BE●運命向上委員会緑水●BE茶房部
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命評論家●鳳積堂 BE
2 0 1 3 年(雨巳)●04月 陽辰 //茶房部 緑水
コラムの先頭へ
AKB48 高橋みなみ ソロデビューで水没危機●2013_0401
熊木杏里が結婚と妊娠を発表する危うさ●2013_0402
壇蜜大久保佳代子が深夜に合体し刺激合戦●2013_0402
アンジャッシュ 児嶋一哉 最初で最後のドラマ初主演●2013_0403
香川照之の長男 市川團子猿之助の名前を将来継ぐ因縁●2013_0404
にわみきほ ZIPでお天気お姉さんになる恐怖●2013_0404
キンタロー。河口こうへいと交際宣言で失速濃厚●2013_0405
だいたひかるが誕生日再婚を発表するも浄化未だならず●2013_0405
中園ミホ向田邦子賞受賞の夢の中●2013_0405
キャロライン・ケネディが駐日大使就任する夢の中●2013_0406
小石田純一石田純一に公認され感激したご褒美●2013_0406
水野美紀が昼ドラ初主演という今だけの夢の中●2013_0406
LiLiCoが元Bコース ナベ渡辺謙司と話題作りの安易な残酷●2013_0407
辺見えみりのセレクトショップが大惨敗という毒の中●2013_0407
IMALU大竹しのぶから独立宣言も売れぬのは相変わらず●2013_0408
石黒彩 LUNA SEA 真矢と別居7年目の娘のハレの日●2013_0408
AKB48 秋元才加が総選挙不出馬と卒業発表も厳しい未来●2013_0409
芹那の狙いは関ジャニ∞ 大倉忠義という時間の無駄●2013_0409
八田亜矢子が経済キャスター就任のお遊び●2013_0410
SPEED 新垣仁絵の改良改革出来なかった毒婚●2013_0410
浅尾美和の危険がいっぱいの入籍報告●2013_0410
神永学の女児誕生に観る苦難の象徴●2013_0410
かりゆし58 前川真悟に第一子男児誕生の苦難と毒●2013_0411
美勇伝 三好絵梨香のありえない結婚と危険性●2013_0411
佐々木心音壇蜜対決扇動に旨味なし●2013_0411
市川海老蔵がブログ開設という追いつめられた環境●2013_0412
小向美奈子が十五歳での妊娠を告白の毒の中●2013_0412
百田尚樹 海賊とよばれた男が2013年本屋大賞受賞の技●2013_0412
オセロ 松嶋尚美が腹をくくって解散を発表●2013_0413
相葉雅紀が親孝行出来ぬ事情●2013_0413
後藤真希実弟の後藤祐樹が自叙伝で真相告白の愚●2013_0413
相武紗季の理解不明な米国短期留学の言い訳●2013_0413
志村けん北野武の美談はデマとグレート義太夫が否定●2013_0414
椎名林檎が素足で街を徘徊する奇行と児玉裕一との関わり●2013_0414
浅野温子が恩人を裏切り続ける古事記よみ語りと夢の中●2013_0414
オードリー 若林正恭がイケメン下ネタ男 福山雅治をガチ批判●2013_0414
天海祐希の雨年は独創的ばかりで男気強力●2013_0415
澤村拓一森麻季の離婚と理性なし●2013_0415
高橋愛が両側声帯結節手術で最高級年を棒にふる残念●2013_0415
ともさかりえが現夫と元夫と三人で食事する狂気●2013_0415
SKE48 中西優香がキャプテンでは勢いが削がれる●2013_0416
YUIあらためyui波多野裕文と熱愛の不健康さ●2013_0416
FUNKY MONKEY BABYS ファンキー加藤が結婚で毒を満喫●2013_0417
布施明森川由加里が信じがたい結婚に踏みきる不可思議●2013_0417
浅田真央が自己発揮で来季引退を決めた人生の折り返し●2013_0417
訃報.三國連太郎が水没して逝く人生の折り返し地点●2013_0417
磯山さやか下平さやかから長野久義強奪という悪い冗談●2013_0417
西山茉希が妊娠三カ月で問われる早乙女太一の男気●2013_0418
根本美緒が第二子女児を害日出産ばかりですまぬこと●2013_0418
SKE48 菅なな子がロボ女な理由●2013_0418
櫻井翔の水10家族ゲームのもっともらしさ●2013_0419
コーネリアス 小山田圭吾嶺川貴子に葬られた夢の中●2013_0419
松田翔太の木9潜入探偵トカゲの高い完成度にわけあり●2013_0420
水沢アリー ローラ激似の今だけ商売●2013_0420
林修いつやるか?今でしょ!と控えめでも強気守銭奴の正体●2013_0420
中島知子の窓口が洗脳治療の苫米地英人の胡散臭さ●2013_0421
本田朋子五十嵐圭の結婚報道に喜び薄し●2013_0421
壇蜜が女性向け恋愛指南本エロスのお作法で教えてくれる●2013_0421
岩城滉一が宇宙旅行挑戦に思い残すことなし●2013_0422
ホンジャマカ 石塚英彦 刑事110キロで連ドラ初主演の賭け●2013_0422
夏目理緒が初旬害の第二子子丑男児を出産のお気の毒●2013_0422
宮沢りえが娘の入園式で140万シャネルのスーツの場違い●2013_0423
黒田慶樹(皇太子様義弟)が八王子に出向で迎える正念場●2013_0423
AKB48 渡辺麻友 制服図鑑のありえないほど自然な崩壊●2013_0423
田波涼子野尻佳孝の第二子女児も再び子丑●2013_0424
島田珠代が二度目の離婚発表と子離れの有り難い毒の味●2013_0424
乃木坂46 生駒里奈白石麻衣にセンターを奪われた夢の中●2013_0424
羽鳥慎一渡辺千穂と再婚に向かう不可解●2013_0425
田島優成が寝過ごし遅刻で舞台中止謝罪と趣里の影響●2013_0425
吉本実憂が初ビキニが写真集でうれし泣きの夢の中●2013_0425
坂口憲二が夢と毒を清算した桜井裕美の夢と毒の中●2013_0426
AKB48 峯岸みなみが坊主頭顛末を婦人公論で激白の疑問●2013_0426
矢口真里のブログ更新挫折の果て●2013_0427
嶋大輔が芸能界引退し政界転進の守護神年の危ない空気●2013_0427
笑い飯 西田幸治が一般女性と結婚の微妙な救い●2013_0427
AKB48 河西智美 生年冲殺らしい汚れた愛人騒動●2013_0427
仲村トオルが家事全般にフル稼働と病妻鷲尾いさ子の夢の中●2013_0428
遠野なぎこ 母と男に告白本で復讐する害毒の総決算●2013_0428
中西モナが「三度目の復帰です」会見の恥●2013_0429
舟山久美子が美容師と交際を大宣伝の愚●2013_0429
デヴィ夫人壇蜜を毛嫌いする理由●2013_0429
Kiroro 金城綾乃が離婚発表も全ての子に因縁あり●2013_0430
八幡カオルキンタロー。便乗で古賀シュウに告白キスの恥●2013_0430
ビッグダディ 林下清志林下美奈子の感動しない闘い●2013_0430
 
