BE●運命向上委員会BE●移動祝祭日↑
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2
 
 全ては皆さまの 彩 り あ る 人 生 のために
 幸せ女子発電所→ BE ★☆
戸 森 し る こ 先生を解説中です
戸森しるこ//ぼくのミギ●BE
サ イ ト マ ッ プ
表コラムの目次(作家篇)はこちらです☆
裏のテーマ
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
コ ラ ム さ く い ん
ever since BE 1994〜BEHP 1998〜
ご 相 談 問い合わせ は今すぐここから
 小さいけれど●大きく育つヒント。
幸せ女子発電所//BEは予防的運命を提唱しています☆
毎日確認し●明るく楽しく共に努力していきましょう
いつも、
BEはあなたと一緒に歩みます
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命向上委員会●BE
BEHPは書体設定明朝体にしてご覧になられるのを推奨しています
※「移動祝祭日」は著名人を誉めたり貶したりしながら、自分を磨く頁です●
BE●灯BE●幸せ発電所
 
表コラム作家篇目次はこちらです☆
裏のテーマ コ ラ ム さ く い ん
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
TOP 2019年目次● 2018年目次● 2017年目次● 2016年目次● 2015年目次●
今日のテーマ●↓
 
■2019年08月24日(土)雨巳
戸森しるこぼくの、ミギがバディを探す
戸森しるこ//ぼくのミギ●BE
15年(草未)のDNA「牽」年の名誉年にぼくたのリアルで、
第56回講談社児童文学新人賞(15-0821/畑巳)を受賞し、デビュー。
同作は
児童文芸新人賞(17-05XX)、
産経児童出版文化賞フジテレビ賞(17-0505/海辰)を受賞。
ありえない熱気の17年(灯酉)度の青少年読書感想文全国コンクール
小学校高学年の部の
課題図書に選定された。
その後も順調に作品WP発表し
十一月のーブル」「理科準室のヴィーナス
レインボールームのエマなどの著作がある
戸森しるこ(84-1130/山辰)が、
DNA「貫」の
納音条件あり天冲殺年だった
昨年(18年/山戌)11月26日(海戌)の天剋地冲天冲殺日に
ぼくの、 を上梓しているので解説する。

「行かなくちゃ。」みんなが眠って静かになった、夜おそく。
ぼくはそうつぶやいた。
赤い毛糸のくつ下「ミギ」と「ヒダリ」は「ふたりでいっそく」!
なのに、なんでミギはどこかに行ってしまったの?
ミギにふさわしいくつ下かどうか、
ぼくは今、ためされている
赤い毛糸の「ヒダリ」 は、行方不明になったパートナーの
「ミギ」 を探しに、チェスト番地から飛び出す。
年に一度のクリスマス・イブの夜にだけ、
チェスト番地から外に出かける、
特別なくつ下の親友「ビッグ」 に見送られて。

埼玉県さいたま市桜区(旧浦和市)出身で
母親は西瓜づくりに凝っており
武蔵大学経済学部経営学科卒業後、
現在東京都北区赤羽在住で、
新宿区内で昼から20時までの変則勤務の会社員との兼業作家の戸森は、
DNA「禄」冲殺主導で、
何事にも満足できない欲深い性癖
色々な人からいただきものをしたり、ご馳走になるものの、
大袈裟に感動することが出来るので、絶え間なくあり。
「禄冲+司」は、一見
真面目に見えて妙に現実的なので
仲介業務に向くように見えるが、うっかり抜けもあり。
「禄冲+貫」は、時に
素直すぎて時に意地悪で、
計算しているようで、何も悪意はない天然
才能は、この「」で頑なに何かを守り抜く
「禄冲+車」は、
自由でいたい反面
一定の
ルールがないと生きていけない
「禄冲+牽」は、決断力なさそうだが、
その気になると意外な底力だす。
「山+禄冲+亥月」は、
ひ弱
なのに
働くのは嫌いではないものの、他人に裏切られやすい性癖。
「子」年生まれ「山辰」は、
揉め事に弱い
生き方を表す伴星は「石」で、
人脈の広がる人生
物事の始めの洩星は「禄」で、誰かに
その気にさせられる
締めにあたる導星は「車」で、
マイペースで無かったことにも出来る。

宿命の特長は、仲冬深夜十時頃の「」で、
鬱蒼とした植物に囲まれているばかりか、
時間が時間だけに
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人は、
真っ暗闇で何も見えない
すなわち
目立たないので、なかなか認められない場合あり。
また
習得本能がないため、無限大に使用するほかなく、
作業は夜が似合うばかりか、舞台も夜ならなお似合う
総エネルギー194点は、山と言うより
小高い丘かもしれないが
うっかり迷いこんでも、
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)のため、
躓いて怪我をする心配はないものの不器用で、
発信力や表現力が極端になるので、
日常的には寡黙で、
口下手になりやすく、文章などで伝えるほうが楽。
自身の土性は28点にも拘わらず
木性は実に80点もあり、
本質を隠すことが可能。
逆に言えば、
見栄えがいくらでも良くできるわけで
いわゆる
粉飾は得意だし、本質はさらけださずの営業的顔もあり。
水性86点は、
ぬかるみで、
お金やパートナーに独特な感覚を持ち溺れやすい
まとめれば、
金性はあれば土砂流失を回避できるだろうが、
ないならないで構わないが
火性の暖気がないのは致命的で、冷やしてはいけない。
真夏でも温めた食事を摂るべきだろうし、
身体を冷やすものは近づけたくはない。
その意味では
金性の猫と暮らすより
火性の鳥類のほうが安全に思える。
いずれにしろ一般人とは異なる宿命で、
普通の感覚で深い接触は厳しいものがあるとはいえ、
全てを逆転可能な生月冲殺でもあるので、
細かいことは気にせず勝負に出れば吉
年干支の「木子」は、打たれ弱く
隠居の身のようだが
感受性は豊かでロマンチスト。
淋しがり屋で表に出て行くよりは
引き籠もりがち
月干支の「草亥」は、未来予測が可能な
霊感のようなものながら、
極めて不安定な
寄生植物病的だが、度胸があり苦難を乗り越える
そして日干支の「山辰」は、
制約多く前進がしづらい
じわじわ成果をだしていくが、
家族や組織には馴染めず
なのに傍目からは自由奔放に思われがち。
本心を身近な人や同僚などにもなかなか伝えきれない。
干支番号構成は、01-11-05で東方のみの狭い領域。
冒険するのは精神世界のみ。

後天運は、初旬「8歳木戌」が、DNA「車」の危険だったり、
ボーイッシュというか
少年のような感覚をもたらしつつ
天地がひっくり返るような天剋地冲を伴う10年運天冲殺で、
小学校に入って程なくたってから、何が何だか判らぬうちに、
落ち着かぬ日々を送るようになる。
とはいえ、2旬「18歳雨酉」は、DNA「司」の干合支合で、
望めば物事が叶うものだが、宿命を考慮すると、
地味になりすぎるとかえって身体を冷やし、
対人関係にズレが見受けられるようになる。
バランスがとれるはずなのに、バランスを崩してしまう恐れあり。
現在の3旬「28歳海申」は、月支「亥」の害があり、
必要以上に気にすれば気持ちは不安定だが、
年支「子」と日支「辰」のからむ
三合会局ばかりか、
主導DNA「禄」でもあり自己確立が行われ、
念願叶ってデビューに至るが、水がさらに増えてしまい、
崩れやすくもなっているので、現実生活を気にすることなく
精神世界への気持ちをより強くもってほしい。
とはいえ
充実一途の完成期でこのうえない至福の時。
今後は4旬「38歳宝未」が、DNA「調」の
ありえない金性
特別意識の強い偏りで、前進もままならないが、
ここでは
少女趣味的様相を濃くすることで回避したい。
5旬「48歳鉄午」は、DNA「鳳」の
ありえない金性の発信
バランスをとろうとするが、
硬質なので豊かというよりは、
激しさを引き連れた攻撃的なものになりやすい。
月干「草」の干合もあり、進み行く
方向の変化は、
読者層の変化か発信する相手の変化
作風ばかりか
全般的な見直しかも知れない。
6旬「58歳畑巳」は、DNA「石」の
協調性和合性
年干「木」が自身と同じ「山」になったように見えるので、
両天秤双方向への気配りなど。
政治的な色合い濃くなる可能性もあり。
7旬「68歳山辰」は、DNA「貫」の
律音で、
まるで
鎧兜をまとったように強固になり才能強化、
体力さえあれば、
重戦車なみのパワーで、何かを実現
年支「子」の半会もあり、前進気勢も戻る。
8旬「78歳灯卯」は、
待望のありえない火性の守護神も、
害毒をともなうので、月支「亥」の半会で過剰な自信があれば
おかしさが売りになるが、
全体的にはありがた迷惑で、
終息に向かっているのに稼働させられるというもの。

ところで、くつ下にはパートナー探しという目的があり、
見つけ出した時の喜びと、その汚れように落胆する
複雑な描写は秀逸だと思ったが、
ここで重要なのは、
ビッグというクリスマブーツの存在。
パートナーがいないとか、クリスマスの翌日のみヒーローだとか
そんなに
長いこと活躍できるほどでないなど、
少々
投げやりとまでいかないが客観的な高所から
くつ下を応援する部分に自身の気持ちを投影しているところが
なんとも
切ない
また、くつ下についても、
はぐれやすいだとか、
洗濯機の内側にはりついたりチェストの奥のほうに落ちていたり
ちがうやつとむりやりペアを組まされたりとか、
何やら
苦言を堂々と発信しているかと思えば、
くつ下会議なるものが開かれ
これは革命だ。くつ下にも、もっと自由を
いいや、秩序が乱れてしまうぞ。くつ下の伝統を守らねば
くつ下が一人で歩いているところを見られたら
二度と歩けなくなるから慎重に
」など。
最後は、ぬいぐるみの茶色いウサギの協力で、
おもちゃ箱でみつけるのだが、
赤が変色して、いちごミルクのうすピンクに変色し、
どうなるかと思えば、
折れた耳のウサギの耳に収まり
良き半永遠を手にいれさせてくれるのだが、
あえて怒られるのを承知で種証しをしたのは、
ぜひ、
少し早いクリスマスプレゼントに、
大人も読める本として一考してもらいたいからだ。

さて、05年(草酉)から10年間投稿を続け、ようやくデビューしたのだが、
それでダメならプロを目指すのはやめようと
していたという主旨の発言をしていたが、
もっと遅いデビューの人だっているだろうし、
形にこだわりすぎたのではないか。
(児童文学ではなく)
何でもありならもっと早かった可能性も高い。
また、
ありえない金性年の10年(鉄寅)には、
乳腺線維腺腫の診断を受け、大学病院で経過観察をしていたようで、
13年(雨巳)の忌み神干合年には、しこりが大きくなりはじめ、
たまに痛みを伴うようになったため、
15年01月(14年/木午の最終月の守護神火性の灯丑月)に
ようやく摘出手術を決行し、現在も経過観察中。
再発はしていないということだが、
手術をしたら受賞できた」という発言もあるが、
これこそが
ありえないものをいつまでもほっておいたツケ
ありえない金性年にありえないしこり(金性)が出来たならば、
ありえないうちに処理をしていれば良かったのに、
それこそ時間を掛けすぎたもので、
これこそが生月冲殺ばかりか、意思の疎通がうまくいかない
「山辰」らしさの象徴的なこと。
意を決して動かねば何も始まらないことはしっておきたい。
16年(陽申)17年(灯酉)のありえない火性の守護神年には、
存分に成長し、現在は条件あり天冲殺2年目。
来年(20年/鉄子)には、ふたたびありえない金性年がやってくるが、
今度は半会もあり結果はすぐだせる。
のびのびと
少年のような気持ちになって元気に暴れてほしいものである★
まるで迷路のように深い〜→戸森しるこ//ぼくのミギ●BE
戸森しるこ84-1130
草木灯
辰亥子※-8
車牽貫禄司(禄冲殺主導)
木性(80)火性(00)土性(28)金性(00)水性(86)/総合194
戌亥生月冲殺/天冲殺(8歳木戌)/初旬条件あり(日干支と天剋地冲)
変則方三位(8歳木戌)/干合支合(18歳雨酉)/主導DNA三合会局(28歳海申)
律音(68歳山辰)/害(78歳灯卯)
木性過多/火性ゼロ(野人)/土性脆弱/金性ゼロ/水性過多
-8歳木戌/18歳雨酉/28歳海申/38歳宝未/48歳鉄午/58歳畑巳/68歳山辰/78歳灯卯〜
05(山)●BE
★3.5
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
表コラムの目次(作家篇)はこちらです
ご 相 談 問い合わせ は今すぐここから
各10干の説明は下記を●クリックしてください
01(木)BE● 02(草)●BE 03(陽)●BE 04(灯)BE 05(山)●BE 06(畑)BE● 07(鉄)●BE 08(宝)●BE 09(海)BE● 10(雨)●BE
BE●灯BE●幸せ発電所
あ  な  た の 運 命 を ハ  レ に す る●
BE●ハレる運命
BEは占いではありません。ご注意ください●
■生年月日を入力するだけで、
年干支・月干支・日干支ばかりか、
エネルギー点数や宿命の特長が表示される
システム稼働中です☆
見本はこですが、
エネルギー計算や宿命の特長表示には、
運命シリーズや裏コラム閲覧に相談も可能
IDPASSの取得のお申込み(決済)が必須です☆
BE●簡易運命式計算器(しらべ)BE●簡易運命式計算器(しらべ)
 
 
 
 
 
 
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
■運 命 評 論 家 / 芸 能 評 論 家●
(運命向上委員会●
BE)の公式サイトです
ご 相 談 問い合わせ は今すぐここから
■幸せ女子発電所//BEは流れに乗る、女性を応援します
見ているだけじゃダメ、
あなた自身を知り、独自の改良をしましょう
BEHPはの配信料で●運営されています
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
コ ラ ム さ く い ん
表コラムの目次(作家篇)はこちらです☆
ご 相 談 問い合わせ は今すぐここから
見出しはこちらです
ever since BE 1994〜BEHP 1998〜
■もしあなたが幸運にも、
若い時代にBEに出会ったとすれば、
あなたが残りの人生をどこで過ごそうとも、
BEはあなたについてまわる。
なぜならば、BEは移動祝祭日だからだ。
なんちゃってね。
BEは幸せ女子発電所で、運命向上委員会。
毎日が、本当は移動祝祭日で、ハレ☆
■当コラムは芸能ニュースではありません。自然界を模範とするBEの原理原則に基づき論評するもので、著名人を誉めたり貶したりしながら、ご自分を磨くものとして、お役立てください。出典は新聞/雑誌/ワイドショウ/ネットニュース等ですが特に記しません。お問い合わせには、お答えできかねますので、ご了承ください。また、情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。掲載情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。なお、著名人の生年月日を借りての実践鑑定であり、原則敬称略です。生年月日の表記は可能な限り、正確と判断される情報を採用しており、※は午前4時前生まれ。*は年齢詐称を示します☆ BE●運命向上委員会
☆★ 心 に 効 く BE ★☆
BE●簡易運命式計算器(しらべ)BE●簡易運命式計算器(しらべ)
BE●畑BE●ハレる運命
BE●畑BE●ハレへの道
BE●畑BE●ハレハレハレ
レオピン5●BE温素//柚子●BE青汁●BEマヌカハニー●BE
→疲れたらコレと、無色透明の安心成分●
↓お買い物は何でもアマゾンサイトをご利用ください↓
大物家電もあります
ヤマト運輸●時間指定サービス♪
アマゾンなら●安くて便利・
送料無料になりました
電化製品&PC/CD→最大72%off?↑
改良の第一歩はゴミ捨てから☆
アマゾン食品ストアtop
アマゾン音楽top アマゾンBOOKStop
アマゾンDVDtop アマゾンVIDEOtop アマゾンスポーツtop
アマゾン電化製品top アマゾンソフトウェアtop
アマゾンキッチン&ホームコーナーtop おもちゃ&ホビーtop
ヘルス&ビューティケアtop
BE●運命向上委員会 Copyright(c)1994→2019 birthday-energy.inc.
 
Amazon.co.jpアソシエイトAmazon.co.jpアソシエイト
 
 
 
 
BE●茶房部入口BE茶房部●緑水
緑水入口● 茶房部入口茶房●BE コラム総合目次(1996年〜)
サ イ ト マ ッ プ
TOP 2019年目次● 2018年目次● 2017年目次● 2016年目次● 2015年目次●
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
コ ラ ム さ く い ん
表コラムの目次(作家篇)はこちらです☆
ご 相 談 問い合わせ は今すぐここから
ever since BE 1994〜BEHP 1998〜
 ■小さいけれど、大きく育つヒント。
幸せ女子発電所//BEは予防的運命を提唱しています☆
茶房●BE
 
0824□雨巳の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
六代目三遊亭圓楽は命が惜しくないのか
三遊亭圓楽●BE
枝の失敗に学べ〜?!★
あ  な  た の 運 命 を ハ  レ に す る●
BE●ハレる運命
上記をお読みになるには権利取得が必要です
詳しくは、こちらをごらんください。
移動祝祭日(茶房ハレシステム)は、表サイトでは取り扱わない危ない話題や、B級ニュースへの論評と、BEならではの世相の見方、皆さまの素朴な疑問や感想にお答えしています。また「宿命判定一覧表」「運命☆シリーズ/☆これがあなたの生きる道」「旧コラ(1996年〜)コラム総合目次(1996年〜)運命語録」「誰にも負けない仕事力」「DNA性格改造論」「結婚できない理由//女子道絶対最強運命論」「H」「dna_d」に、大好評の三柱表示システム「し ら べ 」も通常版とは異なり、エネルギー計算と宿命特長の一部がワンタッチで表示されるなど秀逸で、ひとつのIDとPASSで一括ダイレクト入場が可能です。お申込みお問い合わせはへどうぞ☆
毎日確認し●明るく楽しく共に努力していきましょう
いつも、
BEはあなたと一緒に歩みます
top●BE
運命向上委員会●BE 運命向上委員会●BE
 
0823□海辰の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
佐藤仁美細貝圭が結婚する毒と夢の続き
佐藤仁美●BE細貝圭●BE
はこちらだったんだろうねぇ〜?!★
0822□宝卯の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
平愛梨長友佑都に第二子男児誕生の喜びと憂鬱
平愛梨●BE長友佑都●BE
にいる間はもつのだろうねえ〜?!★
0821□鉄寅の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
ふかわりょうをストーカーした元女芸人の大間違い
ふかわりょう●BE
所やマネージャーにも責任あるかもな〜?!★
0820□畑丑の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
立花孝志マツコ・デラックス衝突の無駄
立花孝志と恋人かようまり本当の関係
立花孝志を助ける上杉隆の夢の中
マツコデラックス●BE立花孝史●BE
守銭奴として馬脚表しこの先ミジメだね〜?!★
0819□山子の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
クワバタオハラ 小原正子 第三子出産も毒夢のツケ
小原正子●BE
これまでも大変だった理由はこちら〜?!★
0817□陽戌の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
椿原慶子(フジテレビ)が第一子女児出産も共通干支なし
椿原慶子(フジテレビ))●BE
フジテレヒの日に出産(笑)〜?!★
0816□草酉の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
田中瞳(テレビ東京)が騒がれる夢の手前
さまぁ〜ずが必死で抑えつける田中瞳の抵抗●
田中瞳(テレビ東京)●BE
活かしきれるかともかく、なかなかの逸材です〜?!★
0815□木申の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
矢口真里が毒年因縁破壊日に元間男との第一子出産の憂鬱
矢口真里●BE
手は夢の中だし、是非にという関係じゃないって〜?!★
0814□雨未の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
Do As Infinity 伴都美子の学習なき離婚
Do As Infinity 伴都美子●BE
でなくても身弱は年下はNG〜?!★
0813□海午の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
新川優愛の欲望剥きだし婚の相手は10歳上ロケバス運転手
新川優愛●BE
宿命毒持ちはだいたいヘンな人が好き〜?!★
0812□宝巳の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
速水もこみち平山あやの感動しない絶望婚
速水もこみち●BE平山あや●BE
ありすぎるひとつは〜?!★
0811□鉄辰の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
澁野日向子がただいま絶好調の夢の中
澁野日向子●BE
本当に今だけなんだから〜?!★
0810□畑卯の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
埼玉県知事選挙の不可解な背景
翔んで埼玉●BE行田邦子●BE翔んで埼玉●BE
青島健太●BE大野元裕●BE
舞台裏はお粗末ではないのか〜?!★
0809□山寅の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
遼河はるひに与えられた悲惨な結婚は猛毒の中
遼河はるひ●BE鈴木彩貴●BE
60年に一度異性に騙される時期〜?!★
0808□灯丑の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
小泉進次郎が未来を捨てた最低逆縁婚の悪夢
滝川クリステルが潤い捨てた逆縁婚に発展なし
小泉進次郎+滝川クリステル●BE小泉進次郎+滝川クリステル●BE
目上しが目下剋しと一緒になっても何もなし〜?!★
0806□草亥の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
Mr.Children 桜井和寿の長男の桜井海音は音楽をやってはいけない
桜井海音●BE桜井和寿●BE
集中すれば親を吹き飛ばすも23歳から自爆〜?!★
0805□木戌の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
笠井信輔フジテレビから放りだされる
笠井信輔●BE茅原ますみ●BE
夢の中で縁の薄い相手と一緒になったばかりにね〜?!★
0804□雨酉の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
ネプチューン名倉潤を鬱病にしたのは誰だ!?
ネプチューン 名倉潤●BE渡辺満里奈●BE
さらに別の理由もありとスポーツ紙報道(要検索)〜?!★
0803□海申の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
立花孝志(N国党首)のとぼけた生きざまと毒の勢い
立花孝志●BE
政治をゲームか何かと勘違い〜?!★
0802□宝未の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
浜崎あゆみ松浦勝人を再利用も出がらし感拭えず
浜崎あゆみ●BE松浦勝人●BEM 愛すべき人がいて●BE
残念だけど2017年(灯酉)の律音年で終わっている〜?!★
0801□鉄午の裏移祝祭日話題の一部 コラムを読むには
玉木雄一郎 国民民主党代表は絶対に信用できない
玉木雄一郎●BE
私変わりましたの軽薄さは決して許されない〜?!★
 
※「BE緑水入口」は『茶房部緑水』への中継地点です。特典説明はこちら→
BEHPは書体設定朝体にしてご覧になられるのを推奨しています
TOP 2019年目次● 2018目次● 2017年目次● 2016年目次●
上記をお読みになるには権利取得が必要です
詳しくは、こちらをごらんください。
移動祝祭日(茶房ハレシステム)は、表サイトでは取り扱わない危ない話題や、B級ニュースへの論評と、BEならではの世相の見方、皆さまの素朴な疑問や感想にお答えしています。また「宿命判定一覧表」「運命☆シリーズ/☆これがあなたの生きる道」「旧コラ(1996年〜)コラム総合目次(1996年〜)運命語録」「誰にも負けない仕事力」「DNA性格改造論」「結婚できない理由//女子道絶対最強運命論」「H」「dna_d」に、大好評の三柱表示システム「し ら べ 」も通常版とは異なり、エネルギー計算と宿命特長の一部がワンタッチで表示されるなど秀逸で、ひとつのIDとPASSで一括ダイレクト入場が可能です。お申込みお問い合わせはへどうぞ☆
 
運命向上委員会●BE 運命向上委員会●BE
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
コ ラ ム さ く い ん
表コラムの目次(作家篇)はこちらです☆
ご 相 談 問い合わせ は今すぐここから
ever since BE 1994〜BEHP 1998〜
BETOP BEMENU BESYSTEM メルマガ自動登録 コラム総合目次(1996年〜)
 
BEは占いではありません。ご注意ください●
■生年月日を入力するだけで、
年干支・月干支・日干支ばかりか、
エネルギー点数や宿命の特長が表示される
システム稼働中です☆
見本はこですが、
エネルギー計算や宿命の特長表示には、
運命シリーズや裏コラム閲覧に相談も可能
IDPASSの取得のお申込み(決済)が必須です☆
BE●簡易運命式計算器(しらべ)BE●簡易運命式計算器(しらべ)
 
 
 
 
 
☆★ 心 に 効 く BE ★☆
BE●簡易運命式計算器(しらべ)BE●簡易運命式計算器(しらべ)
BE●灯BE●幸せ発電所
BE●畑BE●ハレる運命
BE●畑BE●ハレへの道
BE●畑BE●ハレハレハレ
 
