれもこれもやる時代ではありません。
父親と同じ土俵で勝負するのは無謀です。
余興で終わりそうです☆
坂本一生が刃物で脅され全治3週間●
■火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人の
タレントでホストの
坂本一生(71-0420/草亥)が、
宿命にない火性の刑年(07年/灯亥)の火性月(陽午)の
火性の天冲殺害日の07月01日(陽申)に、
千葉市稲毛区のホームセンターで、カッターナイフを持った無職の男性(60)に
脅されていたことがわかりました。

坂本はDNA「司」主導で、華をつけない地味な野草ですが、
「草亥」は異性に寄生して、養分を吸いとる日座冲殺のさげ▼▼。
ホストはさまになっていますが、危険な男です。
デビューも93年(雨酉)の条件なし忌み神天冲殺で、
本来は芸能界に縁がない人です。
「司+玉」は生きるためなら何でもしますが、
10年運「35歳山子」は主導DNA「司」の変剋律10年運。
宿命にない火性年なら、もっとハジけて良いものですが、
苦しまないで、楽をしようという気持ちだと、妙なことに巻きこまれるのですね☆
 
■2007年07月06日(宝丑)
梅宮アンナの不可解な所属事務所退社●
■ダメな生月冲殺らしさを満喫していると思われる
梅宮アンナ(72-0820/雨未)が、
宿命にない木性の支合日である06月30日(草未)に、
所属していたスターダストプロモーションを、退社していたことがわかりました。

年支「子」VS日支「未」の害持ちで、表裏ありで持続力なし。
生月冲殺は仕事も私生活も流れに乗らねばなりません。
かつての交際相手が逮捕されたことで、
問題が大きくなることを恐れた事務所側から引導を渡されたとも考えられますが、
仕事に生きることが出来なかった、身からでた錆とも言えるのです。
生月冲殺の負の部分がふくれて、男に翻弄されたのでしょうが、
今年(07年/灯亥)は、DNA「禄」の半会年。
単にわがままです☆
 
■2007年07月07日(海寅)
小沢一郎民主党代表は1%も消費税をあげない●
安倍晋三(54-0921/鉄辰)首相は、消費税をアップすると明言しました。
民主党の
小沢一郎(42-0524/灯丑)代表は、1%もあげないそうです。
消費というのは経済活動ですから、抑制したら成長がなくなるのです。
ですから本当は一律課税は、タコが自分の脚を食べるようなもので、
前向きとは言えないのですが、廃止すると断言できないのが、
この国の美しくないところでしょう☆
香里奈佐藤隆太の知性なき参院選●
■総務省は07月29日(木子)投開票の参院選で
投票するよう呼び掛けるイメージキャラクターに
モデルで女優の
香里奈(84-0221/草酉)と
俳優の
佐藤隆太(80-0227/鉄午)を起用すると発表しました。

香里奈はDNA「石」主導で、反応が鈍いトゲトゲした人。
「子」年生まれ「草酉」は、矛盾だらけの人生。
佐藤はDNA「禄」主導で、唯我独尊。
「申」年生まれ「鉄午」は、まとめ下手です。
二人の起用理由に、
「若者の等身大の目線で主人公を演じてもらうのにふさわしいから」としていますが、
香里奈は天冲殺月中とはいえ、
天冲殺年だった(02年/海午・03年/雨未)から成長はありませんし、
佐藤にしても、これといって誉められた運型のない
DNA「牽」の守護神天冲殺年でしかありません。
香里奈の年干支「木子」が、佐藤の日干支「鉄午」に天剋地冲されるため、
発展も何も見込める間柄ではありませんが、
習得本能の時代に入ったのですから、
「玉」主導などの思慮深い選ぶべきでしたね☆
 
■2007年07月08日(雨卯)
小梅太夫の第一子男児誕生に見る限界●
■お笑いの小梅太夫(72-0420/宝巳)に、
天剋地冲年の干合月の07月04日(畑亥)、第一子となる男児が誕生したそうです。
年干「灯」と月干「陽」に熱い火性があるため、どうにも救いが薄そうですが、
これはDNA「龍」と「玉」が混在し、母親縁が実はないということです。
また、「玉」をあらわす「陽」の干合相手である「宝」も
陰陽の「鉄」も存在しないので、父親縁も存在しないのです。
救いは年支と日支の底に海流ですが、これとてないよりはマシという程度で、
作物があるとはいえ、塩漬けですから、なかなか格好もつきません。
「畑」に金性がないのは、一見肥沃に映るかもしれませんが、
領域が限定されず、土砂が垂れ流しになる恐れがあります。
10年運「2歳灯未」は、年干支「灯亥」の大半会に加え、
日干支「畑亥」とは大半会的ですから初旬条件こそ倍加しますが、
2旬「12歳山申」の妥協と害は苦痛でしょう。
このあたりが、小梅の条件なし天冲殺(05年/草酉)に出会ったツケ。
子供には責任がないとはいえ、親の果たす役割や生き方が重要だということです☆
 
