BE●BE●よけいなお世話
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
※「よけいなお世話」は著名人を誉めたり貶したりしながら、自分を磨く頁です☆
2 0 0 1 年(宝巳)●02月分// よけいなお世話
 
02月分一覧(2001年目次)
相川七瀬●清純派に変わるのかい(2001_0201)
小林紗貴●野猿の紅一点は夢の中(2001_0202)
Do As Infinty 長尾大●侮れない全開モード(2001_0203)
ISSA●プロゴルファーに転向(2001_0204)
松嶋菜々子唐沢寿明02年研音大河ドラマ分析(2001_0205)
浅野忠信●映画好きもデビューは金八(2001_0206)
奥貫薫●またまた幼稚園で注目人(2001_0207)
新山千春●本命は三宅健という情けなさ(2001_0208)
今田耕司●不叶姉妹で田中直樹をビッグにする(2001_0209)
石田ゆり子椎名桔平とビールCM夫婦もどき(2001_0210)
LOVEPSYCHEDELICO●上昇気流に乗るか(2001_0211)
釈由美子松岡昌宏と半同棲中(2001_0212)
島崎和歌子●6年ぶりドラマの本気度合(2001_0213)
黒谷友香●梅酒よりサラリが心配の種(2001_0214)
葉月里緒奈●休業状態から引退か(2001_0215)
キタキマユ●木10カバチタレ楽しく聴こうよ(2001_0216)
宇田麻衣子●10年運害復活婚という負の選択(2001_0217)
荒瀬詩織●笑える大学院進学という退社理由(2001_0218)
田中要次●月9HERO寡黙なバーテンダーの素顔(2001_0219)
加瀬亮●迷宮の森という魔物(2001_0220)
藤崎奈々子●悲劇の源は田村淳(2001_0221)
羽野晶紀和泉元彌と転げ落ちる(2001_0222)
反町隆史松嶋菜々子結婚と誤算(2001_0223)
宝生舞●旅行コーディネーターと深夜の熱烈キス(2001_0224)
トータス松本●明日があるのか(2001_0225)
井上陽水●熟年とは侮れない踏ん張り(2001_0226)
大友康平●火9女子アナで民放ドラマ初挑戦(2001_0227)
市川染五郎●水9ロケットボーイ中断でワリ喰った(2001_0228)
 
■2001年02月01日(草未)
相川七瀬●清純派に変わるのかい
■18thシングル『NO FUTERE』
(オリコン1/31-7位/TBS系テレビアニメーション「ゾイド新世紀/ゼロ」オープニングテーマ)と、
19thシングル『〜dandelion〜』(オリコン1/31-8位/CX系「プロ野球ニュース」テーマ)が、
リリースされたばかりの
相川七瀬(75年2月16日/雨巳)。
プロモーションで露出するTV番組を見てオヤッと思ったのは、
ナチュラルメイクに髪は限りなく地毛に近く
清純派アイドルのようにアップにして後ろにたばねていた。
バラエティ番組で、秘伝のタレで味付けしたオリジナルハンバーグを披露して、
「庶民的なんだから」とさりげなく言ってのけたが、
あの反抗的なロック少女の面影は微塵もなかったゾ。

相川は、DNA「司」主導で、誰かのために役立つ自覚。
純粋すぎて一人では生きて行けない、堅物。
「鳳」前面にだした「司+鳳」は、柔らかいイメージも、忍耐力あり。
「司+牽」は、評論家的思考。
「司+玉」は、現実的企画力あり。
「雨+司+寅月」は、場違いの結婚。
「卯」年生まれ「雨巳」で、エネルギー254点ならば、スケールの大きい生き方となる。

10年運初旬「6歳畑卯」は、スピード感(DNA車)付加されるも、特に条件なし。
「16歳鉄辰」の方三位
(卯年寅月生まれのため、辰がそろえば、木性が増え雨に対して表現力が増す)
でデビューするも、本年よりの「26歳宝巳」は、改良改革で新しい事をしたくなる時期だし、
今年の干支も同様に「宝巳」だから、やむをえないか。
今回の相川の変身は、キーワードどおりだが、
従来のファンには理解できないことかも知れない。これでは興ざめかも!
■ファッション&メイクだけ変わって、唄はそのまんま。
若い頃に比べて迫力もちょっと失せて残念。でも、これが地みたい。

読者メール→
「もともとの表現力はありで、料理は得意のようですけど・・・。
こちらでも転けて、行き詰まりを感じると精神的には悪い悪循環に入ってしまいそう・・・。
ひとつのことを時間をかけてジックリやっていくべき雨だから、
ロッカーの彼女にとって今回は余計な回り道(致命傷?)でしょうね」。
それが月日害持ちの人の宿命ですね。長く同じ事を続けていると、おかしくなります。

読者メール→
「DNA「司」主導だから、本来ロック少女より今の地味系が素顔?
でも「調」がないから、乙女チック系な恰好も似合わなそう」。
これが、本質発揮(笑)。
DNA「車」の素になる「畑」はどこにもありませんが、
「調」を生み出す「木」は、「寅」のなかにあります。
本音本物の時代としては、悪くないことです。

読者メール→
「理想の男性としてエアロスミスの魅力を語っていてなんだかなー」。
好きな男性のタイプはDNA左3を見れば「玉」ですが、
それが「害」で毒されています。本来は、日本的な人を好きにならねばならないのにネ。

読者メール→
「仕事で相川七瀬に会いました。実際の彼女は芸能人の常で超小顔。
小柄で華奢でかわいくってびっくりしました。
その時の格好もアイドルっぽい普通の感じ。
水らしく年齢の割に肌がとってもきれいで、
格好のせいもあって前より若返ってるようにさえ見えました。
布袋寅泰と仕事するようになってからそうなったのかなあ。
布袋は彼女にとってダメージカラーですね。
デビュー時の勢いがすごかっただけに、
ここのところの活動は地味な印象は否めませんが、
彼女のファンにはあまり好評とは思えないこの変化。
来年、再来年の天冲殺での活躍へと上手くつながるでしょうか?」
話題は色々と提供してくれるでしょう。
さ来年(雨未)が、月干干合で真価をとわれます。

読者メール→
「ロック少女というのは、わざと作ったような印象でしたけど・・・」。
つまるところ、それですね。でも、一応は成果あげた訳だし・・・。
 
 
■2001年02月02日(陽申)
女猿小林紗貴●野猿の紅一点は夢の中
■とんねるず&裏方さん集団ユニット「野猿」に女性ボーカルが加わった。
「yaen front 4 men feat.saki」の
『star』(フジTV系「とんねるずのみなさんのおかげでした」エンディングテーマ、
明治生命「ライフアカウントL.A.」CMソング 、1/24発売オリコン初登場8位)が、
話題になっている。

ヴォーカルの小林紗貴(82年9月9日/草未)は、
DNA「車」主導で、単純明快単細胞反撃素早い人。
「車+鳳」は、大衆的性情で金銭物質に目なし(笑)。
「車+車」は、計算された行動力。SPEEDの加減がたやすいオートマチック人間。
「車+玉」は、考えたとおりに行動し、わかりやすい人。
「車+禄」は、ルールに縛られるのが苦手。

10年運初旬「1歳山申」は、年支「戌」月支「酉」と「方三位」が形成され、
闘争本能強くなるも、特別条件なし。
「11歳灯未」は、ラッキーカラー10年運。
年干「海」と干合すれば、10年運干支は「草未」と律音的となり、仲間ができる。
年干支は「木戌」となり、寄生できるヘンな場所が出現。
二次干合で、これが月干と干合すれば、年干は「山」となり、引力本能が強化。

昨年(鉄辰)は、条件なし天冲殺で、世界が突然広がり波に乗れば、
年支「戌」と月支「酉」の「害」が、「対冲」で、世に出やすくなった。
エネルギー220点と、それなりの迫力を感じるが、
「草+車+酉月」は慌ただしい世相に乗る、もめ事大好き人間。
また、「戌」年生まれ「草未」は、孤立しやすい。
やっかみもあるが、どうりでファンの間でブーイングも多いはずだ。
高校生という説もあるが、プロフィールは不明。
もっとも、秋生まれ「草」は、食い物にされやすく、
条件なし天冲殺で一時的に注目されるだけ。
石橋貴明(山子)が、ちょっかいだしても、関係は「害」だし、
小林(草未)が、石橋の年干支(宝丑)を「天剋地冲」するので、
ほどなく用済みとなる見込み!
■「やることはやった」の一言で、解散が決まった野猿。
案外こちらだけは、年内続行だったりして(笑)。

読者メール→
「宿命の発展性は特別条件の有無で、(生かし方の幅も考慮すると)
どのくらいの差がでてくると考えればよいのでしょうか?」
あるとないとでは全く違います。なければ、時期が悪ければ一時的です。
「関係のBBSを見ても、名指しで『小林紗貴が嫌い!』と書いてありました。
ストレスがたまれば、自滅していくでしょうね・・・」。
割り切っていることだし、流れに乗っているうちは大丈夫でしょう。
女性ファンが多いところに、やっかみですね。
CAは裏方だから、許されたんでしょ(笑)。
「石橋と離れたら、男性を乗り換えるのと同じように
芸能界の中を乗り換えて生きていけるでしょうか?」
草未は、非個性的ですが、礼儀正しさが売りなので(業界では)敵は少ないのです。
でも、一般人に戻りますよ。

読者メール→
「秋の草は食い物にされて、居心地はいいのでしょうか?
まぁ野猿を維持する意味では多少役に立っているのかな・・・」。
食料になる人だっていなければ、世の中は成り立ちませんね。

読者メール→
「石橋にちょっかいだされても、木梨とはラッキーカラー支合なので、
助けてもらえたりしないのでしょうか?」
助けるふりして、・・・ですよ(笑)。
「石橋はただでさえダメになりかけてるのに、
年干支を天剋地冲の彼女を仲間に迎えてしまったからには、もう決定的ですね」。
だから、とりあえず野猿が撤収(笑)。

読者メール→
「sakiちゃんはやっぱり一時的なモノで終わってしまうのですね。
同じ時期に、他のオーディションに受かっていたりするので歌は上手いんだろうけど、
個性を強く感じない草未だからかなぁ」。
10年運ラッキーカラーだろうと、条件なし天冲殺です。
しかも、鉄→草はなんとか格好がついても、宝→草は完璧に倒されますからね。
 
 
■2001年02月03日(灯酉)
Do As Infinty 長尾大●侮れない全開モード
■魅惑的な唇が印象的な(笑)、内田有紀(陽寅)を起用した、
花王「ソフィーナ・オーブ・ルージュフィーリア」CMソング『Desire』を唄うのが、
浜崎あゆみ(灯酉)をはじめ、多くのアーティストにも作品を提供している
新人作曲家・
長尾大(※71年3月27日/宝亥)を中心とし、
ボーカルに紅一点、
伴都美子(79年1月9日/陽子)、
ギターに
大渡亮(71年4月4日/畑未)をむかえた、
無限の広がりという意味をもつ「Do As Infinity」というユニット。

伴は、DNA「牽」主導で、プライド高い。
「牽+調」は、内面気品も行動粗野。新しい世界を創造する人。
「牽+鳳」は、お天気屋。
「牽+牽」は、無為無策の行動に走る恐れ。
「牽+玉」は、用心深い冒険心。
10年運初旬「1歳木子」は、年干支「山午」と「天剋地冲」のため、成功運型。
10年運もずっとターボ運(子丑冲殺の干支)のため、
旧型アイドルなみのエネルギー177点の弱さでも、
気がつくと祭り上げられる「陽子」の特性もあり、それなりの活躍が見込める。
本来、申酉天冲殺でも、条件がそろえば生家をでたほうが稼働はしやすい。
熊本県出身の彼女が、初旬のラッキーカラーのDNA龍(改良改革精神)の助けもあり、
落ち込みの2旬「雨亥」で苦労しつつ上京したと推測されるので、
現在の「21歳海戌」で活動の場が与えられたのだろう。
もちろん、本年(宝巳)の干合の上昇力も見逃せない。

大渡は、DNA「車」で、純粋なロックギタリスト。
10年運天冲殺入りだが、害でもあり、特筆すべき事はなし。

長尾は、DNA「禄」冲殺主導で、自己顕示欲強い。
期待が重すぎて、時には押しつぶされることも・・・。
「禄+調」のユニークな表現力が、天干一気(宝)を通して、
デリケートな感性にさらに磨きをかけている。
生月冲殺に加え、初旬天冲殺と変剋律10年運でそれなりの運気。
特筆すべきは、火性(名誉・配偶者)土性(創造力、ただし、10年運で補完)ゼロ。
これを、伴(陽=火性)大渡(畑=土性)で、見事に補っているのだから恐れ入る。
本年(宝巳)は、納音。過去を完全に壊す時期。
過去にリリースした6枚のシングルは、ヒットしなかったが、
7枚目の『Desire』は、オリコン初登場9位(1/24発売)。
まさに過去を払拭する勢いで、今年は楽しめそうだゾ!
■長尾はダメージ年でもこれなら納得。
伴は頑張っているけれど、個人的には濃すぎる(笑)。

読者メール(鉄寅)→
「ああ、魅惑的な唇(笑)、「レア、プリーズ」(爆笑)の
・・・内田有紀(陽寅)のインパクト強すぎて曲が思い出せない・・・」
CMとしては成功かも知れないよ。
やはり、内田有紀は、どこかのメーカーが使ったアンナより100倍くらい魅惑的だもんね♪

読者メール→
「やっぱり仕事の相性は5大要素の補完も大事なのかな、と思いました」。
バランス崩れている人は、徹底的に偏るか、ないものを揃えるのが鉄則ですね♪

読者メール→
「作曲担当の天干一気の人はストック曲が何百曲もあるそうで、
彼の集中力は恐るべしですね。
表現力が自分に無くて、他人からの補いだけでそこまでできるものなのでしょうか?」
異常干支のなせる技です。
亥日生まれの人は、他人とは異なる神懸かり的なところがあるのですヨ♪
「大渡は存在だけでグループを盛り立てるなんて、
もっとも効率のイイ仕事をしていますね」。
こういう時代に男性は、そうならざるをえないのです。
「バースディエナジーでは、よい巡り合わせとは、
宿命を活かして生きている3人の生きざまの結果と考えればよいのでしょうか?」
毛利元就の教えじゃないですが、一人でやるより集団を組めば力は大きくなるのです♪
「この場合、グループを引っ張っている人は誰になるのでしょうか?」
やはり女性なのです!
 