■2019年08月20日(火)畑丑
岸政彦図書室に学ぶ人生と栄誉の行く先
岸政彦//図書室●BE
06年(陽戌)のDNA「禄」の半会年より龍谷大学社会学部教員。
DNA「司」の干合年だった17年(灯酉)より立命館大学教授。
研究テーマ沖縄生活史社会調査方法論
16年(陽申)のDNA「禄」の天剋地冲年には、
断片なものの社会学紀伊國屋じんぶん大賞2016を受賞。
「新潮16年09月号」に掲載された初の小説
ール傘で、
第156回芥川龍之介賞候補及び第30回三島由紀夫賞候補に挙がり、
今年(19年/畑亥)は主導DNA「牽」の支合年ということで、
小説「図書室」が第32回三島由紀夫賞候補となった
岸政彦(67-0806/海寅)が、
「新潮18年12月号」に掲載された表題作に
自伝的書き下ろし「給水塔」を加えた
が、06月25日(雨巳)の
DNA「石」の天冲殺害日に上梓されているのでとりあげる。

「図書室」は、40年前の冬の日
同い歳の少年と二人で、私は世界の終わりに立ち会った
定職も貯金もある。
一人暮らしだけど不満はない
築40年の団地をURに紹介され、あまり考えもせずすぐ決めて
それまで一緒に住んでいた男の部屋をでて
ひとり暮らしを始めてから10年。
あの時ここは築40年で私は30歳だった。
私がひとつ歳をとると世界もひとつ歳をとる
若返ったりはしないのだろうか。
そして思い出されるのは、小学生の頃に通った、
あの古い公民館の小さな図書室だった。
母親と猫たちと長屋で暮らし、
夜の仕事で帰りが遅い母親を待ちながら猫たちと眠りについた夜。
女の子の友達とダイエーの二階のファンシーショップに
クリスマス会のプレゼントを買いに行ったこと。
そして、いつも通っていた
公民館の図書室で出会った男の子
その図書室の男の子とは友達になる。
別の学校に通う子と仲良くすることは、
なんだか
自分だけの秘密のようでわくわくする。
冬休みになり、毎日のように図書室に通うようになるが、
どれだけ早起きして行っても、その男の子はいつも座っていて、
宇宙や地球や恐竜に関する本を読んでいた。
そしてある日突然、男の子が言う。
太陽って、いつか爆発するねんで
いつか太陽がどんどん大きくなって地球をのみこみ、
みんな死んでしまうというのだ。
主人公と男の子は人類が滅亡し、
野良猫も野良犬も動物園の動物もみんな死ぬことを想像する。
あの『
かわいうなぞう』どころの話ではない。
ふたりはぼろぼろと泣いてしまう。
そこて、
缶詰を買いだめし淀川の河川敷へ向かい
来たるべき日に備え準備を始めた。
二人で
将来のことを話し合い、
女の子が産まれつばめ」という名前をつけ、
いろいろなことを話し合っているうちに疲れてねてしまい、
私達は発見され、しばらくすると男の子は引越をし、
その後どうなったかわからない
普通のうちには父親というものがおるけど、うちにはいなかった。
そして、私が15歳の中学を卒業する直前、母は突然亡くなった。
医者に心臓が悪かったと言われ、相当無理をしていたのだろう。
その後和歌山の叔母の家に預けられ短大をでて、
人材会社に登録して法律事務所で働きだした。
司法書士の男と付き合って、そんな好きじゃなかったのですぐ別れ、
そのあと二人くらいいろいろあったけど、
同いどしの弁護士から強引に誘われ
事実婚でいいならという条件で10年間暮らした
ある日
突然一人になりたくくて、とても寂しかったけど自由になった
相手もしばらくの間はしつこく連絡があったが、
数年後若い子と再婚したらしい。
ある日、あの
淀川の河川敷にいった帰りに、
道端で傷を負った子猫を拾い暮らしはじめる。
名前はもう決まっている。
動物病院では
猫ちゃんに鳥の名前をつけるんですか」と言われるだろうがかまわない。
その夜、最初に付き合った男と和歌山の海にいったことを思いだす。
あの波はよかった。あの波はとてもよかった。
大阪でつましく暮らす中年女性の半生を描いた、
温もりと抒情に満ちた作品だが、
大阪に住んでいたり、土地勘があれば、読後感も違う気もする。
こればかりは仕方がない。

愛知県名古屋市出身。関西大学社会学部卒業、
大阪市立大学大学院文学研究科単位取得退学。博士(文学)。
20代はフィールドワークと称して、
定職につかず日雇い仕事などをしながら大学院に通い
苦節の末、現在は
立命館大学大学院先端総合学術研究科教授で、
現在は大阪市北区または都島区周辺に在住と思われる岸は、
DNA「牽」主導で、
自分を究極まで追い込み
何が
役割かを探るのだが、それに伴う権威がないと満足が得られず
干支の持つ意味を加味しても、
自己愛の象徴であり、
様々な結果を他人に求めず、
自己の責任として消化する。
「図書室」の主人公の女性は、手に取るようにわかるはずだ。
才能も「」なので、本音は早く勲章を手にしたい
「牽+牽」は、意図しているようで、時に
先を読まぬ行動力
気のあった
少年淀川べりへの逃避行も、
結婚せず事実婚を選び、今は猫と生活を送る女性も同じ。
何がそうさせるかではなく、
魂がそうさせるのか。
「牽+鳳」は、
表向きは体裁を整え、内側は緩い
何かに
流される色合い。
「牽+司」は、想像力より
評論家的姿勢で、危機管理能力あり。
何があろうと
生活していく術は持ち合わせており、
それを
異性に託せるのだから、
目的のある堅実性癖なら構わないが、
ひとつ
間違えれば依存症が強くなり好色家
「海+牽+未月」は、
子供っぽい自尊心で、
結婚すると相手の気を強く受けるようになり、
なじまない
自己の家系から抜けだす
「未」年生まれ「海寅」は、
老獪で孤独な面をもつ。
生き方を表す伴星は「貫」で、
波の少ない人生。
物事の始めの洩星は「鳳」で、
なんとなく始める。
締めにあたる導星は「牽」で、
名を残す

宿命の特長は、晩夏午後二時頃場違いの二つの灯台に照らされ
沸騰しそうなのを堪えていて苦しそうなのだが、
抵抗する素振りもみせず、それを楽しんでいる
総エネルギー267点は立派な外洋に見えるが、
火性113点は
火の海で、引力本能抜群
それもほぼ干合相手の「灯」によりもたらされるもので、
女性に支えられて生きる。女性と共に生きる
目線の先にあるのは、ちょうど
本書の女性主人公の世代
学生は別にすれば、支持層は
女性か女性目線の理解者
酒に飲まれやすい質のため、本当は飲ませてはいけない
木性69点は表現力それなり、
向上心のない性癖だと、遊び人になりやすい
文章で気持ちを吐露できるならば救われる。
土性69点は稼働力ありも、
自分を責めて責め抜く
金性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人は、欲をはった吸収力
果てしない勉学の意欲のない人だと頭はカラッポ
重度の方向音痴はここからきている。
そのくらい辛抱だって(笑)。
その逆に
向上心さえあれば無限大の想像力を発揮できる。
年干と月干の「灯」と日干「海」が干合すれば、
それぞれ「草」と「木」になり、
仲間作りに余念がなく
目上を飲み込んでしまう勢いだが、
本質は師と呼べる年長者に
ありえないような厳しい指導をされてこそ本物になる。
そして
自身の水性は僅か16点しかないため、
想像するといっても辰巳天冲殺らしく情景描写から入るばかりか、
まず
生活を確保して、そこから何かをする姿勢になっているが、
実際は
援軍または浄化装置のない」で、
汚染されやすいため、常に理性を忘れることなく
自分を磨いていないともたない
人。
自身の存在は、妻をふくめ(後述)周囲の人間関係により
評価されることが少なくないので、
日頃から交流相手を吟味する必要あり。
一歩間違えれば、海が遠浅の泥地なり、潮干狩りで
人は多くやってくるため商い上手になるが、
この宿命で
学者をしていくのは、相当な努力が必要で、
女性を対象とした実業の世界なら、違う成功もあったかもしれない。
年干支と月干支の「灯未」は、クールに振るまおうが内に熱きものあり。
じわじわ燻る焚き火のようで、本質を隠しながらも、
独特の言い回しで周囲を
チクリと刺激する。
気づかぬ人は気づかぬが、判る人には伝わるやや
一匹狼的風情。
日干支の「海寅」は、表面のあたりの良さとは裏腹の自意識の強さ。
その気になると全身全霊でぶつかっていく激しさは
窮地に追い込まれてこそ成功への道を歩めるもので、
実は何をやっても、否得意分野では、
自分が最強だと考えている
実現するかはともかく、判りやすい浪漫を求める多幸感あり。
干支番号構成は44-39の短い直線で、
極めて狭い領域での活動が向く。

後天運は、初旬「10歳陽午」は、DNA「禄」の引力本能強化。
なんとかして目立ちたい
こことは違うどこかで世のため人のため
役立ちたいという気持ちの強化。
物心つくというか大人になるのは男性でもあり幾分ゆっくり。
2旬「20歳草巳」は、DNA「調」の
反発反抗なり
独創的な偏りが強くなる10年運天冲殺苦悩
落ち込めば深みにはまるか、上がる前兆にもなる。
3旬「30歳木辰」は、DNA「鳳」の
豊かな表現力強化の10年運天冲殺
流れにさえ乗れば、前旬になし得なかった木性天干一気強化もあり、
ようやく本格稼働していく様相。
4旬「40歳雨卯」は、DNA「石」の
人間関係強化
年支と月支(共に未)の半会があるので、
妥協だとか四の五言ってないで生きて行けば、
上がり下がりの大きかった10年運天冲殺抜けた勢いあり。
現在の5旬「50歳海寅」は、律音で
体質強化
年干と日干(共に灯)の干合変化で、進み行く方向ばかりか、
表向きの仕事の顔にも変化があらわれるため、
より先鋭化したり、より女性受けしたりするようであれば、
過ごしやすい時期になる。
自分が二人になるわけではないが、
鎧兜をまとった状態
ある意味
死ぬこと以外はかすり傷な感じは、何度でも勝負する。
今後は6旬「60歳宝丑」は、
ありえないDNA「玉」の救い
母校老婦人古典などが、これでもかと助けにやってくるばかりか、
仕事の質も変わり、腹をくくって逆転の様相なら
蘇生も蘇生で、
きらきらと光り輝く
7旬「70歳鉄子」は、年支と月支(共に未)が害でなかなか前進不能も
庶民性あふれるありえない救いで、何か違う分野に挑戦する。
またその過程で苦痛があれば才能も磨かれる、結果は至福期。
8旬「80歳畑亥」は、DNA「牽」の支合で、
自己確立
自分らしさを際立たせることで苦悩があろうと、栄誉の戴冠。
大御所どころか勲章の世界へ。

さて、岸はまだ大阪市大の院生で無収入だった
29歳(96年/陽子)の時に出会った、
「おさい先生」こと社会学者の
直子(岸直子・73-0822/鉄寅)
大阪市立大学人権問題研究センター特任准教授
30歳の時(97-1209/草酉)に
結婚している。
(岸は「給水塔」では98年の結婚と表記している)
とはいえ、狭い世界でのなかで仕方がないとはいえ、
岸にとって斎藤は
ありえない金性の浄化装置救いの女神で、
実際、当初の
生活を支えていたのは彼女だが、
残念なことに共通干がないばかりか、複雑な問題を抱えている。
それは
出会いが10年運天冲殺とはいえ、
岸の害で薄汚れた毒の中ということ。
また、
斎藤の「」年生まれ「鉄寅」は、内外シーソー
公私が両立しないものだが、そこは次元の高い生き方により、
なんとか
岸を養ったとはいえ、ただでさえ目下縁の薄い午未天冲殺で、
子供を授からず猫と共にある生活になっている。
また、そうは言っても
夫婦は微妙に運の共有があるため、
栄誉ある賞にノミネートされながらも受賞に至らぬのは、
この
内外シーソーが効いていることに他ならない。

大阪の独自性に、何も追従しない自治の雰囲気、
好き勝手にやっている無秩序な空気、
他人にも優しいが自分にも甘いところ
」など
姿形を変えながらも
今なお残るコテコテ文化
強烈な印象をもって
大阪の地に流れてきた岸だが、
結婚したばかりの頃、斎藤が部落問題や人権問題を研究所で
研究員をして岸の生活を支えている頃、
岸も
小さな短大で非常勤講師の職をえて遠方まで通っていた時
空き巣に入られ現金や通帳を盗まれたという。
早朝から出かけ昼過ぎに帰宅したときに発見し警察に通報し
銀行にも連絡したようだが、既に全額被害にあうという
誰でも簡単に体験しないような事件に遭遇しているが、
なぜその時に、
自分たちの結婚が祝福されていないかと
気づかなかったのだろうか。
自然界は絶対結婚してはいけない男女には、
病気や左遷ほどでなくても好ましくない異動を通じて、
あるいは
事故や事件など派手なお知らせ現象で警告してくるが
信用金庫をクビになった男が犯人で
その後盗まれたお金は戻ってこようと、
減刑嘆願書まで書いて
実は初犯でなかったことに愕然としたりして
何か可笑しいと思わなくてはならない。
岸の毒の中斎藤の内外シーソーという宿命があってこそ
今の二人がある。
しかし、何か違うと感じなかったから、
生活優先でそこまで気が廻らなかったから、
がいまひとつ伸び悩んでいるのだ。
先輩後輩としての交流ではなく、
結婚まで踏み込めるほどの関係ではなかったのに
あの小学生の男の子だってどこかに行ってしまったのに
無理をしたのが今の二人である★
本気で勲章狙いたくないのかなあ〜→岸政彦//図書室●BE
岸政彦67-0806
灯灯鉄
寅未未※-10
司司鳳牽牽(牽主導)
木性(69)火性(113)土性(69)金性(00)水性(16)/総合267
辰巳天冲殺/天冲殺(20歳草巳/30歳木辰)/律音(50歳海寅)
変剋律(70歳鉄子/80歳畑亥/90歳山戌)/主導DNA支合(80歳畑亥)
干合木性天干一気/天干一気破格(50歳海寅)
火性過多/金性ゼロ(野人)/水性脆弱
-10歳陽午/20歳草巳/30歳木辰/40歳雨卯/50歳海寅/60歳宝丑/70歳鉄子/80歳畑亥〜
09(海)BE●
齋藤直子(岸直子)73-0822
鉄雨陽
寅申丑+6
調貫車貫玉(貫主導)
木性(22)火性(19)土性(52)金性(72)水性(59)/総合224
午未天冲殺/ターボ運(〜35歳)/変則方三位(36木子/66歳灯卯)
月干支VS日干支納音/内外シーソー/木性脆弱/火性脆弱/金性過多
+6歳宝酉/16歳海戌/26歳雨亥/36歳木子/46歳草丑/56歳陽寅/66歳灯卯/76歳山辰〜
07(鉄)●BE
★3.1
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年08月17日(土)陽戌
鈴木英治江戸の雷神が吹き荒れて独り行く道
鈴木英治//江戸の雷神●BE
94年(木戌)に作家になることを志し応募をしだし、
99年(畑卯)のDNA「貫」年に「駿府に吹く風」で
第1回角川春樹小説賞特別賞(99-1201/灯亥)を
ありえないDNA「龍」の守護神日に受賞。
翌00年(鉄辰)のDNA「調」年に
謀殺に改題しデビュー。
以降「
手習兵衛シリーズ」、「徒目付 久勘兵衛シリーズ」、
新兵シリーズ」、「父子十手物日記シリーズ」、
口入屋用心シリーズ」、「郷四郎 無殺剣シリーズ」などがある
鈴木英治(60-1227/畑丑)が 江 戸 の
昨年(18年/山戌)のDNA「石」年の
11月25日(宝酉)のDNA「鳳」の半会日に上梓しているので解説する。

火付盗賊改役伊香雷蔵は、
酒や博打にうつつを抜かし父親に
勘当され
上方に
出奔中に喧嘩で死んだとされていた
の要太郎にかわって家督をついで、
御先手弓組頭見習から頭になるまで出世をしたが
そんな兄が
二度と博打はやらぬ俺にはもう博打をやっている暇はないのだ」と言い
突然帰還し別棟の離れに逗留していたが、ふたたび姿を消してしまう。
子がおらず妻が亡くなり3回忌が過ぎても後添えをもらう気持ちもなく
養子をとって 跡取りにしよう
と考えていた矢先でもあり、
何かと苦悩する。
雷蔵は、日頃から常に捕物の先頭に立ち、町人に人気がある。
その勇猛さで「
江戸の雷神」と呼ばれる一方、
斬り捨て御免の火盗改ながら、
できるだけ
賊を生け捕るのが信条という快男児
府内を騒がす
辻斬り押し込みに加え、
その鮮やかな手並みで「
匠小僧」と呼ばれる盗賊を追う雷蔵だったが―。
これらの事件に
兄が関与しているのではないかと疑うが、
雷蔵は密かに
この者の正体をつきとめ退き際を考えていた「匠小僧」に、
江戸の町を掃除する手伝いをさせようと試みる。
一方、わけあって妻を失い
陸奥五本松仁和家五万石を出奔した
剣の達人・
安斎六右衛門は生きる意味を喪いながらも
用心棒道場破りとして糊口をしのいできたが、
ある日、雷神の凄味をしることになり、
手助けをするよううながされる。
姿をみせない盗賊や江戸に流れてきたなかに
心ある者がいることを認める
雷神の世直しが始まる。
様々な方向から周到に用意された伏線が、
鮮やかで凛々しい科白と共に江戸市中を駆け巡る。

静岡県沼津市生まれ。沼津市立沼津高等学校、明治大学経営学部卒業。
現在も
沼津市在住自宅マンションの他に仕事場をもつ鈴木は、
「禄」主導で、時間をかけて
自己の存在感をみせつけようとする。
自分を認めてほしいから
男気について語る
「禄+禄」は、
不器用で世渡り下手。
自分で強いと人に言うような者が強かった例はないわけだ。
「禄+貫」は、
頑固さを演出する。
「禄+調」は、
組織になじめず好きなことしかやらず。
辻斬りを八日かけておびき寄せ
単独の探索だからこそ「
名乗りほどの者ではない」(笑)。
「禄+石」は、
他人を上手に利用する。
「畑+禄+子月」は、
適職にたどりつくのに時間がかかりやすく
配偶者とちょっとしたことで諍い
などが生まれやすい。
「子」年生まれ「畑丑」は、揉め事には強くない。
天下太平時により良さがでる
生き方を表す伴星は「車」で、
単独行動
隠密行動が得意で雷神も一人で闇に挑む
物事の始めの洩星は「貫」で、
最初は一人
締めにあたる導星は「禄」で、他人が終了。
妻が引導を渡すのか。

宿命の特長は、仲冬深夜零時頃の冷ややかで人っ子一人いない場所
しかも年支と月支が「子」で日支が「丑」で
ぬかるみ
ひとたび足を踏み入れたら癖になり既存160余り作品のとりこになる、
わかりやすくいえば

総エネルギー155点は、
軽やかなので入りこみやすい。
読後感は
重厚にみえて、実は軽妙
木性ゼロ(DNA車/牽なし)は、配偶者成分皆無なので、
登場人物は
なかなか結婚しなかったり
妻をなくしたり、あるいはそれどころではない何かがある
結婚しても別居であろうと苦にならない
単身赴任などに向く。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人は、
目上命午未天冲殺なのに、なかなか縁なし
想像力習得力もないが、これは作家として無限大に使用することになり、
流れにのれば
パターンを決めたシリーズもので多作連作も可能。
熱気はないので、老若男女をひっそりとした目で、あるがままに描写
水性過多はその気になれば稼げるだけ稼ぐ
何が目立つかといえば、
泥水が勢いを増し脅威
作家になって一番よかったのは、好きなことでお金を稼げること。
冷えているので、特有の感謝や世直しも、
一般人には
実現可能とは思いづらいことでも
作中でも
大技小技を繰り出して可能にしてしまう。
年干支の「鉄子」は、
自己の文章に酔いしれるナルシスト
存外極度の
心配症取り越し苦労があり
若さ特有のギラギラした前進力ある計算高さ。
生地生家との関わりが長いと、
内臓系に支障をきたす
月干支の「山子」は、大人と対等とする
生意気な小僧達。
江戸市中に窮状は大人より情報を持ち、
それに
枝葉をつけているのだから大物
そして日干支の「畑丑」は表向きの
年干支と月干支が異様なものを放っていたが、
それにくらべれば、本流からはずれても
黙々と我が道を行き気づいたら信用を重ねている。
他人の切り拓いて行った世界をより通俗的に
人々にわかりやすく提示する。
運気は淡々としており
長持ちしやすい。
宿命には矛盾の塊あり。
干支番号構成は、37-25-26で
極めて鋭角的な
江戸市中の狭い範囲を取り締まる。

後天運は初旬「3歳畑丑」はDNA「貫」の独立心
年支と月支の「子」も支合し
堅調
物事の
結果に最大級の関心を持つようになる。
また日干支は律音となり、
初旬稼働条件が付与され、
その気になれば働き盛りに運気向上となる。
2旬「13歳鉄寅」は、年支と月支の「子」に日支「丑」に
「寅」が与えられ、内側世界に籠もりがちな気持ちが外へと
動きだす変則方三位もDNA「調」の
反抗心が強化されれば危険だし、
丁寧な偏りであるならば、人にも助けられる
3旬「23歳宝卯」は、DNA「鳳」の表現力強化。
遊ばずに苦労しながら持ち堪える
4旬「33歳海辰」は、DNA「司」の
真面目に励む
年支と月支の「子」の半会もあり世界が拡がり、
デビューを迎える。
5旬「43歳雨巳」は、主導DNA「禄」の半会で
自己確立
月干「山」が干合変化で「陽」の
ありえない火性に、
10年運も「灯」に変化すれば、すなわち進み行く方向や作風を
磨きあげることで、
目立とうという意識が強まり、結果もだす。
現在の6旬「53歳木午」は、
ありえない木性の干合支害10年運天冲殺で、
年干支「鉄子」も月干支「山子」の天剋地冲なので、
仕掛けが大きくなり大物を気取れば
人生の中で最大級の成果を堪能し、おおいに認知されるも、
なんらかの
体調変化や異性との軋轢裏切りは避けられず
今後は7旬「63歳草未」は、
ありえない木性の天剋地冲10年運天冲殺で、
不安があろうが先行き不透明だろうが、休息なく多忙を極め、
さらに名前は安定的になる見込み。
とはいえ、この
20年間は主導DNA「禄」を活かした
社会に対する恩返しのような感謝や奉仕が濃厚
であれば
より大きな存在になるが、
全部自分の力で自分の物では
思わぬ事件や事故に巻き込まれたり病魔も避けられず
8旬「73歳陽申」は、
ありえないDNA「玉」の熱気
年支と月支の「子」も半会になり、
故郷にお返しが出来れば、
作品の発表がなかろうと、
それまでの歴史が評価され
さらなる
見直しや揺るぎない安定が待っているが
生き方次第では、
緩やかに終わりを迎える。

さて、主人公 江戸の雷神と呼ばれ崇められる火付盗賊改方は、
押し込みの一派雷蔵の実兄が、北町奉行所の与力を殺し取り逃がし
老中首座松平伊豆守よりじかに馘首
された。
切腹がくだらなかっただけまだましという複雑な気分になる。
黒装束の「匠小僧」は、かつて何者かに仲間を殺され
親のいない子供十数人の面倒を見ているため
金のあるところから盗みをはたらく必要あり。
主君を切り捨てる夢が正夢になった真明安斎六右衛門は、
盗みに入られる側の用心棒をしながら、
腕が鈍るのを避けるため、ある日雷神が師範代として手伝う
道場に道場破りとして訪れて手痛い敗戦を喫したあと、
追っ手にみつかり
雷神に救われる
雷神は言う。
困っている者を助け、悪い奴を懲らしめる。
殺すのではなく二度と悪さをせぬよう懲らしめる。
おぬしに 江戸をよりよくするために手伝って欲しいのだ。

すなわち
素晴らしき江戸をつくることだ。
そして、女性や市中の子供達に対する気持ちは、
作者の気持ちとしても充分伝わってくるのは、
偏った宿命の鈴木らしいところ。

