簡易地図★BE緑水●BE茶房部
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
2 0 0 7 年(灯亥)●06月 陽午//茶房部 緑水
コラムの先頭へ
黒田知永子の夢の中離婚の無意味●2007_0602
mihimaru GT 三宅光幸野人の結婚●2007_0602
野人高橋愛の苦悩が始まる新リーダー就任●2007_0603
井筒和幸の害がらみ社会参加と守護神ターボ運●2007_0604
訃報.石立鉄男の干合支害がらみ宿命冲殺らしい最後●2007_0604
田中康夫新党日本代表に不足するもの●2007_0605
河合美智子の忌み神支合年で結婚の意味●2007_0605
知念里奈の納音離婚は身から出た錆●2007_0605
市原隼人のとぼけてキレて最後は泣きの交通事故●2007_0606
長谷川理恵の宿命冲殺らしく干合月の熱愛報道●2007_0606
大竹しのぶの慶大生長男二千翔キャバクラ放蕩三昧●2007_0607
井上晴美の実家出産の意味するもの●2007_0607
市川右近の条件あり天冲殺害で再々婚の不思議●2007_0608
広末涼子のモメごと好き生月冲殺が停滞する●2007_0608
18歳のヒロイン今井メロ失意の果てに風俗界へ●2007_0609
桜塚やっくんがヘアメークアーティストと熱愛●2007_0609
グッドウイル 折口雅博コムスン樋口公一のおかしな部分●2007_0610
マギー審司の危険なレーシック手術●2007_0611
ムーディ勝山の飛躍は疑問●2007_0612
柳原可奈子のまとめきれない才能●2007_0612
三原じゅん子コアラと離婚して得るもの●2007_0613
藤本景子の関ジャニ∞村上信五と交際の恥●2007_0613
えなりかずきが風俗店遊び記事を提訴の本末転倒●2007_0614
ブラザートムが害年離婚で20代女性と同棲●2007_0614
長谷川豊がめちゃ×2イケで身内女子アナ批判●2007_0614
石井希和が 楽天球団島田亨社長と結婚の無謀●2007_0615
堂本光一が六本木ヒルズに引越という夢の中●2007_0616
上田正樹がサクッス奏者の妻と離婚という夢の清算●2007_0616
宮崎あおいの後悔する結婚●2007_0617
目出度くない渡部篤郎中谷美紀の復縁●2007_0617
松嶋菜々子が苦汁の結婚生活を反省●2007_0617
信用できない安倍晋三首相の社保庁解体●2007_0618
似合わない猪瀬直樹の東京都副知事就任●2007_0618
尚美学園大学はSAMまで教授にする●2007_0618
倉木麻衣が危ない亥年亥月に台湾単独ライブ●2007_0619
学業専念の紺野あさ美が一年ぶりハロプロ復帰●2007_0620
松濤温泉シエスパ 宮田春美社長の干合支害●2007_0621
矢部浩之の釈然としないひとみちゃんとの別れ●2007_0621
お目出度い山口もえの女児出産●2007_0621
森本健成が生放送中大欠伸という緩みの連鎖●2007_0621
島田紳助熊田曜子の沖縄密会のバカさ加減●2007_0622
BOOK OFF 橋本真由美社長の大ブレーキ●2007_0622
押切もえ長州小力の束の間の噂は泡と消えた●2007_0624
大仁田厚の理解不能公認辞退の言い訳●2007_0624
ヤンキー先生義家弘介の自民党比例出馬の不整合●2007_0625
高杉亘高田聖子の納得済みの離婚発覚●2007_0625
中田カウスが自己発揮で自滅か●2007_0626
佐藤江梨子山本耕史の発展しない恋仲●2007_0627
中森明菜の艶歌ヒット祈願賽銭は僅か50円●2007_0628
笑える奥菜恵とmixi笠原賢治交際中●2007_0629
戸田恵子井上純一の逆縁天冲殺婚が離婚●2007_0629
劇団ひとり大沢あかねの無益な関係●2007_0629
加藤あい中田浩二と懲りずに続けるのか●2007_0630
 
■2007年06月02日(灯卯)
黒田知永子の夢の中離婚の無意味●
■いわゆるカリスマ主婦モデルの黒田知永子(61-0603/灯卯)が、
条件なし天冲殺2年目の大半会年(灯亥)の改良改革月(草巳)に、
05年(草酉)の改良改革対冲時期より別居していた夫と
05月30日(木子)に離婚していたことがわかりました。

学生時代から交際していた元夫は、2歳年上ということですから、
年干支は「畑亥」であることが濃厚で、
黒田の月干支「雨巳」から天剋地冲されていますので、
仕事上の伸びは期待できず、彼女の存在は疎ましかったはずです。

結婚をした90年(鉄午)は、DNA「司」の堅実さを実感する年でしたが、
10年運「21歳陽申」は、DNA「石」の妥協となり、
主導DNAの自己確立時期であっても、
必ずしも「喜んで」というものではなかったのでしょう。
もとより宿命には配偶者成分の「海」がなく、
結婚という形態には抵抗があったのでしょう。

今年は天冲殺の夢の中という条件のほかに、
月干支「雨巳」の天剋地冲があり、
その気になれば、腹をくくって生き方を大転換するのですが、
夢の中は本来受身のはずです。
夫側と条件が折り合ったのでしょうが、
この時期は冷静になって、世のため人のために尽くす時期で、
現実的な清算を行うものではありません。
16歳になる娘の親権を持ち、今後も仕事に精を出すようですが、
姓も旧姓(樫本)に戻すわけではなく、中途半端さは否めません。
おそらく、これ以上の上がり目はなく、いずれ後悔することになりそうです。
辛抱するのも天冲殺なのです☆
mihimaru GT三宅光幸野人の結婚●
■火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人、
mihimaru GT三宅光幸(80-1002/山申)が、
04年(木申)から交際していた28歳の一般女性と
昨年(06年/陽戌)11月(畑亥)に、結婚していたことがわかりました。
全エネルギー224点中、137点が金性という、決して軽くない人ですが、
表面をおおう木性が7点。
火性は0点という風変わりな人ほど、
宿命にない火性年を目一杯利用せねばなりませんね。
ただし、発表された今年(07年/灯亥)は、宿命にない火性年とはいえ、害。
お披露目は気乗りがしなかったのかも知れません。
また、不器用な「山」とはいえ、年支と日支の同一(共に申)は、
表裏ないだけに、人生が二度になりやすい人。
仕事(ユニット)が持続しないのか、私生活が犠牲になるのか、
どちらも大変かも知れませんが、
10年運「22歳山子」の変剋律は、自我との闘い。
動かない「山」だけに、大変な人生です☆
 