 
■2001年02月04日(山戌)
ISSA●プロゴルファーに転向
■「DA PAMP」のボーカルISSA(78年12月9日/草巳)が、
シニア認定プロの父親の影響でプロゴルファーへの転向もあるという(笑)。
ISSAは、知る人ぞ知るジュニアプロゴルファーの出身(小4から中2までゴルフ漬け)。
2日(陽申)行われた全日空石垣島シニアプロアマトーナメントに出場し、
好成績を上げたISSAがほのめかしたもの。

ISSAは、DNA「龍」主導で、本質が環境により変化。形に恵まれると精神苦。
「龍+禄」は、手段なしの人助け。寅卯冲殺らしく親思い。
「龍+司」は、用心深い出処進退。
「龍+石」は、経済感覚なし。破天荒な性格も、言い訳無用の実行力。

10年運初旬「9歳草丑」は、日干支「草巳」と「大半会」のため、成功条件。
ただし、年支「午」とは「害」も成立し、仕事より個人生活重視の人。
「19歳陽寅」は、ラッキーカラー天冲殺+害で、
流れに乗ればそれなりに伸びるが、結果は望み通りにはいかず。
年下女性の裏切りもあるが、周囲の期待が重くありがた迷惑状態。

昨年(鉄辰)は、条件なし天冲殺明け(天冲殺ブレイク)+役目役割の変更で、
上がりきった後のやや間延びした状態。
気持ちはユルユルのところに、本年(宝巳)は年運と10年運との間で干合支害。
つまり、自分とは無縁のところで、様々な思惑が入り乱れる時。
また、害とはいえラッキーカラーの「陽」が干合により、
ダメージカラー「海」に変質し、そうそう本業も期待できない。
「草→海」は、DNA「玉」で故郷の害だから、
地元の熱望でゴルフ稼業という線だってありえるのだ!
■ISSA(草巳)と言えば、元SPEED上原多香子(海寅)との仲。
相互冲殺のため周囲の思惑で仕掛けられたあげく害なんだから、あっけなかった。
若いからといい、とっても無駄な時間だったね!

読者メール→
「親思いの寅卯天冲殺の人が、親の跡を継ぐのは理想的な生き方
(大げさな言い方かも知れないけど)なのでしょうか?」
条件(生年や生月)なしなのですから、もちろんのことです!
「地元の熱望でゴルファーになったとしても、害始まりでは上手くはいかないでしょうね」。
ラッキーカラーなので、喰えることは喰えます。
「10年運初旬と年支が害関係というのは、仕事より個人生活重視とのことですが、
仕事をしている限り、仕事上では思うような評価が得られにくくなるためなのでしょうか?」
寅卯天冲殺は守備本能が強く、積極的に仕事に向かって行く姿勢が薄いのです。
元来家庭人として相応しい人が、害でSTOPがかかれば、
仕事で根性だそうとは考えないのです!

読者メール→
「いわゆる「運動神経の有無」って、DNAから判るのでしょうか?」
「車・牽」の存在ですよ。干支では、「草」は比較的スポーツ志向。
「畑亥」が、身体の霊感です。
「歌いながらゴルフする行為自体は、一本に絞っていないということで、
BE的には許容されないものなのでしょうか?」
だからといって自己発揮したら、何もできない状況です。
せいぜい歌を続けながらバラエティのノリでやるしかないでしょうね(笑)。

読者メール→
「DNAだけで見ると歌の上手さはどこで判断するのですか?」
鳳または調があることです。対極にある龍または玉でもいいです。
これに、強くもない弱くもない程良いエネルギーがあればいいのです。
病的な色気を感じる方は、だいたい上手ですよ。

読者メール→
「故郷の害っていうことは、帰ってはいけないということですか、
それとも害を消化するためには、帰った方がいいのですか?」
帰ればおかしくなるし、帰らねばおかしくなるという両面です。
しかし、寅卯天冲殺なので悩みがでるのですよ。

読者メール→
「ここ1〜2年のうちにDA PAMP解散→ソロ転向があってもおかしくないですね?」
来年がダメージカラー月支対冲ですよ!
「額がアブナイのは草が育つのに必要な太陽はあるけれど水分が足りないせいでしょうか?」
冬生まれですから水分はあります。ただ、宿命天剋地冲ですから、たいしたことないです。
それより害のほうが効いてますよ(笑)。
 
 
■2001年02月05日(畑亥)
松嶋菜々子唐沢寿明02年研音大河ドラマ分析
■2002年1月スタートのNHK大河ドラマが、『利家とまつ〜加賀百万国物語〜』に決まり、
松嶋菜々子(73年10月13日/海午)と
唐沢寿明(*61年6月3日/灯卯)が主演することになった。

松嶋は、DNA「玉」主導で、環境を変化させられない旧型タイプの人間。
「玉+石」は、理屈っぽい。
「玉+牽」は、用心深い冒険心。
「玉+貫」は、その場限りの人。
10年運「8歳雨亥」は、ズルさを倍加させるものの特筆条件なし。
松嶋の宿命の特色は、
「(1)宿命に表現力を表す木性ゼロなこと。たいした演技力なし。
(2)年干(雨)月干(海)日干(海)の精神領域が全て水性一色になる天干一気。
集中力あるものの周囲の目上を吹き飛ばす。
(3)年支「丑」と日支「午」が「害」関係となり、表裏あり」の3点。
これが、10年運「18歳木子」で、存在しない木性が出現して、
突如表現力が豊かになり、「子」で年支日支の「害」も切れたように見えるので、
露出がしやすくなったもの。
ただし、本年(宝巳)より10年運「28歳草丑」は、「害」。
今まで調子良くやってきたので、来年(海午)の「律音」は、
落ちてゆくほうの人生の折り返し地点となる。

唐沢は、DNA「石」主導の、ズル。
「石+鳳」は、普通の人。
「石+禄」は、他力本願。
「石+車」は、目的遂行のためには有無を言わさず。
「石+龍」は、言い訳無用の行動力。
10年運初旬「9歳海辰」は、日干支「灯」と干合すれば「木辰」となり、
初旬日居冲殺10年運で、一生誰かの犠牲になりながら運気を伸ばしてゆく。
また、この時名誉や異性に裏切られやすい「害」も成立し、
家庭生活が暗いものになりかねない。
そして、日居冲殺は子供に対して独特な感情や状況が生まれやすいので、
表舞台から姿を消して久しい妻・山口智子(海寅)との間に
子供にまつわる何らかの事情があるような推測をすることを禁じ得ない。
その唐沢も、バブリー夏生まれながら、
02年(海午)年は待望のラッキーカラー年で、
松嶋とはラッキーカラー同士(唐沢の月干支:雨巳が、
松嶋の年干支:雨丑を大半会するので松嶋がトク)なので、
まずまずの成果を得られそうだ。
しかし、NHKは他にも反町隆史(畑丑)・竹野内豊(灯亥)などを
キャスティングする念の入りよう。民放は大丈夫か!
■唐沢は表に出せない子供のためにひたすら頑張る?
反町は天冲殺+害で急降下。
やはり、信長は究極の年になる竹野内にしておけばいいのに。
それにしても、研音♪

読者メール(木申)→
「以前は能面のような表情だったのに、
最近のドラマでは少し表情がでてきていると思っていたのですが、
やはり宿命も補われていたのですね。
10年運の本人への影響は、だんだん効いてくるものなのでしょうか?
それとも徐々に効き始め、頂点の後、徐々に弱まってくると考えればよいのでしょうか?」
人それぞれです。鋭敏な生き方をしていれば、即座に表れます。
主婦より仕事人間は早く、事務職より営業職が早く、宿命に偏りがある人間が早いのです。
「露出が増えてきたのは、天干一気と10年運に
これだけのパワーが秘められているのでしょうか?
すごく良いわけでもないルックスや多少増えた演技力だけで、
今の状態になっているのがどうも解せません」。
それが、プラスアルファの生き方です。
女らしさより男性ぽくやってますね。この影でどれだけ周囲を犠牲にしたか・・・(笑)。
「松嶋に反町をぶつけてくるだけでも、一つの話題になるのに、
この豪華キャストだと対象世代も広がり、視聴率はかなりイケそう・・・」。
そうかなあ。あまりにも露骨すぎてブーイングでるんじゃないですか。
反町大ブレーキだし(爆)。
「石川県知事はじめ沢山の人が、NHKが石川県を題材とした大河ドラマを作るよう、
陳情のため上京していたけど、これほど前評判の高い番組になれば、
皆さんご満悦でしょうね」。
これで商売したい人はそうでしょうが、若い人の気持ちをつかむまでにいくでしょうか?
むしろ民放がどれだけ知恵をだすか、見物ですヨ!

読者メール→
「例年はこんなに早く来年の製作発表していたかな?」
それだけ、今年は期待されていません(嘆)。

読者メール→
「成功するために、利用出来る男性を選んで交際なんて
『やまとなでしこ』を地でいくような彼女の表裏ありな一面が、
昨年あたりからクローズアップされてきたように思うのですが、
これは10年運対冲が終わりに近づいてきたせいで、害が表面化してきたのでしょうか。
仕事でのこの活躍ぶりでは当面、反町との結婚はなさそうですね。
彼女のことだからもっと上を目指してそう。でも次に狙う大物って誰がいるでしょう?」
キムタク・・・(笑)。
「こんな豪華キャストがゴッソリNHKにとられてしまって、
ホントに来年の民放のドラマが心配になります。
また、キムタク登場かな? 私は大嫌いなのですが・・・」。
みな、しっかり掛け持ちしますよ。竹野内豊、最高の年。キムタクなんて、目じゃない♪
 
 
■2001年02月06日(鉄子)
浅野忠信●映画好きもデビューは金八
■第22回ヨコハマ映画祭が4日(山戌)神奈川・関内ホールで行われ、
『地雷を踏んだらサヨウナラ』などに出演した
浅野忠信(73年11月27日/灯卯)が
主演男優賞を受賞した。
浅野は「映画が好きで、できたら映画だけに出演したい。ドラマもいい話なら考えますけど」
と映画へのこだわりを語った。

浅野は、DNA「牽」冲殺主導で、プライドの高さから敵の多い人。
「牽+鳳」は、理論理屈に流されやすいお天気屋。
「牽+車」は、集団行動下手も忍耐力あるように見える。
「牽+龍」は、芸術志向。
「灯+(牽+亥月)冲殺」は、理屈っぽくノイローゼになりやすく、
若い頃の仕事を一生続けにくい性癖。

10年運「7歳海戌」は、初旬10年運天冲殺及び日干支と「干合支合」のため、
(生月冲殺もあり)成功運型。通常人の3倍程の稼働する可能性あり。
冬の灯火は寒さの中であたりたくなる暖炉や焚き火のようなもので、原則人には好かれる。
さして強さは感じないが、10年運は一生ターボ運(子丑冲殺の干支まわり)なので、
迫力が加わる。

浅野のデビュー作は意外にもTVの『3年B組金八先生』。
以来芸能事務所を経営する父がマネジメントを行っている。
戌亥の生月なのに、これはどうかと思うゾ(嘆)。
妻・CHARA(68年1月13日/海午)との出逢いは、
95年(草亥)の映画『PiCNiC』(岩井俊二監督)。
二人のアツアツぶりに、エンディングでは台本にないキスシーンまで登場したことは、
ファンの間では語り草になっている。
二人の共通点は、浅野の年干支(雨丑)とCHARAの月干支が律音(同一)で、
浅野の日干支(灯卯)がCHARAの年干支(灯未)を「大半会」し、
CHARAのヤル気をださせるもの。
全般的には女性の時代らしくCHARA主導の家庭だ。
子供は95年7月4日(陽申で、亥年生まれのため表裏あり)生まれの長女菫と、
99年12月19日(草巳)生まれの長男緋美。
二人は月干支同士が天剋地冲で、長男が長女の年干支を納音する関係。
共に月干にラッキーカラーを持つが、長男は生年冲殺。
二人の関係がずっと続くことを願うものだが、果たして・・・!
■読者メール→
「浅野にはアメリカ人がクォーター入っているとのことですが、
DNA上は龍の存在以外に見て取れるところはありますか?」
異なる血が入ると、生年月日に与えられたエネルギーにプラスして、
極端に成功するか失敗するかになります。
また、純粋な申酉・午未・寅卯の天冲殺は、原則生まれません。
なぜならば、新しい血を導入するのだから、生き方も新しくならねばならないのです。
「スクリーンにこだわる姿勢を崩さないところは、
ひとつに特化する生き方として評価できますか?」
それはDNA成分からもうかがえますが、そう生きざるをえない側面もありますね。

読者メール→
「活躍はしているのだろうけど、なんか地味な印象です。父親の影響?」
それもありますが、妻が頑張りすぎているからですよ!

読者メール→
「干合や共通干支、大半会もあり相性良しかと思いましたが、
あらためて干合結婚の危うさを感じました」。
ラッキーカラーなら言うことないのですがね!
「条件あり天冲殺は、天冲殺中の出会いや結婚はありですよね?
その場合の注意点はありますか?」
ありというより、結構多いです。
注意点も何も、年運や10年運の害さえなければ、風が吹いたら、乗るだけです。
ただし、これには日頃から心を軽くして、風通しよい生活をこころがける事です!

読者メール→
「ボーッと静かに佇んでる感じが、まさに冬の灯。
よーく見ると顔はあんまりなのに、灯卯らしく色気があるのか、雰囲気ある人ですよね」。
冬の灯だけなら、本来は騒々しくなるのに(DNA車)、
牽が表にでながら玉(最高の燃料:木)が隠れているので、
落ち着いているように見えるのです!
「彼と共にKDDIのCMに出演の3人には
「映画」「口数少ない」「無表情(感情をあまり表さない)」という共通点がありますね(笑)」。
3人が陰の干なのも影響していますね。
派手さや元気な女性の対極という演出がなされているのでしょう。

読者メール→
「今後劇的に変わる可能性はあるのでしょうか?」
劇的にはありえません。
なぜならば、既にラッキーカラー天冲殺(木戌・草亥)は過ぎましたよね。
今度はダメージ(陽戌・灯亥)天冲殺ですし、
生月なのに、親の意向に左右されているからです。
 
 
■2001年02月07日(宝丑)
奥貫薫●またまた幼稚園で注目人
■TBS系昼・月〜金13:30『幼稚園ゲーム〜お受験します〜』に
主演する
奥貫薫(70年11月22日/陽午)に大注目だ。
東京都生まれ。88年(山辰)JR東日本のCM「人に、新しいストーリー」でデビュー。
99年(畑卯)のコカコーラのCM「キュン」では、幼稚園の先生役を好演。
恋心をよせる園児の父親が独身(って言っても子持ちだけどな)と知って、
思わずキュンとなるシーンが印象的だった。
ドラマで顔を知られるようになったのは、
97年『恋のバカンス』で、明石家さんま(雨亥)に三股をかけられる幼稚園教師役。
つくづく幼稚園に縁のある人だ(笑)。

今回はじめて主演に挑む奥貫は、DNA「車」主導で、犠牲的本質。
誰も選ばない危険な方向に自らを進める性癖。反撃素早いSPEED人間。
「車+鳳」は、大衆的。
「車+調」は、常に何かにエネルギーをぶつけていないと気がすまない。
「車+石」は、目的遂行のためには有無を言わさず。
「車+禄」は、ルールに縛られるのが苦手。

10年運「5歳陽戌」は、日干支(陽午)と「大半会」のため成功運型。
「15歳草酉・25歳木申」が、ラッキーカラー10年運だ。
冬の陽は、残光をこの世に漂わすもので美しい。
人に好かれるのが特長で、「陽午」と言えども強くはない。
演技力もあるのに、今まで脇をかためるにすぎなかったのは、
月干「灯」の和合性がブレーキになっていたもの。

今年(宝巳)は、月干支「天剋地冲」で、気持ちがふっきれるため、表にでてくる。
また、日干「陽」は「干合」で、異性の存在を強く意識する時。
方三位の成立するラッキーカラー支合の7月(草未)には、良い話が必ずあるはずだ!
■読者メール→
「冬の陽の美しさの美しさとは、内面的なモノを指すのでしょうか」。
冬の陽は、沈んでしまった残光です。内面=雰囲気と解釈してください。
夏の陽と異なり、クドくないですよね♪

読者メール→
「日干「陽」に対して月干支「灯」では、
和合性のためブレーキになるとのことですが、
同質の干支が月日に並ぶと、
そのキーワードに対してブレーキがかかってしまうと考えるのですか?」
単純に冬生まれで弱い「陽」に対して、「灯」はダメージカラーということです。
つまり、彼女の場合は妥協するのはマイナスなのですよ!