そんな鈴木が結婚したのは、同じ作家の香乃(68-0118/灯亥)で、
秋山の律音年に結婚しているのだが、共通干はなく
秋山が鈴木の守護神になっているため、
秋山が何かと鈴木を気にかけるのだが、
残念ながら、(共通干がない以上に)
双方目下運稀薄午未天冲殺なのに、
二人とも
夢みたいなことをいって譲らないものだから、
同居していると衝突するため、離婚したら困る(笑)として
秋山は福岡に居を残しているのだから、覚悟はない
むろん
子供はなく,犬猫の世話にあけくれる日々も、
衝突ははかりしれない。
そんな二人は
14年01月(13年/雨巳の最期の01月/雨丑)が、
鈴木の主導年の主導DNA重なりで、
秋山の60年に一度のDNA「車」も危険な天剋地冲年の、
重なりだった時期に、別居を決行して、
週に一度遭うことにして、仕事がはかどることに気づく
それがちょうど14年(木午)の
鈴木の60年に一度の干合支害天冲殺年で、
秋山が
里心つたDNA「玉」の天冲殺年の夢の中という
わかりやすい図式で、
最初は沼津で別居していたものが、
いまでは
福岡と沼津で、主に秋山が時々通ってくるという。
理想的といえば理想的だが、相手を間違えているのは否めず、
結婚以来、寒がりの鈴木とその逆の秋山は、
一緒の布団に入ったこともないと秋山は語るが、
鈴木から見れば、配偶者成分の木性はなく
辛うじて秋山が熱い火性の守護神という
作家という特殊世界で成りたっているもの。
生活も別ならば、目的はともかく、
互いの人生に責任を持っているとは言えないので、
果たして
夫婦と呼んで良いかは疑問だが、
一緒にいないと仕事がはかどる」そうで、それは当然だろう。
これは
結婚とは言わぬものだ(笑)★
妻にはうまくあしらわれ(笑)〜→鈴木英治//江戸の雷神●BE
鈴木英治60-1227
山鉄灯
丑子子※+3
調石貫禄禄(禄主導)
木性(00)火性(00)土性(26)金性(33)水性(96)/総合155
午未天冲殺/天冲殺(53歳木午/63歳草未)/初旬条件あり(日干支と律音)
変則方三位(13歳鉄寅)/主導DNA半会(43歳雨巳)/干合支害(53歳木午)
天剋地冲(63歳草未)/地支支合水性一気格的
木性ゼロ(配偶者成分皆無)/火性ゼロ(野人)/水性過多
+3歳畑丑/13歳鉄寅/23歳宝卯/33歳海辰/43歳雨巳/53歳木午/63歳草未/73歳陽申〜
06(畑)BE●
秋山香乃68-0118
雨灯草
亥丑未+6
貫車玉禄龍(禄主導)
木性(40)火性(54)土性(36)金性(21)水性(79)/総合230
午未生年冲殺/天冲殺(46歳山午/56歳畑未)/ターボ運(6歳〜)
三合会局(16歳草卯)/納音(36歳灯巳)/害(66歳鉄申)/主導DNA(76歳宝酉)
年干支VS日干支大半会/年干支VS月干支天剋地冲
木性脆弱/土性脆弱/金性脆弱/水性過多
+6歳木寅/16歳草卯/26歳陽辰/36歳灯巳/46歳山午/56歳畑未/66歳鉄申/76歳宝酉〜
04(灯)BE
★3.3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年08月13日(火)海午
木村衣有子味見したい本のマイペースな家庭の中
木村衣有子//味見したい本●BE
大学在学中に「恵文社一乗寺店」でアルバイト。
卒業後「喫茶ソワレ」でウェイトレスをしながら、
DNA「龍」の改良改革年だった99年(畑卯)から
人生の折返し地点ともいえる律音年の01年(宝巳)まで、
珈琲とフランスかぶれのための小雑誌「marie=madeleine」を発行。
同年にはデビュー作になる初の著書「京都カフェ案内」を出版。
12年(海辰)よりお酒ミニコミ「
のんえ春秋」を発行。
現在ひとり出版社「木村半次郎商店」主宰。
ミニコミ「のんべえ春秋」の発行人で、
持ち場は食文化と書評という
木村衣有子(75-1002/宝巳)の
したい本が、伝統性が際立った昨年(18年/山戌)の
DNA「玉」年の12月10日(陽子)の干合日に
上梓されているので解説する。

「のんべえ春秋」でもおなじみ、様々な食にまつわる文化を探求する
文筆家・木村衣有子が読む書物の中の「食の情景」。
そのチョイスは、古川緑波、内田百間、武田百合子、よしながふみ、
佐野洋子、獅子文六、滝口悠生と縦横無尽。
37の様々な食のシーンが紹介され、
独自の目線による掘り下げと自由な感想に、
読者の記憶や味覚が刺激される。
小説やノンフィクションの区別なく
食の場面だけを切り取った潔さが心地よく、
そのユニークで軽やかな考察はもとの作品それ自体にさらなる魅力を加え、
まるでこれ自体が食本のアンソロジーのような面白さ。
文庫オリジナルというのもどこか贅沢な、
豊富な知識と食への愛に満ちた一冊になっている。
なお目次は、
1)少し昔の食卓、2)台所で読む 、3)食堂を読む、4)カレーを一皿
5)おやつの時間、6)コーヒーを一杯、7)飲みにいきましょう である。
あえて作家名はふせるが
「旅行者ってすぐわかるね。さびしそうに見えるね」
「当たり前さ生活がないんだから」
「台所の正しい振る舞い まずやってみること」
「マズイ鮪の復活はネギマ」
「悲しい時は熱いスープをつくる」
「朝の光が古いテーブルを清潔にしている」
一番好きな鰻の食べ方は「うざく」だ。→これは同感。
胡瓜の青臭さ極上の酢が混じって、鰻の脂がちょうどいい存在感になる。
ご馳走してくれる人の前では鰻重のみ静かに食べるが、
欲深いから 鰻鶏重を頼んで失敗した四十路の女が感服した。
特に「うざく」を頂いたら、
お重なんて刺身のつまだよなというには
質の良い食通道を感じた。フルコースなんていらねえ!

栃木県下都賀郡国分寺町(現・下野市薬師寺)出身。
実家かんぴょう卸問屋で、立命館大学産業社会学部卒後、
学生時代に写真部に入りアートワークに目覚めたようで、
卒業後はグラフィックデザインの専門学校に通うなど(中退)
93年(雨酉)から01年(宝巳)の律音年までを京都で過ごす。
京都では、大徳寺→衣笠→下鴨→丸太町→一乗寺と、
およそ
落ち着きのない生月冲殺らしからぬ自己発揮ぶり。
02年(海午)のありえない水性年に東京在住。
中目黒を振り出しに早稲田。ここで結婚し四谷在住。
07年(灯亥 の夫の単身赴任により、阿佐ヶ谷から目白でひとり暮らし。
夫が戻り浅草から北千住へ。
再び夫の転勤で、16年(陽申)に60年に一度の干合支合年に福島市に越し、
北千住にも別宅的ワンルームを新たに借り、
18年(山戌)再び
台東区におそらくは夫と共に暮らす木村は、
DNA「貫」冲殺主導で、
マイペースを貫けない事情により
常に試されるものだが、最初から断っておくが
あまりにも引越をしすぎで、それが気分転換になっているとしても、
あまりにも、そこに力を使っているため、
無駄に大きくなるのを避けているようにみえてしまう。
才能は、この「」で頑固にひとつのことを守り続ける
老舗の味わいみたいなものだが、
出来ていることとそうでないことがあり、
さすがにこの
引越の多さでは疲弊するだろう。
「貫冲+禄」は、
他人とは一線をひくこだわりのある味覚
「禄」×3もあり、
頑固さは尋常でないが、
特別意識の強い「宝」の衝突から表出しているため、
度が過ぎると
傷つきやすくなり近づきがたい。
「貫冲+牽」は、大切な生きる術のわりには、
独特な粗雑さがあるものの、それも魅力。
「宝+貫冲+酉月」は、
用心深いから脱出は上手。
「卯」年生まれ「宝巳」は、良く
動き廻る
生き方を表す伴星は「石」で、
人脈頼りの人生。
物事の始めの洩星は「禄」で、
誰かにその気にさせられる
締めにあたる導星は「牽」で、何らかの
功績あり。

宿命の特長は、仲秋午後六時頃お花畑宝石
どちらも
刺激しあい美しい光景を披露するが、
総エネルギー149点は、
軽快運型ながら
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人のため、
うっかりすると
磨かれにくく
水がなければ、57点ある
木性が成長せずに
造花のようなものになってしまい
存在維持が困難になってしまうので、
旧いものを捨て新たな環境を手に入れたほうが
楽と考えて
引越というリセットを繰り返す
それでは根本的な解決にならないので矛盾が生じる。
それが奇妙な魅力にもなるが、
年干支「草卯」VS月干支「草酉」の納音が、
出し惜しみのような隠し事をしているため
周囲が気づかぬままでいるのかもしれない。
流れ任せの生月冲殺のため、小難しいことを考えず、
ある意味運命に翻弄されるべきだが、
自分で
ブレーキを踏みっぱなしは辛く、
本来
組織に所属してこそ長持ちしつつ成功しやすい。
年干支の「草卯」は、ともすれば
鈍くなりすぎだが、
生真面目であり、異性をバカにする面あり。
月干支の「草酉」は、異性についての強いこだわりあり。
完成された盆栽の花のような頑固さは猪突猛進的。
そして日干支の「宝巳」は、
品性高貴な女王気質
偏見差別をしたくない心優しき部分あり。
どこか弱々しいが、
華やいだ雰囲気の直感力の権化。
干支番号構成は、52-22-18で北方南方を結ぶ、
鋭角的で案外狭い範囲で活動する。

後天運は、初旬「2歳陽戌」は、DNA「牽」の役割発揮。
日干との干合により、
ありえない水性を生成可能も
初旬条件はなく、
売りは生月冲殺
苦痛があれば才能が磨かれる変剋律とのセットで、
この10年は
異性を意識したり、姿形にこだわりながら、
自己の良さに気づいていく。
2旬「12歳灯亥」は、DNA「車」の
天剋地冲
何らかの強い力が働いて、これまでの
人生を大逆転する。
スポーツか異性か
常に危険にさらされながら、才能を磨く。
思いあまって、
生地から解放され京都へでる。
「亥」内「海」が救いで行動力の後押し。
3旬「22歳山子」は、DNA「玉」でひとつの
流れを極めたり、
何かを掘り下げたり学習することで、自分を磨く。
ここでは
結婚をしている。
「子」内「雨」が救いの方向へ導く。
4旬「32歳畑丑」は、月支「酉」と日支「巳」のからむ三合会局で、
DNA「龍」は
庶民的改良改革
落ち着きがさらになくなるようなものだが、
多くの情報を仕入れて、
制約が緩くなり思う存分発信。
「丑」内「雨」は恵みになり、おおいに羽をのばす。
現在の5旬「42歳鉄寅」は、DNA「石」の人間関係にまつわる案件が、
思い通りにゆかぬ裏切りの時期で、
年干と月干の干合変化により、
すなわち仕事面や今後の生きていく方向性を変化させると、
年干と月干が「宝」になるため
金性の天干一気入格となり、
栄誉や役割を賭しながら、
目上を剋する形で、
自らも返り討ちに遭う可能性ありなので
あまり
集中せずに、緩い気持ちでいるに限る。
今後は6旬「52歳宝卯」が、主導DNA「貫」で守り。
この時期にして
自己確立を行い自分らしさを模索する。
7旬「62歳海辰」は、DNA「調」のありえない水性の出現と、
年支「卯」と日支「巳」の間を埋める変則方三位もあり、
何かにぶつかったりはねかえったりしながら、
年齢を重ねたなかでの独創的女子力を発揮する。
8旬「72歳雨巳」は、DNA「鳳」のありえない水性のゆとりで、
力が抜けきって、見違えるように輝くか、
ゆるくなりすぎて失敗をしたり、
身を削りながら美しさを求める
まさに細く細くなっていく。

さて、木村は広島県出身(73-0414/鉄辰)と、
どこでどのように出会ったかは不明
おそらく04年(木申)か05年(草酉)あたりに結婚も、
夫が転勤の多い仕事と自分でも動き廻りたいためか
一般的な家庭人ではない生き方を貫き、
子供もいないという生活を送っている。
とはいえ、16年(陽申)17年(灯酉)の
一周回った二人の夢の中とはいえ、
役割濃厚年で木村は生涯夢のような生き方でも
夫にはありえない虚の守護神多忙名誉時期ということもあり
福島に限定的勤務になった夫と
過去の経験上距離をおいたままでいると
お互い結婚しているのを忘れる
」ので
一年の半分くらいは福島という生活を送ったようだ。
休みの日は中通りへ行き、浜通りや会津にドライブ。
道の駅で野菜やお米に新鮮な野菜を手にし、
おいしいお酒を飲み、べこの乳アイスクリーム直売所で舌鼓をうち、
それこそ
夢のような濃い時期を過ごしたようだ。
しかし、そのように
あえて夫婦らしくしないと
結婚しているのを忘れてしまう感覚」は、
何を間違ったか、
木村が陰の金性の「」で 夫が陽の金性の「」では、
それこそ
妹兄のような関係で感動がないところに、
残念ながら
共通干支もないので、響くものがない
いっそ
仕事を全部放棄して丸投げするのが、
生月冲殺にはあっているという考えもあるが、
それでは
息が苦しくなり崩壊するばかり。
残念ながら
夢の中で間違えたのに、修正しなかったために、
なかなか
密着するものもなく子供もいないという状態。
二人がそれで良ければ構わないが、
後天運解説で示したように現在が木村の「42歳鉄寅」の
DNA「石」の
屈辱や妥協もありの害ということを判断すると、
天干一気的にもなっており、
夫の存在を不本意ながら吹きとばす可能性もあり。
特に今年(19年/畑亥)は、DNA「龍」の改良改革の対冲。
過去を破壊してなきものにするという流れもあり。
その意味では、今後活動していくなかで試金石ともいえる。
それがまた糧になれば良いだろう。

なにしろ、どんなに美味しいものに出会っても
筆舌に尽せない」みたいな言葉で片付けてしまうような
投げてはいけない」と決意しているのが木村だから
おそらく、そういう時に限って努力をしたりするのだろうが、
もう少し力をいれずにいられたほうが楽だ。
だって、「
旨い」では格好悪いし、
うまい」とひらいたり「美味い」と表記すれば世界も変わる。
珈琲だって、ペーパーだと香りを根こそぎもっていかれそうで、
本当は
綿入り布を袋状に縫い合わせ
ハンドネルドリップがオイシイという趣味の良さがあるのだから、
気づいてもいいかな★
野人らしいありえない工夫〜→木村衣有子//味見したい本●BE
木村衣有子75-1002
草草雨
巳酉卯※+2
禄禄牽貫禄(貫冲殺主導)
木性(57)火性(20)土性(20)金性(52)水性(00)/総合149
申酉生月冲殺/変剋律(2歳陽戌/12歳灯亥/22歳山子)/天剋地冲(12歳灯亥)
三合会局(32歳畑丑)/干合金性天干一気害(42歳鉄寅)/主導DNA(52歳宝卯)
方三位(62歳海辰)/年干支VS月干支納音
木性過多/火性脆弱/土性脆弱/金性過多/水性ゼロ(野人)
+2歳陽戌/12歳灯亥/22歳山子/32歳畑丑/42歳鉄寅/52歳宝卯/62歳海辰/72歳雨巳〜
08(宝)●BE
(サキ)●73-0414
陽雨陽
辰辰丑-3
調車司司禄(司主導)
木性(56)火性(26)土性(73)金性(33)水性(88)/総合276
申酉天冲殺/天冲殺(63歳畑酉/73歳山申)/主導DNA干合支害(3歳草卯)
納音(53歳鉄戌)/地支土性一気格
木性過多/火性脆弱/土性過多/金性脆弱/水性過多
-3歳草卯/13歳木寅/23歳雨丑/33歳海子/43歳宝亥/53歳鉄戌/63歳畑酉/73歳山申〜
07(鉄)●BE
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年08月08日(木)灯丑
三浦英之:アフリカゾウの「密猟組織」を追っての正体
三浦英之//牙●BE
朝日新聞記者で、 南三陸駐在、東京社会部から、
アフリカ特派員(ヨハネスブルク支局長)を経験。
15年(草未)のDNA「牽」年のありえないDNA「司」月(07月/雨未)の
ありえない守護神のDNA「禄」の半会日に
五色の虹 満州建国学卒業生たちの戦後」で、
第13回開高健ノンフィクション賞(15-0725/海寅)を受賞。
律音年で人生の折り返し地点だった18年(山戌)の、
ありえないDNA「禄」月(10月/海戌)のDNA「牽」日に、
日報隠蔽 南スーダで自衛隊は何を見たのか」で、
第18回石橋湛山記念
早稲田ジャーナリズム大賞
(18-1030/草未)を受賞している、
三浦英之(74-0626/山戌)が、
同年のありえないDNA「司」月のDNA「龍」の半会日
:アフリカゾウの「密猟組織」を追ってで、
第25回小学館ノンフィクション大賞(18-1130/陽寅)を受賞し、
今年(19年/畑亥)の「畑」重なりのDNA「牽」日だった
05月08日(草巳)に同書を上梓している。

アフリカゾウ虐殺の「真犯人」はだ!?
アフリカで、年間3万頭以上のゾウが、牙を抉り取られて虐殺されている。
このままのペースが続けば、
野生のゾウは絶滅の危機に瀕し、
今後十数年のうちに地球上から姿を消してしまうと言われている。
象牙の密猟によって生み出されたカネはテロリストたちの活動資金となり、
無辜の市民がテロによって殺されている。
『牙』は、
密猟組織の「ドン」が漏らしたある「秘密」を手がかりに、
アフリカで横行しているアフリカゾウの密猟の実態や、
その原因となっている象牙の密猟組織の中枢に
迫ろうとしたルポルタージュだ。
殺されゆくアフリカゾウ。そのゾウたちを絶滅の危機から
なんとか救おうと闘う現場の人々。
密猟に国家ぐるみで関与している中国政府。
象牙市場を死守しようとする日本政府。
その背後で絡み合う幾つもの影や広がる闇を、
2年半に及んだ現場取材や当事者のインタビューによって解き明かしていく。
私達
日本人は、これまでに世界の象牙の約4割消費してきたとされる。
買わなければ密猟はなくなる」というシンプルな原理にもとづく
決断がなぜできないのかと問いかける
臨場感溢れる衝撃の書。

神奈川県座間市出身。京都大学大学院修了。
94年(木戌)のDNA「車」の
朝日新聞社入社で、
現在南相馬支局員の三浦は、DNA「玉」主導で、
ひとつの
テーマをじっくり掘り下げる
旧いもの
伝統性に惹かれるので京都大学は大正解
環境を変化させられず気分転換も得手ではないので、
組織の意向で動かされる新聞社員は
経験値を上げるためには悪くなかっただろう。
(
自己発揮では似合わない)
「玉+貫」は、その場
その場を乗り切る力あり、
現状を飾ることなく伝えることは可能でも
未来の展望には簡単に答えをだせない。
事実本書でも建設的かつ実現可能な解決策を
強くうちだしているとは言えない。
「貫」×2もあり、相当
しぶとい
「玉+車」は、行動と思考の一体化。
時に
目的達成のために危うい道も行く。
「玉+鳳」は、自己の
感性を傷める取材力に火がつく
自分の存在は棚上げして没頭可能。
才能は、この「」で冷静な伝達本能。
「山+玉+午月」は、
無言の強味。相手を圧倒する存在感
「寅」年生まれ「山戌」は、
揉め事に強い
生き方を表す伴星は「石」で、
人脈の広がる人生。
物事の始めの洩星は「車」で、
何もないところから始める
締めにあたる導星は「鳳」で、
精神的達成感で心の楽しみ。

宿命の特長は、仲夏正午頃の活火山で遠くから見れば雄大だが、
近づけば、総エネルギー232点中忌み神火性64点の
熱風に、
木性38点は
枯れ草となり、
年支「寅」VS月支「午」VS日支「戌」の三合会局で、
火性はとてつもなく強化され、
燃えさかる
水性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人は、
情け容赦のなく慈しみのない人物で
優しさの欠片もないので、
妙な感情移入は最小限で取材可能。
とはいえ口ではあれこれ危険とはいいながら、
単身赴任せずに、妻子を同行させるのだから
ありえない方向の妻がいつ犠牲になってもおかしくないのに、
神がかり的使命感で乗り切ったに違いなし。
」は本来動かないのに組織の人間だからこそ動かされる。
動かない」が動くのだから
そこには
とんでもないテーマが転がっているのである。
今後も三浦は
新聞記者を極めてもらいたいものだ。
年干支の「木寅」は、人と人の間に入る
調整能力
場を和まして
相手を油断させる取材者。
月干支の「鉄午」は、淋しがり屋ゆえに明るく振る舞い。
厳しい状況下でも甘い生活ではない強さを発揮する。
そして日干支の「山戌」は、守備本能が強く異様に我が強く
家族にはなかなかその気持ちが通じない。
内面は強靱な筋肉のような異種異様な繊細さ。
制約は多く常に自由がない限定された中で、
火事場の馬鹿力みたいな能力を発揮させることを要求される。
物事に
全身全霊でぶつかる姿は
数代前不慮事故死などの先祖がいる暗示。
干支番号構成は、51-07-35で北方東方西方で南方欠けは、
それなりの場所で力を発揮させられる。

後天運は、初旬「4歳宝未」はDNA「調」の挑戦する心ばかりか、
相手が格別な存在なら、敵に不足なしと
反逆心反発心
植えつけられる、周囲に人がいようと、
孤独であったはずだ。
2旬「14歳海申」は、DNA「禄」の
ありえない引力本能が発動され
野人に潤いが湧きでて、様々なものを引き込む巻き込むようになる。
なまじないだけに、宿命をより強く際立たせたことになった。
3旬「24歳雨酉」は、DNA「司」の
ありえない引力本能も、
その気になると裏切りもある干合支害
とはいえ、明かに
ありがた迷惑的様相であり、
社会参加もここになるため、野人らしく
危険区域への派遣とは
切っても切れない様相になる。
結婚がこの時期だったか、次旬かは判断つきかねるが、
配偶者成分皆無からも考慮して、この間である可能性も否定できない。
4旬「34歳木戌」は、年干支「木寅」の大半会を伴う
DNA「車」の
特別条件付10年運天冲殺で、野人である以上に、
より
危険な役割を与えられ、それに応えることが出来れば
流れに乗って
派手な活躍が見込める時期。
どちらかと言えば総エネルギー232点中38点と少ない
木性の補填は、
雄大な「山」を剋しながらも、より
次元の高い活動を実現した。
現在の5旬「44歳草亥」は、DNA「牽」の年支「寅」 の支合を伴う
同じく
特別条件付10年運天冲殺で、
他人とは異なる生き方にすることにより、
組織の一員であろうと栄誉がもたらされる。
とはいえ月干「鉄」と干合すれば、「宝」に変質し、
DNA「調」は
孤軍奮闘になってしまうので、
間違っても組織から独立してやっていこうと思ったりすると
急速に運気の下降もあるので要注意だ。
また、ありえないような自尊心を満たされたことに対して
感謝がなくなるようであれば
運気も一気に
下降して落ちぶれてしまいかねない。
6旬「54歳陽子」は、月干支DNA「龍」。
絶好調モードは既になく、それをなんとか取り戻そうと
月干支「鉄午」の天剋地冲が強く効いてくれば、
本当に組織を離れかねない行動にでそうだが、
不器用な「山」には厳しい選択になり、
精神性を重視して「龍」を動き廻るのではなく
庶民的な想像力取材力と理解して背伸びせず
生きていけば窮屈でも問題なし
7旬「64歳灯丑」は、DNA「玉」の
自己確立
旧きをたずねて再確認したい衝動が起きるが、
生まれ故郷にこだわる理由はなく、
自然に考えれば、学生時代を過ごした
京都への帰還もありえるが、
過去の赴任先をなぞるように旅するのは論外で、
本来は落ち着いて
腰を据えて学問などに委ねるのが正解。
8旬「74歳山寅」は、DNA「貫」の大半会は、
何をしても
晩年なりの大事件が待ち構えるが、
10年運天冲殺に「34歳木戌」は腕力勝負としても、
その後は「44歳草亥」の「亥」内「海」、
「54歳陽子」の「子」内「雨」、「64歳灯丑」の「丑」内「雨」に。
それぞれ助けられてきたが、「74歳山寅」には
一滴の水もなく
騒いでも何も起きないことを知る。