■2007年06月03日(山辰)
野人高橋愛の苦悩が始まる新リーダー就任●
■条件なし天冲殺の社会参加と、DNA「石」の害年の影響で脱落した
藤本美貴(85-0226/陽申)の後任のリーダーに就任した
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人の
高橋愛(86-0914/宝酉)。
子丑天冲殺らしい迫力を感じさせないのは
エネルギー点数151点の軽さもありますが、
「寅」年生まれ「宝酉」が、補佐役の器のため。
このところのモー娘。に精彩がないのは、
上辺だけとは言え、女子らしい横一線の団結力の無さ。
中途半端に年功序列式の男子社会みたいに
リーダーとして祭り上げるのには無理があるのです。
高橋にしても、御輿に乗るくらいの軽い気持ちになって、
誰か別の人材に投げちゃうのも良いかも知れません。
人材難とはいえ、火性ゼロ(DNA禄/司なし)で、
「辰」年生まれ「海子」で、窮地に強い
亀井絵里(88-1223/海子)がいるのですからね☆
 
■2007年06月04日(畑巳)
井筒和幸の害がらみ社会参加と守護神ターボ運●
■水性天干一気の井筒和幸(52-1213/雨巳)監督が、
駅近くのJAZZ風喫茶店で撮影していました。
この人の作風は「18歳木寅」で社会参加してますから、
何事にもDNA「調」の反発反抗風情なのですね。
しかし、それを緩めてしまったら、一巻の終わり。
現在は「48歳灯巳」の守護神10年運で一応絶好調ですけど、
映画とは無縁のバラエティとか出すぎのような気がします。
DNA「貫」主導は頑固でも、水性だけに環境に適応しやすいよね☆
訃報・石立鉄男の干合支害がらみ宿命冲殺らしい最後●
石立鉄男(42-0731/草酉)さん逝く。
生年生月冲殺らしい少々空回りぶりの可笑しさや、
若き日の
杉田かおる(64-1127/鉄辰)との掛け合いが印象的です。
干合支害10年運の干合支害年に話題になった人だから、
晩年は役者稼業ではなく、麻雀屋のオヤジだったのが、
寂しい気持ちがしてなりません。
今年(07年/灯亥)は、DNA「鳳」の息切れです。
ただし、あっけなく亡くなるのは幸せかもしれません☆
 
■2007年06月05日(鉄午)
田中康夫新党日本代表に不足するもの●
■新党日本代表の田中康夫(56-0412/畑酉)前長野県知事が、
参院選比例代表に出馬を表明しました。
10年運「48歳灯酉」と年運「灯亥」と、月運「灯未」と日運「灯巳」と、
忌み神の月干「海」を干合して、
木性(DNA牽の名誉)が強化されているからですが、
10年運初旬条件をはじめ、いま国政にうってでるだけの器を感じられません。
才能があろうと、真っ当な発言をしようと、勢いがないのです☆
河合美智子の忌み神支合年で結婚の意味●
■忌み神条件なし天冲殺(96年/陽子)に
NHK朝の連続テレビ小説「ふたりっ子」に
オーロラ輝子役で出演し、
同条件なし忌み神天冲殺の97年(灯丑)には、
紅白歌合戦にも出場した
河合美智子(68-0613/木寅)が、
昨年(06年/陽戌)、ドラマ出演の折りに知り合った、
番組制作会社の20代の制作スタッフと結婚することを発表しました。

河合はDNA「司」主導で、結婚願望が強いのですが、
10年運初旬「2歳灯巳」の害と生日冲殺のため、
なかなか結婚できずにいましたが、
ようやく子丑天冲殺らしく、年下男性を掴まえたことは目出度いことです。
ただし、年干と月干が「山」の河合は、
結婚すること(干合)で、日干は「山」的ムードになり、
ただでさえ強い土性(全エネルギー228点中120点)が強化され、
(配偶者成分が多すぎるのです)
土性の天干一気的になり、地震の震源地みたいな様相をかもしだします。
これからも仕事をする意向なのですが、使い勝手は良く無さそうですね。
夏生まれとはいえ「木」であれば、木陰をつくりだしますが、
自身が干合によって「山」になってしまえば、
木性としての良さを失ってしまうのが「木」です。
どんな季節に生まれようと、仕事をする「木」の女性にとって大切なのは、
DNA「司」ではなく、DNA「禄」であったほうが、
好都合であることを、忘れてはいけません。
ちなみに河合の次の10年運は「42歳雨丑」の10年運天冲殺。
年干と月干が干合すれば、突如一風変わった目立ち方をするはずですが、
その時に配偶者が安泰かは不明です☆
知念里奈の納音離婚は身から出た錆●
■05年(草酉)のDNA「龍」の改良改革年に、
モデルをしながら父親の貿易業を手伝っていると報じられていた男性と結婚し、
06年(陽戌)の03月11日(畑亥)に長男が生まれた
知念里奈(81-0208/灯巳※)が、
03月15日(山申)に離婚していたことがわかりました。

水性ゼロ(DNA車/牽なし)のため配偶者成分皆無で、
月支「寅」VS日支「巳」の害持ちのため、およそ結婚に縁のない人が、
害切れの納音年(07年/灯亥)に過去を清算したのは予定通りでしょう。
長男の親権は知念が持つようですが、
長男の月干支「宝卯」は、知念の年干支「宝酉」を納音しますから、
仕事をしていくには、大ブレーキ。
もともと、条件なし天冲殺(96年/陽子)デビューですから、夢をみていたのです。
これからの人生は厳しいでしょう☆
 
■2007年06月06日(宝未)
市原隼人のとぼけてキレて最後は泣きの交通事故●
■05月25日(畑未)の年支「卯」の半会を伴うDNA「調」の極端な天冲殺日に、
雨模様の中、地元川崎市高津区の信号のない交差点で強引に左折し、
小学校時代の同級生の母親の運転する車に追突した
市原隼人(87-0206/陽戌)が、
事故発生時に「僕は100%悪くない」と主張し、
警察官の取り調べに対しても、
喫煙したり、あいまいな証言を繰り返すだけでなく、
突然キレ出し、携帯を投げつける一幕もあったそうです。

01年(宝巳)の干合年に映画「リリイ・シュシュのすべて」でデビューした
市原は、DNA「鳳」主導の遊び人。
年干「灯」と月干「海」が干合すると、
それぞれ「草」と「木」になる午未天冲殺のため、
比較的恵まれていますが、
日干「草」をふくめ、木性の天干一気が成立しますが、
「鳳+玉」は自己を棚上げして反省なし。