■2007年07月09日(木辰)
安田美沙子の身勝手な柏原収史との破局宣言●
■04年(木申)と05年(草酉)に、映画『ルナハイツ』で共演し
昨年(06年/陽戌)の09月(灯酉)に交際を報じられた
安田美沙子(79-0420/灯巳※*)と、柏原収史(78-1223/畑未)が、
今年(07年/灯亥)の5月(草巳)に破局したそうです。

安田側のアプローチにより始まった交際ですが、
共通干支もあり、柏原には守護神という関係でしたが、
子丑天冲殺同士が交際しても、相討ちになるというのは、
交際報道時にBEが指摘したとおりです。
そもそもエネルギー183点しかない柏原が、
321点もある年下の安田にぶら下がられたならば重荷だったのですが、
性格の不一致も何もないでしょう(笑)。
このあたりが生月冲殺の柏原の哀しさで、
生き方がもうひとつだと、こういう事故にあうのです。

今年は安田の納音年で破局は予定通りですし、
柏原は受身ながらDNA「龍」の改良改革年の半会で、守護神。
ようやく呪縛から解放されたということでしょう。
交際当初、安田サイドは否定していましたが、
破局となると、積極的に利用するのは如何なものでしょうか。
こういう疲れるだけの逆縁交際は、始めからしないほうが、
運気の停滞を招かなくてすむのです☆
 
■2007年07月10日(草巳)
内山信二が内縁関係解消で告訴される●
■タレントの内山信二(81-0925/陽午)が、
99年(畑卯)の条件なし天冲殺中から同棲していた30歳の女性から、
内縁関係が解消され精神的侵害を受けたとして、
約500万円の訴えを起こされたそうです。
内山はDNA「司」主導でケチ。
「司」×3もあり、心の奥底を他人に見せず、
自己の利益しか興味がない人かもしれません。
「酉」年生まれ「陽午」は逃げ腰。
木性ゼロ(DNA龍/玉なし)は知性の片鱗もありませんし、
水性ゼロ(DNA車/牽なし)はプライドもない、野人体質です。
秋の太陽は、夕陽と言えば聞こえはいいですが、実際は力がない虚の運型です。
8年間といえば、17歳からですが、
こういう人の本質を見抜けなかった、お相手にも問題はありそうです。
夢の中の出来事は、こうして消滅するもの。
告訴は因縁の消化にはなりませんね☆
 
■2007年07月11日(陽午)
小室哲哉が吉本興業からクビ●
■対冲年の01年(宝巳)の月干支納音の05月(雨巳)に、吉本興業と契約しながら、
これといった業績を残せなかった
小室哲哉(58-1127/山申)が、
DNA「玉」の守護神とはいえ害年(07年/灯亥)を迎え
06月(陽午)30日(草未)のDNA「牽」日に、不名誉な契約解除となりました。
干合火性天干一気の宿命が、「43歳山辰」の月干干合で
崩れたというのもひとつの理由ですし、
「山」が海外をふくめ動きすぎたり、
月干支VS日干支の干合支害持ちらしく、
「木戌」に深くかかわったなど、滅茶苦茶でしたね。
もとより、「23歳陽寅/33歳灯卯」の守護神10年運天冲殺で、
不自然な伸びを見せたのですが、
初旬条件もない一過性の10年運天冲殺ほど、怖い物はありません。
感謝や奉仕の念が稀薄ですと、最後は惨めですね。
ちなみに今年(07月/灯亥)は、01年の干支「宝巳」も、05月の干支「雨巳」も
天剋地冲されていることが興味深いです☆
 