さて、三浦がアフリカに赴任したのが、年干支「木寅」の大半会を伴う
DNA「車」の三合会局年の14年(木午)で、
恐ろしく危険な目に遭いかねない時。
二人いる娘のうち生年月日の判明している
(11-0907/草丑)
DNA「石」の
屈辱的な害年でもあったが、任地へ一緒に出かけているのは、
ありえない成分の妻が同意したからに違いないが、
その時三浦は、フランスの通信社に勤務するベテランのアフリカ特派員から
アフリカで最も危険な取材はね、内戦国の紛争地取材でも、
発展途上国の疫病感染地取材でもない。きっと象牙密猟の取材だよ。
紛争取材や疫病取材は、事前に現地の状態を把握しておけば、
ある程度、危険を回避することができる。
一方、象牙の取材は取材相手が闇に潜んだ国際シンジケートだ。
一度命を狙われたら最後、この大陸にいる限り、
彼らからの攻撃を完全に防ぐことは
事実上不可能に近い・・・
」と告げられたにもかかわらず、
密猟者が象の牙をえるために、チェンソーのような工具を使って
顔面をえぐりとるような蛮行に怒りを覚え
むろん功名心もあったのだろうが、
元マサイの戦士という誇り高い現地の協力者と共に
取材をすすめていってしまった。

密猟をしているのが地元民なら、それを取り締まるのも地元民
それを
買い上げていくのが中国人で、
行き着く先は日本という、
目に見えない連鎖を解き明かしていくのは、
まるで
小説のごとく幸運が重なりあったもの。
それが
異常10年運天冲殺「34歳木戌/44歳草亥」を
極限まで活かし切ったものだが、
そこらを
軽く乗りこえていくのが野人だし、
そんな
危険地帯に行って生還できたのは、
は月干に「」という守護神を持ち
10年運
「1歳酉」が守護神という、
辛うじて持ち堪える器を与えられたから。
いくら
本拠地を比較的治安が良い
南アフリカの
ヨハネスブルクに置こうと、
今のアフリカは大自然の中を
動物たちが活き活きと暮らす
楽園でもなんでもない
国際テロ組織はもとより、内紛で
国土が疲弊した国も少なくなく、
表の顔と裏の顔が異なるのがアフリカだということも
本書は存分に伝えてくれている。
危険な場所には一人で行ってはいけない。
危険でなくても夜には出歩いてはいけない。
それがアフリカだという。
僅か20年の間に象たちは激減し、
現地の人達が一時的に潤おうと
象牙が我が国で消費され、自然破壊に寄与した事実
決して消し去ることの出来ない。
どんな
斬新な着想のある小説よりも
読んでいて
衝撃を感じたのだ★
見逃せない足りないもの〜→三浦英之//牙●BE
三浦英之●74-0626
鉄木雨
戌午寅※+4
車鳳貫玉貫(玉主導)
木性(38)火性(64)土性(97)金性(33)水性(00)/総合232
辰巳天冲殺/天冲殺(34歳木戌/44歳草亥)/干合支害(24歳雨酉)
主導DNA(64歳灯丑)/大半会(74歳山寅)/地支三合会局火性一気格
木性脆弱/火性過多/土性過多/金性脆弱/水性ゼロ(野人・配偶者成分皆無)
+4歳宝未/14歳海申/24歳雨酉/34歳木戌/44歳草亥/54歳陽子/64歳灯丑/74歳山寅〜
05(山)●BE
第一子女児●11-0907
陽宝陽
丑申卯+1
車調禄牽貫(牽主導)
木性(44)火性(17)土性(33)金性(57)水性(40)/総合191
戌亥天冲殺/天冲殺(11歳山戌/21歳畑亥)/初旬条件あり(年干支を天剋地冲)
変剋律(11歳山戌/21歳畑亥/31歳鉄子)/主導DNA干合支合(31歳鉄子)
変則方三位(51歳海寅)/狭視(異性理解不能)/火性脆弱/土性脆弱/金性過多
+1歳灯酉/11歳山戌/21歳畑亥/31歳鉄子/41歳宝丑/51歳海寅/61歳雨卯/71歳木辰〜
02(草)●BE
★4
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年08月06日(火)草亥
滝本竜彦ライトノベルのライトじゃない屈折の源
滝本竜彦//ライトノベル●BE
01年(宝巳)の主導DNA「車」の半会年の、05月22日(草酉)の律音日に、
ネガティブハッピーチェーンソーエッヂで、
第5回角川学園小説大賞特別賞を受賞。
その後、「
NHKにようこそ!」や、エッセイ「超人」を発表。
10年(鉄寅)の干合年だったDNA「牽」年に「
エア」、
主導DNA「車」の天剋地冲年に「
の少年」を世に送りだしてきた
滝本竜彦(78-0920/草酉)の
長期間待たされた新作
ライノベルが、
昨年(18年/山戌)の11月29日(草丑)の大半会日に上梓されているので解説する、

物語は、不登校の少年「ふみひろ」が学校へ行くところから始まる。
主人公のふみひろは、
青春を無為に過ごしている少年だ。
そんな彼を見かねた
元ラノベ作家のクラス担任吉岡は
好きなことで一国一城の主になってみろ」と言い、
空き部屋で部活を立ち上げるように命令する。
そこで「
ライトノベル部」が立ち上げられた!
すると、ふみひろの目の前に、突如光のゲートが出現し、
こんにちはーにゃ!」といってミーニャという
ユニバーサル言語回路を持つ猫耳美少女が登場し
闇に光をもたらす存在――エクスプローラーだと名乗ったかと思えば
闇の迷宮よ!いつか必ず私は戻るにゃ!」とクラスメイトが消える。
吸血鬼がでてくる闇の活動があるかと思えば、
母親は天使と精神的に交雑するし、
そこに
冷凍精子のお取り寄せが登場したり
日常が非日常へと変わっていき、
そして、この次第に奇妙な
ねじれを起こしていく。
いかにも「
ライトノベル的」な幕開けから始まる本作は、
やがて作者と読者、そして物語を巡るメタフィクションへと変化していく
ミーニャと出会ってから、謎の女の子たちと次々と出会っていく。
やる気のない教師息子に恋人役を期待する母親
優等生だった幼馴染が突然不良化して旅立ってしまったり、
何気に救いのない環境にいる主人公が出会った奇妙な少女たち。
それらとの日常が何を意味するのか?
抽象的な描写も少なくない中で
最後には意識するようになっていった幼馴染と再会できた。
読者に光を与えるための小説「
ライトノベル」と著者は言う。
不思議な感覚に陥る小説だというしかないが、
滝本竜彦復活の
ボーイ・ミーツ・ガールを超えた
異次元恋愛ファンタジーを楽しむしかない!

北海道檜山郡上ノ国町出身。引き籠もりのため専修大学文学部中退。
大学時代は川崎市多摩区生田に居住し、
00年代の杉並区阿佐ヶ谷を経て、現在川崎市川崎区在住で、
専門学校で小説の書き方を教える授業をしているという滝本は
DNA「車」主導で、
反撃素早い犠牲的本質も、単独でいるのが楽。
「車+禄」は、ルールに縛られるのは苦手だが、
本人は
生年冲殺で、無限大であったり制約を激しく受けたりと、
妙な引力本能があるので、独特のスタイルを披露しているのだろう。
その気になればとことん、どんな
仕事で成功できる可能性あり。
「車+車」は、
本能的に空気を読む(読み過ぎでもあり)
緩急をつけた生き方がでるので、やみくもの
危険人物という訳でもない。
とはいえ「車」×3もあり、
頑固で攻撃的なのはまちがいなし。
「車+司」は、
猪突猛進で利用されやすい傾向。
結果、それで嫌気をさしてしまうことになる。
「草+車+酉月」は、
衝突することが大好きなのだが、
気忙しく、いかにも渡り鳥が今まさに旅立とうというような状況で、
病にもかかりやすいが、土壇場で向こう側に行かずにすんだりする。
「午」年生まれ「草酉」は、
一発屋の勝負師。
なのに一般人と同じような
通俗的な生き方を模索すると挫折する。
生き方を表す伴星は「龍」で、
常に変化をしないともたない。
物事の始めの洩星は「禄」で、
誰かに担がれる。受賞したのも。
締めにあたる導星は「車」で、マイペースで
なかったことにする

宿命の特長は,仲秋午後六時頃山間の石ころだらけの川
水待ちの草花の種危険な状況で待機している状態。
紛れているとはいえ
鳥類に捕食されぬよう擬態しているかもしれない。
(捕食されても
種として運ばれる期待はある)
総エネルギー163点は
重厚感のない軽いアイドル運型
そこをさらに濃厚にしていればいいものだが、
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人は、
秋生まれなので種子としたが、
午未天冲殺なのに目上縁稀薄というのが致命的だが、
裏をかえせば無限大に使えるということで
創作力ばかりか
年長の編集者や読者
受け入れられるような生き方も可能だが、
そこは、ご本人の気持ち次第か。
夢みたいなことを考えがちな
午未天冲殺としては
未来のことに行きがちだが、
ここは
思い切って過去に行くという
逆転の発想があっても面白い。
また金性78点の過多は、
剋されるばかりとはいえ、
水性のない未完成異性への興味が濃厚。
しかし水がないところに身を傷めることが多いのは
精神的にどうなのかという疑問あり。
年干支の「山午」は、
感情を押し殺すようなところがあり。
いつまでも親との拘わりが切れないと陰転。
決断力に優れるが、粘っても無理と思えば
諦めも早い
月干支の「宝酉」は、世渡り下手も努力あり。
融通効かずヘリクツもならべるが、
博識でも活かし方が得手ではなく、
毒にも薬にもならないと言われがち。
日干支の「草酉」は、
盆栽の花のように完成しており、
机上の空論より現実的で、アクセルを踏みすぎて、
ブレーキの存在を忘れがち
干支番号構成は、55-58-22で鋭角的な狭少領域。

後天運は、初旬「6歳海戌」が、DNA「」の
ありえない水性への戸惑いと、
冲殺年支「午」の半会があり、おおいに期待されるものの
月支と日支の「酉」は害のため、
不安にかられ不安定で思い通りにならない
ありがた迷惑状態が生涯持続
するもの。
2旬「16歳雨亥」は、DNA「
」の改良改革
現実的条件はないものの
故郷より脱出したまでは良かったが、
根底にあるのは初旬で受けた害のため
ちょっとしたことで挫折しやすい。
生年冲殺は、
どういう形であれ正式に社会参加して、
苦労に苦労を重ねながら、
たとえば、そこで受ける
理不尽なりを訴えていくような
創作活動ならば、すんなりとまではいかずとも
楽なのだが、
それをしていないのは残念なこと。
ありえない真水のおかげでデビューもしているが、
徹底的に活かしているかは疑問。
3旬「26歳木子」は、DNA「石」の
妥協なり屈辱
年干支「山午」の天剋地冲で進みづらい戸惑い。
交友関係も芳しいとはいえず、そこもありがた迷惑
とはいえ「子」内「雨」のおかげで生きながらえる。
現在の4旬「36歳草丑」は、DNA「貫」の大半会。
「丑」内「雨」も救いで動きは急になり、
復活
この後は5旬「46歳陽寅」は、DNA「調」の反発反抗。
少女趣味的様相に反逆性が加わる形態も
月干「宝」が干合されると、月干は「雨」10年運は「海」の
救いがでてくるので、進み行く方向を圧倒的妙な趣向に舵をきれば救い。
ようは
攻撃性が緩和されるのが良いのだ。
6旬「56歳灯卯」は、水がどこにもないので、あるつもりでいないと、
DNA「鳳」の対冲で
息切れ、月干支は天剋地冲もあり、
なにもかも終わりにしないともいえない。
7旬「66歳山辰」は、DNA「司」の支合で
地味
とはいえ「辰」内「雨」の存在に気づけばなんとかなる。
つまり、普通になれということか。
8旬「76歳畑巳」は、DNA「禄」の
感謝と奉仕の半会。
世のため人のために滅私奉公なら救いもないとはいえない。
種子として食料となる覚悟なのだ。

初旬ダブル害
しかも、
ありえない成分
滝本の
人生はつらい。純文学やライトノベルを読んでも救われない。
だからこそ、自分で「
ライトノベル」を出現させた。
ここには、かつてのネガティヴで後ろ向きな少年と、
それを救ってくれる聖母のような少女は存在しない。
青春の蹉跌も存在しない。
だが、確かにこれは滝本竜彦の作品なのだ
」などと
賛美する仲間はいるようだが
屈折した異性への劣等感不完全な優越意識
容易に認められるものでもないが
第三者的に傍観するという立場でならば、ないとは言えない。
高校生は学校に行かなきゃいけないのよ。
ママはあまり行かなかったけど、
みんな行かなきゃダメだって言ってるわよ

というしばしば登場する屈折のあげくにある理想的な母親像は、
ありえない存在である母親に対する甘えであり卑下
おでことおでこをくっつけてテレパシーなんていうのは、
幼馴染みへの妄想で、日常と非日常が融合する
かつて一度も見たことのない輝き。
社会の常識は大切にしたいんだというのも
誠でありマヤカシであるため、
旧き物を破壊し新たなるものを再生する。
滝本はヘンだと思えば、それなりに楽しめる

さて、滝本の最近の活動といえば、
阿佐ヶ谷時代からの作家仲間とのバンド活動や
14年(木午)の夢の中から始めた
クリエイティブ瞑想講座」なる
創作などに行きづまった時に瞑想しようみたいなものだが、
出発点が毒を思うと屈折した世界に
そこまで近づくのは如何なものか・・・。
そんなことをしている間に
作品を書けなのではないか。
だってこの生年月日って、
ドリー若林と同一
もう少し頑張ってもらいたいよね〜★
渇きが原動力〜→滝本竜彦//ライトノベル●BE
滝本竜彦78-0920
宝山灯
酉酉午+6
司車車車禄(車主導)
木性(11)火性(29)土性(45)金性(78)水性(00)/総合163
午未生年冲殺/害(6歳海戌)/大半会(36歳草丑)
木性脆弱/火性脆弱/金性過多/水性ゼロ(野人的)
+6歳海戌/16歳雨亥/26歳木子/36歳草丑/46歳陽寅/56歳灯卯/66歳山辰/76歳畑巳〜
02(草)●BE
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年08月01日(木)鉄午
田端信太郎ブランド人になれ!会社の奴隷解放宣言表裏
田端信太郎//ブランド人になれ!●BE
■大学卒業後NTTデータを経てリクルートへ。
フリーマガジン「R25」の立ち上げや広告営業の責任者を務め、
その後、
ライブドアに入社し、livedoorニュースを統括。
ライブドア事件後は執行役員メディア事業部長に就任し経営再生をリード。
コンデナスト・デジタルでは、
Webサイトとデジタルマガジンの収益化を推進。
さらに、
NHN Japan(現LINE)執行役員に就任、広告事業部門を統括。
上級執行役員法人ビジネス担当に就任。
現在は
スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)で
コミュニケーションデザイン室長を務める
田端信太郎(75-1025/木辰)が、
ブランド人になれ! 会社の隷解放宣言
昨年(18年/山戌)の07月05日(山戌)重なりの
主導DNA「禄」の天剋地冲日に上梓しているので解説する。

同書の伝えたいメッセージはタイトルどおり
ブランド人になれ!」ということ。
君もプロ
野球選手より稼ぐプロサラリーマンになってみないか?
「年功序列、終身雇用の崩壊。そして副業解禁。
会社にぶら下がるサラリーマンはいよいよ終わる。
会社の看板より個人の名前で活躍するブランド人の時代が到来だ!
最先端企業引き抜かれ続ける男が明かす己の名を上げる仕事術とは?!
なぜ、筆者が苛烈なサラリーマン社会で勝ち残ってきたかと言えば、
ブランド人になることを「戦略的に」実践してきたからだ。
そして、今はSNS、インターネットが真っ盛り。
まさに今こそ、ブランド人になるのに絶好の機会はないと言う。
そのために会社の資源・インフラをたっぷり活用し、
ブランド人へと成長するための踏み台にしてしまえ!
ブランド人の先頭を走っている筆者が、
ブランド人になることの魅力を、
彼自身のエピソードからたっぷりと語っている本で、
真似できるかどうかは、あなた次第
目次は以下の構成になっている。

第1章 君は誰を笑顔にしたか?
汗水に価値はない/ドMからドSへ
150円のカップラーメンを300円で売る方法
給料の値段はオマエが決めろ/無礼者でかまわない
とにかく量をこなせ。
量が質を生む
第2章 己の名をあげろ
名乗りをあげろ!/何も知らない金魚であれ
武士は打ち首。
サラリーマンはノーリスク/上司を共犯者にせよ!
売り上げよりもインパクト/さらば昭和のサラリーマン
上司とメシになんか行くな/|仕事にはクレジット(署名)を入れろ
「優秀な人」より「
おもしろい人」のほうが
35歳までにヘッドハンターから声がかからないとヤバい
虚が実を生む/「何を知っているか」より「
誰に知られているか」を問え
「あいつは勝ち馬だ」と思われたらこっちのものだ
第3章 会社なんて幻想だ。大いに利用せよ
会社なんて幻想だ!/システムの歯車になるな。
システムそのものを創れ
沈没船に隠されたおいしすぎるチャンス
「波」になる前に「波の予兆」に乗れ
第4章 市場を支配しろ
欲望を嗅ぎ分けろ/まずは何でもやってみろ
結婚・子育てによって理不尽を学べ
現地、現物、現場を体感せよ/限界までカネを使え
第5章 発信者たれ!
フォロワーは持ち運び可能な資産であり、資本だ
炎上しない奴は燃えないゴミだ
ツイッターをやれ! 名刺を捨てろ/直接言えないことはツイートするな
最初は誰でもゼロからのスタートだ
フォロワー1000人を超えない人間は終わっている
泣き言をツイートするな/さあ、ヤジと拍手を集めるプロレスラーになれ
スーパースターと凡人は紙一重/自分をただただ肯定せよ!
ジャイアンのように大いに歌え
第6章 真っ当な人間であれ
正直者であれ/部下からツッコんでもらえる上司であれ
君はパンツを脱げるかい?
第7章
たかがカネのために働くな
仕事
とはカネで買えないエンターテイメントである
カネではなくパッションだ/たかがカネのために働くな
さあ、砂かぶり席でワクワクしよう!

石川県小松市生まれ。慶應義塾大経済学部経済学科卒。
様々な職場を転々としており、
現在は
35年ローンで買った
江東区豊洲のパークシティ豊洲の下層階在住を称する田端は、
DNA「
主導で、何が何でも目立ちたく認められたい
目立つためなら他人が退き気味なような事をしてでも
自己陶酔して突破
サラリーマンでも「
自分という会社」を経営しなくてはならない。
自分の売値は自分できめろ
カネの話をすることは下品でもなんでもない。」は、
正に
自信を持って価値を高めるに通じる。
カネが溜まると澱む」「カネは使えば使うほど増える
限界まで身銭をきる」「ケチでは金は貯まらない
宵越しの銭はもたない サイフの中は使いきれ」などの発信は、
この「
主導正しい活かし方になっている。
「禄+石」は、ど派手な行動力で
利用できるものは目一杯利用する。
だから
会社組織にいながらも貢献する以前に甘い汁を吸うし、
サラリーマンこそギャンブルし放題。
悪意を持って会社に損失を与えない限り、
会社の資産を利用して、社畜の群れから抜け駆けしろ
」になる。
才能は「」で、人たらしで、わかりやすく言えばズル
「禄+禄」は、存外不器用で
単独行動
真底
頑固で、自分を高める「ブランド人」となら話は別だが、
同期と連れだって食事に行く必要性を認めず
「禄+鳳」は、
口がうまい
「木+禄+戌月」は、
人を巻き込むのが得手。
「卯」年生まれ「木辰」は
狭視異性理解不能
男世界の生きざまを美化しながら、
都合良く生きる。
生き方を表す伴星は「車」で、
単独行動
物事の始めの洩星は「石」で、
誰かを巻き込み共同で。
締めにあたる導星は「禄」で、
他人が終了

宿命の特長は、晩秋午後八時頃の入口花咲き乱れる森
そろそろ
沈んでいるはずなのに未だ陽光が輝いている不都合な風景
総エネルギー227点はまずまずも木性が104点もあり、
公園というよりは迷いたくない怪しい森
表向きは年支「卯」VS月支「戌」の支合もあり、
努力をしながら、顧客を歓迎しているようにも見てとれるが
実際には年支「卯」VS日支「辰」の
害持ち
表の冲殺された「石」と裏側の「禄」が融合しない
表裏あり
朝令暮改なみの持続力皆無で、
転職のたびブランド力を高めているように見えて、
なんのことはない
飽きがくるのが早いだけ。
出来れば
転職しないで太りたい「木」の生年冲殺だが、
害持ちのため、イメージほど豪腕でもなく
弱り切っているような感覚を
言い訳しながら保っている。
気づいていない可能性ありも、
気づいてもどうにも出来ない表裏
木性が強いのはともかく、金性や水性は弱い。
格好を気にせずだし、気合いを入れているふうでも
知恵はそこまで廻らず不穏な空気で周囲を煙に巻く
仕事命、仕事大好きな生年冲殺なのに
害毒持続困難であろうと、本来は内部で暴れるべきで、
矛盾を抱えながら次へと旅立つにも限度あり。
ブランド力を高めたつもりでも疲弊はあり。
またブランドどころか有名なのは別口で〜になりかねない。
害の上に乗っているのは、「木」と「草」で、
何のことはない
交友関係が腐りやすく
ろくでもない交流になりやすく、
時間をかけ腐敗しかねない
年干支の「草卯」は、努力家に見えてどこか鈍さを感じさせ
その分、
敵を油断させる能力あり。
何事もなあなあ気分に出来る
協調性和合性
我が道を行っているのに不快感与えぬのは素晴らしい。
月干支の「陽戌」は、付き合い上手の反面敵もいる。
平凡な人生などありえず
波乱の連続で飽きさせず
商いの世界で成功をつかむ才能にあふれ、
それを気づいて意識して使えば大成功。
そして日干支の「木辰」は、激しい闘志は内側に伏せ、
表にはださないことが徹底されれば誤解されることはないが、
本質地味なのに
出しゃばりな部分が目に付くと
徹底した支持者胡散臭いと遠ざける敵に分かれる。
干支番号構成は、52-23-41で北方と南方と西方も、
そこまで広い領域はなく、世界を広くみせる努力はしている。

後天運は、初旬「5歳草酉」は、DNA「石」の人間関係力強化。
何でも受け入れるか、受け入れざるを得ないか極端にもなるが、
才能にあたる方向ばかりか、
年支「卯」VS日支「辰」の
害を切るものなので
気合いは入ったであろう。
しかも、年干支「草卯」を納音しており、
親の世界に何らかの不都合があればあるほど、
初旬成功条件を与えられ、
おおむね
25歳から54歳の間に成功する可能性があるが、
これについては、
感謝と奉仕が必要で、
大きな成功をしたら、そのぶん自然界に返礼するという
役割を与えられるが、ちまちま蓄財に走ったり
己の
欲望をみたすばかりでは、たいした成功にもならない
とはいえ人間関係を駆使して成功できるはず。
2旬「15歳木申」は、DNA「貫」の大半会。
木性強化で、自分をさらに強くして
自信を深め
なにをやっても、中途でどんなことがあろうと
成果がでる
学生時代にWEBデザインで月収40〜50万の活動費を調達したのは、
このなかの
守護神火性年の96年(陽子)97年(灯丑)だろうし
生年冲殺らしく
帰省の際に親から発破をかけられ
慌ててリクルートスーツを買い
就職活動をやってみたら面白く
無理に内定をとろうという卑屈な気持ちがないから
生意気な意見を言いまくった。
」あげくだろうと
98年(山寅)の主導DNA「禄」の
引力本能強化年なので、
行くところ敵なしだったではないか。
とはいえ
正式な社会参加は、条件あり天冲殺とはいえ
99年(畑卯)の
60年に一度の干合支害年。
一般人なら
その気になれば裏切られるのだが、
生年冲殺表裏あり害持ちまであるのだから、
ひとつの会社
組織に持続して所属できないものになったが、
質を追求するな。量をこなせ」と仕事人としての基礎作り。
いわば
千本ノック時代ビートルズのハンブルグ時代に例え
リミッターがはずれ突破力がつく」もまた大事件らしい。
3旬「25歳雨未」は、DNA「玉」の
知恵の補填
ともすれば劣勢だった
年長者よりの救い
年支「卯」の半会で外向きの仕事面は派手に伸びる。
現在の4旬「35歳海午」は、DNA「龍」の
庶民的改善期。
自分を高く売るための最新な流れに乗りきる。
金性強化年だった01年(宝巳)には、
ある意味
旧く伝統的なともいえる
日本経済新聞の求人広告をみてリクルートへ。
電通に完全買い切り戦略パートナー として
「R25」の事業計画を発案。
これが名刺がわりとなり業界で名前を売って、
ライブドア、コンデナスト・デジタル、LINEを経て
ZOZOへとまで流れてきた。
来年(20年/鉄子)から始まる5旬「45歳宝巳」は、
年支「卯」日支「辰」に
不規則に連なる変則方三位で、
最弱の金性強化はDNA「牽」の
名誉だが、
下手に
進み行く方向を意図的に変化させると
守護神月干「陽」が干合で「海」になってしまう。
(完全に変わりきるのではなく
点滅)
目下子供造反などに胸が痛む
6旬「55歳鉄辰」は、DNA「車」の
危険
年干支「草卯」の干合支害があり、仕事や表向きの顔の
激変
7旬「65歳畑卯」は、DNA「司」の10年運天冲殺に
干合支害
自身で所有していようと
毒は毒であり、新たな要因による
その気になると裏切りで、晩年とはいえその気になりすぎて
目先の金銭物質を求めれば思わぬ落とし穴。
そして
異性にも注意異性変質。悪い異性の出現に制御できず。
35年ローンなんか飛んでしまうかも。
8旬「75歳山寅」は、DNA「禄」の10年運天冲殺で
散財
入ってくるものよりでていくものが多いが
それに抵抗できるわけもなく
それまでの
感謝と奉仕が自然界に判定される時期。