最終的には事務所が中に入って謝罪したそうですが、
「卯」年生まれ「陽戌」は、そうはいっても受け身。
やはり、自力では何もできません。
「陽+鳳+寅月」は、所詮普通の人。
エネルギー195点の軽量級ですし、
後天運も決して恵まれているとは言えませんが、
02年(海午)・03年(雨未)の条件なし天冲殺に
事務所の力もあって、露出できただけ。
今年(07年/灯亥)は、DNA「石」の屈辱。
そろそろ大人としての自覚がほしいのですが、
「陽戌」は挫折があってこその人生ということにしておいきましょう☆
長谷川理恵の宿命冲殺らしく干合月の熱愛報道●
■今年(07年/灯亥)は、10年運「32歳灯卯」と共に、
DNA「車」重なりの条件あり天冲殺らしく、
長谷川理恵(73-1201/宝未)が、
同じ歳のヒップホップシンガーとの熱愛が報じられています。
かつては
石田純一(54-0114/鉄午)との話題で、
随分と盛りあがりましたが、最近は温和しいものです。
これには初旬「2歳木子」がDNA「司」の害。
堅実なイメージを目指そうとすれば、裏切られる。
「調」冲殺主導ですし、不倫が似合っていたのかも知れません。
現在の10年運は外天冲殺ですし、周囲(石田とか)ばかりが目立って、
自身の運は期待ほど、サッパリのようです☆
 
■2007年06月07日(海申)
大竹しのぶの慶大生長男二千翔キャバクラ放蕩三昧●
■水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、
熱すぎる生月冲殺の女優・
大竹しのぶ(57-0717/鉄寅)の
高校受験に強い塾から有名私立高校5校に合格した、
現在慶大生の長男・
二千翔(85-0129/山辰)が、
キャバクラで放蕩三昧と週刊誌に報じられています。

長男は10年運にさしたる魅力はなくとも、
年干「木」と月干「灯」の存在は、
大変魅力的と言える冬生まれの「山」ですが、
前旬「12歳畑卯」が主導DNA「石」の害のため、
今年(07年/灯亥)から始まった「22歳鉄辰」は、DNA「鳳」の遊びなのです。
また、「子」年生まれ「山辰」は、補佐役の器。
もちろん目立っているのは、60年に2年しかない条件なし守護神天冲殺の影響。
大竹にとっては、息子の月干支「灯丑」が、
自身の年干支「灯酉」を大半会する孝行息子ですが、
不器用な戌亥天冲殺の「山辰」は、
制約が多すぎて、息抜きが必要なのですが、
遊びは何のプラスにもなりません。
大竹の「酉」年生まれ「鉄寅」は、異性理解不能。
もとより目下運稀薄で、子供と言えども手に負えません。
名誉の年(DNA牽)も忌み神ですから、
干合支害月(05月/草巳)で、不名誉になってしまったようです☆
井上晴美の実家出産の意味するもの●
■05年(草酉)のDNA「龍」の改良改革年に
カナダ人と結婚した
井上晴美(74-0923/灯卯)が、
木性過多でDNA「玉」も少なくないため、
条件なし天冲殺2年目の大半会年(07年/灯亥)の、
改良改革月(草巳)の03日(山辰)に男児を出産しました。
井上の日干支「灯卯」が、子供の年干支「灯亥」を大半会するため、
子育ては一生懸命になるのでしょうが、自身と害の関係になるうえ、
社会参加時期に干合支害(19歳雨卯)となる子供というのは、如何なものでしょうか。
このあたりに配偶者成分(海)のない人が、
相手を間違えたのではないかという(干合支害は異性に騙されるという因縁の継承)
疑惑がうかがわれるようです☆
 
■2007年06月08日(雨酉)
市川右近の条件あり天冲殺害で再々婚の不思議●
■純正水性天干一気の歌舞伎俳優の市川右近(63-1126/雨酉)が、
条件あり天冲殺+害の昨年(06年/陽戌)に、
三度目の結婚をしていたことがわかりました。

火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人で、
土性ゼロ(DNA車/牽なし)は、配偶者成分皆無。
冷たいだけの冬の「雨」が突如沸騰したのでしょうが、
初旬「6歳海戌」の害が、その後続くターボ運で際だとうと、
病的な根っこは断てないようです。
「今回はできれば2世が欲しい。
師匠に教わったことを、次の世代に伝えないといけませんから…。
できるなら男の子が」と子づくりも宣言もしているようですが、
生月冲殺だけに、あまり張り切らずに自然に任せるべきですね☆
広末涼子のモメごと好き生月冲殺が停滞する●
■「調」冲殺主導の広末涼子(80-0718/海辰)が、
事実無根の報道をされたとして、女性週刊誌を提訴。
「悪質なでっちあげ。女優や母親としての社会的評価を著しく低下させた」って、
流れに乗れてないのに、あがくだけ無駄だと思います。
事実か否かではなく、それを逆手にとっていけるぐらいでないと、
生月冲殺らしくありませんね。
心を豊かにして、干合年とは次元を上げることであり、
目先の損得に反応するものではないでしょう☆
 
■2007年06月09日(木戌)
18歳のヒロイン今井メロ失意の果てに風俗界へ●
■06年(陽戌)のトリノ五輪で「18歳のヒロイン」と言われた
今井メロ(87-1026/山申)が、
大阪府内で風俗嬢として働いていたと週刊誌に報じられています。

生年冲殺は親縁薄く、仕事一筋のはずですが、
不器用な「山」に父親の敷いたレールは辛かったのでしょうが、
それでも一度始めたことを、中途で挫折すると大変なことになりますね。
今年(07年/灯亥)は、守護神とはいえDNA「玉」の害。
初旬「4歳宝亥」がDNA「調」の害ですから、
あまり女性らしさを発揮すると、裏切りにあうのです。
また10年運「14歳海子」は、年干ばかりか年運(共に灯)をも干合しますから、
非常に不安定で、揺らいでいるのでしょう。
「貫+牽」は打算的で粗雑。
冲殺されている「牽」は、不名誉なことになりやすいのです。
親以外のしかるべき指導者が管理していかないと、
今後も浮上していくのは難しいでしょう☆
桜塚やっくんがヘアメークアーティストと熱愛●
■浜崎あゆみ似の「スケバン恐子」が売りの、
桜塚やっくん(76-0924/畑卯)が、20代後半のヘアメークアーティストと熱愛の報。
年支「辰」VS日支「卯」の表裏あり。
生月冲殺らしく、彼女に管理されているのかも知れませんが、
DNA「龍」の改良改革年とはいえ、
表沙汰になってしまうと、興醒めな部分もあります。
年干「陽」に月干「灯」と、火性重なりが迷いをもたらしますが、
笑って気の利いたことでも言ってくれれば良いものの、
「弟に彼女が出来ました」とニヤついている程度では、
底の浅さが暴露されてしまった感が強いです。
持続できない人には、似合わないなあ☆
 