読者メール→
「和合性が宿命にあると、その他大勢で満足したり、
まいいかになりやすいということでしょうか?」
まいっかは、生月冲殺です(笑)。
和合性=政治力ですが、これは動乱の時代にそぐいません。
あくまでも、戦い抜いて仕事を奪取していかねばならないのですが、
いくら車主導でも、どこか自己主張が不足していたのです。
 
 
■2001年02月08日(海寅)
新山千春●本命は三宅健という情けなさ
新山千春(81年1月14日/海辰)とV6三宅健(79年7月2日/鉄午)のデート現場が、
頻繁に目撃されているという。
ドラマ共演などの接点はないが、
堀越高校出身の二人がネットワークを使って交際することは可能なので、
渋谷や二子玉で目深な帽子をかぶった二人が親密に手をつないでいるのは、
不自然ではないということらしい。

新山は、DNA「石」主導で、協調性和合性のズル。
「石+車」は、豪放ワンマン。
「石+調」は、自尊心強くもプライドなし。
「石+龍」は、言い訳なしの行動力。
「石+牽」は、事なかれ主義で、長いものにまかれろ。
「海+石+丑月」は、歳のわりに地味で若さなし。
10年運「3歳山子」は、SPEED感付加されるものの、条件なし。
「3歳山子」「13歳灯亥」「23歳陽戌」が、
変剋律10年運で精神苦と共に才能に磨きがかかる。
新山は248点のエネルギーあるも、宿命に火性ゼロの冷徹人間。引力本能ゼロ(笑)。
これが、10年運で補完されているため、なんとか仕事にありついているのだが、
96年(陽子)97年(灯丑)の年運ラッキーカラーで、
なんとか存在を誇示したが、その後はパッとしない。

三宅は、DNA「牽」主導で、自己愛の象徴。プライド高い。
「牽+玉」は、用心深い冒険心。
「牽+牽」は、無為無策の行動に走る恐れ。
「牽+貫」は、打算的で主義主張なし。
10年運「9歳畑巳」は、ダメージカラーで特別条件なし。
エネルギー296点の高パワーも、時代整合性ない夏生まれが、
ラッキーカラーの水分ゼロで表現力の偏りは著しく、
デビュー時の若さはなく、完全に取り残されてしまっている。

二人の関係は、新山の天冲殺範囲を所有する三宅が、
ラッキーカラーの新山を一見利用できて良好に見えるかも知れないが、
新山の月干支(畑丑)は三宅の年干支(畑未)を「納音」して、
共通干がかえって三宅の仕事運をSTOPさせる、とんでもない仲。
私生活に関するDNAも、新山の「調」は、デリケートでグチ多し。
三宅は、「牽」で格好付けるので、いまひとつ噛み合わない。
新山はかつて「理想の相手はナイナイの岡村サン」などとリップサービスしていたが、
水面下ではシッカリ三宅にアプローチしていたようだ。
一方、安室奈美恵(鉄辰)の遊び相手と噂された三宅の、
「鉄+牽+午月」は、異性の誘惑に弱く、好きでもない相手の誘いにのりやすい傾向。
三宅がこれ以上、じり貧にならないためにも、
オリキはもっとマシな相手を捜してやるべきではないか!
■読者メール→
「もともと、出身の青森をアピールしていたけど、
ブレイクした時期を過ぎてしまうと野暮ったさが鼻につくだけであか抜けないって感じ」。
それ以前にブレイクしてませんよ(笑)。

読者メール→
「変剋律10年運は、精神苦と共に才能に磨きがかかるとありますが、
具体的にはどのような生き方になるのでしょう」。
他人とは異なる常識はずれの生き様をすることにより、悩みが増大すれば良いのです。
キーワードばかりか、各干支の特性の影響を受ければ、いいでしょう。

読者メール→
「三宅が垢抜けない、どんくさそーな奴に見えます」。
普通の神経なら誰でもそう見えますよ(笑)。
「でも、牽主導で、プライド高いんですね・・・」。
だから、始末が悪いのです(爆)。

読者メール→
「新山の今のポジションって中途半端ですよね。
グラビアアイドルになれるほど巨乳じゃないし、
かといってオタクに好かれるべきアイドルになるには、顔がキツすぎるし、
ドラマでも決して主役ははれないし・・・。
最近バラエティでよく見かけますが、トークが上手いわけでもなし、
大手事務所にいるから入る仕事なのでしょうね。
ホリプロの新人アイドルを集めたユニットから、
深田恭子と同時に卒業したのも違和感ありました。
優香より先に卒業出来るほど活躍してないのに・・・。
TV版『アナザーヘヴン』での本上まなみに嫉妬する嫌な女子大生役はとてもハマってたので、
火性なしの冷たさを生かした役をこなしていけば、天冲殺で上昇出来ないでしょうか?」
よからぬ事で話題になるだけで、散々なほうだと思いますよ。
本当にホリプロには、志というものがありません(笑)。
 
 
■2001年02月09日(雨卯)
今田耕司●不叶姉妹で田中直樹をビッグにする
■フジTV系水10『明石家マンション物語』で、
気持ち悪いが面白い「不叶姉妹」が話題になっている。
本家のユニット叶姉妹はさすがバブリーさが嫌われ、露出が極度に減るなかで、
今田耕司(66年3月13日/宝未)とココリコ・田中直樹(71年4月26日/宝巳)の
二人が繰り広げる悪ふざけぶりは、益々エスカレートし、
ついには3月公開の劇場版アニメ『ワンピースねじまき島の冒険』で
声優デビューまでするという。

今田は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強い人。
「禄+龍」は、お人好しで、手段なしの人助け。
一人を助けて一方を不幸にする(遠藤の立場はどうなるのか・・・)。
「禄+貫」は、計算された演技。素直になれない人。
「禄+牽」は、実務家。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが苦手。
10年運初旬「8歳海辰」はデリケートな感性(DNA調)を付加させラッキーカラーも、条件なし。
「18歳雨巳」も同様にラッキーカラーで遊び心(DNA鳳)が爆発した。
現在の「28歳木午」は、地味(DNA司)になり、やや生彩を欠いている。
今田の最大特長は、「宝」なのにラッキーカラーの水分が宿命に一滴もないこと。
ところが、仕事をしだすと、年干の「陽」が月干(宝)と日干(宝)と干合して、
水性天干一気(海・雨)になるので、ジワジワと先輩を差しおいて、
それなりの存在感を誇示できるようになること。
また、配偶者成分は年干「陽」だが、これを月干と奪い合うばかりか、
「宝+禄+卯月」は、異性の裏切りにあいやすいので、浮いた噂があまり聞こえてこない。
今年(宝巳)は、年干「陽」が干合されると「海」になるので、
久々に水を得た魚(宝が磨かれる)のようになり、
来年(海午)さ来年(雨未)のラッキーカラー年へと、上手につなげたいところだ。

田中については、5日付で解説をしたので詳細は省くが、
今年は律音(年の干支と日干支が同一)で人生の折り返し地点。
二人の関係は、田中の年干支(宝亥)を
今田の月干支(宝卯)と日干支(宝未)が「大半会」する、
とんでもなく田中の仕事運が伸びる(田中にとって)好都合な関係。
田中はココリコを解散して、永遠に今田のお世話になったほうが良さそうだ!
■読者メール→
「DNAから見た「計算された演技」や「実務家」といった性質は、
まさしく今田が集団の中で求められる(演じている)役割そのものですよね。
話を振られたアイドルが立ち往生していると、
必ず助ける振りして注目を集めますものね・・・」。
自己発揮です(笑)。
「日月年干(宝宝陽)が干合する条件は「仕事をする」以外にありますか?」
一人の異性をとりあう、ひとつの名誉をとりあうことですよ。
集中すれば、何でも出来ます♪

読者メール→
「互いに自分の芸風は守りながらも、
コンビとしてはうまくやっていくと言うことになるのでしょうか?」
宝石同士ですから、妙に張り合ってですがね(笑)。

読者メール→
「宿命内に干合するものを持っている人は、社会に出て何らかの仕事をしている人は干合し、
持っていても社会に出てない人は干合しない、と解釈してもいいのでしょうか?」
干合は異性を意味するばかりか、気が変わりやすいという意味もあります。
つまり、柔軟性がある人と解釈してください!
 
 
■2001年02月10日(木辰)
石田ゆり子椎名桔平とビールCM夫婦もどき
■妹・石田ひかり(陽辰)に先を越された石田ゆり子(69年10月3日/宝亥)が、
父親に反対されていた和太鼓集団「鼓童」の
内藤哲郎(畑酉)と破局し、
同じく
山本未来(畑酉)とぎくしゃくした椎名桔平(64年7月14日/木子)と、
(椎名が定宿にしている)
新宿の超高級ホテルでしばしばツーショットで目撃されているという。
二人はビールのCMで共演したのが縁といわれている。

石田は、DNA「貫」主導で、頑固。好き嫌いの差激しく、状況環境により変化する。
「貫+貫」は、用心深いあまり失敗する、懲りない人。
「貫+龍」は、短時間の和合無理。忍耐力強力で、口堅い。
「貫+調」は、恩知らず。
「貫+鳳」は、表面温厚中頑固で、SPEEDなし。
10年運初旬「2歳木戌」は、初旬特別条件付天冲殺で成功運型。
宿命に、堅実なイメージを付加させるも、年干支「畑酉」とは「干合支害」。
寅卯冲殺のわりには、親とトラブルを起こしやすい。
また、月支「酉」との「害」は、気持ちの揺れや立場の不安定さが一生つきまとう。
次旬「12歳草亥」も同様に、特別条件付天冲殺で、家庭的な問題で翻弄された時期。
「22歳陽子」は、宿命にない火性(原則結婚運ゼロ)があらわれ異性の洗礼を受けた時期。
現在はこの10年運と「32歳灯丑」への接運で運気が安定しづらい。
今年(宝巳)の石田は「納音」で、精神状況は変わらず現実のみを破壊する。
それが、条件なし天冲殺で遭遇した相手と天冲殺月にバレただけ。

椎名は、DNA「調」主導で、偏り激しい。まともな結婚生活には縁のない人。
「調+石」は、プライドなし。
「調+貫」は、恩知らず。
「調+玉」は、世間知らず。
「調+牽」は、内面気品も行動粗野。経済感覚なし。
10年運初旬「8歳海申」は、バブリー夏生まれのラッキーカラー。
次旬「18歳雨酉」も同様で、それなり。「28歳木戌」は、天冲殺10年運。
ここで、降って湧いたようにブレイクしたもの。
椎名の弱点は、月と日にある「害」。
物事のまとまりにかけ、同じ事を続けていくことができない。結婚しづらいタイプである。
山本との破局は、生年冲殺で同様に月と日の間に害をもつ同士で、
(干合ばかりか、共通干もあり)このうえない物であったが、
まだ売れると判断した事務所の横やりが入り、椎名も飽きてしまった。

石田と椎名には、大半会(石田の日干支・宝亥、椎名の月干支・宝未)があり、
ブレーキをかけるものは何もなし。
年干支同士(石田・畑酉、椎名・木辰)の干合支合は、あからさまな職場恋愛で、
実際には夏の「木」である椎名に、秋の「宝」で気が強い石田が
ぶらさがっているようなもので、さして絵になるものではない。
それでも、互いに「調」持ちで、グチをこぼすうちに親密になってしまったのだろうが、
お好きにどうぞだ!
■読者メール→
「これだけ頻繁に交際がマスコミに取り上げられると、宿命通りに動いているのは、
他人の意図によるのか、懲りずに失敗するヒトだからなのか判断に迷います」。
芸能人ほど、制約される職業はありません。
なので、かえって見本に取り上げやすいのです。
今回の場合、椎名は明らかに人気があると勘違いしているフシあり。
しかも、事務所ぐるみで・・・。 
だって、結婚したら人気が落ちるなんて、本気で心配してるんだもん。
相手を間違えなければ、プラスになるのに・・・。
一方の石田は、明らかに愚かな親の意向ありも、本人だけの問題です!
「姉妹の独立自体は正しかったのでしょうか?」
姉の条件なし天冲殺、妹の害がからんでいますから、全くダメです(笑)。

読者メール→
「結婚は、順番が良い。と本に書いてありますが、守れなかった石田姉妹は、
お姉さんがますます、縁遠くなってしまうのですか?」
出来てもレベルが落ちますよ。妹に対抗するあまり、どんどん時間ばかり経過していきます!