■2013年04月01日(月)灯酉
AKB48 高橋みなみ ソロデビューで水没危機●
AKB48(06-1025/灯亥)の高橋みなみ(91-0408/山申)が、
主導DNA「牽」月(03月/草卯)内の04月03日(畑亥)の、
屈辱的害日に
Jane Doeで、ソロデビューする。
初旬「9歳雨巳」は、日干支の干合支合だから、成功運型。
現在は、まだ2旬「19歳木午」で、弱い木性が強化され、
それでも見栄えは良くなっているが、
今年(13年/雨巳)は初旬で経験した干合支合で、60年に一度の思いを遂げる年。
結婚で引退なんていうストーリーなら、それはそれでありだが、
ソロデビューしたり、卒業だけでお茶を濁されてはたまらない。
干合日干「陽」は、年干「宝」と二次干合すれば、
日干は「海」で年干は「雨」となり、月干「海」をいれ、
水性の天干一気が成立し、何処かに流れて行く勢い。
「山申」らしく、動かねば水没という見方もあるが、
デビュータイトルの意味合いは、身元不明の女性の名だから、洒落にならない。
肝心の曲調も、売れない工藤静香風(笑)。
政治家転身みたいなことも言われているが、被選挙権はなし。
主導DNA「牽」年の05年(草酉)デビューだが、
10年目のさ来年(15年/草未)まで、何とか生きのびないとな☆
 