■2007年06月10日(草亥)
グッドウイル折口雅博とコムスン樋口公一のおかしな部分●
■訪問介護最大手コムスンの不正問題の渦中にある
グッドウィルの
折口雅博(61-0611/草亥)は、本年(07年/灯亥)は、忌み神刑年。
退任を発表したコムスンの
樋口公一(42-0311/雨亥)は、
年干「海」のDNA「石」の干合で、水性天干一気が崩れる刑年。
春生まれで道を間違いやすいとは言え、もともと金性ゼロ(DNA龍/玉なし)で、
濁りきった面がありますから、信用ならないのです。
また、宿命にない金性の条件なし天冲殺(60年/鉄子)に、
社会参加しているうえ、介護サービスへの参加も96年(陽子)の天冲殺ですから、
そろそろ下りになってもおかしくないのですね。
日座冲殺が派遣ビジネスに手を染めたり、
目上を介護する仕事を目上運のない子丑天冲殺がやるというのも、
賛成できないことなのです☆
 
■2007年06月11日(陽子)
マギー審司の危険なレーシック手術●
■火性ゼロ(DNA車/牽なし)のマギー審司(73-1111/宝卯)が、
40万円かけて、レーシック手術を受けたそうです。
それまで0.04と0.05だった視力が、
両眼とも1.5近くになったと自慢していますが、
異常干支の中でも最も傷つきやすい、「宝亥」の手術は危険ですよね。
10年運「31歳畑未」のDNA「龍」の改良改革。
大丈夫じゃないと思います☆
 
■2007年06月12日(灯丑)
ムーディ勝山の飛躍は疑問●
■吉本興業の今期イチオシとかいうムーディ勝山(80-0611/草卯)は、
子丑天冲殺なのに183点の軽さ。
「禄」主導は自己顕示欲。
「禄+司」は、自制心なし。
「禄+貫」は、計算尽くも時代整合性は今ひとつ。
それなりの宿命であるけれど、後天運はいまひとつ。
上下関係に協調性を発揮し乗りきるようでも、
ワンパターンの鈍さは鍛えがいは無さそう。
「陣内と紀香の結婚式を僕は左に受け流す」とやったのはいいけれど、
自分が流されて一丁上がりの気がします☆
柳原可奈子のまとめきれない才能●
■「鬼嫁日記」に出演し、109のカリスマ店員や、
総武線ギャルのキャラで話題の
柳原可奈子(86-0203/山寅)。
「石+石」は集団の中の変わり者。
「石+車」は有無を言わさずの個人感情無視。
「山+石+丑月」は、モノマネの資質。
冬山らしいハジケぶりも笑えるけれど、
「丑」年生まれ「山寅」は、まとめ下手で落ちなし。
見たまんまで、成長は期待できそうもないのが残念☆
 
■2007年06月13日(山寅)
三原じゅん子コアラと離婚して得るもの●
■火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、
60年に2年だけある守護神条件あり天冲殺の2年目の、
宿命にない火性の守護神害月の今月(06月/陽午)に、
三原じゅん子(64-0913/草丑)が、
意味不明の改名した生月冲殺の
コアラ(ハッピハッピー69-0207/雨丑)と離婚。
結婚した99年(畑卯)は、三原の年干「木」が干合され「山」となり、
これが月干「雨」と二次干合し、それぞれ「陽」と「灯」になり、
レベルはともかく周辺に救いがでたため。
事情は色々あるでしょうが、天冲殺は奉仕とともに我慢の時期。
こんな時に、切れてしまう「車」主導の人は、徳が少ないのかもしれません。
何も得る物はないのです☆
藤本景子の関ジャニ∞ 村上信五と交際の恥●
■暑苦しい夏生まれのうえに、
火性過多(DNA車/牽)で、配偶者成分が多すぎるという
異性に目のない関西テレビの
藤本景子(77-0623/宝亥)アナが、
木性ゼロ(DNA車/牽なし)で配偶者成分皆無の遊び人にして、
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)で頭はカラッポの野人という
関ジャニ∞の
村上信五(82-0126/畑酉)と交際中だと、女性誌に報じられています。

藤本の日干「宝」に対して、村上の年干と日干は共に「宝」ですから、
共通干はあるものの、月干支同士は干合支害に加え、日干同士は忌み神の関係で、
どこから見ても、遊び以外の何ものでもありません。
10年運「15歳山申」の害で社会参加した藤本に、
多くの期待をするのは甚だ疑問ですが、
ひよっとしたら大化けする可能性のあるお笑い芸人ならまだしも、
品性下劣ばかりか華もないような相手では、いくら何でも夢も希望もありません。
まだ
メッセンジャー黒田有(70-0129/畑酉)のほうが、
彼の月干支「灯丑」が(藤本の)年干支「灯巳」を大半会するので、
仕事にはプラスになったのですけどね☆
 
■2007年06月14日(畑卯)
えなりかずきが風俗店遊び記事を提訴の本末転倒●
■年支「子」VS日支「未」の害持ちで、表裏あり。
10年運「19歳灯丑」の納音で、過去の清算時期の
えなりかずき(84-1109/灯未)が、夕刊紙2紙に対し、
「風俗店通いをしているかのような記事を掲載」されたとして、
それぞれに約1.100万円の損害賠償と謝罪記事の掲載を求め、東京地裁に提訴しました。

「いずれも事実無根。純粋な好青年という役柄を演じてきており、
淫靡なイメージが流布することは看過できない」だそうですが、
金性ゼロ(DNA禄/司なし)らしい、無駄な動きですね。

初旬「9歳陽子」は、DNA「石」の害ですから、
協調和合性に問題が生じるのはやむをえませんが、
行動を起こすと、かえって報道の事実を知らなかった人にまで、
格好の話題を提供することになります。
「玉」主導は気分転換下手で、お年寄りに受ければ良いのですし、
黙って見過ごしたところで、たいしたダメージにはなりはしないのです☆
ブラザートムが害年離婚で20代女性と同棲●
■とりたてて後天運の魅力のないブラザートム(66-0223/鉄申)が、
事務所代表で、元モデルの4歳年下の夫人と離婚し、
20代後半の女性と同棲していることが女性誌に報じられています。

昨年(06年/陽戌)には、2週間にわたった心筋梗塞での入院し、
「あまり話すことのなくなった家族と毎日会えてよかった」とコメントしていましたが、
老境に入ってから生き方を変更するのは、辛いですね。
今年(07年/灯亥)は守護神とはいえ害年。
来年(08年/山子)とさ来年(09年/畑丑)は、忌み神条件なし天冲殺です。

年支と日支同一(共に申)の人は、表裏なしですが、人生が二度になりやすい運型。
また、月干支「鉄寅」VS日干支「鉄申」の納音持ちは、秘密があるのは理解できますが、
訳のわからない不透明さが魅力になるのであって、あからさまにしては台無しです。
「申」年生まれ「鉄申」は、他力運。
つまり、自力では仕事をしてはいけません。
こんな中途半端な時期に離婚するのは、相手にも周囲にも失礼なのです☆
長谷川豊がめちゃ×2イケで身内女子アナ批判●
■『とくダネ!』や『スーパー競馬』を担当する
フジテレビの
長谷川豊(75-0812/鉄寅)アナが、
名誉の年(07年/灯亥)の干合支害月(草巳)の納音日である
05月26日(鉄申)放送の『めちゃ×2イケてるッ!』で、
自局の女子アナを「勘違いぶりにはあきれ果てます」
「サインの練習をしてから入社する」などと、
めった斬りにしていたことが波紋をよんでいます。