読者メール→
「どんなにいい相性でも、本人達がそれをわかってないと、うまくいかないのですね」。
聞きに来てくれればいいんですが(笑)。
「にしても、もうビールのCMがしらじらしく見えて、ヤだな(笑)。
それにしても椎名の「DNA「調」主導で、偏り激しい。まともな結婚生活には縁のない人」
を読むにつけ、悲しい気持ちになってしまいます。私も調主導でもう1つ調があり、
石2つ司1つの偏りよう。いろいろなDNA成分を持つ人よりも、
周りから見ると単純というか、わかりやすい人間に見えるものでしょうか?」
いいことじゃないですか。あるものを、自然と活かすことが大切ですよ♪

読者メール→
「あの2人のビールCM、いくら設定とはいえ、すごくいい雰囲気だなあと思っていた」。
ドラマでも『OVERTIME』(99年1月〜)、
『恋愛詐欺師』(99年10月〜)、
『永遠の仔』(2000年4月〜)と共演が続いてますからね。
天冲殺中に出逢った相手との関係はその後で壊れやすかったり、
問題が出てくると思うのですが、
(1)初対面は天冲殺以前だが、天冲殺中に接近、
(2)天冲殺中に初対面だが親しくならず、その後接近、
この両方共、天冲殺中の出逢いとみなされるのでしょうか?」
(1)は、天冲殺遭遇とは見なされませんが、
期間中に交際すれば、天冲殺現象に影響されます。
(2)も同様であり、永続的ではありません。
しかし、夢の中の出来事は楽しいですよ。
また、精神的なものだけに限定していれば、次元の高いものも形成されます。
でも、現実的な関係に持ち込んでしまえば、ブレーキをかけた途端にほころびが目立ち、
ロクなことは起きません。
「この2人は、友達的カップルに見えますが、結婚まで漕ぎ着ける可能性の方は?」
共通干支があり、害の関係でない限り、結婚は自由ですよ(笑)。
それが、商売として成り立つのであれば、永遠の関係などありませんからね。
面白いのは、スポンサーがこの二人を、
微妙な恋人関係から、夫婦にしてみたいなという意向を持つならば、ありです(笑)。
 
 
■2001年02月11日(草巳)
LOVEPSYCHEDELICO●上昇気流に乗るか
■音楽シーンは、求心力が衰えたビッグネームが引退するなかで、
本年の新しい兆候が見えてきた。
昨年デビューグループは、荒削りな印象が強かったが、
今年の流れ(ブレイク)はSPEEDばかりかクオリティの高い品性が加わっている。
昨年4月にシングルデビューし、TV露出やメーカープロモーションを
あまり行わない活動をしてきたが、
1月にリリースしたアルバムが、あれよあれよとミリオンを記録したのが、LOVEPSYCHEDELICO。

力強く表情豊かなボーカルのKUMI(76年4月11日/雨巳)は、DNA「鳳」主導の風流人。
冷静沈着でバランス感覚優れる。「鳳+鳳」は、肩肘張らない粘り強さ。
「鳳+玉」は、自分を棚上げしながらも、サメた目で世間を見る。
「鳳+司」は、個人主義で忍耐力あり。
「鳳+石」は、けっこう常識人。
10年運初旬「2歳宝卯」は、年干「陽」を干合させると、
月干支と同一の「海辰」になるため(律音)、成功運型。
天干が全て水性に変化して(年干・月干は海。日干は雨)、習得本能に集中力増す。
エネルギー286点の春の雨が、現在の「22歳畑丑」でSPEED(DNA車)を加速され、
時代整合性ある成功運に乗り際だっているのだ。

ギターの佐藤直樹(73年7月21日/山午)は、DNA「石」主導で、反撃ノロい。
人に差をつけず誤解を生みやすい。
「石+司」は、大器晩成。日常生活質素。
「石+石」は、集団の中の変わり者。
10年運「5歳山午」は、日干支「山午」と「律音」になるばかりか、
年干を干合させると「灯丑」になり、
これが月干支「畑未」と「納音的」(初旬のみ灯と畑は同格)になるため、
二つの成功条件が生まれ、通常人の3倍ほどの稼働力あり。
他には、「5歳山午」〜「45歳木寅」がターボ運(子丑冲殺の干支)で、
その後も自身の天冲殺10年運が控えるとあっては、
その気になれば、たとえバブリー夏生まれでも、相応の活躍が期待できる筈だ。
サザンと同じく、青山学院大学のサークル活動から生まれたグループは、
時代を象徴するがごとく、小回りのきく2人組みだが、前途は明るい!
■読者メール→
「ボーカルの鼻にかかったクールな歌声が耳からはなれず印象的でした」。
春の雨(川)は雪解け水で、ちょっと濁ってますからね(笑)。
でも、これを色っぽいと思うかも知れませんね♪

読者メール→
「もしや、恋人同士になってしまったりして」。
こういう音は男女の仲でなければ、作れません!

読者メール→
「HPでKUMIは「気の流れの良い曲を創りたい」と書いていたけど、
このコメントだけ見ても時代の流れに乗ってる感じがする・・・」。
それが全てですね。流れに乗れない人は最悪!
「KUMIの声はカサカサな感じなのに、伝わってくるのは、
鳳× 2で表現力が充分だし当然ですよね」。
やっぱり鳳のある人は、的確でしょう♪

読者メール→
「干合の組み合わせというのは、ハタから見ると、やはりお似合いに見えるものでしょうか?」
いやらしい感じかも(笑)。
「佐藤の年干支をKUMIが大半会するというのも、売れる要因ですよね?」
それが、ほとんどでしょう♪

読者メール→
「龍のある人だったら、幼少時の海外滞在でもちゃんとバイリンガルになれたのでしょうか?」
そのとおりです。クリア♪
 
 
■2001年02月12日(陽午)
釈由美子松岡昌宏と半同棲中
■グラドルタレントの釈由美子(78年6月12日/草巳)が、
TOKIOの
松岡昌宏(77年1月11日/山辰)と、目下同棲中との噂が流れている。

釈は、DNA「禄」主導で、生まれながらスター気取りの人。
「禄+司」は、自制心欠け先見の明なし。
「草巳」でもあり、その場の情に溺れやすい人。
「禄+禄」は、意外と頑固。
「禄+牽」は、行動力決断力は、あまりなし。
10年運初旬「2歳灯巳」は、遊び心(DNA鳳)を付加させただけで特別条件なし。
時代整合性ないバブリー夏生まれだが、
10年運「2歳灯巳」〜「32歳木寅」までが、ターボ運(子丑冲殺の干支で迫力あり)。
「22歳草卯」「32歳木寅」は、10年運天冲殺。
これだけで驚いてはいけない。エネルギー点数は324点とバケモノなみ(笑)。
さらに、宿命に水分ゼロで、理性なし。
条件なし天冲殺でブレイクした背景には、よけいなことを考えない動物的資質のため。

松岡は、DNA「司」主導で、意外と小心者のため一人では生きていけない人。
常に愛する対象がいないと気がすまない。
「司+牽」は、感動することより保身術優秀。集団の意向に従う。
「司+龍」は、用心深い。
「司+調」は、負けず嫌い。
10年運初旬「8歳海寅」は、引力本能が付加されたものの、特別条件なし。
地味で目立たない冬の山だが、「18歳雨卯」は、日干支「山辰」と「干合支害」して、
本来の堅実さが損なわれ、真面目にやろうとすれば裏切られ、
極まれば正反対の遊び人になる時。
しかも、干合後の日干「陽」と年干「陽」が、
月干「宝」(異性成分)と干合すれば(実は誰かの恋人・愛人を意味する)、
天干一気(海・雨)となり集中力増すもの。
これに、279点という存在感(不器用だが・・・)があるので、

元々共通干(釈の年干も月干も山)もあり、
釈が昨年(鉄辰)の干合で、コロッとハマったのだろう。
「山」の松岡は遊びの年だしね。「害」の10年運であり、
今後どうこうという関係ではないようだ!
■読者メール→
「バラエティーの大ボケ振りは、計算ずくの自我もなく、
宿命水分ゼロで本物なのでしょうか?」
芸能の草巳だし、そのとおりです!
「あまりに大ボケで近寄りがたい印象が固まってきたので、
この辺りで浮いた噂の一つが流れるのは、いいカンフル剤となりえますか?」
事務所社長の愛人という噂よりマシですが、稼ぐようになったんで、
天冲殺明け2年目で、自由恋愛が(事務所から)許可されたんでしょう(笑)。

読者メール→
「ただの10年運害より、干合支害の10年運害のほうが、
同じ害でも余計に感覚のアンテナが狂うのでしょうか。
まじめに恋愛出来ない時期は、裏切られるの覚悟で恋愛するか、
遊びとして割り切って恋愛するしかないのでしょうか」。
この技術を本人が知る訳ないのですが、実際にはそのとおりですが、
相手を間違えるのは変わりないです。
釈は信じられないほどファンがいるので、襲撃されないことを祈るばかり・・・。

読者メール→
「したたかさ1の釈ですが個性はよくも悪くも光っていると思います。
このようなタイプの女性が子供を持つとどーなってしまうのでしょうか?」
理性なしですから、情と自分の都合ばかりになるか、
草巳の特性として配偶者または親まかせで、
何も世話をしない(愛情を感じない)ようになります(嘆)。

読者メール→
「二人は去年ドラマ共演がきっかけで付き合い始めたのですね。
職場恋愛をしやすい宿命は、確か年干支で判断できるんでしたっけ?
具体的にどうみればいいんですか?」
干合する成分が年支の中にある場合です。松岡はありますよ。

読者メール→
「草巳は「色事師」ですもんね。でも「Hのうまい〜」のDNA分析みると、
Hの手法は「禄+牽」で「言われたことだけしかできない、究極のどんかんウスノロ。」だし、
あまり期待できないですよね? それともこれって女性には適用できないんでしょうか?」
出来ますよ。でも、言われた事は出来るんだから(笑)。
「10年運はまだまだターボ運ですが、グラドルだけじゃ長続きしないだろうし、
バラエティも今は若いから、あのボケキャラがかわいいとウケるけれど、
今後はどうするのでしょうね」。
配偶者成分はあるし、とりあえず結婚で一度逃げるんでしょうね。

読者メール→
「うーん、芸能界ではお約束の・・・・をして、ここまでのしあがってきたのね。
でもそれも苦でもなさそうだな」。
本人がよけりゃソレでいいんですが、こういう人のファンになるオトコは情けない!
 
 
■2001年02月13日(灯未)
島崎和歌子●6年ぶりドラマの本気度合
■金9『ビックウィング』で、やたら元気さを振りまいているのが、
島崎和歌子(73年3月2日/灯酉)。ドラマでは、明るくて彼氏を探しまくりよく喋る、
まるでバラエティでの彼女の役回りと何ら変わりない(笑)。実際この人はどんなだろう。

島崎は、DNA「玉」主導で、生き方の修正ができない人。
「玉+鳳」は、一見柔らかいイメージも、自分を棚上げして他人をあれこれ言う。
「玉+禄」は、追従上手で逃げヘタ。
「玉+車」は、考えたとおりに行動する、わかりやすい人。
「玉+玉」は、無理をしない人。
「灯+玉+寅月」は、幸運と災いが同居する。

10年運初旬「1歳草卯」は、特別条件なしも、「玉」主導で、
生地から離れがたい人に「龍」の成分を付加した。
以降「81歳雨亥」迄、ほぼ一生がターボ運(子丑冲殺の干支)で、
エネルギー196点を大きく後押ししている。
「11歳陽辰」「21歳灯巳」が、10年運天冲殺で、生地を離れることで、
次元が変わり伸びが期待できる時期。

高知県出身、バリバリのアイドルとしてデビューするも、
ほどなくバラエティに活動の場を移し現在に至るが、
怖い者知らずで無鉄砲の人情家「灯酉」そのまんまの人。
本年(宝巳)は、ラッキーカラー条件なし天冲殺。
波にのっているのだから、ドラマ出演くらいで喜んでいてはいけないのだ!
■読者メール→
「石田ひかり(陽辰)主演の大林映画『ふたり』で、
高校の演劇部の先輩でいじめ役をやっていました。
嫌がらせの末に無理やり舞台の主役をゲットするという絵に描いたような敵役を、
気負わずこなしていました」。
子丑冲殺をイジメるなんて度胸あるねえ(笑)。
陽転していない子丑ほど、若い時イジメの対象になりやすいですからネ!
「玉+鳳だと、ブタもおだてりゃ木に登る的なところが在るのでしょうか?」
灯酉ですからよけいですね!

読者メール→
「この人がドラマに出るなんて、天冲殺ってほんとうすごいですね。
でも、条件なしの天冲殺って、どういうことなんですか?」
条件あり(生年・生月・生年生月)の天冲殺の人は極端にいえば、
天冲殺の時でないと運が上昇しません。
条件なしの場合は、運が上がる場合と下がる場合極端です。
ただし、上がりも下がりもそれなりのSPEEDを持つ条件ありに比べ、
条件なしは、明けてしまっても、その体制を維持しようとするならば、
絶対にブレーキをかけてはならないのです。

読者メール→
「ラッキーカラー条件なし天冲殺で、恋のウワサとかありってことなんでしょうか?」
灯→宝は、愛情・奉仕です。無意識に人に親切にする気持ちがあれば入りますが、
ガツガツとしていれば逃げていきますよ(笑)。

読者メール→
「結婚したいを、全面に押し出しすぎ」。
それじゃあ、逃げていきます!

読者メール→
「天冲殺の賢い乗りきり方は何ですか?」
言われるがまま、仕事のみに専念する!

読者メール→
「2年前のRiskyという企画は一体何だったのでしょうか?」
畑卯年は、表現力の破壊です。いったん、イメージを壊したかったのですよ。
だからこそ、今があるのですね♪

読者メール→
「バラエティではすっかり男っ気のないお局キャラにされてるけれど、
良く見るとカワイイですよね。彼女が結婚するには、
やはり来年の干合年を使うのが最適なのでしょうか?」
しかし、それが天冲殺遭遇ではいけないのです。
天冲殺遭遇なら、その間に終結させ引退でもしないと保ちません。
どれだけ、事務所が来年気分転換させることが出来るかです。
「彼女のような単純明快な人ほど、間違った相手と結婚しちゃいそうですよね」。
それは、宿命に本物の異性成分(海)がないからですヨ。
雨では、DNA車で彼女の稼ぎをあてにするような相手になりやすいです。
「灯にしては体格良いような気もしますが・・・」。
燃料の木性が多いからであり、けっしてマイナスには見えませんよ(笑)。
 
 
■2001年02月14日(山申)
黒谷友香●梅酒よりサラリが心配の種
■金9『ビックウィング』で、グランドアテンドを演じる黒谷友香(75年12月11日/宝卯)は、
大阪府堺市出身。95年(草亥)映画『BOXER JOE』でデビュー。
97年(灯丑)『渇きの街』で主演するも、もっとも知られた仕事と言えば、
96年(陽子=干合)10月(山戌=ラッキーカラー支合)に始まった、
『さらりとした梅酒』のCMだろう。
商品イメージと見事に合致したこのCMは、
バージョン変えながら5年も続き、彼女を語るにはかかせないものと言えよう。

黒谷は、DNA「鳳」主導で、偏りのない中庸精神。人情的でも、思うだけで実行できない人。
「鳳+禄」は、お人好し。禄は3コもあり、徹底的に愛想をふりまく。
八方美人タイプながら、冬の宝のため邪気は、感じられない。
「鳳+玉」は、自分のことに触れられるのを極度に嫌う。

10年運初旬「9歳畑丑」は、ラッキーカラー10年運ながら特別条件なし。
エネルギー135点と弱い冬の「宝」は、
月干に「山」という強力なラッキーカラーを所有するため、
大きく躓かないが、とりたてたウリはなし。
まさに、クセのない「さらりとした梅酒」のイメージ。

「宝+鳳+子月」は常識的な普通人で、本来は主婦に向くが、
黒谷は宿命に火性ゼロで、配偶者成分なし。
名誉運もないので、大きく仕事で注目されることもなく、この先どうしていくのだろうか。
ちょっと心配だ!
■読者メール→
「某出版社のHPで読書日記を連載したり、
出没スポットが神田・神保町の本屋であったりと意外な(?)趣味もあるのですね。
(彼女の解説自体は稚拙ではありましたが・・・。)」
冬の宝のラッキーカラーは、学びを意味する山・畑ですからね。
「松本明子が番組企画でここの梅酒会社の社長に自分を使ってくれと
直談判してCMをゲットできたことのように、売り上げが上がっていることに加え、
スタッフに対しても八方美人しているお陰で、
CMのロングランが続いているのではないかと考えてしまいました」。
プライドないからねえ。何でもできますよ!
「梅酒の仕事で、商品イメージが先行して、
黒谷本人が見えてこないところは冬の宝らしいですね」。
でも、ホントはスゴいですからね!