■2013年04月02日(火)山戌
熊木杏里が結婚と妊娠を発表する危うさ●
■01年(宝巳)の年干支「宝酉」と月干支「宝巳」の
大半会三合会局をからむDNA「石」年に、
日本テレビ系「嗚呼!バラ色の珍生!!」の歌手オーディションでグランプリを獲得し、
02年(海午)のDNA「鳳」の半会年に、バップより「窓絵」でデビューし、
05年(草酉)の60年に一度の干合支害年にキングに、
さらに条件なし天冲殺の11年(宝卯)にワーナーに移籍するも、
大成功を収めたとは言い難い
杏里(82-0127/鉄戌)が、
03月31日(陽申)のDNA「車」日、一般人男性との入籍と妊娠を発表。
「これからも変わりなく、その時の気持ちを一生歌っていきたい。
怖いこともある。みなさんの力を借りたい。支えていってください」とコメントも、
年支「酉」VS日支「戌」の害持ちが、結婚しても仕事を持続できるのか。
また、木性ゼロ(DNA禄/司なし)の配偶者成分皆無の感謝も微妙な人が、
「23歳木辰」の宿命にない木性の天剋地冲の、
破れかぶれみたいで大丈夫なのか____。
年干「宝」月干「宝」日干「鉄」の時代遅れ金性の天干一気が、
周囲の「宝」を傷つけていることを理解しているのか。
壊れているという自覚がないと、とても難しい☆
 
壇蜜大久保佳代子が深夜に合体し刺激合戦●
■どんな仕事もスケジュールが合う限りは断らないことを信条にしているという、
さすが「司」主導ながら、ときめく春を謳歌する
(80-1202/畑酉※)。
「職業はエッチなお姉さん」を自称しているだけあって、
グラビアやバラエティ番組などで過激な発言やその妖艶な雰囲気で、
いま一番スケジュールの押さえにくいタレントのひとりだといわれている。
そんな壇蜜が、あえて言えば対極に存在するような
オアシズ保佳代子(71-0512/灯酉)と
初の冠バラエティー番組「だんくぼ」(テレビ朝日系木曜26時21分)を
04月04日(鉄子)にスタートさせることが明らかになった。
壇は「深夜の番組なので、どんなことを言っちゃっても大丈夫なのかなっていう、
底知れぬワクワク感が芽生えました。
二人で変な発言しちゃって、お花畑のイメージ映像に切り替わらないとよいですが、
気も抜かず手も抜かず、しっかり引き締めてやっていこうと思います」と意気込んでいる。
一方、大久保は「壇蜜ちゃんの人気が出てきたとき、
“ヤバい! 私とキャラがかぶってる!!”と思った。
その壇蜜ちゃんと二人で番組を作るということで、
“その発想いいね、よくぞぶつけてきたな”と思いました!」と喜ぶが、
同じ「司」でも、冲殺されてる大久保は微妙に違う(笑)。
売りは夏生まれなのに「海」がない野人扱いの生月冲殺の大久保だが、
「38歳灯酉」の律音で、ともかく頑丈にはなっている。
次旬「48歳山戌」の害を考えれば、壇蜜だろうと誰だろうと、
すがりにすがって、可能な限り上昇しておきたいところ。
才能「玉」でババ臭い大久保と
才能「調」で少女そのまんまの壇が噛み合うかは微妙だが、
ま、どちらでも良い(笑)☆
 
■2013年04月03日(水)畑亥
アンジャッシュ 児嶋一哉 最初で最後のドラマ初主演●
■04月11日(灯未)の深夜より、NHKワンセグ2、NHK Eテレの
「青山ワンセグ開発」内の5分間ドラマ「ちょこやまくん」に、
最近では、トヨタの専業主夫みたいなCMにまで露出している
アンジャッシュ児嶋(72-0716/山申)が主演する。
今年(13年/雨巳)は、60年に一度のDNA「司」の干合支合年。
夏生まれのため、宿命にない成分とはいえ守護神。
年干支「海子」VS月干支「灯未」の干合支害持ちだから、
妙な笑いは期待大だし、「玉」主導の「玉+司」のセコさも似合う。
晩夏の生まれだが、清々しさはなくどこか薄暗さを伴う夏の「山」は、
10年運「37歳宝亥」が、DNA「調」の害という背景で汚れている。
だからだろう、相手役は水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、
共通干支もない年下の子丑天冲殺の
AAA宇野実彩子(86-0716/宝酉)。
(児嶋の)初旬「7歳山申」は、日干支の律音で成功運型だが、
10年(鉄寅)と11年(宝卯)の条件なし天冲殺明けの
守護神年の勢いもここまでだろうな___。
「単純に笑えると思いますし、なんといっても宇野ちゃんですよ。
かわいい(笑)。シュッとしてるし、華がある。
その宇野ちゃんの前でカッコつけるというのは、
演技じゃなくても素でいけます(笑)」だそうだが、
「玉+禄」は、実は計算尽く。
「玉+玉」は、無理をせず。
「玉+貫」だから、その場限りだけどね。
もうひとつなのは、相方が年下の子丑天冲殺の
渡部建(72-0912/陽辰※)のうえに、
夢と毒の中で結婚(11年/宝卯と37歳宝亥の害)したツケはのしかかる☆
 