■2007年07月12日(灯未)
立河宜子が夢結婚清算しエステシャンへの道●
■条件なし天冲殺の01年(宝巳)の、宿命害切れの07月(草未)に、
体調不良で入院した先の環器系内科の研修医だった元夫と意気投合し、
02年(海午)の月干干合の忌み神刑年に結婚した
立川宜子(70-0114/木午)が、
結婚前からあったパニック症候群が悪化したために、
05年(草酉)に離婚していたことがわかりました。

木性の人が年支「酉」VS月支「丑」の金性半会があり、
月支「丑」VS日支「午」の害持ちなのですから、
もともと結婚には向いていませんが、条件なし天冲殺で夢を見ましたね。
年干「畑」と日干「木」が干合して、干合日干支が「山午」になりますから、
初旬「7歳山寅」とは大半会を形成し初旬条件もあり、
本格稼働する「27歳鉄辰/37歳宝巳」が、
金性の10年運天冲殺なのですから、家庭には入れません。
10年運「37歳宝巳」のDNA「牽」と、年運(07年/灯亥)守護神に、
宿命の害が切れる守護神支合月(07月/灯未)の発表は、相応の流れでしょう。
現在はエステシャンとして第二の人生を歩んでいるそうですが、
「夫を自由にしてあげたかったんです」ではなく、
自分が自由になりたかっただけです。
理性さえあれば、とっくにもっと高いところにいられるはずでした。
「玉」主導の仕事人間なのに残念ですが、
わざわざ取材に応じるところが、恥の上塗りのような気がします☆
 
■2007年07月13日(山申)
赤城徳彦農相の干合支害10年運と夢の清算●
■もはや恥も外聞もなく、ヨロヨロの赤城徳彦(59-0118/鉄午)農水相。
鉄にとって大切なのはDNAの「車/牽」ですから、
すぐどこかに逃げる「龍/玉」は、とてももまずいでしょう。
見せかけだけの「鉄」ほど、もろいものですが、
戌亥天冲殺が家系をついで、政治の世界に入ったのが間違いなら、
選挙区をほったらかして、世田谷区の豪邸で外車3台所有に、
自宅があるのに豪華議員宿舎生活は、恥のまた恥。
「24歳草丑」の干合支害10年運で、議員になったのですから、
たとえ、条件あり守護神天冲殺であろうと、
大臣になっても、ボロがでたのでしょう。
生年冲殺に自己発揮の辞任はありえませんから、
引導を渡されないと、退くに退けません☆
今井絵理子175RSHOGOと別居の単純な理由●
■火性ゼロ(DNA禄/司)の野人で、奉仕も感謝もなく
暖かみのない
今井絵理子(83-0922/雨丑)と、
少々パワー不足と思われる
175RSHOGO(80-0324/陽申)が、
宿命にない火性年一年目の昨年(06年/陽戌)末から
今井が長男(04-1018/鉄午)を連れだす形で、別居していることがわかりました。

二人には一切共通干支がなく、
出会いも今井の納音年(03年/雨未)と、SHOGOの忌み神年でしたから、
今井の宿命にない火性年の天剋地冲月(07月)と、
SHOGOの忌み神害年に発覚してもおかしくありません。

別居するのは非常に賛成ですが、
今井が共通干支のない害関係の長男と一緒というのはおかしな話です。
共通干支のあるSHOGOが「自分が子供を育てたい」と
申し出ているのですから、それに乗るのが流れでしょうし、
そういうものに翻弄されるのが、生月冲殺(長男)なのです☆
 
■2007年07月19日(木寅)
浜崎あゆみとの破局で長瀬智也が救われた●
■98年(山寅)の長瀬智也(78-1107/雨酉)の干合年から、
約7年間交際を続けていた
浜崎あゆみ(78-1002/灯酉)が、
自身の会員制サイトで、07月13日(山申)別離を公表しました。

木性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人で、
水性ゼロ(DNA車/牽なし)で配偶者成分なし、
「午」年生まれ「灯酉」は異性理解不能。
大変わかりやすい浜崎ですが、
木性ゼロ(DNA鳳/調なし)で気持ちのやり場がなく
月支「戌」VS日支「酉」の害持ちの生月冲殺の長瀬としては、
条件あり守護神天冲殺で、ようやく開放されたということでしょう。
事実婚は結婚とほとんどかわりません。
「恋人同士という枠を越えて、家族のような兄弟のような、
そんな関係になったんだよね」とは、白々しさが漂います。
なんと実りのない日々でしたが、
長瀬は「午」年生まれ「雨酉」で上がって落ちる。
もともと結婚には向いていないのですから、
仕事で追い風が吹くことを期待しましょう☆
中村麻美虎牙光輝が夢清算し離婚●
■元キックボクサーで俳優の虎牙光揮(75-0116/海戌)と、
『ファザーファッカー』で女優デビューした
中村麻美(79-0114/宝巳)が、
今年(07年)の01月(宝丑月で06年陽戌年の最後)に、
離婚していたことがわかりました。