ライブドア事件の最中に使えていた貴文(72-1029/雨巳)には、
オレが体を張ってネタを作ってるんだから
とにかくオレを最大限活用しろ。
ネガティブでも何でも構わないから
記事にしてページビューを稼げるだけ稼げ
」と講釈され、
ホリエモン逮捕へ」という
おもしろコンテンツで目立ちに目立ったことで、
手を上げて転職ではなく
ヘッドハンティングされる旨味を知った
人買いのレーダースクリーンに移っていなければ、
グーグルの検索結果に出ないウエブサイトと同じ。
TOEICやTOEFLを勉強していい点数をとろうとかいう前に
『英語は得意だ!』とハッタリをかませ
」なのである。
そして「
炎上しない人間は燃えないゴミだ」とし
今どき名刺交換して自己紹介する時点でアウトでSNSを駆使しろと説く。
カーネル・サンダース49歳ケンタッキーフライドチキンを始め、
伊能忠敬50歳を過ぎてから天文と地理の勉強をし、
55歳を過ぎて測量の旅に出たのだと煽るのは正論だろう。
ところが、「
上司の前では太鼓持ちのように調子の良いことをいい
目の前からいなくなったらコロッと態度をかえ、
自分より立場の弱い人間には高圧的になるカメレオン人間は最低だ。
損か得かではなく、生き方の美学としてダサすぎる。
表と裏がある卑怯者は決して、長持ちしない
」に至っては、
それは「あんただよ」と言いたくもなるが、
フェイスブックをつくりだしたマークザッカーバーグにしても
Macやiphoneを創り出したスティブ・ジョブスでも
カネ儲けが目的を爆発させイノベーション
(※技術革新)を爆発させたわけではない
カネが儲かる、自分だけうまいことやってセレブ生活を送りたい
ではなく
どうしてもやらざるをえないパッションが必要だ
利害損得ではなく自分が熱狂していることに
偏愛にまみれ前のめり姿勢で仕事をしろ

カネなんてなくても死にはしない」「たかがカネじゃねえか
カネは天下の回り物と突き放すからこそ
逆説的にカネが儲かるようになる。
カネのほうからすりよってくれる。
」ときて
他人の役にたつという青臭い志で仕事する
カネというつまらない紙切れのために生きるな。
カネのために死ぬという、最強にダサすぎる最期は絶対に避けろ
ワクワクして生きろ。そうすれば(結果的には)カネもついてくる
」も
非の打ち所のない正論であり、
ビジネスは最高のエンターテインメントだ
失敗しても死にはしない!勝つか負けるかわからない
ギリギリの戦いに今すぐ飛び込んでしまえ
」という扇動も立派だが、
このままもちろん
現在のZOZOに終生いるのではなく
頃合いを見て脱出して、より旨味のあるポジションをとりにいくのが
田端という人物であり、
持続力がないのを逆手にとって
開き直るのは結構な芸当
称賛すべきだろう。

さて、表裏ありなのに私生活を喋りすぎるきらいのある田端は
守護神害切れ年の06年(陽戌)に
墨田区両国近辺出身の
(75-0425/宝丑※想定)と結婚しているが、
火性ゼロ(DNA車/牽なし)で配偶者成分皆無とも見える
生月冲殺の妻にとっては、ありえない結婚
だからだろうか、
第一子男児(09-0508/雨丑)は、
二代目運の寅卯天冲殺のわりには
両親と共通干なしも、
母親とは守護神同士で、
木性ゼロ(DNA鳳/調なし)のため、
木性の
父親はなかなか理解出来ぬ存在かも。
そして、
第二子女児(12-0519/鉄戌)とは
妻の条件あり天冲殺だけあって、
両親と共通干支のある子供の誕生になったのは、
仕事は不安定でも、内側世界は大事にしているということか。
その後
第三子男児(15-XXX)も誕生しているが、
15年(草未)は、両親の年干支の「草卯」と大半会しているので、
どんな時期に誕生しようと、共通干はありとなるので
悪くない
ちなみに
マンション購入
13年(雨巳)になり、
田端の水性強化年だが、
妻の60年に一度の守護神条件あり天冲殺半会年で、
長男の大半会年長女の守護神年なので、
田端という人物が仕事を通して
世のため人のため役立っているかはともかく
しっかり内側世界の充実をはかってるいることは理解する。
では、このストーリーがこのまま
成功物語として終わるかと言えば違うだろう。
自身の木性が104点と強力なわりには、土性は44点。
つまり
木性を支える地面が少々軟弱すぎるという難点があるところに
「禄」主導が
感謝や奉仕という方向に行かず
目立とう根性
本人の蓄積に廻ってしまっては、矛盾なのだ。
会社を利用して上昇したはいいが、今後の10年運環境が、
そこまで恵まれているともいえず、
「木辰」の左3「禄」は
晩年に身上潰す可能性大で、
異性に躓いたり妻子の浪費や事件などが懸念されるのだから、
(
の「卯」年生まれ「宝丑」は上がって落ちるだし)
私生活の充実は自由も、それを
吹聴したあげく
自慢になってしまえば危うくもなるとことを言っておきたい。
田端の唱える方向性は間違いもなくはないが、
低層階とはいえ高級マンション自慢では、
いささか
結局はそこかになる。
」が土性という金銭物質を求めると、
老いが早くなり配偶者方向に問題がでる。
むろん「木」は全ての象徴だから、
誰にでも当てはまる
一代で大成功者をだすような時代ではないので、
無理をしては晩年が怖いということは
自家中毒持ちだけに余計心配だと言っておきたい★
もっと謎の部分があっていい〜→田端信太郎//ブランド人になれ!●BE
田端信太郎75-1025
陽草陽
辰戌卯-5
石鳳禄禄石(禄主導)
木性(104)火性(40)土性(44)金性(16)水性(23)/総合227
寅卯生年冲殺/天冲殺(65歳畑卯/75歳山寅)/初旬条件あり(年干支を納音)
大半会(15歳木申)/変則方三位(45歳宝巳)/干合支害(65歳畑卯)
主導DNA方三位(75歳山寅)/年支VS日支害(表裏)/害切れ(5歳草酉)
狭視(異性理解不能)/木性過多/金性脆弱/水性脆弱
-5歳草酉/15歳木申/25歳雨未/35歳海午/45歳宝巳/55歳鉄辰/65歳畑卯/75歳山寅〜
01(木)BE●
妻●75-0425※想定
鉄草雨
丑辰卯+4
禄石龍玉禄(玉冲殺主導)
木性(87)火性(00)土性(40)金性(38)水性(50)/総合215
辰巳生月冲殺/天冲殺(4歳宝巳)/害(14歳海午)
変剋律(44歳草酉/54歳陽戌/64歳灯亥)/主導DNA支合(74歳山子)
干合金性天干一気/天干一気破格(54歳陽戌)
年干支VS月干支干合支害/害切れ(44歳草酉/54歳陽戌)
木性過多/火性ゼロ(配偶者成分皆無)/土性脆弱/金性脆弱
+4歳宝巳/14歳海午/24歳雨未/34歳木申/44歳草酉/54歳陽戌/64歳灯亥/74歳山子〜
08(宝)●BE
第一子男児●09-0508
畑畑宝
丑巳丑-1
車車貫牽貫(牽主導)
木性(00)火性(23)土性(111)金性(47)水性(69)/総合250
寅卯天冲殺/天冲殺(11歳灯卯/21歳陽寅)/主導DNA(1歳山辰)/ターボ運(51歳〜)
三合会局(71歳宝酉)/地支半会金性一気格的
木性ゼロ/火性脆弱/土性過多/金性脆弱/水性過多
-1歳山辰/11歳灯卯/21歳陽寅/31歳草丑/41歳木子/51歳雨亥/61歳海戌/71歳宝酉〜
10(雨)●BE
第二子女児●12-0519
草海灯
戌巳辰-5
鳳司龍貫龍(貫主導)
木性(81)火性(31)土性(93)金性(42)水性(41)/総合288
寅卯天冲殺/天冲殺(15歳雨卯/25歳海寅)/初旬条件あり(日干支を天剋地冲)
主導DNA(45歳鉄子)/変剋律(45歳鉄子/55歳畑亥/65歳山戌)/害(75歳灯酉)
木性過多/火性脆弱/土性過多
-5歳木辰/15歳雨卯/25歳海寅/35歳宝丑/45歳鉄子/55歳畑亥/65歳山戌/75歳灯酉〜
07(鉄)●BE
★3.3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年07月28日(日)陽寅
丸木文華●誰にも言えない闇を超え
丸木文華//誰にも言えない●BE
入学した美大が雰囲気があわず、
アルバイトをしていたゲーム会社でライターがいなくなり
シナリオを書いたのが03年(雨未)のDNA「石」、
最初に小説を書いたのが08年(山子)の
月干支「木午」の天剋地冲を伴う
DNA「車」の半会年という危ない魅惑。
BL、乙女、ゲームシナリオを中心に活動中で、
蝶と和柄と魚卵が好きという
丸木文華(81-0623/海申)の誰に言えないが、
小説執筆10年記念のDNA「車」年だった
昨年(18年/山戌)11月25日(宝酉)の
DNA「玉」日に上梓されているので解説する。

きゅる、と小さく腹が鳴る。
葵は口の中の三つのキャンディをゆっくりと舌の上で転がした。

赤と白と黒のキャンディ。
嫌になるくらい
甘ったるい赤
爽やかで少し酸味のある白。
黒は
匂い独特で、甘さは控えめ
美少女たちの、無垢な悪意の饗宴…! 私だけの秘密教えてあげる…!
旧財閥で、
日本有数のセレブ一族の家に生まれたは、
大好きな三人の女友達を誘って、
軽井沢を思わせる
避暑地に遊びに来ていた。
容姿、ステータス、どれをとっても申し分なく、
それぞれが
宝石のように目映く美しい女子たち・・・
結衣はモデルをしており人形のように完璧な顔立ちとスタイルだし、
莉子高校生の頃に文学賞をとり華やかに文壇デビューした美少女小説家、
ひまりは全国大会で入賞経験が何度もある美しすぎるスプリンター
四人がプールサイドにいると、
周りの視線がうっとうしいくらいにまとわりついてくる。
避暑地の夜の帳が下りて、
完全な闇に包まれた4人の美少女たちは怪談話ならぬ、
誰にも打ち明けていない秘密の話」を順番に打ち明けることとなった。
この手の悪意と秘密の話はよくあるものだけど、
ファンタジーな味つけがされているのが一風変わっていて新鮮
ひとりずつ秘密を語った後の展開も、
おそらくそうだろうとは気づいていても最後まで気持ちを引っぱられる。
そして
底の浅い悪意だけどその浅さが逆にこの少女たちには相応しい。
最後が怖すぎるが、そうでもなければ困る(笑)。
そして、そこで打ち明けられた4人の秘密とは!?
不幸と悪意が彩るサイコ・ホラー夏の夜には向いている

埼玉県さいたま市出身。美大卒もどこの美大かは不明。
15年(草未)のDNA「調」の変則方三位年あたりまでは、
母親とさいたま市で暮らしていたが、
現在は東京都内在住も場所不明の丸木は、
DNA「牽」主導で
自意識高く自尊心徹底強調。
「牽+玉」は、
用心深い冒険心。
「玉」×2は少々
意固地
「牽+龍」は、
小細工大好きな創作力。
「牽+鳳」は、本質善人も
お天気屋
才能は、この「」で冷静優雅発信力
「海+牽+午月」は、
機敏だが持続力に問題あり。
「酉」年生まれ「海申」は、
待ち運
生き方を表す伴星は「禄」で、
つかみどころのない人生。
物事の始めの洩星は「牽」で、会社で
抜擢目上の引き立て
締めにあたる導星は「玉」で、
目下と共に終了。

宿命の特長は、仲夏正午頃の
僅かな流木きらきら光る鉱石金属片散見するが
総エネルギー200点中、
守護神とはいえ、金性が多いため
想像力はしたたか
表現力木性が僅か6点しかないため
なんでも
極端になりやすく汎用性に欠けるのが残念なところ。
そのため
引き出しは多いのに風合いは変わらない。
この改善策としては、
木性である野菜果物類徹底摂取はもとより
あれこれ手をださず、
またとない
誰にでも受け入れやすい
代表作
を擁して徹底したシリーズ化が救いになる。
年干支の「宝酉」は博識も真っ当すぎて、毒にも薬にもならない傾向。
月干支の「木午」は存外
心優しいが、常に犠牲者をだす。
そして日干支の「海申」は、
お気楽で、直球勝負のストレートな様相。
自意識過剰気味のところがあるが、歳を重ねることにより魅力は開花する。
干支番号構成は、58-31-09で北方西方東方で南方欠けながら
それなりの広域でかえって、へばる可能性もあり。

後天運は、初旬「5歳草未」がDNA「調」の少ない木性の補填
女性的感性の付加と同時に
月支「午」と日支「申」の間を埋める
変則方三位の完成で、
年支の「酉」までつなげて、
現実は堅調で矛盾なし
2旬「15歳陽申」は、DNA「禄」の
引力本能強化魅力成分全開
3旬「25歳灯酉」は、DNA「司」の干合で、
活発な稼働力でデビューもした。
現在の4旬「35歳山戌」は、突如やってきた
DNA「車」の
10年運天冲殺30年にわたる変剋律の始まりで、
流れに乗って忙しさに音を上げねば
日支「申」年支「酉」の総元締めの方三位で、多忙で我が世の春
今後の5旬「45歳畑亥」は、DNA「牽」の10年運天冲殺付の
主導DNA「牽」の
で、自己確立苦悩に裏切り
進み行く方向を変化させれば、
自分であるがために、誰かの犠牲になったり、
望まぬ何かを担ったりもあるので、
ブレぬのが正解
たとえ
不名誉な役廻りがあろうと
人間性は上げれば、
恐れ多いありがたさにもなり。
6旬「55歳鉄子」は、DNA「龍」の改良改革半会。
情報の扱いや
変えることに苦悩すれば才能は磨かれようが
4旬5旬の10年運天冲殺は抜けているので、
感謝が濃厚でなければ失速も早い
7旬「65歳宝丑」は、DNA「玉」の守護神強化も
金性過多の宿命では、かえって
ありがた迷惑にもなりかねずも、
年干支「宝酉」の大半会があるので、贅沢言わねば、
晩年でも伸びあり。
8旬「75歳海寅」は納音で、
気持ちはそのまま現実だけ完全崩壊
さすがに稼働はできないということか。

さて、この国の富の根幹を手に入れ、
銀行も鉄道も不動産も自動車も何もかも経営する
財閥の構成員
山賊の末裔がそれを知った村人を皆殺しした報い。
そんな因縁維持するために、
悪意をもった者を喰らうというおぞましい仕掛け
誰と結婚しても
遺伝子が勝るために、
ブサイクに生まれても、
留学と称して整形する。
しかし
他人には美しくみえても、
本人が鏡をのぞけばバケモノにしかみえないのは想像したくもない(笑)。
他の三人もそれなりの秘密を抱えていたが、
葵の真相には比べものもないため、
なんとか
生き延びようと結託した三人は逆襲にでたのだが
その先に待っていたのは意外な展開。
この国では毎年相当な
行方不明者がでるという話の裏側には
恐怖に染め上げられるも決して表にはでないのだということ。
冒頭のキャンディの意味をしると、さらに
夜も眠れないかな★
溢れる想像力を後押しする成分がほしい〜→丸木文華//誰にも言えない●BE
丸木文華81-0623
木宝宝
申午酉+5
玉鳳龍牽玉(牽主導)
木性(06)火性(27)土性(45)金性(84)水性(38)/総合200
戌亥天冲殺/天冲殺(35歳山戌/45歳畑亥)/変則方三位(5歳草未)/方三位(35歳山戌)
変剋律(35歳山戌/45歳畑亥/55歳鉄子)/主導DNA害(45歳畑亥)/納音(75歳海寅)
木性脆弱/火性脆弱/金性過多/水性脆弱
+5歳草未/15歳陽申/25歳灯酉/35歳山戌/45歳畑亥/55歳鉄子/65歳宝丑/75歳海寅〜
09(海)BE●
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年07月21日(日)畑未
久山葉子スウェーデンの保育園に待機児童はいないの表と裏
久山葉子//スウェーデンの保育園に待機児童はいない●BE
社会福祉が充実しているという定評のある国。
北欧の一般的日本人には馴染みの少ないスウェーデン!
1歳児の
娘の理想の子育て環境を求めて
東京からスウェーデンに移住した久山葉子(75-0724/宝未)の 、
子育てと移住の経験を綴ったエッセイ集
スウェーデンの保育園待機児童はいないが、
06月21日(畑丑)のDNA「龍」の
主導DNA対冲日に上梓されているので解説する。

移住して分かった子育てに優しい社会の暮らし」と聞くと、
緻密な計画に基づいて北欧へ移住されたかと思いきや、
実際はかなり急で、春先に移住案が浮上し、
06月末に移住先が決定、年明けに引っ越し
(しかも
本人の職は何も決まっていない)というものだった。
移住先での新生活、保育園への入園、スウェーデンの子育て事情、
そして本当にスウェーデンは住みやすいのか?
というテーマについて綴った
実録移住物語で、
民間の託児施設がない、育児休業生活への保障、
スウェーデンの洗濯事情と三大タブー
専業主婦イコール失業者なら意を決して起業する!
誰でも入れる保育園に大学まで教育は無償
なぜ、
離婚率が高いのか、男も家事ができるのか
転勤のない社会に、風邪は寝て治すもの。
家は借りるより買うもの。
本当のところ、スウェーデンって住みやすいのか?
スウェーデンは本当に
男女平等か?
消費者の我慢の上に成り立つ快適な社会
どこまで認められるかなど
あまりの
ドタバタさに腹を抱えて笑えるほど楽しい!

兵庫県神戸市出身。阪急沿線で生まれ育つ。
神戸女学院中高部、同大学文学部英文科卒。
AFSで
スウェーデン高校留学経験あり。
卒業後は、東京で
北欧専門現地手配旅行会社
スウェーデン大使館商務部勤務を経て、
09年(畑丑)の
DNA「龍」年に決意し、
10年(鉄寅)家族でスウェーデンへ移住。
現在地はスウェーデンのスンツヴァル、
高校で日本語を教えている。日本の出版社にスウェーデンの本を紹介し、
スウェーデン文学の翻訳を手がけている久山は、
DNA「龍」主導で、
庶民的海外志向
探究心旺盛でなんでもチャレンジ。
才能も「」で正面からだけで判断せず
斜から見たり裏をみたりと研究する。
「龍+禄」は、
冒険心に支えられた教養の持ち主も、
相当闇雲に動く感あり。
しかも「禄」×2もあり、
競争意識が強く頑固
「龍+鳳」は、
内面の葛藤が激しく、高度な貪欲さあり。
「宝+龍+未月」は、手堅く静かな明るさを持つ、いわゆる
良妻賢母
「卯」年生まれ「宝未」は、
上がって落ちる
生き方を表す伴星は「石」で、
人脈の広がる人生。
物事の始めの洩星は「鳳」で、
なんとなく自然体で始まる。
締めにあたる導星は「禄」で、
他人による終了

宿命の特長は、晩夏午後二時頃の花畑の案内板
総エネルギー224点中木性92点と前向きな稼働力ありも
自身の金性は僅か17点で苦労の連続
また
守護神水性も19点と同様に脆弱で、
仕事熱心なのはわかるが物事はいつでも簡単に解決せず
面白いようにお試し
を与える。
砂漠のお花畑をキラキラ装飾している様は、
美しいが維持するのに費用がかかりすぎるきらいあり。
年支「卯」と月支と日支の「未」の半会で、
さらに木性が強くなる、
果てない欲の持ち主で
傷つくことを怖れない勇気は称賛に値するが
常に
発信していないと煮詰まりやすい
年干支の「草卯」は、
真面目だが少々鈍い面否定できず。
また、男性に対し、常に優位にたとうという気持ちが強い。
月干支の「雨未」は、裡に秘めた闘志は、
打算なく
時には
棘のある発言もみられるので注意したい。
本人の意志とは別に
異性難の傾向あり。
そして日干支の「宝未」は、慎重な計画性高い長距離ランナー。
用心深さ懐疑の念強く、不言実行単独行動
成功か否か二極化しやすく財運強い
干支番号構成は、52-20-08で北方南方東方結ぶ
比較的鋭角的な狭い範囲で動く。

後天運は、初旬「5歳木申」は、DNA「司」の比較的地味で
堅実な性癖が付加されたが、これといった初旬条件なし。
ごく普通の一般的な子供
2旬「15歳草酉」はDNA「禄」の強い引力本能が強化。
その流れで社会参加したはずで格別に運が動かずとも堅調。
3旬「25歳陽戌」は、DNA「牽」の突如輝きがまし、
次元が上昇した干合10年運天冲殺脚光を浴びる
同時に
30年にわたる変剋律の始まりで、
ここでは異性や役割について苦悩すれば才能も磨かれる。
また、多少の衝突があっても人から見たらそれなりで、
結婚や出産もここで行った。
現在は4旬「35歳灯亥」の最終で「亥」重なりで、
多忙を極め常に注目されている10年運天冲殺
なにごとものんびりではなく、
危険を顧みず手際よく行うことで開運につながり、
処理速度も上げるという苦悩が才能を磨く
来年(20年/鉄子)のDNA「石」の
妥協的害年から始まる
(来年は「
重なり体調など注意)
5旬「45歳山子」は、DNA「
」の
母親として、或いは母国に拘わることで才能は磨かれる
20年にわたる10年運天冲殺が終了し、徐々に下り運
月干「雨」の干合もあり、
進み行く方向の変化により、
気持ちが不安定になったり
体調不良が懸念され、
特に
女性特有の疾患には十分に注意すべきだが、
詳細は後述するが、子供の場所の激変でもあるので、
子供が何らかの変化をして制御不能になりかねない状況
母親の母国または父親の両親が暮らすイタリアかはともかく、
子供がスウェーデンからの脱出を望む可能性大
このことにより一家がいずれかの国に帰国することもあろうが、
普通に考えれば、
両親や家族に問題が発生するになる。
6旬「55歳畑丑」はDNA「
」の主導DNA対冲
自己確立の時期で自己の本性を再確認するなどだが、
前旬で帰国せずとも、月干支の天剋地冲もあるので、
ここでは
現在地で生活し続けるには不都合を確認するようになり
生活全般の改良改革が行われねば生き延びれなくなるので、
当初の意志とは別に
新たな生き方の模索が行われる模様。
7旬「65歳鉄寅」は、DNA「石」の妥協。
隣人や友人知人との問題。
8旬「75歳宝卯」は、DNA「貫」の大半会で独立独歩。
開き直って我が道行くか。

さて本書は躍動感あり新鮮な鼓動が聞こえてくるような
リズム感のある興味深い本で、
実際に行動を起こすことはなくても、
感覚的に他国での美しい生活に喜びを見いだしたい人には
またとない、ある意味
教科書的な本に違いない。
買い物や物流の不便さ鉄道の遅延など
微に入り細に入り気にし出せばキリがなく
憤懣やるかたないことも多々あり、
それに対しての
悪戦苦闘ぶりも面白可笑しく書かれているが
生まれ育った国のシステムになれていれば
想定内のことなので、
慣れれば悪くない国なのが良くわかり、
また
嘘偽りのない政治が行われているであろうと推認できる。
そして、すくなくとも子育てに関しては
保育園に待機児童はなく大学まで無償化されており、
国民を大切にしている国という良いイメージを
植えつけてくれるまたとない
スウェーデンの賛美書
あえて言えば、売価上昇にはなってしまうかもしれないが、
もう少し
写真、それもカラーであれば、
より
酔いしれることができたのにと残念に思う。