長谷川は「鉄+龍+申月」で懐疑的性格。
初旬「2歳雨未」と「12歳海午」に10年運天冲殺がありますが、
社会参加は「22歳宝巳」の害で、病的で屈折しています。
今年から始まる「32歳鉄辰」は、DNA「貫」の独立で、
岡本隆史(70-0703/木申)に「長谷川さんはフリー確定」とつっこまれていましたが、
協調性和合性の害を出発点にしていますから、
辞めざるをえない状況になるという、流れなのです☆
 
■2007年06月15日(鉄辰)
石井希和が楽天球団島田亨社長と結婚の無謀●
■生月冲殺に干合木性天干一気に年干支VS日干支律音に、
木性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人というとんでもない変わった宿命の
EXの
石井希和(77-1226/灯巳)アナが、
プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの
島田亨(65-0303/陽辰)球団社長と、
07月07日(海寅)に結婚することがわかりました。

当日は石井の干合支害日で、島田の守護神方三位日ですが、
ヒルズでの合コンで知り合った二人には共通干がありません。
しかも島田は離婚経験者で小学生の娘もいるそうですから、
子丑天冲殺同士ばかりか、「陽」と「灯」の兄妹結婚といい、
両手を挙げて賛成はできません。
「竹の子族」出身の島田は「龍」主導らしく、様々な事業を手がけてきましたが、
弱い人の倍はあるエネルギー323点の存在感はとてつもなく、
10年運の初旬から「9灯丑/19陽子/29草亥/39木戌」と、
40年間もの天冲殺のなかで過ごしてきた歴戦の強者です。
とは言っても、私生活で何のプラスにもならないような相手と再婚するようでは、
次旬「49歳雨酉」の忌み神支合の10年運は、一転厳しいものになりそうです。

石井にしても、過去にさげ▼▼のサンプラザ中野(60-0815/草亥)なんかと
交際してきた傷が癒えぬままですから、
こういう整合性ない相手と一緒になってしまうのです。
納音年としては、レベルが高い壊れ方のような気がします☆
 
■2007年06月16日(宝巳)
堂本光一が六本木ヒルズに引越という夢の中●
■KinkiKidsの堂本光一(79-0101/山辰)が、
60年に2年だけある守護神とはいえ条件なし天冲殺に、
六本木ヒルズに引越ししたことが女性誌に報じられています。

「司」主導らしい、目先の引力本能発揮で、
この時期に大切な奉仕の気持ちも何もありません。
また、食事は六本木界隈のラーメン屋に良く出没するそうですが、
たいてい上下別メーカーのジャージでバランスが悪く、妙に目立ってしまうそうです。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)にファッションセンスを求めても無意味ですが、
元はと言えば、地味な冬山ですから、哀れで魅力も稀薄なのです。
10年運「22歳灯卯」は、守護神でも害。
これに年運の天冲殺まであるのですから、本人なりに不安を感じているのでしょうが、
芸能人こそ奉仕が大切ということを、この事務所は教育していないのでしょうね☆
上田正樹がサクッス奏者の妻と離婚という夢の清算●
■「悲しい色やね」などのヒットで知られる
大阪府出身の
上田正樹(49-0707/山戌)が、
月干干合とDNA「龍」の改良改革年だった
昨年(06年/陽戌)に離婚していたことがわかりました。
離婚理由は夫人が上田の信仰する宗教に、入信しなかったということですが、
それは表面上の理由にすぎません。

結婚は四土格入格の88年(山辰)でしたが、
同時に納音が成立する条件なし天冲殺の夢の中。
不器用な「山」だけに、離婚まで時間がかかったのです。
しかしこの人、DNA「玉」主導の「山」なのに、
神奈川県に住んでいたり、海外に出かけていったりと、ちょっとブレすぎ。
辰巳天冲殺の制約から逃げないでほしいものです☆
 
■2007年06月17日(海午)
宮崎あおいの後悔する結婚●
宮崎あおい(85-1130雨酉)が、守護神条件あり天冲殺だからといって、
何が悲しくて、共通干支のない陰陽関係の害の
高岡蒼甫(82-0208/海戌)と結婚するのでしょうか。
このあたりが環境と生き方のブレなのだと思います。
どうダメなのかは、去年解説しましたね☆
目出度くない渡部篤郎中谷美紀の復縁●
■年支VS日支害の表裏人間の日座冲殺さげ▼▼渡部篤郎(68-0505/草亥)が、
結婚していた時期に不倫していた、
年下の子丑の生月冲殺の
中谷美紀(76-0112/雨亥)と
3年ぶりに復縁したことのどこが目出度いのかわかりませんが、
そこがダメな部分なのでしょう。
子丑の女性は、自分の年干支が大半会されるから心地よく感じても、
本質的な伸びにブレーキをかけているのが、わからないのです。
緻密な意志により、仕事で大成功しようという志は、
若いときこそ、必要だと思います☆
松嶋菜々子が苦汁の結婚生活を反省●
■「我慢しなきゃいけないこともあったし、ぶつかることもありました」と
害の相手と結婚した10年運害の
松嶋菜々子(73-1013/海午)が、
大学生向けのサプライズゲストでコメント。
持続させるのは、因縁消化なりとはいえ、
その選択をしていなければ、仕事は伸びていたかも知れず残念です☆
 
■2007年06月18日(雨未)
信用できない安倍晋三首相の社保庁解体●
安倍晋三(54-0921/鉄辰)首相が、
「社会保険庁を廃止して、解体する。国民にとり信頼できるものに変えていく。
このことを選挙を通じて訴えていく」だって。
日本年金機構なんて、名前を変えるだけじゃないの?