二人の出会いは03年(雨未)の07月(畑未)となり、
年支「午」VS「丑」の害持ちで、
持続力なしの表裏人間の中村の害切れ年の、守護神害切れ月でしたが、
結婚したのは、04年(木申)の条件なし天冲殺で、夢のなかでした。

二人には共通干支もないうえに、中村の条件なし天冲殺年2年目と
虎牙の害年である05年(草酉)には、女児も誕生したのですが、
仕事を諦めることのない中村(天冲殺結婚は社会参加を停止するのが常道)と、
責任感があるとはいえない生月冲殺の虎牙の
共同生活にはもともと無理がありました。

中村の干合年の最後と、虎牙の条件あり天冲殺月の離婚は納得いくものですが、
縁の薄い子供の親権を持つ中村の前途は明るいものとは言えません。
すれ違うのは理由あり。
天冲殺の時期は感謝と奉仕が大切で、
個人生活を堪能するものではないというのが、良くわかります☆
 
■2007年07月20日(草卯)
まちゃまちゃ10歳年下男性と同居暴露される●
■「コワ〜い吉本芸人10選」に堂々と選ばれたまちゃまちゃ(76-0507/畑未)が、
同僚芸人から10歳年下の男性と同居していることを暴露され
「バンドやってる男性でね。恋人なんてもんじゃない。
(今後)すごいのを捕まえて、来年ぐらいには結婚するから」とコメント。
今年(07年/灯亥)は、月干支「雨巳」の天剋地冲年の、
DNA「龍」の改良改革年となり新規に挑戦ですが、
来年(08年/山子)は、忌み神天冲殺+害なのですから、
悠長なことは言ってられません。
10年運「31歳畑丑」も10年運天冲殺+納音。
エネルギー305点の通常人の倍ほどのパワー持ち。
仕事の流れを大切にしてほしいものです☆
滝川クリステルフローラン・ダバディの持続しない逢瀬●
■07月10日(草巳)に開催された時計ブランドの発表会で、
「ニュースJAPAN」のキャスターの
滝川クリステル(77-1001/宝卯)と、
「すぽると!」の金曜日キャスターの
フローラン・ダバディー(74-1101/陽午)が、
ぴったり寄り添いながら談笑していたことを夕刊紙に報じられています。

05年(草酉)には、品川で仲良くテニスにをする目撃情報もありましたね。
二人には、共通干支はなく日干干合の相互冲殺があるのみで、
持続できるなんて、よほど仕事が忙しくて、
他のことを考える時間なんてないんでしょうね(笑)。

滝川は水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、息苦しい人。
ダバディーも水性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人のような人で、
頭は良い(木性過多)のでしょうが、仕事でキラリと光ることに恵まれません。
22歳からの10年運「22歳灯丑」が害だったダバディーは、
現在の10年運は「32歳山寅」のDNA「鳳」の10年運天冲殺。
流れに乗って異なる生き方を選択すべきでしょう。
こういう人と滝川は一瞬の情けだけで
いつまでもかかわっているべきではありませんね☆
 
■2007年07月21日(陽辰)
光浦靖子が頭部緊急手術も休養が必要●
■タレントの光浦靖子(71-0520/草巳)が、
頭の表面の血管にしこりが発見され、腫瘍の可能性もあることから、
それを除去するために来週中に緊急手術を行うそうです。

光浦はDNA「牽」主導で、姿形にこだわる人。
「牽+玉」は、用心深い冒険心。
「牽+牽」は、無為無策に突っ走る恐れ。
「牽+車」は、忍耐力あるように見えるも、デリカシーなし。
「牽+龍」は、小細工得意。
「草+牽+巳月」は、物事のまとまりに欠ける。
「亥」年生まれ「草巳」は、本質的には受身なのです。

初旬条件などがない宿命で、初旬「6歳木午」・2旬「16歳草未」の
木性強化10年運で、地歩を固めていき、
「26歳陽申」のDNA「調」の10年運が、
年干「宝」が干合され「雨」という守護神になったため、仕事上の伸びを見せました。