■2013年04月04日(木)鉄子
香川照之の長男 市川團子猿之助の名前を将来継ぐ因縁●
■実の父親が年支「卯」VS日支「辰」の害持ちの表裏人間の
二代目・
市川猿翁(39-1209/鉄辰)で、
母親が、宝塚歌劇団出身の女優の
浜木綿子(35-1031/鉄辰)ながら、
68年(山申)のDNA「龍」の条件なし天冲殺に離婚したため、
(同一日干支同士の逆縁結婚でもあり、やむを得まい)
歌舞伎の世界には進めなかった
香川照之(65-1207/草未)。
11年(宝卯)の両親の害年に、九代目
中車を襲名して歌舞伎俳優に進出したが、
ここにきて、中車の長男で
市川團子(04-0116/木午)が、
いずれは、現在は(中車の従弟が名乗っている)「猿之助」の名跡を継ぐのではと、
「女性セブン」が報じている。
團子は、12年(海辰)の条件なし忌み神天冲殺のデビュー。
初旬「3歳木子」が、日干支「木午」を納音する成功運型も、
その初旬は年支「未」の害で、成長は期待できず。
月支「丑」VS日支「午」の害持ちで、犠牲になる人だが、
2旬「13歳雨亥」以降はターボ運のうえ、
「33歳宝酉」に主導DNA「牽」を迎えるので、あり得ないわけでもない。
そもそも、心優しいふりをしながらも、現実優先の辰巳天冲殺「木午」だし、
「未」年生まれ「木午」は、自己中心のワガママであるしな。
しかし、生年冲殺で脇へそれたからこそ成功した香川も、
月支「子」VS日支「未」の害持ち。
これでは、単なる親バカではないか。
何の条件もない辰巳天冲殺の息子は、家系には縁なし。
それを理解できぬと、新たな因縁は避けられぬもの。
四代目(75-1126/陽子)にも失礼だが、
10年運「36歳雨未」のDNA「牽」の害の消化なのだろう☆
 
にわみきほ ZIPでお天気お姉さんになる恐怖●
■10年(鉄寅)の人生の折り返し地点となる律音年に、
「天装戦隊ゴセイジャー」に、ゴセイイエロー役で出演して名前を売った
丹羽未来帆改め、にわみ(89-0927/鉄寅)が、
DNA「牽」の04月01日(灯酉)の守護神日より、
日本テレビ系「ZIP!」(月〜金曜05:50〜)のお天気キャスターに起用されている。
今年(13年/雨巳)は、DNA「調」の害年とはいえ、
年支「巳」VS日支「寅」の害持ちだから、ありなのか___。
「石」主導の害持ちで、笑って誤魔化せばすむのだろうけど、
デビューは03年(雨未)の条件なし天冲殺に、
雑誌「ニコラ」のモデルオーディションでグランプリを獲得したため。
来年(14年/木午)とさ来年(15年/草未)の最後の売り時前の予行演習。
10年運天冲殺「4歳木戌/14歳草亥」も卒業して
現在は「24歳陽子」の「車」で、朝から忙しく動かねばなるまいが、
害持ちにお天気を語られても、怖いばかり(笑)☆
 