読者メール→
「配偶者成分のない人が、結婚という道を選んだ場合、
社会的関わりを絶つことで結婚生活が上手く行くことができるのでしょうか?」
陰の干の人は、異性成分がDNA牽となりますから、役目役割です。
結婚生活にも仕事にも両方に、役目を果たすことはできませんからね。
「逆に配偶者成分が過多の場合、結婚が数回になったり、
浮気しやすくなるものでしょうか?」
それが自然なのですから、是正するには、失敗した人と一緒になるしかありません!

読者メール→
「配偶者成分ゼロってことは、この先どうしたらいいのですか?」
自分と同じようにゼロの人を探せばいいのです。
ただし、共通干支は必要です!

読者メール→
「スレンダーな身体でないといけないのは、宝の人だけなのですか?」
石を磨きぬいてはじめて本当の宝石になりますね。
だから、価値のある宝は、よけいな肉がとれていくのですよ。
雨だって、最初は湧き水ですが、海に流れ込むときは大河になりますね。
山ほどじゃありませんがね!

読者メール→
「宝の顔の特徴ってあるのでしょうか?」
特別意識と品性ですよ。これに、そのDNA成分が加わるのです。
なので、海生まれとされる人でも、顔をみただけで、午前4時生まれとわかるんですよ。
例)和久井映見の海戌→宝酉。

読者メール→「さすがにこのエネルギー点数で芸能界はつらそうですね」。
昔の可愛いだけのアイドルなら充分通用しましたが、
今は強い女性の時代ですからね。
「害年に受ける身体のダメージはエネルギー点数が低いほど大きいものでしょうか?」
原則はそうですが、低くて組織に管理されていれば影響は少ないです。

読者メール→
「結婚する場合、陽灯の年まで待つしかないのでしょうか?
再来年は月干が干合して、陽になるけれど、天冲殺ですよね?」
陽の年より、自分の成分のなかで変化したほうが、近くにあるので結婚しやすいです。
別に天冲殺だろうと、潔く仕事に見切りをつければいいです!
「彼女の月干支(山子)は私の年干支(山申)を大半会します!
例えば私と同い年の男性が彼女のファンで会社のデスクに写真を飾ってたりなどしたら、
やはり仕事にやる気出たりするのでしょうか?」
もちろん実際に交際しないと意味がないのですが、
ファンになるならこういう人のファンになったほうがいいですね♪
 
 
■2001年02月15日(畑酉)
葉月里緒奈●休業状態から引退か
■昨年3月に終わったフジTV系ドラマ『モナリザの微笑』以来、
仕事らしい仕事をせず、一時は危篤説まで流れた
葉月里緒菜(75年7月11日/山午)が、
現在精神に異常をきたし療養中だという。

葉月は、DNA「玉」主導で、環境を変化させられない人。
「玉+牽」は、用心深い冒険心。DNA配列左4玉+左5牽は、品性溢れる美形の象徴。
「玉+司」は、生活のための知恵。
「玉+石」は、理論理屈の人。

10年運初旬「9歳木申」は、行動力こそ付加されたものの、特別条件なし。
DNA「龍」皆無の、不器用な「山」が、父親の仕事のためとはいえ、
11歳(87年=灯卯のダメージ年)から6年間もの間、海外生活を経験したことが、
独立心旺盛な子丑冲殺を屈折させたに違いない。

94年(木戌)の行動力の年でデビューするも、
異性の成分(雨)が、すぐそばの月干にあるため、度々問題を起こしたのは記憶に新しい。
95年(草亥)の、真田広之(雨酉)との泥々した関係は、
相手の条件なし天冲殺に始まり、自身の天冲殺で相手を離婚させるという
決定的な事件に発展させてしまったが、
もとより子丑冲殺が年上と交際することじたいが、おかしなことで身から出た錆。
流れに乗っていなければいけない天冲殺で、
2本(SADA、不夜城)も仕事を降板してしまえば、評価は落ちてゆく。

葉月の宿命の最大特長は、金性ゼロ。DNA「鳳・調」なしは、表現力の偏り。
これが、不必要な発言をしたり、言葉たらずになる要因なのだ。
本来、「山」の中に鉄も宝もない、中身のない薄っぺらな人だが、
昨年(鉄辰)と今年(宝巳)は、突如ある筈のない金性が出現し、動きが鈍くなってしまった。
鳳の陰転は、ダラけて仕事に身が入らず、
調の陰転は、グチばかりで体調不安になるのだから、
精神的な疾患で入院したのは、当然のこと。

考えようでは、これでやっと不自然な生き方の清算が終了したことになるのだ。
「山+玉+未月」は、陰湿でグチっぽく、大器晩成。
ただ、どちらかというと主役を張るより、脇へまわって強いタイプ。
「卯」年生まれ「山午」は、落ちて上昇するのだから、
今回の休養がプラスにでて、来年(海午)さ来年(雨未)の
ラッキーカラー年で復活する可能性もあるが、
「玉」主導は懲りない人だから、
またダメな年上オトコをつかまえ結婚してしまうかも知れない(笑)。
年下に縁のある子丑冲殺が、宿命に年下を示す金性がないため、
間違いやすいのは可哀想だが、逃げ隠れしたあげく、
父親が「そっとして欲しい」という親バカぶりでは、この人の復活は険しい道のりだ!
■読者メール→
「山なのにやせすぎてて、羨ましいような、貧相なような・・・。
龍が無い山の海外生活は父親の仕事のせいなら不可抗力だけど、
うまくいく人は子供でも日本で一人で暮らしたり、
親戚に預けられたりして宿命に合う生き方になるのかなと思いました」。
バブリー夏生まれだから、未だに帰国子女がブランドになると勘違いしているのですよ。

読者メール→
「自分の成分に足らないものが巡ってくると、
悪い方向にものごとが出てしまうのでしょうか?」
ラッキーカラーかダメージカラーで判定します。
夏山のラッキーカラーは、木性か水性です。
水性はともかく木性に金性は天敵ですね。
となると、この場合はダメージカラーです!

読者メール→
「本来にない成分が来て、陰転した場合にそれを良い方に活用する術はありますか?」
ない表現力がでてくるのですから、私生活では絶好の妊娠・出産の時期。
仕事なら、今まで挑戦できなかった方法で乗り切るのです。

読者メール→
「品性溢れる美形のはずなのに、下品で性格の悪さを感じます。
ここまで宿命を活かしきっていない生き方をしてるだけでも
精神に異常をきたして当然ですよね」。
同じ宿命を与えられても、活かし方次第です。
山の人はジックリ育てなければならないのに、親の犠牲になってしまいましたね。
「中身の薄っぺらさに厚みがつくという、よい方向には流れないものなのでしょうか?」
10年運キーワード牽なのに、自己の役目役割を果たしていないからです。
なまじ美貌があるために、チヤホヤされて子丑冲殺に必要な苦痛を味わっていません。
その意味では、これを苦痛とすれば、活躍の場を変えて蘇生できることは可能です。
何もこれで人生が終わったわけではありません!

読者メール→
「山なのにTVで見てもあの細さ。やはり金性=鉱物のないせいでしょうか?」
痩せているのが、格好いいと勘違いしているから、
せっかく成分にないものがでても、
中に入らず地表に転がったままになっています。
だから、表面の植物がやられてしまうのですヨ。
受け入れ体制のない人にありがちですね! 
 
 
■2001年02月16日(鉄戌)
キタキマユ●木10カバチタレ楽しく聴こうよ
■視聴率トップは月9『HERO』譲るものの、SPEED感と内容の充実度では、
木10『カバチタレ!』のほうが、はるかに上だろう。
その主題歌は、ノスタルジックでキュートな80年代風で、
予定調和的な売れ線路線とは一線をひく異色な楽曲。
80年(鉄申)に岡崎由紀でリリースされた
『ドゥ・ユー・リメンバー・ミー』(安井かずみ・作詞/加藤和彦・作曲)は、
その頃まだこの世に生を受けていない
キタキマユ(82年8月24日/畑卯)という歌い手により見事に甦った。

キタキは、DNA「調」主導で、偏り激しく人嫌い。他人と同じでは気がすまない人。
「調+車」は、ハイテンションで、常に何かに攻撃精神を発揮していないとすまない。
「調+石」は、自尊心強いも、格好は気にせず。
「調+司」は、負けず嫌い。

10年運初旬「5歳灯未」は、改良改革精神を付加させるラッキーカラー。
年干「海」を干合させれば、年干支は「木戌」に変化し、
生月冲殺もあり流れに乗れば成功条件。
さらに、変化した「木」が、日干(畑)と二重干合すれば、
年干は「山」となり、月干(山)も土性なので、土性の天干一気が完成。
引力本能が強くなり、集中力抜群目上剋しの下剋上運型。
現在の10年運「15歳陽午」は、ラッキーカラー。
茨城県生まれ、「劇団ひまわり」の秘蔵っ子である事以外はプロフィールは不明。
ここ数年不振をかこう「畑」だが、「畑卯」は動乱期に強い開拓精神の持ち主。
なんとか流れにのってほしいものだ!
■読者メール→
「気になってたので取り上げられて嬉しいです。
フリッパーズギターっぽいと思ってたのに、もっと昔の曲だったんですね。
このところずっと耳についてます」。
じゃあ、買ってあげてください(笑)。
「畑の人はずっと大変そうだけど、彼女は条件が沢山あるし頑張ってほしいです。
同じ害が明けたものとしても・・・ドラマも好きで見てますが、あの勢いがある内容と、
ちょっとほのぼのした感じの曲が逆にあってて良いですよね。
ヒーローも見てて内容は好きですが、あの主題歌が、どーも嫌で・・・」。
HERO唯一の汚点が、あれ。こちらに変えて欲しかった。
でも、『カバチタレ』の方が内容はいいよ!

読者メール→
「今回のタイアップはものすごい飛躍のチャンスだと思うのですが、
年運ダメージカラー続きの真っ只中にこういう幸運を掴めたのはなぜでしょう?」
それが、動乱期に強い畑卯の若さですよ。どんなに辛い時期でも、頑張れる人はいます!
「ひまわり出身なのに女優でなく歌手ってのも、ちょっと不思議・・・」。
そのほうが、劇団として研究生を集客しやすいからですよ♪
 
 
■2001年02月17日(宝亥)
宇田麻衣子●10年運害復活婚という負の選択
■CX系『プロ野球ニュース』月・火を担当する宇田麻衣子(74年9月9日/雨丑)アナが、
笹川陽平・日本財団理事長/全国モーターボート連合会名誉顧問の2男で、
三菱商事勤務の笹川順平(25)と、9月末に結婚することがわかった。
二人は、慶大の同級生で同じゼミに所属。
学生時代からの交際が、いったん途絶えるも再び交際をスタートさせ、
この1月に結納し年内の結婚が決まったもの。

相手が海外勤務(ペルーのリマ)のため退社希望だという宇田は、
DNA「龍」主導で、海外大好きの放浪者(笑)。
本質が環境により変化するも、ひとつのことを長く続けていると飽きてしまう。
「龍+牽」は、芸術志向。
「龍+調」は、向上心と不平不満が同居する。
「龍+貫」は、口堅く質素。
「雨+龍+酉月」は、他人とは脳波のサイクルが違う人。

10年運初旬「1歳海申」は、協調性を身につけるも、特別条件なし。
生年冲殺という仕事に生きれば、伸びる要素もあり。
「11歳宝未」のDNA「龍」の10年運は、親の仕事の影響で海外生活を経験ずみ。
本来、宇田は生日冲殺・互換冲殺のため、結婚には不向き。
これをクリアするには、海外生活などが望まれるが、10年運「21歳鉄午」は、「害」。
DNA「玉」のキーワードは、所属組織や過去。
本来は力があるのに、あまり表だった起用をされずとも、
イザ退社しようとすればブレーキはかかるし、結婚しても風通しの悪い家庭が完成し、
この10年運を抜ければ、確実に後悔をする。

本年(宝巳)の「雨」日生まれのキーワードは、改良改革。
仕事をヤメたい気持ちもわからぬではないが、
一度別れた(しかも、学生時代という不完全な運の状態で出逢った)オトコとヨリを戻しても、
成長はないゾ!
■読者メール→
「生年冲殺が専業主婦となった場合、家事を全うすることで、
役目役割を充分果たすことにはなり得ますか?」
生年冲殺だけなら、それも良いでしょう。
「とりあえず、夫のところ(外国)に行けばしばらくは持ちそうだけど、
ちょうど日本に帰ってきた辺りで10年運も抜けて、後は・・・」。
浦島太郎状態で、仕事に復帰しようと考えても受け入れ先はありません。
生年冲殺の人が、自らの意志で(少なからず他人に迷惑をかけ)退職した場合は、
伸びをとめてしまうのです。
よほどの覚悟がないと、生年冲殺は転職や独立は成功しませんから、
流れを読まないといけません!

読者メール→
「害の時には自分が試されるようなことになる、という典型のような気がします。
改良改革での退職、相手が海外勤務であることなど、
一見良いことのように思えてしまうのでしょうが、
仕事辞めなくてすむ相手だとしたら、果たして結婚などしていたのか」。
それと同僚アナが人身事故を起こしたクルマに乗っていて
あらぬ疑いをかけられたことも影をおとしていますね!

読者メール→
「『ウオッ!チャ』で宇田アナがみんなから祝福されていた時、
菊間(草未)アナに「お先に失礼します」と言っていたのはビックリでした」。
DNA牽冲殺ですから、他人の名誉を傷つけるばかりか、
自分も悪いタネをまいて、恨まれやすいのです。
菊間は表裏あり(子年未日生まれ)で、内心殺してやると思ったでしょうが、
これも条件なし天冲殺現象です!