やっぱり、東京を離れて海外に住むことを考えよう
(75-0604/宝巳)がそういったのは、
著者が
育児休業から復帰し2ヶ月たった時で、
仕事と子育てに息も絶え絶え肺炎で倒れていたということだが、
当時09年(畑丑)は、DNA「龍」の主導DNA年で、
月干支「雨未」の天剋地冲と、日支「未」の対冲で、
ある意味ニッチもサッチもいかない時。
夫は
IT企業勤務のサラリーマンで帰宅も遅い。
もっと
家族と過ごせる心に余裕のある生活がしたい
日本が子育てしやすい国になるまで待っていたら
子供は大人になってしまうと考えたそうだが、
いやいやおそらく
彼女(08-0206/陽子)が大きくなっても
それは
現政権に任していたら夢のまた夢だろう。
葉子がスウェーデン語ができるし、ちょうどいいじゃん
とかいうノリで、久山が高校時代の一時期過ごした
スウェーデンに移住を決行したのが、
こともあろうに
夫の12年に一度の害年で、
(実際には10年1月8日/山午で
改善年の最終)
なかなか思うようにもいかなかったようだ。
今や
夫は現地IT企業に勤め娘も小学校4年生になり
久山も
高校の日本語教師や翻訳者として
ぞんぶんに活躍するにいたり、
ついには
一軒家を購入するにいたった。
これが娘の4歳の時だから12年(海辰)であり、
移住後2年というのだから、
スウェーデンの住宅事情を考慮しても早い
(
家族の守護神年であり、夫にとってはありえない水性年)
スウェーデン人は
お金ではなく物で残すようで、
家をどれだけ豪華にするか。
実際久山家も
街の中心街から僅か10分ほどなのに
専用ビーチがあるような」には絶好のロケーション
とはいえ
福祉が充実しており、
男女平等体罰禁止というお国柄は素晴らしいが
食料事情もあろうし、消費税25%と聞いては卒倒物だ。

さて、今のところ完全無欠とは言えないまでも、
久山家はスウェーデンで
心豊かな生活を送っているように見える。
では、なぜ
移住せねばならないところまでいったか
そして
移住を決行できたかの疑問にたどりつく。
まず、両親がイタリア暮らしでも、イタリア人気質に馴染めず
(あえて記せず)
18歳から日本に来ていたであろう
夫との出会い時期が不明
娘の誕生が08年(山子)であることから、
まず疑うのは
出会いが04年(木申)か05年(草酉)の
夫の天冲殺の夢の中ではないかということ。
そして
結婚が久山の条件なし天冲殺の夢の中で、
二人の干合年だった06年(陽戌)ではなかったかということ。
そうなると、
日本にいる限り災禍なり辛いことも少なくない
海外に行ってしまえば軽減されることになる。
これは同じ75年(草卯)生まれとはいえ、
同士が結婚するには張り合うばかりで無理がある。
だからだろう。
両親と娘には共通干支がないばかりか、
共に
干合する一見良好な間柄だが、
母親の
久山とは干合支害という究極の腐れ縁みたいな関係で、
母親が決めてきた物件にあったブランコ
引っ越してたら売主に持ち去られてしまっていた(苦)。
こういう関係も海外ならば軽減される。
(但し
娘の誕生が午前4時前生まれなら、前日の干支「草亥」になり、
両親の年干支を大半会することになり、弱い部分はもつこことになるが
家族円満の「かすがい」となっている)
また、
夫が結婚したのが「30歳山寅」の忌み神害であること、
同時に
スウェーデンにやってきたのも同様
これでは
日本にはいられなくなるのは理解できる。
そして、
久山の次旬45歳山子」この害がどう転ぶか
むろん
体調不良もあろうし、
夫が害の10年運明けで変心もするかもしれないし、
娘がスウェーデンから出たいというかもしれない。
そんな10年が迫っているのも、
自然界からのお試し
乗り切りたければ、
良好な生活を堪能するばかりではなく
感謝と奉仕が存分に必要だ
ということ。
そして
娘を説得して止まらせるのではなく
望みを叶えてあげてほしい

それが
救いの始まりになるはずである★
戻る可能性あるのに豪勢な家購入は?〜→久山葉子//スウェーデンの保育園に待機児童はいない●BE
久山葉子75-0724
雨草雨
未未卯+5
禄鳳龍龍禄(龍主導)
木性(92)火性(48)土性(48)金性(17)水性(19)/総合224
戌亥天冲殺/天冲殺(25歳陽戌/35歳灯亥)/変剋律(25歳陽戌/35歳灯亥/45歳山子)
三合会局(35歳灯亥)/害(45歳山子)/主導DNA対冲(55歳畑丑)/大半会(75歳宝卯)
地支半会木性一気格/木性過多/金性脆弱/水性脆弱
+5歳木申/15歳草酉/25歳陽戌/35歳灯亥/45歳山子/55歳畑丑/65歳鉄寅/75歳宝卯〜
08(宝)●BE
第一子女児(ユイコ)●08-0206
木山海
子寅子※-1
鳳龍牽鳳牽(鳳主導)
木性(50)火性(30)土性(30)金性(00)水性(58)/総合168
申酉天冲殺/天冲殺(41歳畑酉/51歳山申)/初旬条件あり(年干支と干合支合)
変則方三位(1歳雨丑)/主導DNA半会(51歳山申)/害(71歳灯未)/納音(71歳陽午)
木性過多/金性ゼロ(配偶者成分皆無)/水性過多
-1歳雨丑/11歳海子/21歳宝亥/31歳鉄戌/41歳畑酉/51歳山申/61歳灯未/71歳陽午〜
03(陽)●BE
夫●75-0604
宝草雨
巳巳卯※-10
禄貫牽牽禄(牽主導)
木性(50)火性(58)土性(58)金性(52)水性(00)/総合218
申酉天冲殺/天冲殺(60歳草亥/70歳木戌)/変則方三位(10歳鉄辰)/害(30歳山寅)
主導DNA(50歳陽子)/天剋地冲(60歳草亥)/水性ゼロ(野人)
-10歳鉄辰/20歳畑卯/30歳山寅/40歳灯丑/50歳陽子/60歳草亥/70歳木戌/80歳雨酉〜
08(宝)●BE
★4
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年07月19日(金)灯巳
亀石倫子刑事弁護人の熱い挑戦
亀石倫子//刑事弁護人●BE
■「自由に生きちゃダメですか?
社会を覆う窮屈さから自由になろう!
権力の暴走を許してはいけない」などと唱えて
最高裁判所で、いわゆる
GPS裁判で勝訴
第25回参議院議員選挙(19-0721/畑未)に立候補している
大阪弁護士会所属の
亀石倫子(74-0622/木午)が、
刑事護人を06月20日(山子)の
DNA「禄」の天剋地冲日に上梓しているので解説する。

同書は17年(灯酉)のDNA「調」の独創年に
令状なきGPS捜査は違法」の最高裁判決日本初めて勝ち取った
弁護団を率いた女性弁護士の奮闘やチームの苦悩・活躍を描く実録本。
中学卒業と同時に日雇いの建築関係の仕事に就いたあと、
大阪府内の倉庫でオートバイの修理販売事業を営んでいた
黒田行男(71-XXX)は、11年(宝卯)に従業員に売上金を持ち逃げされて
経営が破綻するようになり、仲間を集めて手っ取り早く窃盗を繰り返し、
細心の注意をはらいながら犯行を重ねるも13年(雨巳)に逮捕されたが、
その弁護を引き受けることになった亀石は、
(13年は亀石にとって60年に2年だけある
ありえない自然界からの贈り物で試される夢の中で滅私奉公)
初めての接見の場で、黒田から
自分が犯行に使った車に、
警察は勝手にGPSを取り付けてずっと監視していた
」と聞かされる。
自分は罪を犯したからその責任はとります。
でも、警察ってそんなことまでやっていいんですか
」と
黒田に言われた亀石は、
GPS捜査について、令状が必要な強制処分なのか、それとも任意処分なのか。
強制処分だとしたら、どんな令状を取る必要があるかなどを調べたうえ、
令状を取得せずに行うGPS捜査は違法ではないのかと考えた。
亀石は、刑事裁判で争うリスクとデメリットをすべて伝え、
そのうえで黒田に決断を委ねた。
どうしますか?
いや、それでも僕ははっきりさせてほしいです」と黒田は即答。
亀石は、司法修習生同期などの仲間五人を集め弁護団を結成し、
予定主張記載書面を出す決断を下す。
違法捜査を争う」としか主張せずも、
GPS捜査に関する証拠は何一つなかったが、
駆け引きを繰りひろげながら、
検察はGPS発信器を取りつけた事実は認めるも、
令状の必要ない「任意処分」であるから、
違法性はまったくないと開き直ってきた。
令状なき捜査は許されるのか。
警察が、一般市民の行動確認を行う危険性はないのか。
権力の暴走を許してはいけない!」と
主張してきた亀石らの勝利までの道のり。
すべてが
実話迫力感動法廷ドキュメントは、
亀石の出自や、なぜ弁護士を志したかも書かれており興味深い。

北海道小樽市出身。東京女子大文理学部卒業後、
故郷に戻り、
NTT北海道移動通信網札幌支店に勤務も
結婚のため3年で辞めて、大阪の地を踏み、
再就職を試みるが、うまくいかず弁護士を目指した亀石は、
DNA「司」主導で、
純粋生真面目
誰かのために役立つという自覚で生きる。
「司+貫」は、急がず焦らず
強い意志
」×2もある上に、これが才能で、頑固で負けるつもりなし
「司+司」は、本心を悟らせない
ポーカーフェイス
「司+車」は、
前進あるのみで後退は好まず。
「木+司+午月」は、何らかの
持病があり、
また
中年期家庭内での災禍濃くなる傾向。
「寅」年生まれ「木午」は、
正直
生き方を表す伴星は「司」で、家庭または仲間
一丸となって
物事の始めの洩星は「司」で、
努力の積み重ね。
締めにあたる導星は「車」で、マイペースで
無に帰す

宿命の特長は、仲夏正午頃の街中の街路樹
さらに年支「寅」VS月支+日支「午」の半会で、
地支は火性一気格となり、地面が熱く
救いを求めるための発信力あり。
年干支「木寅」VS日干支「木午」の大半会は、
表裏なしだが、両天秤を通り越して、年中無休休息なし
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)は小細工をせず
一心不乱で大いに目立ち、まさに燃えさかる。
無限大情報収集能力にもなり、
努力による
異様な頭脳をはたらかすことも可能だが、
強欲だったり遊興にのめりこむだけならば、
頭の中身はカラッポになり成長することがない。
亀石は
探究心旺盛男勝りの勝ち気で、
反抗心も磨かれたうえに、諦めるのを快くしなかったため
その意味では、
この生まれの成功者と言えるが、
近づくと火傷するかもしれない。
年干支の「木寅」は、仲介能力が売りのムードメーカーで
人を集める習性
月干支の「鉄午」は、明るさは孤独の裏返し。
過去保護で甘やかされて育つと乱暴狼藉者になるが
若い時に
自己を律し厳しい生活を体験すると
見事に
世のため人のために役立つ
そして日干支の「木午」は、
心優しく汚れを好まぬ笑顔あり。
優れた
直感の持ち主で人を和ませる性癖は、
内側に犠牲はつきものの、一生懸命で
誠心誠意
干支番号構成は、51-07-31で北方東方西方で、
あれもこれもとはいかずとも、まずまずの行動範囲。

後天運は初旬「5歳畑巳」は主導DNA「司」の10年運天冲殺
自分は他人とは少し違う」という自己確立するも制御不能
それゆえに苦悩も多く、保育園には行くのが嫌、色々な習い事も嫌で、
一人でいるのが好きなのは、孤独なイメージだが、
水がないので
成長できず融合しにくい状態。
また
異性には縁があるものの制御できない面もあり、
依存ではなく良き意味で
利用できる傾向。
2旬「15歳山辰」は、DNA「禄」の
10年運天冲殺で、
前旬に続き制御不能も、引力本能が作動し、女子だけでバンドを組んだり、
ともかく小樽から抜けだしたくて、大学進学を希望し、
住みたい街ナンバーワンの吉祥寺にあったので
東京女子大学に進学したが、
周囲はお嬢様ばかりで、ついていけなかったと述懐するが、
これは、
ありえない水性年(93年/雨酉)での戸惑い
失意故郷に戻り就職し、長距離バスで通勤するも
総合職で入社したにもかかわらず、
女子だけ
制服があることや
毎朝ラジオ体操をすることなどが納得いかなかったのは
97年(灯丑)の
忌み神害年入社であったのが拍車をかけた。
3旬「25歳灯卯」は、忌み神火性には違いないが、
00年(鉄辰)の
条件なし天冲殺の夢の中で行われた
全国に散らばる同期が東京で2泊3日で行う「3年目研修」に参加し、
大阪勤務のラガーマンの大男で
底抜けに
明るく懐が深くメンタルも強い現在の夫と知り合い
(夢の中での一目惚れ)
意を決して「
結婚してくれませんか?」と逆プロポーズ。
さすがに「
無理」と言われたものの、何度もメールを送りつけ
時には
大阪に押しかけ、お好み焼きをつつきながら説得を続け、
半年後には粘り勝ちで結婚して脱出成功。
DNA「
」で行動力がでるとはいえ、凄まじい(笑)。
とはいえ、結婚後に再就職を希望しても、
夢の中ではさすがにどこも空振り
やむなく資格取得を目指すも、
少し勉強するだけでとれるものは役にたたない」だろうという結論に達し、
一生続けられる仕事と思えた
弁護士を目指すことになった。
そこで、DNA「牽」の01年(宝巳)の夢の中二年目からは、
予備校で学ぶも、肝心の試験は論文でハネられたため、
(
法的思考力が不足していたと本人談)
04年(木申)のDNA「貫」年には、大学で学ぶことを決意。
05年(草酉)のDNA「石」年に大阪市立大学法科大学院入学。
08年(山子)のDNA「禄」の天剋地冲年に、
2000人余りの合格者のうち1800番台というギリギリながら
司法試験合格
4旬「35歳陽寅」は、DNA「鳳」の忌み神半会も発信力は強まり
09年(畑丑)の主導DNA「司」年ながら
60年に一度の干合支害年には、
大阪弁護士会に
弁護士登録し、
10年01月(09年の最後の最後の害かさなり)より
刑事弁護人を目指すという志で
「大阪パブリック」にいわゆる
イソ弁としての場所を確保。
持ち前の反抗心でキャリアを重ね、
GPS捜査憲法違反事件で主任弁護士として
最高裁大法廷で勝訴するなど実績を積み、
16年(陽申)には大阪市北区茶屋町に
法律事務所「
エクうめだ」を開所している。
今年(19年/畑亥)のDNA「司」の
干合年から始まる
5旬「45歳草丑」は、
進み行く方向性にブレがあれば、
DNA「石」の
屈辱妥協
月干支「鉄午」の干合支害もあり不安が増大し、
駆け引きに陰りがみられるのか、
協調性和合性や
仲間などを失いかねなかったり
体調不良も顕著になり、持病に限らず悪化しやすく、
それまでの
無理がたたってくる
6旬「55歳木子」はDNA「貫」の納音。
気持ちはそのままで、現実世界のみ崩壊。
月干支「鉄午」の天剋地冲もあり、
これまでの実績が否定されるような失敗もしやすく、
慎重になりすぎれば冒険や挑戦がしづらくなる恐れ。
7旬「65歳雨亥」は、ターボ運(子丑天冲殺廻り)の始まりで、
何をしても目立つようになって
大きく復調しやすくなり、
過去を振り返りながら、
DNA「玉」は
ありえないような王道伝統
とはいえ、それまでの頑張りすぎがたたれば、
その限りともいえず、どちらか極端になりやすいが、
それはこれからの過ごし方にもよる。
8旬「75歳海戌」は、DNA「龍」の
ありえない改善
自分自身が
新たな世界に踏みだすことになるのか、
あるいは年支「寅」と月支と日支の「午」と
三合会局が成立するので、救いはあるように見えて
実際は火性が強くなりすぎて、
燃え尽きてしまうのか。

なお、念のため記せば、最高裁判所見解では「憲法35条の保障対象には
『住居、書類及び所持品』に準ずる私的領域に
『侵入』されることのない権利が含まれているものとするのが相当

との結論をひきだし、
すなわち「
GPS捜査は憲法の保障する重要な法的利益を侵害するものとして、
令状がなければ行うことのできない強制処分と解すべきである〜
」と
捜査のありかたに問題があることが、結論づけられたのである。
刑事裁判憲法上の権利自由が主張され認められたのは特殊であり、
それを担ったのは
亀石ならではの真面目さと野人の行動力だろうし、
偏見や先入観をもたない彼女には真実を見過ごさなかったのだ。

ところで、大阪選挙区で亀石は当選できるであろうか。
一部ではキャリアは素晴らしいが、
いわゆる
庶民性に欠けるため、
ウケが良くないかもしれないというような論調で
苦戦をつたえるメディアもあることは否定しない。
しかし、
今年(19年/畑亥)は10年に一度の
主導DNA」年の干合年で引力本能強化
さらにこの
07月(宝未)は、DNA「」の名誉が形になる
そして投開票日の21日(畑未)は、
年運と同じ重なりで、
主導DNA」の干合支合日は、望めば叶うなので、
他の人物を抜きにしての見立てでは、
接運で不安定であるとはいえ、当選確実

では、もしも叶わぬことがあるならば何だろうか
亀石は
ハミダシ運の辰巳天冲殺にもかかわらず、
一度後にした
故郷に、97年(灯丑)の害年に戻ってしまい
ろくでもない時期に就職した会社同期研修
一目惚れした相手に
自己発揮求婚し結婚に漕ぎ着けたが、
それは00年(鉄辰)の
条件なし天冲殺の夢の中
おいそれと再就職先が決まるわけもなく
夫の援助で弁護士を目指し、(主導DNA年とはいえ)
09年(畑丑)の
60年に一度の干合支害年弁護士登録
野人とは恐ろしいもので、
夢の中で出会った相手と結婚し、さらに弁護士になったばかりか、
他人のなし得ないような晴れ舞台に立ち、
最高裁大法廷で勝訴するような離れ業まで行ったのは、
次元が高いというか、
これまでに
一生分の運を使いきったのではないかという奮闘ぶり。
子供がいないのは、夢の中始まりで未来を諦めたばかりか、
地支火性一気格で、自身が生じる火性が強すぎるのも理由のひとつ。
そして「木午」が成功するには、
内側の犠牲が不可欠
すなわち、
子供という未来を世のため人のために託したうえに、
夫の運までも総動員して、今の亀石があるからではないか。
つまり亀石が自然界に恩返しするために、
夫もまた犠牲になったからこそ、ここまでたどり着けたのだから、
あとはそれを
自然界が快しとするか否かだけ。

また、あえて言えば夢で出会って一緒になった夫が、
現在は存在しないのに、
公的には問題がなくても、あたかも存在するかのように
装っている場合は、叶うことはない。
実際、夫は一切表にはでてこないし、
いるといわれているだけで、
その気配すら感じさせないところに、
あれだけ刑事裁判で勲章を手にしたにも拘わらず
経営する弁護士法人の謳い文句は
離婚にまつわるご相談、不倫などの男女トラブル」で
離婚は、とてもつらい経験」とし、
その後の人生が、
きらきら輝くように
事務所の名前を
フランス語で「輝く」という意味の
エクラにしたなど、重箱の隅をつつけば、
矛盾といえば言えなくもないが、それは杞憂としたい。

とはいえ、昨年(18年/山戌)06月(山午)の「山」重なりに
雑誌「Domani」の『女[独身]、妻[既婚子供なし]、
母[子供あり]Catch! 働くいい女の「月曜16時』で、
亀石は、
既婚子供なしの代表として登場し、
弁護士は精神的にきついことも多い仕事です。
そんな中で私が頑張っていられるのは、夫とのおしゃべりがあるから。
おおらかで、あったかくて。
いつもしょうもないことを言って私を笑わせてくれる。
だれに嫌われても、夫にだけは嫌われたくないですね(笑)
」と、
のろけているのだから、実際はそうなのかもしれない。

では、今年(19年/畑亥)から始まる
「45歳草丑」のDNA「石」の害はどうとらえるか。
普通に考えれば、
政治力に陰りありで、
次の改選が25年(草巳)の「草」重なり
政治力にまつわる夢の中になるので当選しても
何らかの事情で再選できないことだが、
それとて、
夫が倒れたりして
身代わりになればクリアするだろうし、
他の事情で夫がいなくなってしまい
それがメディアで報じられるなどして、
屈辱や妥協の窮地にたたされるだけかもしれない。
それだけ
亀石はとてつもない力があるので
先々はともかく
国会に行けるだろうし
誘われたのに突破できねば、
自己発揮して大阪の地に来て、さらに無理をしながらも
弁護士となり活躍したのが
水泡に帰してしまう
年干と日干の同一は両天秤だし、
年干支と日干支の大半会ならば結果もだせる。
さて、投票日も迫っているので、このくらいにしておこう。
あとは
自然界が偽りなき人材として認めるか否か
それはすぐ判明することになる★
年中無休で夫が犠牲で成立している〜→亀石倫子//刑事弁護人●BE
亀石倫子74-0622
鉄木雨
午午寅※-5
貫車司司貫(司主導)
木性(45)火性(81)土性(81)金性(15)水性(00)/総合222
辰巳天冲殺/天冲殺(5歳畑巳/15歳山辰)/主導DNA(5歳畑巳)
害(45歳草丑)/納音(55歳木子)/ターボ運(65歳〜)/三合会局(75歳海戌)
地支半会火性一気格/火性過多/土性過多/金性脆弱/水性ゼロ(野人)
-5歳畑巳/15歳山辰/25歳灯卯/35歳陽寅/45歳草丑/55歳木子/65歳雨亥/75歳海戌〜
01(木)BE●
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年07月15日(月)雨丑
近藤麻理恵人生がときめく片付けの魔法の落とし穴
近藤麻理恵//人生がときめく片付けの魔法(01)●BE近藤麻理恵//人生がときめく片付けの魔法(02)●BE
通称「こんまり」。
5歳から「ESSE」などの主婦雑誌を愛読。
中学生のときに本格的に片づけの研究を始め、
大学在学中には、コンサルティング業務を開始、
独自の片づけ法「
こんまりメソッド」を編み出す。
10年(鉄寅)の
60年に一度の干合支合年に上梓した
人生がときめく片づけの魔法(10-1227/宝亥)」が
100万部を超えるベストセラーとなり、
同書は世界40カ国以上で翻訳出版され、
シリーズ累計1000万部を超える世界的大ベストセラーともてはやされ、
15年(草未)の大半会年にはアメリカTIME誌の
世界で最も影響力のある100人」に選出され、
冠TV番組を持ち飛躍的な活動をしていると思われる
近藤麻理恵(84-1008/草亥※午前四時前生まれ判断)が、
件のベストセラーを上下巻に分割し加筆訂正し、
人生がときめく片付けの魔法1 2として
今後の展開を考え、
あえて出版元を変更!
02月18日(陽戌)のDNA「調」の守護神日に
出版しているので解説する。

同書は「一度片づけたら、二度と散らからない方法」について
書かれたもので、その極意は「
捨てる」を終わらせる
そして、
一気に短期に完璧に片づける
捨てる前にどんな風に生活したいか考える。
例えばモデルルームのような部屋で紅茶を飲む、
かわいい部屋着を着て乙女な生活をする等。
ときめくモノだけ残す
本来片づけで選ぶべきなのは「捨てるモノ」ではなくて「残すモノ」。
順番は衣類→本類→書類→小物類→思い出の品がベスト
これを正しい順番で行うと、
二度と散らからなくなり一生きれいな部屋で過ごせるとしており、
片付けをすると「
片付けをするとやりたいことが見つかる
モノを通した自己分析となるため、
モノを捨てることで決断力が磨かれる
片付けの魔法」で自信が生まれる
部屋と体はつながっており、
部屋を片付けると痩せたりすることもあるというもので、
目次は以下である。
◎ 「毎日少しずつの片づけ習慣」では一生片づかない
◎ 「場所別」はダメ、「モノ別」に片づけよう
◎ モノを捨てる前に「理想の暮らし」を考える
◎ 触った瞬間に「ときめき」を感じるかどうかで判断する
◎ 「思い出品」から手をつけると必ず失敗する
◎ 家にある「あらゆるモノの定位置」を決める
◎ 大切にすればするほど、モノは「あなたの味方」になる