「私に一番、大きな責任がある」とも・・・。
誰も(そうとは)思ってませんから。
妙に悲痛な気分に浸らないでくださいね〜。

「最後の1人にいたるまでチェックし、
すべての皆様にちゃんと年金を支払うことが、私に課せられた使命だ。
もっと早く取り組まなければならなかった」って、ただのパフォーマンスです。
生月冲殺が選挙向けに何を言おうとね〜。
今年(07年/灯亥)の「鉄」は、DNA「牽」の格好つくり。
「亥」は、彼の年支「午」・月支「酉」・日支「辰」の
いずれとも条件がありませんから、何も変わりません。
しかし、言明してはいけない生月が、
こうまでハッキリ言ってしまったら、命取りですよ☆
似合わない猪瀬直樹の東京都副知事就任●
■東京都の石原慎太郎(32-0930/木午)知事は、
作家の
猪瀬直樹(46-1120/山戌)を、副知事に起用することを正式に発表しました。
猪瀬はDNA「車」主導で、やる気満々ですし、
今年(07年/陽戌)は、直火の守護神で燃焼度合いも上がり、
宿命に二つあるDNA「玉」年のため、ひとつの流れに入りこむ時期です。
自身の後継含みで、国との折衝役を任せる意向だそうですが、
「戌」年生まれ「山戌」は、他力運。
年支と日支は同一(共に戌)ですし、「車+玉」もわかりやすい人ですが、
世のため人のための政をお任せできるタイプではありません。
それにつけても、首都東京なのに、
どうして東京で生まれ東京が似合うような人がいないのでしょうか。
それに、もっと若い人や女性を登用しないと、
山積みされた問題を処理することは難しいと思います☆
尚美学園大学はSAMまで教授にする●
■今春から小室哲哉(58-1127/山申)教授に就任させた
埼玉県の尚美学園大学が、
今度は
TRFSAM(62-0113/宝亥)を教授にするそうです。
皆が「学び」の方向になびくのは、習得期の影響なのですが、
「有望な人材をデビューさせる」下心もあるとか。
小室は月支「亥」VS日支「申」の害持ちで、今年(07年/灯亥)は、害年。
SAMにしても、10年運は害ですから有り難みはありません。
期待するほうが、おかしいですね☆
 
■2007年06月19日(木申)
倉木麻衣が危ない亥年亥月に台湾単独ライブ●
■今年(07年/灯亥)は、60年に一度の守護神害年の
倉木麻衣(82-1028/木申)が、
干合支害月(畑亥)のDNA「牽」の方三位が成立する
11月23日(宝酉)に、99年(畑卯)以来初の海外公演となる
台湾で単独ライブを開催することが発表されました。
「今後はアジア中心に活動していきたい」とサービスコメントをだしていますが、
ありがた迷惑なのでしょうね。
不器用な「木」には要請があろうと、海外は似合いません。
10年運「17歳山申」も害ですから、環境もおかしくなっているのでしょう。
なんだか暗い話ですが、さほど胸を張れる宿命ではないのに、
頑張りすぎたツケかもしれません。
「27歳灯未/37歳陽午」という守護神10年運を控えて、
どれだけ落ち込むかで、今後が決まります☆
 
■2007年06月20日(草酉)
学業専念の紺野あさ美が一年ぶりハロプロ復帰●
■学業専念という理由で昨年(陽戌)の納音年で、
モー娘。を引退したはずの
紺野あさ美(87-0507/陽辰)が、
フットサルチーム「ガッタス ブリリャンチスH.P.」に再加入し、
同メンバー10人による新ユニットでCDデビューすることがわかりました。
紺野は、年支「卯」VS日支「辰」の害持ちで、表裏あり。
10年運「20歳灯未」はDNA「石」の協調性和合性ですし、
持続力がないわりには、ずる賢く豹変する気質ですから、
今年(07年/灯亥)のDNA「石」と月支の対冲を考慮すれば、驚くにはあたりません。
しかし、時代整合性のない生まれのうえ、
DNA「鳳」主導と「卯」年生まれ「陽辰」の受身気質に
多くの期待をかけねばならないハロプロも大変ですね☆
 
■2007年06月21日(陽戌)
松濤温泉シエスパ宮田春美社長の干合支害●
■渋谷のど真ん中で温泉というのも怪しかったですが、
松濤温泉シエスパ(06-0117/陽午)の誕生は、
月支VS日支害。足元が弱く、安心できる訳ないですね。
しかも、これを管理・運営する
ユニマットビューティーアンドスパの
宮田春美(67-0811/灯未)社長は、
年干支VS日干支同一の新しい世界を創造する運型で、
これまで勢いよく業界で話題を集めてきましたが、
初秋の「灯火」は実は曖昧模糊として、虚勢です。
夕刻はまだ陽光の力も絶大なのに、
主導DNA「調」らしく、派手に極端にやりすぎたようです。
そして10年運「39歳海子」の干合支害の大半会年で、
もろくも崩れ去ったのですから、立ち直り不能でしょう。
後天運を判断すれば、危険信号は点滅していました。
己を知り、最善の努力をして、
なおかつ奉仕の気持ちがあれば防げた事件かも知れません☆
矢部浩之の釈然としないひとみちゃんとの別れ●
矢部浩之(71-1023/宝巳)が、
約15年間交際を続けてきた「ひとみちゃん」に、
プロポーズしたところ、断られたため別れたそうです。
「玉」主導は、環境を変化させられず。
今年(07年/灯亥)は、30年に一度の天剋地冲年ですから、
これまでの不運を払拭する好機ですが、
干合月と二次干合後の天干一気月とはいえ、
なんだか釈然としないものがあります。
「感謝の気持ちでいっぱいです。
お笑いを頑張ることが彼女への恩返しになると思う」って、
何だか人を喰ったような言い方ですね。
もっとも守護神とはいえ、92年(海申)の条件なし天冲殺+支合+刑スタートの
実質婚なのですから、形にしなければ壊れて当然かも知れません☆
お目出度い山口もえの女児出産●
■「巳」年生まれ「畑亥」で内外シーソー運の
生年冲殺の
山口もえ(77-0611/畑亥)が、
DNA「龍」の改良改革年の06月18日(雨未)に、女児を出産しました。

火性過多は親譲りとして、生日冲殺にして、
金性ゼロ(DNA龍/玉)は、頭がユルい感じもしますが、
それ以上に、愛情を注ごうと勉強しようと、
すぐに蒸発してしまう盛夏の「雨」というのも悲しいですね。
これに、初旬「6歳灯未」は、年干支「灯亥」を大半会し、
「16歳山申/26歳畑酉」は超忌み神10年運天冲殺。
「雨+車+午月」は騒々しいだけ。
救いは守護神にあたる金性の父親である
尾関茂雄(74-1106/宝亥)ですが、
共通干がないだけに、ただの親ばかで終わるかも知れません☆
森本健成が生放送中大欠伸という緩みの連鎖●
■不祥事続きのNHKですが、朝4時半の「おはよう日本」で、
森本健成(65-1113/宝未)アナが、06月11日(陽子)の生放送中に大あくび。
生月冲殺が条件あり天冲殺の干合支合月(06月/陽午)の
干合支害日での大失態ですが、
この人は10年運「22歳木申」の月支「亥」の主導DNA「司」の害の入社ですから、
気が緩むのもやむなしかも知れません☆
 