とはいえ、華やかすぎる夏生まれとしては、今年(07年/灯亥)は忌み神対冲。
月干支「雨巳」の天剋地冲は、
相当精神的に追いつめられているところがありそうです。
また、今年から突入した10年運「36歳灯酉」も、同様に忌み神。
こちらは半会の作用ですから、体内で壊したり発生したりと、大忙しなのです。

対処方法は、器以上の活躍をしすぎているので、
不規則な生活をあらため、リフレッシュすることですが、
一度味わった世界からの脱却が難しいのは、
夏生まれの「草」と寅卯天冲殺らしいところです☆
 
■2007年07月22日(灯巳)
研ナオコが26歳ホストと不倫報道の情けなさ●
■通常人の倍ほどあるバケモノ的なエネルギー326点を有する
研ナオコ(53-0707/畑未)が、
26歳のホストと親密だと写真誌に報じられています。

今年(07年/灯亥)は、年干支「雨巳」の天剋地冲、
月干支と日干支(共に畑未)の忌み神半会で、
苦しい中でのDNA「龍」のですから、次元の低い改良改革なのでしょう。

しかし、夫(59-1020/草亥)の宿命を加味すれば、
この手の話がでるのも遅すぎた感もします。
来年(08年/山子)は、守護神の年干「雨」が干合により「灯」となり、
条件なし天冲殺+害にはまりますから危険です。
火性が強い夏生まれのため、頭を使うというより、単に浮つくようでは、
大きな問題を起こしそうな予感がします☆
 
■2007年07月23日(山午)
くりぃむしちゅー有田哲平西川史子のくたびれる仲●
■火性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人ばかりか、
年支「亥」VS日支「申」の害持ちの表裏人間で、
川原亜矢子と同一生年月日の、
タレントだか医者だかわからない
西川史子(71-0405/鉄申)が、
07月10日(草巳)に、
くりぃむしちゅー有田哲平(71-0203/畑未)と、
東京ドームホテルの地下駐車場からエレベーターで上がっていったと、
『おはよう朝日です』で報じられています。

有田は四土格の生月冲殺で、
今年(07年/灯亥)はDNA「龍」の守護神改良改革年。
西川は宿命にない火性の害年ながら、
害持ちらしい干合支合日の妙な行動ですね。
共通干支のない子丑天冲殺同士が戯れても、
何らプラスにもならず、くたびれるだけですけどね☆
 
■2007年07月24日(畑未)
好きなお天気お姉さん第一位は皆藤愛子
■オリコンが実施した「お天気お姉さん」第一位に、
『めざましテレビ』の
皆籐愛子(84-0125/山午)が選ばれました。
皆藤はDNA「石」主導で、比較的反応がノロい人。
「石+禄」は、他力本願。
「石+石」は、集団に所属するも単独行動で自己を活かす。
「石+司」は、日常生活は地味。
「石+牽」は、事なかれ主義。
「山+石+丑月」は、独創色なく他人の真似。
生月冲殺で、月支「丑」VS日支「午」の害持ちで、
常に制御不能の役割が見え隠れする人ですが、
(成果を求める訳にはいかず結婚も向いていません)
今年(07年/灯亥)は、DNA「玉」の守護神年ですし、
07月(灯未)は害切れですから、納得済みです。
初旬「3歳陽寅」が日干支「山午」と大半会的ですから成功運型ですが、
2旬「13歳灯卯」も、初旬に続き守護神10年運で、
子丑天冲殺のわりには、苦労が足りないようです。
現在の10年運「23歳山辰」は、年干「雨」と干合すると、
それぞれ「陽」と「灯」になりますから、
冬生まれにとっては、刺激のある社会参加が望まれたのです。
とはいっても典型的な早生運で、これまでは恵まれすぎです。
「亥」年生まれ「山午」は、上がれば落ちることもあり。
この2年の条件あり天冲殺を如何に過ごすかで、
人生全般の勝敗が見えてきますが、
今さら後戻りできませんから、後先考えず前進するだけですね☆
 