東京都出身。普連土学園高等学校卒業後、
東京女子大学で社会学を専攻し、
DNA「鳳」年だった07年(灯亥)に卒業すると、
リクルートエージェントに就職し、09年(畑丑)のDNA「禄」年に退職。
19年(畑亥)現在、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス在住の
近藤はDNA「車」主導で、
単純明快素早さ
考えるより行動なため危険も伴う。
「車+龍」は、
瞬間判断力抜群も本人の閃きによるものが多い。
「車+石」は、片付けのためには
感情の入り込む隙間なしの実行力。
「石」×3もあり、相当
頑固な変わり者と呼ばれることに抵抗なし。
「草+車+戌月」は、こだわりのある
自己反省
「子」年生まれ「草亥」は、
待ち運
生き方を表す伴星は「禄」で、
つかみどころのない人生。
物事の始めの洩星は「車」で、何もないところから始める。
捨てるのだから準備も資本も不要
締めにあたる導星は「石」で、共同終了で
責任を依頼主にももたせる

宿命の特長は、晩秋午後八時頃深い森の中の花
僅かな地熱により棲息しているわりには目立つのは
総エネルギー186点のフットワークの良さながら
木性77点という秋生まれでも渋く身強扱い
年干と月干が「木」で日干が「草」の
木性の天干一気で、
存分に宿命を活かしきった場合は、
仲間を募って目上を剋す
格別な売りを見つけられぬ場合は、
森の木々に依存する
蔦なり苔の類で終わりそうだが、
月支「戌」日支「亥」年支「子」という変則の方三位もあり
(64点と)水性もたっぷりあるので、
森の中は湿地のようでもあり、
実はわかるようでわからない
正体不明な人でもある。
年干支の「木子」は、常に夢や
ロマンを追い求める淋しがり屋。
我が侭であろうと周囲に好かれ、敵は少ない。
月干支の「木戌」は、
理に叶ったことしかせず融通は効かない
自尊心が強く、地位や名声にもこだわるが、
異性を真綿で絞め殺すほどの異常な引力本能あり。
そして日干支の「草亥」は、
世渡り巧みなうえ話題も豊富
あらゆる情報に
敏感で吸収上手で、度胸の良さは天下一品も、
どこか
持病を抱えるなど内側に危うい。
この日干支の「
草亥」と月干支の「木戌」は、
普通に生きようとすれば異性の足を引っ張り
あるいは
不運をこれでもかと発生させる
いわゆる「さげ●●」になってしまうが、
相手が外国人や
海外にいれば回避可能どころか
かえって
急激な運気の上昇もありえる。
干支番号構成は、01-11-12で東方の限定領域で、
実際は
狭い範囲で色濃い活動をする。

後天運は、初旬「1歳雨酉」はDNA「龍」の庶民性強化を伴う
10年運天冲殺と「戌」につらなる変則方三位で、
89年(灯卯)のDNA「鳳」の半会年より
主婦雑誌を読みふける
2旬「11歳海申」は、DNA「玉」の
10年運天冲殺だがもあり、
それなりの動きはあるものの
自分の希望とは異なる人生
組織は意にそぐわず評価はあろうと満足できるものではなかった
プロデビューも初仕事は父親の依頼。
実質社会参加がこの毒の時期なので、
日本にはこだわりなし
3旬「21歳宝未」は主導DNA「車」の半会で、
自己確立
就職はしても程なく辞して独立。
現在の4旬「31歳鉄午」は、DNA「牽」の
名誉
移住先の
米国でとてつもない栄誉を受ける。
木性天干一気の破格があるが、
自己が
次元をあげるだけで周囲はそのままで、かえって存在感は増す。
今後は5旬「41歳畑巳」は前旬とは
異質の木性天干一気破格で、
年干と月干の「木」が「山」になり
仲間がいなくなり全容を暴かれる
進み行く方向性の変化もあり、衝撃が遅う天剋地冲
調子にのったツケ経済的困難に陥るのか。
6旬「51歳山辰」は、DNA「司」で月干支「木戌」の天剋地冲もあり、
地味な存在になりさがる。
7旬「61歳灯卯」は、守護神DNA「鳳」の半会で
気が緩む
いくらかの
存在感は見せられるも晩年すぎて再稼働は困難か。
8旬「71歳陽寅」は、守護神DNA「調」の支合も
口ウルサイ年寄りキャラが売り。

さて、片づけのプロであり片づけオタクを自負する近藤。
片づけられないのは遺伝のせいでも、
時間が足りないせいでもありません。

片づけを学ぶ家政学科でも無理なものは無理
については、ちらかしてどうにもならない
あるいは、そのままでいいと思いやすいのは
宿命に害があったり、
洩気中庸精神のDNA「」がなかったり、ありすぎたり、
成分の偏りが多くバランスを崩してしまう人に多い。
そして、
散らかっている側の美学という言い分もあるだろう。
とはいえ「
なんでもかんでも捨てるのではなくときめくものを残す」や
片づけは対モノ。掃除は対汚れ。掃除は自然と向き合う行為」はさすが。
とはいえ「
部屋に色がない 花のある暮らしを推奨」はともかく
元気が足りないから赤が欲しい気分
疲れたから白でリラックスしたい」は人それぞれ色の意味があるので、
これは
近藤の感性によるもので、うだろう。
また「
片づけの魔法で毎日をときめかして」など実際は
書類→書籍→小物類→思い出の品と順番に処分させるや、
整理の仕方につても、
イメージに終始し同じことの繰り返しが多く
この時代に響くかはどうか、個人の主観にもより、
コンマリにそこまで日本人はときめかないのかもしれない。

ところで、近藤は大学卒業間近の
07年(灯亥)のDNA「鳳」の守護神年刑年に、
同い年の夫・
川原卓巳(84-0710/草巳)と懇談会で出会い、
しばらくグループ交際を経て、
14年(木午)の近藤の木性強化年と、夫の方三位年に結婚している。
夫は人材コンサルティングに勤務していたが、ほどなく会社を辞し
15年(草未)と16年(陽申)に二女をもうけている。
そのなかで、一年の半分以上米国を中心とした
海外出張に費やしていたことから、
16年(陽申)に米国カリフォルニア州に家族で移住
07月(草未)に
夫が仕事をやめ近藤を支えるマネージャーとなり、
巨大ビジネスを展開するにいたっている。
ここで冒頭で近藤の生年月日を午前四時前にしたことが利いてくる。
もちろん写真が公開されているので、
その見事な動きっぷりから午前四時前生まれにしたのだが、
さらには木性天干一気ばかりか、
国内にいては災禍も起こりかねない草亥」が、
海外にでていけば大成功できたという筋書きがなりたつ。
コンマリよ。おめでとう♪
あなたを
日本はそこまで必要としていない
世界はビジネスチャンスをあなたに与えてくれる
あとは感謝と奉仕ができるか。世界にこの日本国にも。
でも、出来れば
渡米が夢の中どころか害もある
ありがた迷惑
なので、そろそろ本拠地を移さないと
なんらかの災禍はでてくるかもしれないなあ。

ここで夫との関係を洗いなおせば、
近藤は年上を巻き込みながら、その養分を吸い上げたり、
毒を注入して利用するものだが、
夫は
木性なので利用しやすい間柄になるが、
刺激にはなるとはいえ納音関係で、融合するものではない
(むろん
感動のひとつもない)
とはいえ、今の
近藤の成功夫の「29歳木戌」の
異常環境10年運天冲殺を拝借したものなので、
海外にいるのでそこまで大事件にはならぬかも知れぬが、
の「39歳草亥」は納音で、
近藤の「41歳畑巳」が天剋地冲にもなることから、
ここでは
夫が一家の犠牲になって倒れかねないのを暗示している。
成功には犠牲はつきもの。それは覚悟しておいたほうが良い。
(夫でなければ
娘もありえるがデータがない)
なので繰り返し言いたいが、
感謝と奉仕が必要であり、
それも自分の都合で決められるものでもないので、
BEでは尋ねられれば答える用意はあり。
でないと「
世界を片付ける」が終了する前
自分が片付けられちゃいますからね!
総資産は10億にも迫る!強欲には必ずお返しがつきもの
感謝なければ破綻〜→近藤麻理恵//人生がときめく片付けの魔法(01)●BE近藤麻理恵//人生がときめく片付けの魔法(02)●BE
近藤麻理恵84-1008※午前四時前生まれ判断
木木灯(月支内のため野人扱い)
亥戌子※-1
石石石車龍(車主導)
木性(77)火性(10)土性(09)金性(26)水性(64)/総合186
申酉天冲殺/天冲殺(1歳雨酉/11歳海申)/変則方三位(1歳雨酉)/害(11歳海申)
主導DNA(21歳宝未)/天剋地冲(41歳畑巳)
木性天干一気/天干一気破格(31歳鉄午/41歳畑巳)
木性過多/火性脆弱/土性脆弱/金性脆弱/水性過多
-1歳雨酉/11歳海申/21歳宝未/31歳鉄午/41歳畑巳/51歳山辰/61歳灯卯/71歳陽寅〜
02(草)●BE
川原卓巳(夫)84-0710
宝木雨
巳未子+9
石車司鳳龍(鳳主導)
木性(50)火性(45)土性(45)金性(40)水性(19)/総合199
寅卯天冲殺/天冲殺(29歳木戌/39歳草亥/69歳山寅/79歳畑卯)
納音(39歳草亥)/主導DNA(59歳灯丑)/害(69歳山寅)/水性脆弱
+9歳海申/19歳雨酉/29歳木戌/39歳草亥/49歳陽子/59歳灯丑/69歳山寅/79歳畑卯〜
02(草)●BE
★2
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年07月12日(金)鉄戌
小鳥居ほたる休みの日〜その夢と、さよならの向こう側には〜の切なさ
小鳥居ほたる//休みの日●BE
年干支「灯丑」の大半会と月干支「雨卯」の天剋地冲を伴う
DNA「牽」の
守護神年(17年/灯酉)の大学在学中に
「小説家になろう」に投稿した作品の
記憶喪失の君と君だけを忘れてしまった僕が、
認められ18年(山戌)のDNA「龍」の
改良半会年にデビューした
小鳥居ほたる(97-0329/鉄午)が、
武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科出身で
土性天干一気の
まお(89-0508/山辰)の唄う
JUN SKY WALKER(S)の楽曲に強く刺激されて書き下ろした
休みの日その夢と、さよならの向こう側にはが、
デビューから半年あまりの
月干支「雨卯」の大半会月の
11月28日(木子)のDNA「禄」の天剋地冲日に上梓されているので解説する。

県外の国立大学へ通い、一人暮らしをしている滝本悠は、
幼い頃から編み物が得意で、本当は服飾系の大学に行きたかったが、
母親の反対で叶わずにいた。
ある日大きなキャンバス抱え急いで走っていた
美大生多岐川梓を助ける。
後日、梓は悠の通っている大学へお礼にくるが、
彼女の隣には、
高校時代告白した後輩である水無月奏がいた。
奏との思い出を引きずっていた悠は、
もう一度彼女へ告白をするがその想いは届かず、
二度目の失恋に打ちひしがれる。
届かない恋に悩む悠は、美大に行けばなんとかなると二浪し、
本当は少女漫画家になりたかったという
梓の励ましによって次第に立ち直っていくようにもみえるが、
そこには
あらかじめ仕組まれていた罠があった。
同じコンビニのアルバイトをし、
中学生みたいな恋愛から始まり
やがて異性へ免疫のなかった梓と恋仲になった悠だったが、
誰にも打ち明けることのできない悩みもあった。
それぞれの思惑と想いは、奇妙な思惑を生み
やがて崩壊へと向かっていった。
ずっと一緒にいようと約束した。
けれど、どれだけ
愛しあっていたとしても、
いつか休みの日は終わる
二人はやがて一人になる
そして、
君のいない世界がやってくる。
それでもいつか、君がくれたさよならを好きになるために、
前を向き続けた結果、
意外な未来はやってくるのか。
運命に翻弄される
赤いマフラー赤色のコートの行方は!?
あの
お揃いの時計が、鮮明に響くときはくるのだろうか。
裁縫好きの悠は親の反対を押し切って、
望んだ道へ進めただろうか。
ありふれたはずの不器用なドラマなはずなのに
作者に
禁断の魔法をかけられて涙する。

石川県金沢市生まれ。北陸学院大学人間総合学部社会学科福祉を学び、
今年(19年/畑亥)のDNA「玉」年より
旅館勤務社員寮に入りながら
執筆を続ける小鳥居は、「司」主導で
生真面目
それゆえ
苦しみながらも生き続ける。
「司+玉」は、
生活力を念頭に置く。
「司+牽」は、
保身術が頭をよぎる。
「牽」×2もあり、内面苦悩はともかく
組織人としては優秀
「司+調」は、負けず嫌いのため、なんとなく競争してしまう。
「鉄+司+卯月」は、中身が激しく
修羅場に縁あり。
「丑」年生まれ「鉄午」は、
矛盾だらけの人生。
生き方を表す伴星は「鳳」で、優雅な
趣味的人生。
物事の始めの洩星は「調」で、
別れから始まる。
締めにあたる導星は「玉」で、
目下と共に終わる。

宿命の特長は、仲春午前六時頃の霧にむせぶ灯りに照られされた
交通手段のようなもので、乗客はまばらとはいえ、
日々利用する飛び抜けた上客特別席確保する。
総エネルギー174点は頑丈とはいえないが、
少し
湿っぽくなっているとはいえ
アイドルのような若さゆえの売りあり。
全体比自身の金性が26点と弱く
周囲に
気配りが必要になり努力する。
家庭的な「玉」に繊細な「調」もあるので、
本質は
女性的感性を理解でき
主人公の
裁縫好きは、作者が真似を出来るかはともかく似合っている
また、作家としては
武器になり、最大級の魅力になるものといえば、
年支「丑」VS日支「午」の
表裏あり
とはいっても、
守護神「灯」が乗っかったものなので
生きていくことが、ありがた迷惑
バランス悪く苦悩を感じやすく、真っ直ぐ進めない
その意味では、
本業がありながら
作家の顔
を持つのは極めて賢い選択だが、
吹聴することなく静かに公私分けられれば
表に出たい気持ちと、生地生家とは完全融合しないところから、
しばしば
里帰りするのは好ましいとは言えぬ。
本性では理解することはないので、距離をおいていくのが好ましい。
年干支の「灯丑」は、先祖のなしえなかった
野望実現
正しいと
心に決めたことを執念深く実行する。
月干支の「雨卯」は、力強さはなくも、
時間をかけて浸透する。
この時代にしては、常識で模範的。
責任感ある良さが滲みでる。
そして日干支の「鉄午」は、
寂しさのあまり妙に明るくふるまったり
甘やかされると
粗暴になるが、
自己を律し
厳しい状況下学芸を磨くと才能開花。
過保護ではなく適度に
鍛えられると本物となる。
干支番号構成は、14-40-07で東方2点を西方で支える。
それなりのスケールなので能力もさながら体力勝負。

後天運は、初旬「8歳海寅」が、宿命にはないDNA「鳳」の半会と、
年支「丑」VS日支「午」の
害を軽減する
年支「丑」と月支「卯」の間を埋める「寅」の
変則方三位で、
冷ややかさのなかにも、いくらか賑やかさを感じるものだが、
守護神年干「灯」が干合されると「草」になり、
さらにこれを日干が干合すると年干は「宝」に変化し
環境が親を変え、また意識せずとも自分の存在により、
親の世界や対社会的変化が著しく、安定しないなかで、
趣味的にあるいは男児らしく生きた時代。
現在の2旬「18歳宝丑」は、DNA「石」の
屈辱妥協
大学に入ったり、社会にでたはいいけれど、
なかなか
思い通りにはならず
失恋や異性問題の
苦悩ばかりか、
仕事面での
躓きや苛つきがつきものも、
一応宿命にあるだけに
免疫はあるとはいえ、
我慢がならず、
あれこれ動きがち
本来は消化して艱難辛苦を乗り越えていけば、
人間的な成長ができるはずの
お試し期であり、
主人公の人生も投影されている
今後は3旬「28歳鉄子」が、宿命害切れのDNA「貫」の納音。
しかも変剋律30年間も加わり、
思いはそのままに、可能ならば
受け身で何かが壊れれば、
才能が磨かれ、人間としての
魅力をあげる
4旬「38歳畑亥」は、DNA「玉」の
10年運天冲殺で、
過去を振り返り若い気分になったりしてると
突如
怒濤の運気稼働するもので、
旧い方向に苦悩することがあれば才能も際立つ。
学び姿勢で走り続けることで成果に繋げる。
5旬「48歳山戌」は、DNA「龍」の
半会10年運天冲殺
進み行く方向が変化させられることにより、
実現可能なとてつもない改良がなされ、
庶民レベルの悩みがあろうと、かなり大きな動きあり。
とはいえ
感謝や奉仕が出来ないようだと、あっけなく終わりもあり。
6旬「58歳灯酉」は、DNA「牽」の形。
名誉も不名誉もあるが、月干支「雨卯」の天剋地冲もあるので
曖昧な態度ではなく、気持ちを落ち着けて、
静かな逆転もありも、
若い時分ほどのどんでん返しがあるのではないが、
じっくり
噛みしめてといった守護神感覚か。
7旬「68歳陽申」は、DNA「車」の危険。
年齢を考えると
精力的に仕事をしていないと、老いが危険。
あるいは
常軌を逸した行動をとるなり。
難しいことは考えず、与えられた環境で動きたい。
8旬「78歳草未」は、主導DNA「司」の干合支合で、
老いながらも
自己確立で、ようやく実感として特性を築く。
思いもとげることもあり、なんとかその時点での
最高級の満足を得られるようにしていきたい。

さて、戌亥天冲殺の中でも特にハミダシ運な「鉄午」だが、
母親成分は生じられる「畑」になるが、
これは年支「丑」内「畑」でも、日支「午」内「畑」でも、
いずれにしても年支「丑」VS日支「午」の害中に入っており、
何らかの問題を抱えているばかりか、
父親は成分は「畑」の干合相手の「木」がないため、
月支「卯」内「草」になり家系の中心だが、
家庭内別居というのも頷けるし、
「鉄」の陰陽関係の「宝」も害中の年支「丑」内では、
そうそう兄弟仲も良くないのは本人が嘆くまでもなく想像できる。

モデルは自身の大学に金沢美術工芸大学あたりだろうが、
出会いがクルマというのは都会にはない発想
その意味では日常的にクルマを使わない
都会の同時代人
馴染みのないものがベタと思えるか、
かえって新鮮なのかは、意見がわかれるところとして
また、インスパイアされたという
91年(宝未)の「休みの日」を、
JUN SKY WALKER(S)で聴くと
ある意味普通で情景は浮かばなくもないが、
あわせてでてくる
Bank Bandfrom ap bank fes '06
桜井寿(70-0308/灯亥)版は、こってりしすぎて耳に残り困った(笑)。
やはり
宇宙おとのコラボ版が、爽爽の装画と共にしっくりきて
なんとも言えず泣けてくる。

なお、19年(畑亥)現在小鳥居は条件なし天冲殺2年目の深い夢の中である。
なので、苦悩は多いだろう。
06月24日(海辰)には、
今までいろんな事情から専業作家を目指そうとしてこなかったけど、
ここ数日で考えが変わって今は一本で生きていきたいと思ってるから、
小説の方頑張りたい(ノ)・ω・(ヾ)
」と言ったかと思えば、
いろいろ現状を変えたくて
今日オープンするジムの存在を昨日知ったから、
昨日のうちに即断即決で登録した(ノ)・ω・(ヾ
)」とゆらゆら。
気持ちは理解出来なくはないが、
月並みな言葉ですけど、やらないで後悔するよりも、
やって後悔するべきだと私は思います。
悠さんなら、きっとまだまだ前に進めます!
」は当てはまらない。
濃い夢の中でそれは今決断することではないし、
(今後の糧にはなるといえ)
一過性の迷いだ。
表も裏もある運型からは兼業がベストだし、
それを
決めるのは(今は)読者であり編集者であることを
忘れないほうが良いはずだし、
そんなことを言っている前に、
水無月主人公にした
美しい話読者は待っているんだゾ★
色んな休みの日がある〜→小鳥居ほたる//休みの日●BE
小鳥居ほたる97-0329
雨灯灯
午卯丑-8
牽調牽司玉(司主導)
木性(28)火性(40)土性(40)金性(26)水性(40)/総合174
戌亥天冲殺/天冲殺(38歳畑亥/48歳山戌)/変則方三位(8歳海寅)/害(18歳宝丑)
納音(28歳鉄子)/変剋律(28歳鉄子/38歳畑亥/48歳山戌)
主導DNA干合支合(78歳草未)
年支VS日支害(表裏)/害切れ(28歳鉄子/78歳草未)/木性脆弱/金性脆弱
-8歳海寅/18歳宝丑/28歳鉄子/38歳畑亥/48歳山戌/58歳灯酉/68歳陽申/78歳草未〜
07(鉄)●BE
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年07月07日(日)草巳
酒井順子駄目な世代という壮大な自慢
酒井順子//駄目な世代●BE
高校時代に、「マーガレット酒井」のペンネームで雑誌コラムデビュー
大学卒業後には
広告代理店勤務を経て、フリーランスの執筆業に専念。
03年(雨未)のDNA「車」の
危険な宿命害切れで発表した
負けの遠吠えで、
翌04年(木申)の
ありえない僥倖みたいな
守護神木性条件あり天冲殺年には、講談社エッセイ賞受賞。
トリプル木性重なり日には婦人公論文芸賞(04-1022/木戌)を受賞したり、
流行語大賞でトップテン入りし、
宿命を最大限に開き直って、活かしきったと思われる
酒井順子(66-0915/灯丑)が、
「小説野性時代 」17年01月号〜18年08月号に連載していた
駄目世代を、加筆修正しDNA「調」年だった
昨年(18年/山戌)の12月15日(宝巳)の
主導DNA」の三合会局日に上梓しているので解説する。

最初に断っておこう。作者66年(陽午)生まれ。
ヒノエウマ年には出生数前後の年に比して
相対的に恵まれたということを自慢している本であり、
決して
自虐しているわけではない。
とはいえ
かねてより、自分たちの世代は“駄目”なんじゃないかと思っていました。
そうこうしているうちにIT化が進み、
若い人たちが活躍する社会になっていって。
気づけば50代、とっくに社会の中枢を担っていなければならないのに
『あれ、結局駄目なままなんじゃ……?』と気づいてしまったんです。
いつか成長するのではないかと思っていたのに、
その“いつか”がなかなか来ない。
それでも年だけは取り続け、大人の演技をしているような感覚に。
夏目漱石は49歳で亡くなっていますが、
今の私たちより確実にちゃんとしていたはずです(笑)。
私たちの世代はなぜこうなって
しまったんだろうと考えるようになりました。
」となり、
昭和の最下級生」「『若さは、売れる』と気づいた最初の世代
晩婚化・少子化を推し進めた世代」「オタク第一世代」など、
さまざまな切り口で
バブル世代を分析する。
受験戦争はらくらく通過、就職活動は売り手市場
苦労知らずで、おめでたくて、
50代になっても後輩気分な酒井たち。
中でも、バブル以降の世代にとっては
消費の牽引役」というイメージが強く、
世代間対立を煽り、分断を深める世代論が多い中、
本書はあくまでも平和的に、「
駄目ですみません」といいながら、
あらゆる世代を飲み込むつもりでいる。

東京都杉並区上荻生まれ。
立教女学院を経て、立教大学社会学部観光学科卒業後、
広告代理店、
博報堂に入社し、生活総合研究所客員研究員となるも、
3年後の91年(宝未)の
主導DNA」の宿命害切れ年に
退社し以後
フリーとして
一時世田谷区内などに居住するも、
現在は親もこの世を去り、
実家で暮らしている酒井は、
DNA「禄」冲殺主導で、どれだけ
大事にされても
満足することのない貪欲一途で目立とう根性。
「禄冲+鳳」は、
妙なことを言い出すわりには、
なんとなくその気にさせられてしまう。
「禄冲+車」は、遵法意識とは距離をおき、
世間の
常識にはとらわれない
見事なほどの自己中心で、
従わぬ者は許さない
「禄冲+石」は、極端に言えば自己は無で、
すべて都合良く
情報などを租借して加工する。
「禄冲+貫」は、
計算しているのに、そう見せないのがミソ。
「灯+禄冲+酉月」は、親縁薄くも学術芸術志向に
変化球を投げる家系
「午」年生まれ「灯丑」は、自分の気持ちに
正直
生き方を表す伴星は「禄」で、
つかみどころのない人生
物事の始めの洩星は「貫」で、
単独行動、自分一人で。
締めにあたる導星は「車」で、マイペースで最後は
全部無に帰す