■2007年06月22日(灯亥)
島田紳助熊田曜子の沖縄密会のバカさ加減●
■04月(木辰)中旬に、沖縄県名護市のリゾート地で
島田紳助(56-0324/鉄寅)と、熊田曜子(79-0513/鉄辰*)が、
密会していたと週刊誌に報じられています。
「申」年生まれ「鉄寅」の島田は、異性理解不能の午未天冲殺。
仕事をエサに女性タレントとの多岐の交際が繰りかえし報じられていますが、
今度の相手はエネルギー317点と、
自身の191点の倍ほどあるバケモノ的存在。
10年運の勢いはさほどなく、既に守りと奉仕に入っているはずの島田に比して、
熊田はようやく「28歳海申/38歳雨酉/48歳木戌/58歳草亥」という
40年も続く10年運天冲殺に突入しました。
夏生まれで開放的になるしかない熊田ですが、
冬の時代では、10年運天冲殺の追い風があろうと、
「未」年生まれ「鉄辰」の待ち運らしく、誘われるままです。
変貌自在の島田は、好き勝手放題という印象ですが、
現在の10年運は「44歳陽申」のDNA「車」の天剋地冲。
このまま行けば、下半身に徹底的な忌み神を受け、
晩年は車椅子生活になりかねない雰囲気です☆
BOOK OFF橋本真由美社長の大ブレーキ●
■タレントの清水國明(50-1015/雨未)の実姉として話題になった
パートから東証1部上場企業の社長まで登りつめた
橋本真由美(49-0321/鉄戌)が、
坂本孝(40-0504/灯未)会長の引責辞任を受け、
社長を辞し、権限のない会長に棚上げされると報じられています。
橋本は生月冲殺の気安さと、強い「鉄戌」らしさを発揮し、ここまできましたが、
10年運「55歳雨酉」は守護神の冲殺月干支「灯卯」をともなう、
日干支「鉄戌」の忌み神害なのですから、やむをえません。
会長にも色々計算や問題があったのでしょうが、
自身の年干支と月干支(共に鉄辰)を納音するような人を
信頼したところが、躓きの要因だったのでしょう。
10年運「61歳灯亥」は大半会ですが、
来年(08年/山子)の害を見据えて、そろそろ名誉の幕引きだったのでしょう。
退き際は大切ということなのですね☆
 
■2007年06月24日(畑丑)
押切もえ長州小力の束の間の噂は泡と消えた●
■06月16日(宝巳)放送の関西テレビ「ぶったま!」によると、
月干に守護神の「陽」があるとはいえ、初旬10年運守護神害(DNA牽)もあり、
案外苦労人というイメージの
押切もえ(79-1229/鉄午)が、
金性ゼロ(DNA禄/司なし)の配偶者成分皆無で、
10年運「30歳草巳」害の真っ最中という
長州小力(72-0205/陽寅)と一時的に交際するも、
事務所の圧力により、即座に別れさせられたような、
まわりクドイ表現があったようです。
どこが良いのか、全くわからない二人ですが、
共通干ばかりか、羅状干支の大半会があり、
押切には守護神の相手で、小力には宿命にない金性の相手ということで、
小躍りしたのでしょうが、
両者とも条件なし天冲殺の夢の中ということでもあり、
あっけなく、なかった事にされたんでしょうね☆
大仁田厚の理解不能公認辞退の言い訳●
■政治家として、これといった功績が思い浮かばない
木性ゼロ(DNA禄/司なし)・水性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、
生月冲殺の
大仁田厚(57-1025/鉄午)の参議院議員が、
自民党から公認をうけていたにもかかわらず、出馬辞退を表明しました。

「龍」冲殺主導は、常に見直し。
「鉄+龍冲+戌月」は、とにかく落ち着かないのです。
「なぜ今、会期延長なのか。
こんなばかにされた選挙は出たくない。辞退する」だそうですが、
ダメ生月らしく、みっともないですね。
ならば、最初から自民党に所属すべきではないのです。
生月冲殺は如何なる理由があろうと、目的の変更をしてはなりません。
これを、年運の2年間の天冲殺にあてはめても同じです。
天冲殺に入って、それまでやってきたことを持続できない人が、少なくありませんが、
辛いことほど辛抱してやり続けるのが、その人を成長させます。
また、何事にも感謝していくことが、人の次元を上げていくことになります。
天冲殺は、精神的に大人になって、現実的な奉仕をすることです。
どちらか一方が欠けても、不安定なのです。
「早稲田大や東大にチャレンジしたい」
「メタボリックなどの現代病の研究をしたい」などは、単なる自己満足でしょう☆
 
■2007年06月25日(鉄寅)
ヤンキー先生義家弘介の自民党比例出馬の不整合●
■持続力がなく信用ならない大仁田厚(57-1025/鉄午)に代わり、
自由民主党(55-1115/鉄辰)は、
「ヤンキー先生」で知られる
義家弘介(71-0331/草卯)を
比例候補として擁立することがわかりました。

長野県出身の義家は、DNA「貫」主導で、頑固一徹。
エネルギー138点のうち、木性105点と自分自身は強力ですが。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人ばかりか、
土性ゼロ(DNA禄/司なし)は、落ち着くことのない
言わば根無し草のような人です。
今年(07年/灯亥)は、DNA「鳳」の守護神年ですから、
広く豊かに名前を売る時期となり、
投開票日(07月29日/木子)は、
守護神で三合会局が成立する月(灯未)の
DNA「石」の政治力を伴う天冲殺日ですから、当選は間違いないでしょう。

しかし、現在の10年運は「28歳山子」で、
DNA「司」の変剋律付10年運天冲殺の最後の最後です。
2年もすれば、大きく話題になった10年運天冲殺を抜け、
「38歳宝亥」のDNA「車」で、切り刻まれる時期。
初旬条件のない人にとって、これは辛いでしょう。

一期だけで終わりなのか、はたまた中途で逃げだすのかは、
来年(08年/山子)とさ来年(09年/畑丑)の、
宿命にない土性の条件なし天冲殺を如何に過ごすかです。
自己保身だけで奉仕が薄ければ保ちませんが、
自民党らしからぬ人選なのですから、
未来永劫持続できずに、あっけない終わり方をしそうな予感がしますね☆
高杉亘高田聖子の納得済みの離婚発覚●
■松田優作を彷彿とさせる風貌と独特の声の持ち主ながら、
コミカルな演技もできるという俳優の
高杉亘(64-1104/灯巳)と、
法隆寺の住職を父に持ち寺育ちだった
劇団☆新感線の女優でエネルギー点数326誇る
高田聖子(67-0728/雨巳)が、
昨年(06年/陽戌)に離婚していたことが、
高杉の納音年と高田の天剋地冲年の今年(07年/灯亥)の、
高田の条件あり忌み神天冲殺月にわかりました。

共通干支があろうと忌み神同士の二人の問題点は、
出会いが98年(山寅)のNHK朝の連続テレビ小説『やんちゃくれ』。
高田の干合支害年、高杉の自己確立のDNA「調」の害の年でした。
また、当時高杉の10年運は「31歳山寅」の主導DNA害でしたから、
明けて過ちに気づいたのでしょう。
高田の現在の10年運は「34歳宝亥」で、
守護神対冲ですから、二人の思惑は一致したのでしょう。
新たな世界への旅立ちに期待するだけですね☆
 