読者メール→
「10年運の3旬目で害とかになっちゃうと、大変ですね」。
この時期に自然界から試されるのは、親の結婚が祝福されなかったのでしょう。
因縁を消すには、3〜5代はかかります。
「脳波のサイクルが違うってどういうことだろう」。
その時代の常識を簡単にうち破ることが出来るということで、
後ろ足で砂をかける行為も自己都合でやってしまうのです!

読者メール→
「生日冲殺、互換冲殺の人は、結婚は不向きだと書いてありますが、
海外での暮らしや外人と暮らせば結婚してもうまくいくのでしょうか?」
同じように生日冲殺や互換冲殺を持っている人ならば、ヘンも日常になりますね。
また、海外生活は、戻ったとたんにおかしくなります。
「主婦になるのではなく、働いている方が家庭円満になるのでしょうか?」
夫婦の目的はひとつですから、相手も仕事をもっていれば、どんどんおかしくなります。
主夫を持つことが、良いですね♪
 
 
■2001年02月18日(海子)
荒瀬詩織●笑える大学院進学という退社理由
■CX系『プロ野球ニュース』水・木・金を担当する荒瀬詩織(75年11月10日/鉄申)アナが、
「大学院で国語学を学びたい」という理由で、近く退職願を提出するという。

荒瀬は、徳島県出身で、お茶の水女子大学卒業後、98年(山寅)4月にフジTV入社。
DNA「禄」主導は、自己顕示欲強く、ただのワガママ。
「禄+司」は、自制心欠け先見の明なし(笑)。
「禄+龍」は、視野狭い。
「禄+牽」は、実務家で華なし。
「鉄+禄+亥月」は、気分屋。

10年運初旬「9歳山子」は、初旬10年運天冲殺で一応成功条件も、
ダメージカラーばかりか、10年運の稼働遅く自己発揮しているとは言い難い。
現在の10年運「19歳畑丑」も同様で、ひとつの流れに入るという意もあるが、
埃でボロボロになっている。

また、強い筈の子丑冲殺が、家族会議を開き大学院へ入学するという話しも、
運の流れに逆行するもので、世間をナメているとしか言いようがない。
ならば、条件なしラッキーカラー天冲殺(97年灯丑)中に就職活動などせず、
静かに勉強でもしていれば良いのだ。
ダメな人ほど、目的もなく「勉強します」と、軽々しく言ってのけるのだから呆れてしまう。

現在の10年運がDNA玉(学問・故郷・親などに翻弄される)なので、わかりやすいとはいえ、
さすが害持ち(亥月申日生まれで、DNA牽の害)で、役目役割を全うできなかったようだ。
「卯」年生まれ「鉄申」は、もめ事苦手。
動乱の時代で闘うことの出来ない甘い鉄は、勝手に埋もれるべき。
『プロ野球ニュース』も、この3月で幕をひくというし、
大橋・宇田に続き、ヤル気のない人に慰留は不要。
とっとと脱落させてしまえばいいのだ!
■読者メール→
「お堅い『役人の星』が、女子アナの下積み仕事で、
ブチ切れたところでしょうか? なんか不自然なノリで無理してたみたいだし・・・。
このコース(履歴)に乗っている人って、変なプライドがあり、
ダメエリート面(ヅラ)男子と同類ですよね」。
鉄はたたかれてたたかれてこそ、本物になるのですが、
ラッキーカラー灯が害関係の亥の上に乗っているから、おかしな方向にゆくのです!
「成人しているのに親が関わってくるのも異常。一族の期待の星なのでしょうか?(笑)」。
親の場(年干)と干合しているからですよ。
「このダメな流れに対して、フジテレビとしてとるべき対策はありますか?」
腐ったリンゴは早く取り去るだけです!
「害持ちが、役目役割を全うするための注意事項を教えてください」。
何があっても仕事を優先し、家族に口出しをさせない。
また、結果を気にせず、立場を気にせず、
ひたすら世のため人のために生きていけば、結果は、向こうからやってきます。
「疲れたときはこれがいちばん! と指圧(マッサージ)にはまっていたらしいけど、
まったく逆効果だから、心身共ヘトヘトに疲れたでしょうね」。
温泉いけばよかったのにね(笑)。

読者メール→
「女子アナに向いていなかったということなのでしょうか?」
10年運の稼働条件もなく、エネルギー点数が低いので、
雇う側がただ履歴にダマされたのですね。
「退職後、大学院で国語学を学ぶと言う事ですが、その後はどうするんだろう?
これも、先見の明なしであまり先の事は考えてないのかも」。
転職ならバッシングもあるだろうけれど、
勉強なら許されるだろうという姑息な知恵(10年運キーワード)ですね。後悔します!

読者メール→
「アナウンサ−やってて、国語力がないことで、自信がなくなったのでしょうか?」
もともと表現力や伝達力(鳳)は、鉄にとってダメージカラーです。
それは、勉強して補えるものではありませんね!

読者メール→
「大学に本気で残る道を選ぶ人はどんな人ですか?」
DNA玉を所有する人、出来れば主導すること。
なおかつ、申酉・午未・寅卯の天冲殺に所属することになります。

読者メール→
「お目付役の福井謙二アナ(海戌)はお咎め無しなんでしょうか?」
10年運ラッキーカラー対冲ですから、安全圏でしょうね。
ただし、今年は指導(玉)に縁がありますし、とやかく言われるのは覚悟でしょう。

読者メール→「『女子アナ』なんてドラマやってる最中に、
こうも退社が相次ぐなんて皮肉なことですね」。
話題になれば、何でもあり(笑)。
 
 
■2001年02月19日(雨丑)
田中要次●月9HERO寡黙なバーテンダーの素顔
■月9『HERO』でキムタク演じる久利生検事の行きつけの店のバーテンダー・サブ役。
寡黙なキャラだが、久利生につられて通販を気にしはじめたり、
型破りなオーダーに「あるよ」といって作っちゃう
いかついオトコの正体は、
田中要次(63年8月8日/雨未)。

役者になる前はJRの職員だったそうだが、
役者歴10年なにごとも時間のかかる「雨」らしく、
この世界に入っても、最初は照明助手や大道具の助手といった下積みがながく、
人のすすめで役者になった変わり者とか。

田中は、DNA「牽」冲殺主導で、ヘンなプライドにこだわる人。
なるほど、無理難題なリクエストにこたえてしまうわけだ(笑)。
「牽+鳳」は、温厚誠実も理論理屈に流されやすいお天気屋。
「牽+貫」は、目的遂行のために雑な手段。
「牽+禄」は、社会常識ありも決断力鈍い。
「牽+玉」は、伝統を重んじながらも、改良改革の気風あり。
「雨+牽+申月」は、目的発見しても観察時間長いが、その気になれば行動する。

10年運「1歳畑未」は、宿命にない闘争心付加されるものの特別条件なし。
ただし、その気になれば恐い生月冲殺に、
初旬から「51歳木寅」まではターボ運(子丑冲殺の干支がめぐる10年運)で、
エネルギー198点に迫力が加わる。
現在「31歳陽辰」は、ラッキーカラー10年運で、マジメさが強調される。

「卯」年生まれ「雨未」は、相場師的要素。
イザとなったら、開き直りを見せる。
空前の視聴率を更新するドラマもソロソロ終盤にはいるが、
これから彼が意外な面を見せてくれるのではないかと、楽しみだ!
■読者メール→
「あぅ〜、気になるヒトをこのコラムで取り上げられると嬉しくなるのですが、
今日は、何時にも増して幸せな気分です♪。
ツボに入りました〜。このヒトは、スゴク気になっていました・・・。
これまでの出演作はピンク映画が多いけど、
ラッキーカラー10年運のマジメさが効いてきたのか、
数年前からはイイ仕事してますねェ〜。
NTTの「光ケーブル」のCMなんか好感度アップって感じ。
『HERO』って結局、木村以外のヒトのパワーで突っ走っているのですね・・・。
これだけノっている個性派を揃えているのだから、空前の視聴率とるのも納得できるナ」。
雨は時間がかかるのですが、あの主題歌だけは、どうにかならないかネ。汚点だよ(笑)。

読者メール→
「チョイ役も多いが50本以上の映画出演歴は凄い!
決して芝居が巧い人ではなくとも『HERO』人気で注目されるとは、
ラッキーカラー10年運恐るべしですね。
殆ど台詞のない役しか見ていなかったので、
ネット検索で『サントリーDAKARA小便小僧の声』なる仕事を発見して驚きマシタ」。
「卯」年生まれ「雨未」は、勝負師。やる時はやるんですよ!
とは言っても個人的に付き合うにはリスクが、ありすぎるのが、雨生まれ。
時間がかかるからと言って指をくわえて見ているだけでは、ダメだ!
しかし、彼は独身なのか、ちょっと気になる!
 
 
■2001年02月20日(木寅)
加瀬亮●迷宮の森という魔物
■KDDIのCMで豊川悦司(*草巳)に
「チャックが開いているよ、お前だよ、お前」と目配せされて、
それが好意の印と赤くなるあのベルボーイ役。
サントリーのマグナムドライでは、チャールズ・ブロンソン役の男性に助けを求めて走る、
弱そうな七三わけの青年を演じているのが、
加瀬亮(74年11月9日/木寅)。

加瀬は、DNA「貫」主導で、状況環境により変化。
敵が多いほど、頑固一徹。攻撃受けたら全部はね返す人。
「貫+禄」は、計算された自我と演技。ようは、ひねくれ者。
「貫+貫」は、用心深い懲りない人。
「貫+石」は、周囲に溶け込めない変わり者で、自己の利益のみ追求する。
「木+貫+亥月」は、子丑冲殺でも、自尊心強く泥んこになれず、補佐役の器。

10年運初旬「9歳陽子」は、初旬10年運天冲殺のため、成功運型。
遅咲きなので、現在の2旬「19歳灯丑」も同様で、
一度飛びこんだ世界で流れにのっているのが正しい。
「寅」年生まれ「木寅」は、他力運。
木性らしく一人ではさまにならずCMでさえも、
他人をうまく利用して今回のような注目を浴びることになる。

加瀬の宿命の特長は、寅年寅日生まれで表も裏も一緒。
エネルギー276点のパワーばかりか、天干が木・草・木で、全て木性のため天干一気。
地支は、寅・亥・寅で、寅と亥の支合(亥にも木があり)を加味すれば、
同様に木性の地支一気。ようするに、安心させておいて、周囲を飲み込む森のようなもの。
うっかり、迷い込んだら最後、生還するのは至難の業。
これじゃあ害関係のトヨエツも喰われてしまうわけだ。
また、体内成分には一切金性(稼働力・SPEED・名誉など)がなく、本来は仕事運ゼロ。
それが、去年(鉄辰)と今年(宝巳)の金性のパワーで、一気に動かされたもの。
プライドもないから、少々恥ずかしい役でもこなせる(爆)。
こういう人の害は、根っこが腐るのだが、がっしりとした木なので、体調を崩すくらいかも。
浅野忠信(灯卯)と同じ事務所で、映画中心の仕事のようだが、
目がはなせない気持ち悪い人だ!
■読者メール(木申)→
「ものすごく偏った宿命成分だけど、仕事運ゼロとなると
今後の彼は何をして生きていくのが最善なのでしょうか?」
防風林を考えてください。存在するだけで意義があるのです。
一般の会社組織だと、庶務的な仕事ですが、
これにより大きく注目されることはありません。あくまでも有事の備えですからね(笑)。
「それにしても結局は、事務所の社長(浅野忠信の実父)の
パワーがスゴイということでしょうか?」
そのように想定されます。

読者メール→
「天干一気かつ地支一気だから、年上の共演者の影が薄くなっていますね。
補佐役の宿命をもつのに主役を食ってしまう、こわーい人ですか?」
なので、一時的じゃないと困りますね。

読者メール→
「彼みたいに、天干一気+地支一気のような強い人を、
結婚相手に選ぶのは危険でしょうか?」
相手になるには、主体性を持ってはいけませんが、
このオトコにも主体性がないのですから、けっきょくは、飲み込まれてしまうだけです。
深い森(樹海)には、大海原とおなじような恐ろしさがあります。

読者メール→
「こういう人が幸せな結婚をするにはどのような相手を選ぶべきでしょうか?」
双方幸福というのは、あまりないです。
木性の一気格には、木性をもってくればいいでしょう!
 
 
■2001年02月21日(草卯)
藤崎奈々子●悲劇の源は田村淳
■ひと頃はCMにバラエティに大活躍で、ドラマでも重要な役をあたえられていた
藤崎奈々子(※77年12月18日/畑酉)が、絶不調だ。
金9『ビッグ・ウイング』でも、せいぜい1カット登場するかしないかの、
どうでもいい扱いなら、でないほうがマシ。
なまじ、名前が知られているだけに、惨めさをとおりこして哀れさをさそう。

藤崎は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強く、
行動はすべて自分をみとめさせたいが一心のもの。
「禄+調」は、ユニークな発想。
「禄+龍」は、仕事より恋愛優先で、視野がせまい。
「禄+鳳」は、お人好し。
「禄+司」は、自制心かけ現実にとらわれ先見の明なし。

10年運初旬「6歳雨丑」は、
強い(年支巳+日支酉で三合会局のため)引力本能が付加されるが、特別条件なし。
「16歳木寅」で、ラッキーカラー的10年運天冲殺にはいったため、急速に運気が向上し、
97年(灯巳)のラッキーカラー年から、98年(山寅)99年(畑卯)の条件なし天冲殺で、
大きく運気をのばした。

しかし、つまずきは、その条件なし天冲殺で、
番組で共演したロンブー田村淳(木戌)と交際してしまったもの。
干合支害で最悪の腐れ縁ばかりか、
相手がさげ▼▼では、徹底的に落ちるのは仕方あるまい。

もともと、藤崎は宿命に木性成分ゼロで、オトコを見る目もないばかりか、
寅卯冲殺受身人間(巳年生まれ畑酉)のため、そうそう仕事に意欲なし。
10年運天冲殺で突如舞いあがったものだが、
年運冲殺あけのダメージ年で、もはやヤル気がないようだ。
三田佳子(畑丑)邸の地下室パーティにも顔をだしていたなどと噂される始末で、
やっぱり「木戌」の威力は恐ろしい!
■読者メール→
「あるHPには、やってみたいことや、最近興味があることはという質問に、
『お母さんがおもしろいよっていってたから、
私も暇になったら猫の解剖とかをやってみたいですね(笑)。
心臓とかパクパク動いていておもしろそう・・・』だと・・・」。
野蛮人だあ(笑)。
「某化粧品のコマーシャルでは、バラドル山川恵里佳(山子※)にさえ、
食われている印象があります。以前は、ひとりで微笑んでいるだけのCMでも、
充分インパクトがあったのに・・・」。
条件なし天冲殺、恐るべしでしょう!