■2007年07月25日(鉄申)
プリンセス天功がイリュージョン失敗で全身打撲●
■イリュージョニストのプリンセス天功(56-0629/灯卯)が、
07月22日(灯巳)に、機材トラブルで全身打撲を負っていたことを報じられています。
天功はDNA「貫」主導で、情況環境により変化。
「貫+司」は、強い意志力。
「貫+龍」は、忍耐力強力。
「貫+石」は、独善的。
「貫+玉」は、急場をしのぐ。
「灯+貫+午月」は、苦難の人生で説得力でる人。
「灯卯」らしく現実離れしたパフォーマンスを得意としていますが、
さすが10年運「48歳畑丑」の月干支干合支害中の
条件なし天冲殺+大半会で、息切れとなったのでしょう。
エネルギー点数もさほどなく、危険な技を駆使するには、年老いてしまったのでしょう。
夢の中でのお知らせ現象は、抵抗不能。
退き際なのかもしれません☆
 
■2007年07月26日(宝酉)
假屋崎省吾が20億円豪邸に文句をつける薄汚い部分●
■華道家を称する假屋崎省吾(58-1217/山辰)が、
渋谷区の一等地に20億円もするという
外装はベネチア風で内装はヨーロッパを基調したといわれる
大変なご趣味の豪邸を建設するも、
「満足度は半分。日本の建設史上、史上最悪の建築業者が担当しちゃったの。
何から何までめちゃくちゃよ。物は知らないし、知識はないし」と発言。
だったら住むなとも思う。

生年冲殺で生日冲殺で互換冲殺持ちという假屋崎は、
DNA「司」主導で、単なるケチ。
「司+玉」は、自己の生活のために知恵を使う。
華道は道具でしかありません。
「司+司」は、心の奥底を他人に見せない。
「司+貫」は、意志強固。
「司+車」は、猪突猛進。
冬枯れの木が中央(月干)にありますが、
光り輝く陽光とは無縁の寒々とした冬山です。

10年運「47歳畑巳」で、月干「木」が干合され「山」となるため、
土性天干一気が完成した、60年に2年だけある条件あり守護神天冲殺のため、
集大成ともいえる姿をさらしているのでしょうが、
どこから見ても文化の香りのしない宿命は、
知識の深い人からみたら、恥さらしでしかありません。
年干支「山戌」VS日干支「山辰」の納音持ちに、
(どこか秘密めいているのが納音持ちです)
17歳年下の男性と暮らす私邸を公開されても、
何ら感動がないばかりか、気色悪いだけです☆
 
■2007年07月27日(海戌)
父親にバカと言われた市川海老蔵
■芸より女性関係でしか話題にならない歌舞伎俳優の父親が、
能登半島地震の被災者に100万円を寄付。
なぜ中越沖ではないのか不明ですが、
借金があろうと義援金は別ですからね。
しかし、息子にもやらせないといけません。
「バカだなと思います。同情できません」と言う前に、
生年冲殺に継がせるほうが問題なのです☆
氷川きよしが機内で大声で携帯電話●
■演歌界のプリンス氷川きよし(77-0906/陽寅)が、
飛行機内で大声で携帯電話を使っていたので、
やめるようにCAが丁重に頭を下げると、
「わかった、わかった」みたいなジェスチャーのみで、
やめる気配がないので、再度注意すると、
「何かさあ、オバさんが切れ切れってうるさいからいったん切るね」と、
横柄な態度だったとか。
年支VS日支の表裏人間は油断した時に素がでますが、
条件なし天冲殺は感謝と奉仕の時。
それ以前のレベルの低さで唖然としますね☆
石黒賢がテニスでアキレス腱断断絶●
■元プロテニスプレイヤーの息子で、
年干支VS日干支干合支害持ちの生日冲殺の
石黒賢(66-0131/鉄寅)が、
先月テニス中に左のアキレス腱を断裂していたそうです。
宿命的なバランスが悪く、スポーツは向いていないことを
悟るべきですね。若くないんだし☆
布袋寅泰町田康を殴った理由●
■木性ゼロ(DNA禄/司なし)で奉仕の気持ちなく、
金性天干一気ながら、年支+月支(共に丑)VS日支(午)の害を持ち、
常に自爆しやすい体質の
布袋寅泰(62-0201/鉄午)が、
ロック歌手出身の芥川賞作家で、
地支土性一気(丑×3)で目下を利用する
火性ゼロ(DNA禄/司なし)で同じく奉仕の気持ちがない
野人の
町田康(62-0115/雨丑)を殴りつけたことがわかりました。
事件は町田の宿命にない火性の害月と、
布袋のDNA「車」の刑月である先月(陽午)中旬に、
布袋の別荘から両人が車で帰京する際に起こったものですが、
二人の関係は忌み神害ですし、
町田に少しでも理性があるのならば、
「うそつき野郎を滅ぼしたい」と怒る前に、
条件なし天冲殺の危ない人に近づくべきではありません☆
 