■2007年06月26日(宝卯)
中田カウスが自己発揮で自滅か●
■吉本興業のお家騒動の発信源と見なされ
暴力団との黒い噂も囁かれる
中田カウス(49-0629/鉄寅)。
さすが変貌自在の生まれですが、
DNA「牽」冲殺主導は、下手に動けば名誉を損なうのです。
「丑」年生まれ「鉄寅」は、内外シーソー。
苦し紛れにもがくのでしょうが、生月冲殺にもかかわらず、渦中にありすぎるのです。
10年運「58歳木子」は、月干支「鉄午」の天剋地冲と、
年支「丑」VS月支「午」の害切れで、妙にはじけてしまいます。
外天冲殺の影響もあり、後がありません。
理想と現実の狭間で悩むのは、芸の上だけにしておくべきでしたね☆
 
■2007年06月27日(海辰)
佐藤江梨子山本耕史の発展しない恋仲●
■06月15日(鉄辰)放送の「ザ!ムーブ!」と、
06月21日(陽戌)放送の「おはよう朝日です」で、
金性天干一気で月支「子」VS日支「未」の害持ちの
条件なし天冲殺中の
佐藤江梨子(81-1219/宝未)と、
地支土性一気格の
山本耕史(76-1031/陽辰)が、
深夜のBARでいい雰囲気だったと報じられています。

夢のなかでふらついている佐藤も情けないですが、
山本は相当強固な子丑天冲殺でも、
自爆しやすい害持ち天干一気と交際というのは、
天冲殺前に穏やかではありませんね。
DNA構成の理解度はある風流人同士ですが、干合だけの関係は、あまりにも危険です。
天冲殺は奉仕の時であり、自己満足に走れば、
明けてから虚しいだけで、何も残りません☆
 
■2007年06月28日(雨巳)
中森明菜艶歌ヒット祈願賽銭は僅か50円●
■06月27日(海辰)に初の演歌カバー集をリリースした
条件なし天冲殺中ながら、、
DNA「玉」の主導DNA年でもある
中森明菜(65-0713/山辰)が、
デビュー25周年にして、初のヒット祈願を、元赤坂の豊川稲荷で、
06月26日(宝卯)のDNA「調」の害日に行ったそうですが、
お賽銭がたったの50円だったそうです。
あまり御利益が、なさそうなお参りには、気が抜けますね。
天冲殺は奉仕と感謝が生きぬく術。
相変わらず、この人には自分の事しか見えてないようです☆
 
■2007年06月29日(木午)
笑える奥菜恵とmixi笠原賢治交際中●
■芸能界を引退した奥菜恵(79-0806/草巳)が、
総資産888億円というmixi社長にして、
別れた元夫の親友である
笠原健治(75-1206/陽戌)と
交際中だと女性誌に報じられています。

水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人なのですから、
奥菜が誰を食い物にするかは自由ですが、
恋愛の達人の「草巳」が、金性ゼロ(DNA禄/司なし)の配偶者成分なしじゃ、
騙し討ちミエミエじゃないですか(笑)。
もっとも(笠原の)「19歳草酉」の10年運害で始めた事業なのですから、
問題が起きたり藻屑になるのは必定ですけどね。
奥菜が必死なのは手に取るようにわかりませんが、
結婚しても子供がいないとラチあかないのは、
子供がさして好きとも思えない奥菜の浅い考えなのでしょうかね。
相手が年下の午未天冲殺ですから、
共通干のひとくらいあっても難しいでしょうけどね☆
戸田恵子井上純一の逆縁天冲殺婚が離婚●
■元歌手で舞台・声優・テレビなど
八面六臂の活躍をしていた
戸田恵子(57-0912/灯亥)が、
ジャニーズ事務所出身の俳優で、月支「申」VS日支「亥」の
害持ちの
井上純一(58-0814/雨亥)と
昨年(06年/陽戌)末に離婚していたことがわかりました。

90年(鉄午)の戸田の天冲殺に結婚した二人は、
03年(雨未)の同じく戸田の天冲殺と、井上の大半会年に別居していました。
天冲殺で始めたことは天冲殺で終わるという分かり易い見本ですが、
共通干がないばかりか、
年上の戸田が午未天冲殺で、年下の井上が子丑天冲殺ですから、
とんでもない逆縁結婚で、子供がいないこともあり、
当初から無理がありすぎたのです。

全てが異常干支の戸田主導で繰りひろげられていたのですが、
理性がないと別れても、その後の運気はボロボロですね。
今年(07年/灯亥)は、井上が天冲殺前の守護神年で開放。
戸田は律音で人生の折り返し地点です。
戸田は「49歳木寅」の守護神付ターボ運ですが、
これまで以上に活躍するというよりは、
かつてのツケを支払う時期となり、淡々とやっていくようになるはずです☆
劇団ひとり大沢あかねの無益な関係●
■月支「申」VS日支「亥」の害持ちの生日冲殺で、
今年(07年/灯亥)は律音で
人生の折り返し地点の
大沢あかね(85-0816/灯亥)が、
害を切る「寅」持ちとはいえ、共通干のない
劇団ひとり(77-0202/鉄寅)と、
交際していると女性誌に報じられています。

「マザー牧場」に出かけたり、映画館や焼き肉屋でのツーショトが目撃されていますが、
目上運だけで目下縁のない午未天冲殺同士が、仲良くしても時間の無駄でしょう。
ひとりは、「丑」年生まれ「鉄寅」で内外シーソー。
バラエティ番組では、普通さが強調されているようですが、
運を磨くには、異性の存在は意味を持ちません。
私生活の充実は、DNA「牽」の名誉年に相応しくありませんし、
これでは来年(08年/山子)から始まる「31歳草巳」の
干合支害10年運では停滞しかねません☆
 
■2007年06月30日(草未)
加藤あい中田浩二と懲りずに続けるのか●
懲りずに続く加藤あいと中田浩二●
■木性ゼロ(DNA車/牽なし)で配偶者成分皆無の
生年冲殺の
加藤あい(82-1212/畑巳)が、
02年(海午)に出会い、04年(木申)に交際報道をされた
06年サッカーW杯日本代表の
中田浩二(79-0709/灯丑)と
継続して交際中だと写真誌に報じられています。

加藤は生年冲殺ですから、
今年(07年/灯亥)は、DNA「龍」の改良改革の対冲で、
様々なことを見直す時期で、本来なら仕事で多大な目立ち方をせなばなりませんし、
年干と月干(共に海)の干合により、宿命にない木性に囲まれるのですから、
新たな名誉や男性を手中にし、結論をだす時期でもあるのです。
「戌」年生まれ「畑巳」は動かないとはいえ、少々情けなさ過ぎな印象です。

出会いは中田の干合支害年ですし、
交際報道がでたのは、(中田の)条件なし天冲殺なのですし、
月支同士は害の間柄で、目標とする世界も異なるのです。
日本とスイスの遠距離恋愛などと、持ち上げられていますが、
決して誉められたものではありません☆
 
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2013 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2