読者メール→
「やる気のなさが売りみたいなとこがあったけど・・・」。
結局はTVで笑いモノにされていただけですね!

読者メール→
「藤崎の位置が山口もえ(畑亥)にかわった感じがします。
そーいや、二人ともマツキヨだったわね」。
山口は夏生まれでも、天冲殺露出ですよね♪

読者メール→
「木戌の影響って、なかなか消えないんですね。
影響を断ち切るためにはとにかく距離を置くしかないのでしょうか?」
仕事に専念して、一定期間(3〜10年)異性と交流しないことが、重要です!
 
 
■2001年02月22日(陽辰)
羽野晶紀和泉元彌と転げ落ちる
■狂言師・和泉元彌(74年6月4日/陽子)が、
6歳年上の女優・
羽野晶紀(68年8月22日/木子)と交際していることが明らかになった。
二人は、3年前(98年・山寅)に舞台『ロミオ&ジュリエット』で共演してから、
グループ交際をへて、99年(畑卯=羽野の干合年)から交際をスタートさせたという。

NHK大河ドラマの主役をはりながらも、お家騒動やマザコンぶりで、
いまひとつパッとしない和泉(狂言和泉流20世宗家)は東京都出身。
DNA「貫」主導で、状況環境により変化するも、本質頑固。
「貫+龍」は、忍耐力強固で短時間和合無理。
「貫+牽」は、打算的で主義主張なし。
「貫+調」は、恩義通用せず。
10年運「1歳鉄午」は、日干支「陽子」を「天剋地冲」するので、初旬条件となり成功運型。
「11歳宝未」が干合支害(落ちていれば逆転現象で伸びやすい)なのと、
現在の10年運「21歳海申」が、ラッキーカラー半会と、
年支(寅)と月支(巳)の「害」を断ち切るため、
時代整合性なく「くどい夏の太陽」でも、成功運がより輝いている。
本年(宝巳)キーワードは、干合で異性の存在があらわにされる時期。

羽野は、京都府宇治市出身。
大阪芸大1年の時、『劇団☆新感線』に入団し、
大阪では「浪花のキョンキョン」と人気を博した。
羽野は、DNA「車」主導で、闘争本能抜群で、単純明快。
「車+車」は、計算された行動力、本能的に時期を見分ける。
「車+禄」は、天然ボケでルールに縛られるのが苦手。
「車+玉」は、考えたとおりに行動するわかりやすい人。
10年運初旬「5歳畑未」は、日干「木」を干合させ、日干支は「山子」となるので、
年干支「山申」と「大半会」が成立するため成功運型。
しかし、同時に日干支(木子)とは、「干合支害」が成立するので、
結婚運芳しくなく異性の裏切りにあいやすい。

二人の関係は、「木」と「子」の共通干支あるものの、
羽野の月干支「鉄申」は、和泉の年干支を「天剋地冲」し、和泉の評判を落とす。
宿命成分に火性の全くない羽野が(DNA左3玉で、伝統芸能好き)一方的に、
和泉にいれあげている状態。
事務所は「4月からは女優を休業し、海外留学などという形で社会的な見方を広げたい」と
説明し、結婚準備をにおわせているが、和泉側は母親が猛烈に反対している。
羽野は、武豊(畑丑)と結婚した佐野量子と同一生年月日。
表現力の火性がないばかりか、ただでさえ子供の生まれづらい「木子」が、
これでは、和泉を子供扱いし、伝統芸能継承者としては、
後継者に苦慮するという懸念もあり、あんがい母親の嗅覚は正しいのかも知れない!
■読者メール→
「陽子なので、継承者という器であると見てよいでしょうか?」
能力とは別に祭り上げられる質ですね。
「浪花のキョンキョンが相手じゃ〜、伝統を重んじる母親が怒るのも解るナ〜」。
しかし、本人は時代整合性ない夏生まれに加え、龍しかないので、自覚はありません。

読者メール→
「羽野は東京進出時、アイドル的な売り方をされてましたが、
車が3つもある男っぽい人に、似合わないですよね」。
不器用な木だとなおさらですね。10年運の調が影響していたのでしょう。
「現在の10年運はラッキーカラー支合なのに、イマイチ活躍してないし、
こんな胡散臭い男に入れこんでいる様では、
来年のダメージカラー対冲年、再来年のダメージカラー害年では、
どうなってしまうのでしょう?」
決定的には困ることはありませんが、
189点のエネルギーのうち木性9点では、流されるだけですから、
自分の意志はいっさい通せません。
「良くない話題が噴出する和泉を見ていると、
年干支を天剋地冲される相手と付き合うとどんなことになるのか、
よーくわかってためになりますね」。
同じエナジーを与えられても、生かすも殺すも簡単だということです。参考にしたいですね。
 
 
■2001年02月23日(灯巳)
反町隆史松嶋菜々子●結婚と誤算
■21日(草卯)に入籍した松嶋菜々子(73年10月13日/海午)と
反町隆史(73年12月19日/畑丑)。
とっくに同棲していたのだから、少しも驚くことではないが、
本当に「平成のビッグカップル」などと持ちあげるほど、素晴らしい結婚なのだろうか。

松嶋は、DNA「玉」主導で、環境をなかなか変化させられない。
「玉+石」は、理屈っぽい。
「玉+牽」は、用心深い冒険心。
「玉+貫」は、10年先は無理でも、目先のSPEEDにあわせる。
10年運初旬「8歳雨亥」は、ズルさと集中力をみにつけただけで、特に稼働条件なし。
宿命に木性(表現力=鳳/調)のない特異な体質で、
偏った演技しかできないが、年干「雨」・月干「海」・日干「海」は、
水性天干一気で、知恵をフルにつかった集中力で、目上を圧倒するとんでもない人。
また、年支「丑」と日支「午」は「害」となり、表裏人間でホンネが見えない。
「18歳木子」で、本来存在しない表現力(鳳)が出現し、世にでたもの。
今年(宝巳)は、DNA「玉」で自己発揮(主導しているので)しながら、
ひとつの流れに入る時期。
しかし、同時に「28歳草丑」は、「害」。
女性的感性(結婚)が仇となり、間違った相手と入籍し後悔する時。

反町は、DNA「禄」主導で、自己顕示欲強くスター気取り。
「禄+鳳」は、口がうまく、お人好し。
「禄+牽」は、温厚で誠実も理論理屈に弱いお天気屋。
「禄+禄」は、不器用。
10年運初旬「4歳雨亥」からはじまる10年運は、
ほぼ一生ターボ運(子丑冲殺の干支)で、迫力が加わる。
宿命の特長は、冬の「畑」を暖めるラッキーカラーの火性ゼロ。習得本能ゼロだ(笑)。

二人の関係は、同学年なので「雨丑」という共通干支はあるものの、
日干支の関係はズバリ「害」で、一緒にイケない仲。
長くいればいるほど、暗い雰囲気が充満し、たがいにバカにしやすい。
ただし、松嶋は表裏人間のため、無理をしながらも、リードしていける体質で、
うまくいかないのを、かえって刺激に感じてしまう。

反町の天冲殺範囲を松嶋が所有するため、反町が軽くあしらわれているのが、
手に取るようにわかる。
松嶋の「海+玉+戌月」は、相手を批判するだけで助けない。
反町の「畑+禄+子月」は、異性にダマされやすい体質。

来年(海午)は、松嶋の人生の折り返し地点(律音)。
反町のダメージラー条件なし天冲殺+害。
彼が己の力量の無さを痛感し、間違った結婚と気がついても、
どうにもならない所にさしかかる。
そもそも、冬の「畑」に、冷たい「塩水」など、必要なし。
反町は、どうしようもなく頭が悪いので、同情すらできない!
■読者メール→
「脳みそが煮えて溶けているかのような反町と、家でいったい何を話すのか不思議です」。
結婚する相手で、その人物も評価されるのです!
「映像をみた瞬間の印象は、2人とも、なんて安物の衣装なんだーー!!
反町のジャケットは地下プロムナードで吊し3000円って感じです。
特別な日なので、素の自分たちを見てもらおうと、
スタイリストさんに頼まなかったらしいが、2人ともしょぼい。
いや、反町はこんなもんだろうと思いますが、松嶋のみすぼらしさには、おどろきました。
今どき、普通の女性でも、もう少しなんとかするのでは?
女優なのに夢ぶちこわしの気がしますが、あれでいいのか?」
しょせん、その程度の人ですよ。
そんな素晴らしい人なら、素養も上がり目もない反町なんかを、絶対に選びませんよ(笑)。
「最後の方で、反町がなんかあったら、事務所を通して取材して下さい。
自分が話しますとか。実家とか、そういう取材は絶対やめて下さいと強調していた」。
どーでもいい芸能人にはとことんやるクセに、
いわゆる大手事務所の人気タレントには、何もできない。
これが芸能をつまらなくさせています。
芸能には、ジャーナリスティックな志はないらしい。
「反町と工藤静香、松嶋とキムタクのほうが、まだしっくりくるのでは?」
反町(畑丑)と工藤(木子)は、共通干支バッチリなうえに、干合支合。年齢差もよし。
松嶋(海午)は、木村(山申)の年干支(海子)を納音するので、ダメ。
でも、とっかえてもらったほうが、いいよ(爆)。

読者メール→
「まっすぐなところがいいとかなんとか、言ってましたが、
あんたのズルにだまされただけでしょ!」
単純で中身なしとしか聞こえませんが・・・。

読者メール→
「害関係の夫婦の場合、子供は出来ない方がいいのでしょうか?」
それ以前に、夫婦になってはいけないのです。
「子供が出来るとそれが仲を取り持つことになるのですか?」
宿命に害持ちの子供が産まれるだけです。

読者メール→
「松嶋は、理想の人では無かったけど、真直ぐに向かってくる反町さんの事が
だんだん好きになってきた、と言っていましたよね。
本来なら、結婚相手として考えないような人でも、
「28歳草丑」の「害」なので、結婚相手として見てしまったのかなあ」。
その草は宿命にないものですから、この結果もし子供が産まれるようになれば、
その存在が害になってしまいますよ。

読者メール→
「松嶋のおよそトンチンカンな受け答えは、
どうしようもなく頭の悪い反町をフォローするための
松嶋の機転から来たモノなのでしょうか?(笑)。表現力の欠如というよりは、
『もしかしたら、アンタは阿呆ォ〜?』と言いたくなりました。
お陰で、口の巧い反町と、しゃべれない松嶋のツーショット会見だけを見た
バースディ・エナジーを知らないヒトは、男らしい反町が
『か弱い』松嶋をリードしているかのように見えたと思います」。
バカ騒ぎしてるのは、マスコミだけで、ファンはさめてるね。
というより、反町のファンはほとんど存在しないらしい(笑)。
バースディ・エナジーは、予知と実践改良です。使いたくない人は使わず、落ちるだけ!

読者メール→
「ワイドショーで二人の相性を占っていましたが、
いて座とてんびん座で芸能界で1,2のベストカップルだそうです。
アバウト過ぎて笑っちゃいました」。
抗議すべきです! 視聴者をバカにしてますから。
「反町のほうが、来年ダメージ天冲殺+害ということで
明らかに彼の方にダメージがありそうですね。
天冲殺範囲を相手が持っていると、コントロール不能になるんですよね。
別れた後でも、傷が大きくなったり、影響するのでしょうか?」
自分の意志で別れることが出来ませんから、すべにおいて受身になってしまい、ボロボロ!

読者メール→
「反町ってドラマ・デビュー作『毎度ゴメンなさぁい』では、
不良っぽくて頭悪いけれど妙に真っ直ぐな笑えるいい奴って
役をやってて好感持てたのですが、それって火性=習得能力ない、
年支と日支が同じ=裏表無しと彼の地のまんまだったのですね(笑)」。
ホンネの時代ですから・・・。
「会見での反町暗かったです。松嶋がリードって感じだったので、
害の影響は全て彼の方に出てしまってるのでしょうか」。
受身人間によりでやすいのですが、松嶋だってほどなく後悔しますよ♪
「松嶋が、なぜ今の時期に彼と入籍までしたのか不思議です。
どんな魂胆があってのことなんでしょう。
相変わらず通い婚状態のようなので、入籍する必要ないように思えるのですが・・・」。
来年の大河のときは、離婚してたりして(笑)。

読者メール→
「害持ちの人は、普通ならうまくいかない関係の結婚のほうが刺激になって、
かえって良いということですか?」
『結婚できない理由』を読み応用してください。相手を間違いやすいのです。
間違えることのどこが良いのでしょうか?
「ラッキーカラー火性ゼロ。習得本能ゼロと、ありましたが、
習得本能は海・雨の水性ではないのでしょうか?
それとも干によって変わるのですか?」
絶対的と相対的な捉え方の違いです。
畑という引力本能人間にとっての習得本能・学習機能は、あくまでも火性です。
そして、その火性は伝達本能をもった習得本能になります。
 
 
■2001年02月24日(山午)
宝生舞●旅行コーディネーターと深夜の熱烈キス
■2月中旬の深夜、女優・宝生舞(77年1月29日/陽戌)が、
雑誌の取材で知り合った旅行コーディネーター兼ライターの
新恋人(27歳で、ナイナイの岡村似)と、
人目もはばからず熱烈キス連発(4時間あまり)の一部始終を写真誌に撮られた。

宝生は、DNA「調」主導で、どんなことでも偏っていないと不安な人。
人と同じことをするのが生理的にできないので、
デートをするにも極寒の深夜に1キロの道を歩いていったりもする(笑)。
「調+鳳」は、なあなあ。
「調+貫」は、集団行動不得手。恩義通用せず。
「調+司」は、負けず嫌い。

10年運初旬「8歳鉄子」は、自己顕示欲付加させるも特別条件なし。
「8歳鉄子」「18歳畑亥」「28歳山戌」は、変剋律10年運で
精神苦を味わえば、才能に磨きがかかる時期。
宝生は、「辰年丑月戌日生まれ」の四土格で、エネルギー256点ある底知れぬ人。
年上にひきたてられて運気をのばす午未冲殺にもかかわらず、
準天干一気(陽年宝月陽日生まれで、陽宝の干合で水性一気格となり、
その気になれば精神集中力抜群)のため、目上を吹き飛ばしやすい。

本年(宝巳)は干合年で、年干と日干が「海」に変質するため、
天干一気が一時崩れ、比較的恋人をつくりやすい時。
もっとも、本来は年干が同格なので、月干「宝」を奪いあう形になり、その関係は納音。
本来は不倫相手を本命(妻)から略奪することに喜びを感じるタイプ。
相手の詳細データはないが、怖い人なのでうかつに近づいては危険。
一時の恋に酔いしれる彼女だが、いつまで続くやら!
■読者メール→
「誰かに見せ付けることを目的に派手な行動をとったんじゃないんでしょうかね?」
調主導の偏りですからね。撮られることで、世間に存在誇示という手法ですね(笑)。