■2007年07月28日(雨亥)
中居正広が運転免許を失効●
■木性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人並みの中居正広(72-0818/宝巳)が、
自動車免許を失効したとかで、教習所通いを写真誌に掲載されています。
「宝」の生月冲殺で、木性がないから不真面目と言えますが、
なくてもすむものを宿命に反して無理しなくても、良い気がします(笑)☆
織田信成が酒気帯び運転で摘発●
■織田信長の末裔とされるフィギュアスケートの織田信成(87-0325/雨酉)が、
DNA「龍」の放浪日の07月27日午前0時45分頃(宝酉深夜)、
酒気帯び状態でミニバイクを運転して検挙されました。
織田はDNA「鳳」主導で、緩い人。
総エネルギー120点と身軽なアスリートですが、
春生まれの「雨」は道を間違いやすいところに、
土性ゼロ(DNA車/牽なし)のため、
自尊心の欠片がないということになります。
守護神だろうと、条件なし天冲殺の不安定な時期ですから、
我が心ここに非ずだったのでしょう。
年干支「灯卯」VS日干支「雨酉」の天剋地冲持ちは、
道をはずれて体面を汚す。
ルールを守らねば、この先に進めないのです☆
 
■2007年07月29日(木子)
矢井田瞳の悲愴な干合支害結婚●
■水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で
生年生月冲殺の
矢井田瞳(78-0728/宝卯)が、
自身の誕生日である07月28日(雨亥)に、
30歳の音楽関係者と婚姻届をだしたそうです。

相手とは2年前(05年/草酉)の天剋地冲年に知り合って、
今年(07年/灯亥)の月支「未」と日支「卯」がからむ
宿命にない水性の三合会局日の結婚ですが、
ターボ運に後押しされているとはいえ、
現在の10年運「27歳陽辰」は干合支害。
単なる害ではなく、異性にその気にされても結果は裏切り。
何をするにも自由なのですが、
まだまだ先があるだけに、ちょっと可哀想な印象です☆
 
■2007年07月30日(草丑)
鈴木京香が家賃百万豪邸引越と白人男性と交際●
■「卯」年生まれ「木戌」は狭視で異性理解不能。
さらに熱すぎる夏生まれの日座冲殺という
鈴木京香(63-0531/木戌*)が、
湾岸エリアから港区白銀台の家賃100万円の賃貸に引越し。
地元では第二外交館とも呼ばれ、
外交官や政府関係者しか住めないというセキュリティが厳重な物件で、
白人男性が運転するBMWのオープンカーの助手席に乗っていたという目撃談。
ようやく外国人でないと上手く行かないという
自覚を持ってくれたのですね☆
 
■2007年07月31日(陽寅)
安倍晋三が演出した民主党の参院選大勝●
■灯年の灯月に行われた参院選で歴史的大敗をした自民党。
生月冲殺の
安倍晋三(54-0921/鉄辰)首相が犯した、
説明のつかない投開票日の一週間延期が、大惨敗を招いたと同時に、
民主党代表(灯丑)の宿命害切れの守護神支合日に選挙を行うという、
まさに敵に塩を送る行為が、民主党の地滑り的勝利をもたらしました。
また、自民党幹事長(陽申)と公明党代表(山申)の害年という
巡り合わせも良かったのでしょう。
最後に残った比例区の議席が、悪の巣窟に振り分けられたのが悔しいのですが、
神奈川・愛知・埼玉などでは、これらの手下が見事に落選して喜ばしい限りです。
一方、東京や大阪などで、もっともっと投票率を上げていけば、
その連中を叩きつぶすことができたかも知れず、残念でなりません。
ともかく、こんな楽しい今回の選挙にいかなかった人は、ダメですね。
ところで、相変わらずお題目のように、
「改革を続行」を口にする首相は、ダメ生月の極みです。
自然災害というお知らせ現象まであったのに、
「内閣改造は九月にでも」なんて、ずいぶんのんびりしたものです。
月干干合になる条件あり天冲殺月にでも、
(衆議院の)解散にうってでれば評価されるのにね(笑)☆
 
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2013 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2