宿命の特長は、仲秋午後六時頃夕陽競い合う街灯
とりあえず派手なので、遠くからでも目立つが、
あまり
近寄りすぎる火傷するようで(低温火傷か)、
ただならぬ暑苦しさはあっても、
温度は高くない
年干「陽」月干「灯」日干「灯」の
火性天干一気で、
目上ばかりか親兄弟を焼き付くすもので、身内には脅威
だからだろう。
30代で父を、40代で母を亡くし、兄の死によって、
ついに自分が生まれ育った家族のメンバーが
全員この世を去りました。
」と達観している。
総エネルギー202点は可も無く不可も無い按配だが、
木性ゼロ(DNA龍/玉なし)は、習得本能まるでなくか無限大
勉強は好きではないが、情報の加工や切り貼りは得手で、
現実的に見えて実は
観念的
頭が良いとか悪いというような土俵に引き込まれぬ、
ようは計算せずとも自然にできる。
とはいえ、
年支」VS日支」の表裏あり
朝令暮改消化不良気味な自家中毒持ちで、
周囲は振りまわされるので、覚悟がないと付き合えず。
時代の先端を走っているようで、
品性皆無野人体質だから、
体育会系の
水上スキー部で、そのまんま。
そして月干支「灯酉」VS日干支「灯丑」大半会が内側にあり、
仕事をするなら毒噴射しかなく、仲間内には支持されるも、
理解不能な人には何が何だかわからない。
こじんまりと生きたければ、内側世界の充実も可能で、
専業主婦専業主夫にもなりえるが、
パートナーになったならば長命は望めないが、
生月冲殺のため、その気になれば大逆転も可能。
年干支の「陽午」は、正に
他人の運を喰って生きながらえる
「ヒノエウマ」だが、特に女性は異性ばかりか子供まで
犠牲にしやすいので結婚は遅ければ遅いほど円満
若いうちに苦労をぜず、
甘やかされて過ごす
晩年になり、ストンと不運に落とされやすい。
月干支の「灯酉」は、
怖い物知らずの度胸の良さ。
浪花節のような人情家で、
冷静にはなりづらい
一歩退いて観察するか感情剥きだしになるかの極端さで、
面倒見は良いが、それは自分に尽くす者だけにである。
そして日干支の「灯丑」は、
先祖のなし得なかった野望の実現
誤解もされやすいが、お人好し。
興味対象は納得いくまでとことん拘わり
執念深さあり。
目的達成のために何を犠牲にできるかという人生。
干支番号構成は、43-34-14で西方2点も起点は東方。
前進しているように見せかける。

後天運は初旬「2歳陽申」がDNA「石」の10年運天冲殺。
仲間、隣人、兄弟などに翻弄されるように出来ているが、
受け入れ乗りこえていけば、そして細かなことにとらわれねば、
屈辱や妥協とは無縁の、
友人知人仲良くの時代。
火性天干一気強化でもあるので、
主導権をとるのか、
任せきってしまうのかといったところ。
2旬「12歳草未」は、DNA「龍」の
庶民性ある改善対冲で、
突如
宿命にない木性の燃料が出現したばかりではなく、
年支「午」VS日支「丑」の
害も切れ派手に弾ける
それまで
死んだふりでもしていたのが、
急に元気になったように、目立ちに目立ってデビューする。
(大いなる自己発揮、雑誌Oliveへの持ち込み)
3旬「22歳木午」は、DNA「玉」の害は、
ありがた迷惑
たいして
活動をしないのに就職してしまうが、
その態勢に己がないので、
結果は思うようにならず
就職に関しては
生月冲殺としては、自己発揮無用で、
意にそぐわずとも
自己都合退職は救いにならぬものの、
前旬から社会参加していた流れで、
急場をしのぐ
4旬「32歳雨巳」は、DNA「車」の危機感。
月支「酉」と日支「丑」のからむ
三合会局もあり、
一発大逆転みたいな、危険をものともしない開き直りが、
話題になって
広く世間に認知される。
5旬「42歳海辰」は、DNA「牽」での干合で
火性の天干一気破格となり、
イケイケの
前のめり感が失せ、自分の立場をわきまえた存在感が、
進み行く方向も変化させ
滲み出るような背景という立ち位置を確保させた。
現在の6旬「52歳宝卯」は、主導DNA「禄」の
自己確立
冲殺月干支「灯酉」の天剋地冲もあり、
腹が据わった感あり。
また、年干「陽」が干合で「海」となり、
前半は少しずつ
表の顔が変化していくと、
さらにその「海」が年干や月干の「灯」と二次干合すれば、
年干「木」月干「草」日干「草」の
変則干合木性天干一気となり、
くどい火性の熱気から、森の清涼感のような魔法を使い、
落ち着いた
指導者然とした顔で、
良き姉良き教師のような雰囲気を醸しだす。
今後は7旬「62歳鉄寅」が、DNA「司」の
妙に家庭的風情。
8旬「72歳畑丑」は、DNA「鳳」で、
息抜き遊びでくたびれる。

さて、改めて申せば著者は、「ヒノエウマ年生まれに違いないが
ヒノエウマ日生まれたわけではないし、
にもかかわらず、ことさら「
ヒノエウマ」を強調するが、
この
影響度は最大25%程度であり
江戸時代は丙午の年は火事が多いと言われたり、
八百屋お七が丙午の生まれだったりと
印象操作に余念が無い
そして、大人ってもっと本当に「大人」なのかと思っていた。
自分が大人になってみると、
迷いの連続で全くちゃんとなどしていないではないかと、
暗に「ヒノエウマ」だからと言い訳をしているにすぎない。
また「バブル景気」で、
一流企業の内定をいくつももっているのがあたりまえ。
就職活動は売り手市場だった。
86年(灯卯)の男女雇用均等法で女性にも門戸が拓かれた。
(問題なのは労働者派遣法という悪の権化なのだが)
丙午で低められた競争率をふあ〜つと社会人になることが内定したとか、
往時を振り返り、
小泉今日子が仲間だと共感を求めてくるし
先輩世代のとんねるずの「オールナイトフジ」が、
いつのまにか「夕焼けにゃんにゃん」に取って代わり
高校生の時代になってしまったのを嘆きつつ
消費の牽引役であるバブル世代としてオリーブ少女がちやほやされた
あの「
いつまでも奢ってもらいたい」。
外車の助手席にのっていたい」を懐かしむと同時に
今は「
家族に知られずに外の人と連絡がとれる良い時代」と
もフォローを忘れない。
授業にろくすっぽでなくても大手広告代理店にもぐりこめるし、
体育会の学生はゼミにでなくても飲み会の手配をすればオッケーで、
真面目に講義にでるのはダッセー証拠等々。
ようは
酒井順子の想い出話にお腹いっぱい

さて、酒井は05年(草酉)の条件あり守護神天冲殺半会年に出会った
同居人がいることを公言している一方、
籍を入れる必要もない」どころか
夫なし子なしの負け犬」を売りなり標榜するのは如何なものか。
生月冲殺だから家系に縁なしなのに実家に戻っているし、
血のつながりのない者は家族ではないと考えているフシもあり、
相手に期待し過ぎず、頼り過ぎずという関係ですが、
11年の東日本大震災や肉親を亡くしたとき、
パートナーのありがたみを感じました。
婚姻関係の有無を問わない様々な形の家族が
これからは増えていくと思います。
」って、
これは
互いの人生に責任をもたない現れであり、
出会いの時期からも家族をもつことは可能であったろうし、
それが出来なかったのは、そこまで
踏みこむ縁がなかったのではないか。
配偶者成分の「」もなく害持ちで表裏ありではやむなしで、
ならば
兄の遺した姪に託しているかといえば、
私にとっての『家族』はいなくなった」だし、
あまりにも、
矛盾が多いのだ。
(それが、おかしみを醸しだしているには違いないが)

ところで酒井は、今年06月(鉄午)に、
“幸せな家族像”は幻想。一つの正解を求める癖は改めた方がいい
とか言いながら、
講談社エッセイ賞受賞者の先輩として、
15年(草未)に
第31回講談社エッセイ賞受賞者
ジェーン・スー(73-0510/陽午)と、
働く女のワーク&ライフマガジン「Woman type」で対談している
二人とも籍を入れない同居人に支えられていながら
相手に子供を産んでほしい」とか
親のいない子供の援助をした方が
いいんじゃないかって気持ちに駆られる
」と言いながらも
特に理由はない」「決めるのが苦手」などと
未婚のプロ」として逃げ惑ってきたが(稼ぐのに夢中)、
これは、あくまでも二人の感覚であり、
誰にでもあてはまることではない
スーにしても、守護神成分の「海」がないところに(プライドなし)、
年支「丑」と日支「午」の
害持ちで、
仕事をしている限り、特に功成り名を遂げてしまっては、
そこにやってくる
パートナーを見極めきれるほど時間の余裕はないだろうし、
酒井同様、いわゆる
完全に近い相性を望めるわけもない
面白いのは二人の宿命を比較してみればわかるのだが、
運型の
破滅度合いは酒井にやや分があるが、
二人とも火性なのに生じられる木性ゼロ(DNA龍/玉なし)で、
(頭の中身は空っぽか無限大かという共通点)
親との縁がないのに中途半端に拘わっているところに、
正式な配偶者成分もなく同じ年支VS日支害で表裏あり
しかも、
酒井の年干支が「陽午」なら
スーの日干支が「陽午」という念の入りようで、
生月冲殺でどこまでも
貪欲な酒井に、
ターボ運(子丑天冲殺廻り)付きのスーとは良い勝負
スーの月干支が「灯巳」だから、酒井の月干支「灯酉」に日干支「灯丑」で、
大半会三合会局が生じるものだから大いに盛りあがるとはいえ、
日支同士は、
面白くも可笑しくもない害の関係で、
盛りあがっているようで、どこか余所余所しい
「禄」冲殺主導で、
成功を手に入れるも満足しない酒井と、
「鳳」主導で
書くばかりか喋るほうでも好き放題で、
目前にあるものは親でも利用して根こそぎ稼ぐスー
これからも、
はしたないを通り越して稼いでいくだろうが、
それも
相性いまひとつであろうと、
支えてくれる同居人の運を喰い潰しているのは間違いないところ。
あの世まで手に手を取り合っていける仲では決してないだろうが
パートナーばかりか世間に
深い感謝世話になった方に奉仕がなければ
最後はミジメになる
だろうし、
口だけではなく、
恵まれぬ子たちにも率先して援助するなり、
政治の世界に進出して、世のため人のためになるようでないと、
マズイのではないかと感じる。
自虐の
駄目な世代ではなく、本当にダメになったら恥なんだから★
美佐子の夫と同一生年月日〜→酒井順子//駄目な世代●BE
酒井順子●66-0915
灯陽木
丑酉午※-2
石貫車禄鳳(禄冲殺主導)
木性(00)火性(95)土性(50)金性(42)水性(15)/総合202
申酉生月冲殺/天冲殺(2歳陽申)/害(22歳木午)/三合会局(32歳雨巳)
変則干合木性天干一気主導DNA(52歳宝卯)
火性天干一気/天干一気破格(42歳海辰/52歳宝卯)
年支VS日支害(表裏)/害切れ(12歳草未)
木性ゼロ(野人)/火性過多/水性脆弱
-2歳陽申/12歳草未/22歳木午/32歳雨巳/42歳海辰/52歳宝卯/62歳鉄寅/72歳畑丑〜
04(灯)BE
ジェーン・スー●73-0510
灯雨海
午巳丑※+9
牽石調鳳牽(鳳主導)
木性(00)火性(114)土性(85)金性(33)水性(28)/総合260
寅卯天冲殺/初旬条件あり(日干支と律音的/年干と干合し日干支と律音)
ターボ運(〜68歳)/主導DNA(9歳山午)/方三位(19歳畑未)/三合会局(39歳宝酉)
害(79歳草丑)/年支VS日支害(表裏)/害切れ(19歳畑未/69歳木子)
木性ゼロ/火性過多/土性過多/水性脆弱
+9歳山午/19歳畑未/29歳鉄申/39歳宝酉/49歳海戌/59歳雨亥/69歳木子/79歳草丑〜
03(陽)●BE
★3
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
■2019年07月01日(月)畑亥
北川恵海星の降る家のローレンが助太刀いたす
北川恵海///星の降る家のローレン●BE
14年(木午)の守護神干合年の守護神「木」重なりだった10月(木戌)に、
農家に生まれ、ブラック企業に勤務し、
上役のパワハラにたえかねた青年が自殺するのしないのという題材の
(しません!)
ちょっと今か仕事やめてくるで、
第21回電撃大賞の電撃小説大賞部門の
メディアワークス文庫賞(14-1010/木寅)を干合支合日に受賞。
15年(草未)のDNA「車」の半会年に、同作が刊行、小説家としてデビュー。
また17年(灯酉)のDNA「龍」年には映画化され、
大半会年の今年(19年/畑亥)舞台化もされ、
話題をさらい人気者に駆けあがった
北川恵海(81-0918/畑亥※午前四時前生まれ判断)の
星の降るのローレンが、昨年(18年)の11月22日(山午)に
上梓されているので解説する。

父親のことは覚えておらず小学校二年生の時に母に捨てられ
ひとりぼっちになった少年・宏助が気になった
訳ありの
中年画家ローレンは、
公園で宏助と
友達になり陰日向なく世話を焼き
児童相談所
に収容されるよう骨をおったり、
養子縁組で子供のない人の良い夫婦に
養子になれるよう心優しく見守ってきた
宏助は児相をたびたび抜けだし、
ローレンの
アトリエに通って貴重な時間を過ごすが、
ローレンは姿を消し
生死不明となってしまう。
大学生になった宏助は、それでもアトリエを訪れ、
ローレンを待っていたところ、
ある日アトリエに
直接手紙が投げ入れられていたことに気づく。
そこには「
自分の絵を売ってほしい」と書いてあり、
絵を売るため
個展を開催する宏助だが、
そこで「
ローレンは人殺しだ」という噂を聞く。
また宏助は、ローレンの
絵のモデルとおぼしき
個展の訪問者である
雪子と一緒に真相を探り始める。
雪子もまた、ローレンと関わりがあった
親友杏奈の行方を捜していたのだ。
大阪から東京、愛知と、わずかな手がかりを頼りに
明らかになるローレンという人物の人生。
杏奈はなぜ親友雪子の前から姿を消したのか。
本当に東京の大学にいったのか。
残された絵には
なぜ杏奈の絵が圧倒的に多いのか
宏助と共に杏奈を探し当てた雪子は、
親友のたどった時間を知り、再び親交を深める
そして、宏助はさらにローレンが
本物の星の降る家にいることをつきとめ、
弱り切ったローレンに恩返しをしようとする。
孤独な女子高生、子供のいない夫婦・・・。
ローレンは沢山の人を助けたけれど、彼自身も宏助に出会い救われた
そして、本当にローレンは人殺しだったのだろうか。
後悔の念は深い悲しみとなってカンバスに滲み出ていた。
人と人とをつなぐ縁、辛い時に寄りそい
手を差し伸べてくれる優しさに胸を打つ。
そんなローレンが教えてくれたのは
本当の「
家族」についての在り方だった。
平成の最後に書かれたこの物語こそ令和の星になるだろう。

大阪府吹田市出身。
ワーキング・ホリデーの制度を使って
オーストラリアやカナダなどで就労した経験をもち、
趣味は海外放浪とうそぶきながら、
日本と海外の
働き方などの違いを感じたり、
友人の結婚式でスピーチをした際に、
とても感動した」といった声をもらったことで、
言葉を使った仕事は楽しい」かもしれないと思うようになり作家を目指し、
受賞した途端、当時の仕事もやめてしまい
現在も実家またはその近辺で生活しながら文筆活動をする北川は、
DNA「鳳」主導で、
冷静だが特別な暖かみのある伝達本能を駆使する。
「鳳+鳳」は、きさくで
無欲でわだかまりのない光輝くような人生観
「鳳」×3は、常に萎
むことのない誇張しつづける表現力で、意志強い。
「鳳+牽」は、温厚で誠実とはいえお
天気屋の側面もあり。
「鳳+龍」は、
海外で消耗することが新たな価値観を生み
さまざまな事象を自分なりに、そして
庶民目線で見直す
「畑+鳳+酉月」は、穏やかな目線な
常識人で、
獰猛な行動力はあるようにみえるが、
品性も備えているので、傾向としては精神領域の活動になり、
「酉」年生まれ「畑亥」は、
誰彼となく好かれ助太刀されやすい。
生き方を表す伴星は「玉」で、
地元の良さをひきだす。
物事の始めの洩星は「牽」で、
権威の後押しなので、受賞が始まり。
締めにあたる導星は「龍」で、ひとつのテーマに限定されず、
あれこれ挑戦

宿命の特長は、仲秋夕刻六時頃街並み
きらきら
光る街灯看板が色づく郷愁を誘う街で敵なし。
謎が少なくないのは、守護神木性が日支「亥」内に隠されているため、
表には出づらく、
名誉が救いの守護神とはいえ、
それを配偶者成分とすれば、結婚していても表にはでてこないし、
眺めただけではわからず。
地下に潜っているような活動家ぬかるみの土壌が隠匿しているようで、
なかなか
実態は見えづらい
とはいえ、
埋蔵金というか宝飾類地下金庫にしまっているので、
それを
展示したり売りさばくことで急場をしのげる便利な場所
母親成分は、火性の「陽」になるが存在しないため
陰陽関係の「灯」が代行するが、これは月干にあるので、
善し悪し別に
目立つ存在。
ところが、その配偶者成分の「海」は、
日支「亥」内の深い場所にあるため、主張しなかったり、
存在そのものが稀薄な父親になるので、
これが
宏助年長者に見せるどこか遠慮気味の姿勢だったり、
ローレンと実父の関係のような
密接しているようで、稀薄なつながりにもなっていく。
総エネルギー169点ながら金性87点。
出産しないなら、それなりに濃い作品を量産可能であるはずも、
重厚感はないながら意義のある作品に仕上がる。
年干支の「宝酉」は、
努力家地道に物事を積み上げて行くので、
登場人物の動きも
無理がないが、
学究肌とはいえ、
毒にも薬にもならない、良い人が多い。
月干支の「灯酉」は、
度胸のある人情家
クールというよりは、温かい情愛がすべて。
慕ってくれる人には徹底して尽くす。
そして日干支の「畑亥」は
天性の勝負師
身体的霊感を所持するので、本人にその素養があるかどうかではなく
本来は
絵筆も馴れれば縦横無尽に作品の核にできる。
また
平凡な人生を嫌い、一か八かの生きざまを好む。
干支番号構成は、58-34-26で北方西方南方の鋭角地帯で東方なし。
どちらかというと、たそがれる人生を救うのか。

後天運は初旬「7歳山戌」が、DNA「石」の人間関係を磨く
自由勉強読書感想文(人が死ぬ)で埋め尽くし担任からお呼び出し。
漫画も描き続けるが絵が
致命的に下手という妥協。
油彩にすれば良かったのにね。
2旬「17歳畑亥」は、律音で、
身弱でもエネルギー点数倍くらいにはなりそうな
重装備の鎧兜で強くなる。だから海外にも行けた。
とはいえ変剋律は
悩みで才能が磨かれるから
実は
楽なばかりでもない
3旬「27歳鉄子」は、DNA「調」の
他人とは異なる生き方
アシストを得て、デビューにこぎつけるも
苦悩は減らずとも偏り激しければ問題なし。
現在の4旬「37歳宝丑」は変剋律は抜けても、
主導DNA自己確立
自分らしい仕事は存分にできるであろうが、
大きな波にできるかは生き方次第。
今後は5旬「47歳海寅」は、DNA「司」の堅実なる支合。
進み行く方向の変化は、
月干「灯」の熱気は失せて「草」になり、
スピード感がでて
直感力に偏る
6旬「57歳雨卯」は、年支「酉」の対冲と月干支「灯酉」の天剋地冲を伴う
DNA「禄」の半会で、
清掃
感謝と奉仕があれば経済が廻るだろうし、
えげつない感覚では。戸惑うばかりで前進なし。
7旬「67歳木辰」は、DNA「牽」の
名誉の干合10年運天冲殺で、
それまでの反省が出来れば、晩年であろうと、
突風のような栄誉ありで、
極めて充実できるはずだが、
とつもない次元を上げられねば不名誉もあり。
8旬「77歳草巳」は、DNA「車」の
最晩年10年運天冲殺
年支と月支の「酉」は半会で、前進するも
危ない橋を好んで渡れば
日干支「畑亥」は天剋地冲で、見事な大逆転壮絶な破綻か。
初旬条件がない辰巳天冲殺のため、浮かれて欲を欠けば、
危険な事件を引き起こし終わってしまう可能性もなきにしもあらず。

理由がわからず親に叩かれ寡黙になってしまった少年
酒で呂律が回らなくなったローレーロレーロー」のローレンの出会い。
そして宏助の字の解説。
宏助の「」は「宏大無辺」の可能性で、
」は「助太刀いたす!」と説明され、
訳もなく心が
明るくなった過去。
画家「ローレン」は沢山の「星の降る家」の絵を残したが、
今はいない。
懐かしい言葉を思い出そう。
---------アンタはこれ以上、『良い子』になったらあかん
さあ、今日も気張ろうか
だからこそ今度は宏助が「
助太刀いたす!」時なのだ。
残された絵には、色々なヒントが隠されていた
ローレンが何故絵を描き、あるいは筆を起き、
ふたたびまた
カンバスに向かったかの記憶
全部つまっている。
子供のいない夫婦に、子供がいる夫婦に、
これから結婚を考えている人に、
あるいは
一人は気楽だと思っている人に。
読めば沁みてくる
生きていることに痛みこの世を去ることの意味。
人の痛み敏感になる瞬間。
星の降るのローレン』は全ての人に読んで貰いたい。
まだまだ足らんのやろうな。
これからも
光をずっと集めていけばいいんだね★
今年は人生の折り返し地点だしね〜→北川恵海///星の降る家のローレン●BE
北川恵海81-0918※午前四時前生まれ判断
灯宝木
亥酉酉+7
鳳龍牽鳳鳳(鳳主導)
木性(15)火性(21)土性(21)金性(87)水性(25)/総合169
辰巳天冲殺/天冲殺(67歳木辰/77歳草巳)/変剋律(7歳山戌/17歳畑亥/27歳鉄子)
律音(17歳畑亥)/主導DNA(37歳宝丑)/天剋地冲(77歳草巳)
木性脆弱/火性脆弱/土性脆弱/金性過多/水性脆弱
+7歳山戌/17歳畑亥/27歳鉄子/37歳宝丑/47歳海寅/57歳雨卯/67歳木辰/77歳草巳〜
06(畑)BE●
★5
★5(是非読むべき良品または面白い) ★4(時間があるなら読むに値する推奨本)
★3(お好みで) ★2(推奨できません) ★1(時代整合性なし。頭が腐る駄作・不良品)
top●BE
 
これ以前のバックナンバーはこちらです
サ イ ト マ ッ プ
BEは占いではありません。ご注意ください●
■生年月日を入力するだけで、
年干支・月干支・日干支ばかりか、
エネルギー点数や宿命の特長が表示される
システム稼働中です☆
見本はこですが、
エネルギー計算や宿命の特長表示には、
運命シリーズや裏コラム閲覧に相談も可能
IDPASSの取得のお申込み(決済)が必須です☆
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
コ ラ ム さ く い ん
表コラムの目次(作家篇)はこちらです☆
ご 相 談 問い合わせ は今すぐここから
ever since BE 1994〜BEHP 1998〜
■もしあなたが幸運にも
若い時代にBEに出会ったとすれば
あなたが残りの人生をどこで過ごそうとも
BEはあなたについてまわる。
なぜならば、BEは移動祝祭日だからだ。
なんちゃってね。
BEは幸せ女子発電所で、運命向上委員会。
毎日が、本当は移動祝祭日で、ハレ☆
 
お問い合わせ●メールセクション→
BEHP改良に関するご意見ご要望などありましたら
遠慮なくお寄せくださいますようお願いいたします●
 
バックナンバー閲覧は●(※裏コラムや電子本の閲覧専用IDとPASSを発行)
BETOP BEMENU BESYSTEM メルマガ自動登録 コラム総合目次(1996年〜)
お問い合わせ●メールセクション→
BEHPは書体設定明朝体にしてご覧になられるのを推奨しています
BE●運命向上委員会 Copyright(c)1994→2019 birthday-energy.inc.
 
BE●灯BE●幸せ発電所
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2