読者メール→
「目上運で目上を吹き飛ばすとなると、相手になりうるヒトは、どんな条件でしょうか?」
年下を相手にして自己の伸びをとめるか、一気格をかろうじて壊さない、
宝・海などになりますが、残念ながら万全の相手はいません。
「一気格の間にできた子供には影響はどのようにでますか?」
影響は個々のケースによりますが、干すべてが同格になるということは、
同じ目線でしか物事を考えないということになります。
「陽戌の出生の秘密を教えてください」。
庶民的に生きないと、屈折した人生をおくることになります。
また、精神性より現実的(商売など)な生き方をしないと、人生全般にひずみがでてきます。
特筆すべき点は、人生の最も重要な時期に信頼をよせている人に裏切られることです。

読者メール→
「この間、宝生舞が『恋のから騒ぎ』に出てましたが、
前髪をおでこのあたりでパツンと揃えた不思議な髪型、
化粧っ気もなく、一歩間違えると片桐はいりでは?という妙な感じ。
どう見ても魅力的な外見ではなかったのですが、
さすがに干合年、恋人いたんですねえ。
格好気にしなくなったのって新恋人の影響でしょうか?」
調主導でも、表に見せる顔、恋人に見せる顔は、鳳ですから、自然体です。
 
 
■2001年02月25日(畑未)
トータス松本●明日があるのか
■吉本興業全面バックアップのコーヒー「ジョージア」のCMソング、
ウルフルズ『明日があるさ』(2/26付、オリコン5位初登場)が好調だ。
実に38年も前(63年=雨卯)の坂本九のヒット曲を現代によみがえらせたもので、
なんと作詞も当時と同じ青島幸男(畑卯)。
オリジナル曲は日本の高度成長期を象徴したお気楽そのものだったが
(ひたすら彼女にアタックしては失敗する)、
現代は動乱期の底の底でなにやら自虐的な歌詞となっている。

トータス松本(66年12月28日/宝酉)は、
DNA「鳳」冲殺主導で、お気楽に遊べば遊ぶほど悩みがでる人情家。
バランス良い曲を書こうと思えば思うほど、悩む。
「鳳+車」は、大衆的性情で、お金に目なし。
「鳳+貫」は、表面温厚中頑固で、時代の波にのるの不得手。
「鳳+牽」は、お天気屋。
「鳳+石」は、常識人で繊細な神経を発揮しすぎると、精神を病みやすい。

10年運初旬「3歳宝丑」は、日干支「宝酉」を「大半会」するばかりか、
初旬10年運天冲殺で条件2つで、通常人の3倍ほどの稼働力あり。
これに、オダてりゃブタでさえ木にも登る生月冲殺があるのだから、恐ろしい(笑)。
トータスの宿命の最大特長は、男性には時代整合性ある軽い144点のエネルギー。
これだから、よりお気楽になれるのだ。
また、宿命には木性ゼロで、優しさ皆無どころか、金銭物質運ゼロ。
「23歳雨卯」の準ラッキーカラー10年運の遊び心でブレイクするも、
現在の「33歳木辰」は、宿命にない木性で、その心はズバリ財。
金のために豊かな才能を発揮しているのだから、歌えれば何でも良い。

かつて、『ワンダフルワールド』なんて、
36〜7年前のリバブールサウンドをカバーして味をしめたトータスが、
自信をもって現代に問う『明日があるさ』には、
未来へ向かう躍動心は微塵も感じさせず、
やっぱりオトコはダラしがない生き物だなあ、とつくづく感じてしまう。
ま、それなりにやってくれ!
■読者メール→
「10年運の稼働力と宿命のエネルギーの相互の影響具合と、意味について教えてください。
車のエンジンの性能でいうと稼働力がトルクで、
エネルギーがスピードといった感じでしょうか?」
エネルギー点数は、エンジンそのものです。
稼働力は、シャーシーなどそれを活かす、さまざまな付加価値です。
エネルギーをSPEEDとしてしまうよりエンジンとしたのは、
SPEEDがでるかでないかは、整備やアクセルの踏み具合とかで、加減したりできるかですよ。
本来重厚な攻めをする男性が動乱期では手っ取り早く加速できる、
軽いエンジンである必要があります。
いくら性能がよくても、重いと加速するのに、時間がかかりますからね!

読者メール→
「俳優としてのトータス松本には明日は、あるのでしょうか?」
冬生まれ宝のラッキーカラーは、表現力(水)より、創造力(土)ですよね。
となると、本当は楽曲勝負であり、エネルギー放出を続けると、無理がくるのですよ。
ですから、本来は天冲殺に運気があがる生月でも、創作に行き詰まり、
ハーマッズ・ハミッツのカバーで、お茶を濁した経緯がありました。
あの時は、フジパシフィック音楽出版も、真っ青だったみたいです(笑)。

読者メール→
「とりあえず今日だろって、CM見るたび思います」。
そこが、男性と女性の思考の違いなんですよ!

読者メール→
「初旬10年運天冲殺だと、成功条件になるというのは、
つまるところ、どういう育ち方をするということになるのですか?」
生まれた環境から、せいぜい社会にでるか出ないかという所で、
抜け出すかどうかで決まります。
ですから、都会出身者より上京することで、エネルギーを使うことができる、
地方出身者のほうが、成功しやすいのです!

読者メール→
「来年、再来年のラッキーカラー年もこんな調子で軽やかに乗り切っちゃうのでしょうね」。
逆です。冬生まれはあくまでも、そうそう露出してはなりません。
まして、月支対冲と害が続きますから、過酷ですよ!
 
 
■2001年02月26日(鉄申)
井上陽水●熟年とは侮れない踏ん張り
■日本TV系の深夜番組『号外!!爆笑大問題』の
エンディングテーマ『コーヒー・ルンバ』(1月24日=灯亥発売)が、
売れているという(26日付オリコン32位、最高19位・登場回数4回)。
この曲は50年代に世界中でヒットしたベネズエラの「ウーゴ・ブランコ楽団」の名曲で、
日本でも西田佐知子(関口宏夫人)がヒットさせたカバー曲である。

歌っている熟年の星井上陽水(48年8月30日/灯亥)は、
DNA「司」主導で、純粋で蓄積を常に心がける人。
「司+車」は、猪突猛進。
「司+牽」は、感情を押し殺した表現力で、評論家的。
「司+調」は、負けず嫌い。
「司+司」は、心の奥底を他人に見せない。
「灯+司+申月」は、歳をとっても感性は若い。

10年運初旬「3歳宝酉」は、スター性を身につけるも特別条件なし。
ただし、「23歳雨亥」までが、ターボ運。
その後「33歳木子」「43歳草丑」は、ラッキーカラー10年運。
現在「53歳陽寅」は、ズル賢く生きる。
オリジナリティを発揮するより、利用できるネタは何でも使って生きのびようという腹だ。

「子」年生まれ「灯亥」は、自己愛の象徴。
本年(宝巳)は、積極的に過去のスタンスを壊しながら、財を形成する時。
これだけだと、何やら悪いことをしているような印象だが、
同期の吉田拓郎(畑酉)あたりが、かつての遺産を喰いつぶしながら、
バラエティでお茶を濁しているのに比べれば、
独自路線を切りひらく姿は頭がさがる思いだ。
他人とは異なる生き方で勝負するのが、動乱期の処し方なので、正しい判断。
「灯亥」は、異常干支で、喜怒哀楽が激しく感情に念をいれた表現者。
怖い人が、自己のキーワードどおりにやると驚異だ!
■読者メール→
「ターボ運だからって、何か弊害があるわけではないんですよね?」
自信過剰になって失敗することがあります!

読者メール→
「いつもサングラスをかけているのは、喜怒哀楽の激しい表情が
バレないようにするためでしょうか・・・」。
この人の場合は、月と日の害をさとられたくないということでしょうね!
「感情に念をいれた表現ができることは、歌手としては好都合と見てよいでしょうか?」
そのとおりですが、ときに必要以上のメッセージがこめられてしまい
受け入れられない可能性もありますね!

読者メール→
「今年は対冲ですが、彼の場合良い意味で吹っ切れて
再ブレイクといったところでしょうか?」
月と日の害が切れるところに注目せねばなりませんよ!
 
 
■2001年02月27日(宝酉)
大友康平●火9女子アナで民放ドラマ初挑戦
■火9『女子アナ。』で、数字至上主義のプロデューサーを演じる
ハウンドドックの
大友康平(56年1月1日/灯卯)。
もう何年も役者をやっているような雰囲気を感じるが、民放連ドラは初挑戦。
いったい何があったのだろうか・・・。

大友は、DNA「車」主導で、闘争本能の権化。反撃素早く単細胞、ロックの似合う人。
「車+鳳」は、外柔中剛。カネに目なし。
「車+調」は、落ちつきなし。常時なにかに反骨精神を発揮していないとダメ。
「車+龍」は、ひらめき。瞬間判断力最高。

10年運初旬「8歳灯亥」は、独立心を付加させるばかりか、
日干支「灯卯」と「大半会」および初旬10年運天冲殺で、通常人の3倍ほどの稼働力あり。
「28歳草酉」「38歳木申」は、ラッキーカラー10年運。
クールな冬生まれ「灯」は、焚き火のたとえで、嫌われることなし。
これに、男性としては時代整合性ある151点の軽いエネルギーが追い風になり、
そうそう困ることなし。

大友の宿命の最大特長は、金性ゼロ(司/禄なし)。
つまり、優しさ・金銭運なし。または、無限大。
望まないほうが、お金も入る。
本年(宝巳)は、宿命にない金性年で、連ドラの重要な役を射止め、いい味をだす。
大友の生年月日、実は役所広司と同一。
こんな調子なら、もっと前からやっておいたほうが、よかったかもネ!
■読者メール→
「ダメージカラーの初旬10年運天冲殺でも、稼働力になるんですか?」
ダメージカラーのほうが良いでしょう。なぜならば、
ラッキーカラーは出来れば、20代30代の働き盛りにきてくれたほうが、ありがたいですよね。
「そもそもなぜ、初旬10年運天冲殺だと、稼働力が生まれるのですか?」
自己発揮していない時に、他力的なことで運に翻弄されることがあれば、
その逆バネで上昇することが可能になるのです。
スポーツする前に準備運動するのと同じです。
跳躍する時に、いちど体を縮めるでしょう。

読者メール→
「『充電や長期休養をとらなかったのは、
仕事がそこで無くなるのではないかという恐怖からだ』と
ロッカーらしくないことを言っていました」。
走り続けることが大切なのですよ。
「灯卯らしさがプンプンあります・・・」。
甘いもの好きのプロデューサーは、いい設定ですよね。
「若い頃からの『男気』と、齢を重ねて醸し出す『色気』の両方を醸し出していて、
時代整合性を感じます。
モメにもめて、仙台をあとに東京に出てきたところで
魅力を開花させる素地ができたわけですよね。
これも地方出身者の成功の好例ですよね」。
強制的に運を開花させねば、一般人は成功できませんからね♪

読者メール→
「彼の役を見ていて、いい加減そうに見えても、いざとなったら部下をかばってくれる、
こんな上司だったらいいなあなんて思ってたら、
彼の月干支は私の年干支を大半会してました♪」
だんだん、バースディ・エナジーの活かしかたになれてきましたね。
こうして、感性を磨くのも大切ですよ♪
 
 
■2001年02月28日(海戌)
市川染五郎●水9ロケットボーイ中断でワリ喰った
■水9『ロケットボーイ』の中断で、忙しいスケジュールを一息つけたのが、
ユースケサンタマリア(陽申)とするなら、
もっともワリを喰ったのは、
市川染五郎(73年1月8日/木辰)だろう。

染五郎は、DNA「玉」主導で、品性あふれる習得能力に優れた人だが、
身にしみた環境から抜けだせない。
「玉+玉」は、縦社会に無理なくとけこめるので、男性主体のドラマに溶けこみやすい。
「玉+龍」は、周囲と歩調をとるのが難しく、本音をなかなかいえず。
「玉+石」は、理屈っぽい。
「木+玉+丑月」は、批判力秀逸で、壊すのは得意。

10年運初旬「9歳木寅」は、初旬10年運天冲殺のため、成功条件。
また、ほぼ一生がターボ運(子丑冲殺の干支がまわる10年運)なので、
生きかたに迫力がくわわる。
「子」年生まれ「木辰」は、内外シーソー運。
私生活を優先させると、仕事が落ち込み。
仕事が順調だと、私生活は辛い。
現在の10年運「19歳草卯」は、協調性和合性にブレーキがかかり、
何をしようにも結果はそうそう期待できず。足をひっぱられることも多い。

宿命の最大特長は、ラッキーカラーの火性の存在が皆無。
暖かみなくクールさが際だつ。
現在28歳の彼は、来年より「29歳陽辰」の待望のラッキーカラー10年運を迎えるので、
本当に我が世の春を迎えるのは、これに年運ラッキーカラーが重なる5年後(06年陽戌)。
それまでは、冬の風雨にさらされ必死に、自己主張しながら堪えていかねばならぬ。
エネルギー233点の染五郎、なんとか流されず、大化けすることを期待するか・・・!
■読者メール→
「前に比べて青々したヒゲが無くなったような気がするのですが、
永久脱毛でもしたのでしょうか?」
玉主導にヒゲは似合わないですからね。
冬の木ですから、表面処理は可能ですが・・・(笑)。

読者メール→
「仕事にのめり込むと、ダーティーなイメージが無くなるのもシーソーなのでしょうか?」
どちらかに偏るのですから、10年運の「石」は仕事に生きるのです!

読者メール→
「成分の偏りも親の結婚の因果関係があるのでしょうか?」
親(松本幸四郎)の結婚が、資産目当ての結婚でしたから仕方ないのでしょう。
それでも、後継者が、内外シーソー程度におさまり
寅卯天冲殺ということは恵まれたほうですよ。
生年も生月もついていないのですから、
彼はただ動物のように高麗屋を守ってゆく必要があるのです!

読者メール→
「寅卯天冲殺なので、歌舞伎役者という家系が重んじられるような職業は、
ぴったりなのですね。思ったほど活躍していないのは、
10年運害の影響が大きいのでしょうか?
それとも軽く波に乗れる男性が成功する世の中では、
彼の233点というエネルギーはかえって仇となっているのでしょうか?」
両方です。今は修行の身ですから、あまり活躍しなくても良いようにできているのです。
抜けた時にラッキーカラー10年運でも勢いがなくなりますからね。
お父さんの若いときは、もっと売れましたけれどね♪
 
01年01月分 01年03月分 01年04月分 01年05月分 01年06月分
01年07月分 01年08月分 01年09月分 01年10月分 01年11月分 01年12月分
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
このページを美しくみる方法はこちら
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2012 birthday-energy.inc.
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2