■2013年04月05日(金)宝丑
キンタロー。河口こうへいと交際宣言で失速濃厚●
■水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の日座冲殺のため母親を亡くしたことをもバネに、
宿命にない水性年(12年/海辰)の害切れ対冲で認知され、
月干「山」の干合で守護神火性を強化した、
同じく宿命にない水性年二年目(13年/雨巳)で、いささか食傷気味な
キンタロー。(81-1023/木戌※)が、
04月02日(山戌)の主導DNA「禄」日に放送された
日本テレビ系特番「好きになった人」で、
「GLAY」や「B'z」「TUBE」の歌まねや、キン肉マンのコスプレなどをする
モノマネピン芸人の
河口こうへい(80-0806/宝亥)に公開告白をし、
交際にいたっているという(収録は三月上旬)。
河口は、年支「申」VS日支「亥」の害持ちで表裏あり。
しかも初旬「1歳木申」のDNA「司」の害を経験しており、
その他後天運にも特筆するものはないが、
この注目されようは、一応今年が守護神対冲年ということだけ。
キンタロー。も年支「酉」VS日支「戌」の害持ちだが、
生年冲殺に日座冲殺という十字架を背負うため、格は明らかに違う。
キンタロー。の年干が「宝」のため共通干もあるうえに、
「戌」「酉」持ちのキンタロー。に、「申」持ちの河口で、
時代遅れの金性方三位も成立するが、
ようやく表舞台にたてた日座冲殺さげ●●が、
あえて男と交際宣言して「幸せです!」では興ざめ。
「相手もものまねをされる方なので、
コラボレーションなんかもしてみたい」そうだが、
AKB48は恋愛は禁止なのに、キンタロー。はいいのか(笑)。
終わりも見えた春であるな☆
 
だいたひかるが誕生日再婚を発表するも浄化未だならず●
■02年(海午)の守護神支合年に、初代R-1グランプリのチャンピオンとなるも、
06年(陽戌)の条件なし干合天冲殺(実際には05年草酉の最終月)に、
構成作家の
北本かつら(74-0802/草亥)と結婚するも、
僅か一年でダンサーとの浮気が発覚したため離婚した
だいひかる(75-0525/宝未)が、
04月03日(畑亥)のDNA「龍」の年支「卯」と日支「未」がからむ三合会局日に、
フジテレビ系「ホンマでっか!!? TV不幸女子・不幸男子にはならないぞ!
さらに健康にもなる春の3時間半SP」に出演し、
自身の誕生日である05月25日(宝卯)の大半会日に、
昨年(12年/海辰)に出会った
3歳年下のフリーのアートディレクター
小泉貴之と再婚すると発表。
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人が、
昨年に続き今年(13年/雨巳)は、宿命にない守護神水性年だからそれもありだろうが、
「卯」年生まれ「宝未」は、上がって落ちる。
北本との場合は、相手の天冲殺遭遇ばかりか、
さげ▼▼なので、だいたが嫌気がさして浮気してしまったわけだが、
日座冲殺と情交したら、十年は復活不能。
「自分より大切な人と巡り会いました。生まれて初めて全力出してみます」らしいが、
仕事が左前だからとはいえ、落ちた人にあまり期待してはいけない☆
 
中園ミホ向田邦子賞受賞の夢の中●
■優れたドラマ脚本家に贈られる
「第31回向田邦子賞」が、04月02日(山戌)に発表され、
NHK「はつ恋」、テレビ朝日「Doctor-X 外科医・大門未知子」を手がけた
中園ミ(59-0716/畑亥)が、初受賞した。
中園は「龍」主導で落ち着きなしも、
「牽」×2もあり、小細工得意で権威に弱い。
初旬「8歳海申」が、守護神とはいえ年支も日支も「害」で、
DNA「司」の害は家庭に縁なく、持続力もいまひとつ。
広告代理店に就職するも、僅か一年三ヶ月で挫折。
また、93年(雨酉)の守護神年に、未婚の母となりながらも、
在宅で仕事を出来る脚本家を目指したのも、超がつくほど現実主義者のため。
初旬条件はなく、10年運「28歳木戌/38歳草亥」の特別条件付10年運天冲殺が、
稼働力の上がる木性のため、名を売ってきたが、
現在は月干「宝」が干合で「雨」になるとはいえ「48歳陽子」の忌み神。
つまり、おまけみたいなもの。
今年は(13年/雨巳)は、60年に2年だけある守護神天冲殺の二年目。
DNA「禄」の天剋地冲は、夢の中なのに攻め。
中園は「この賞は特別の特別です。
(向田さんの生前には、自宅マンションの周囲を
何日もうろつくほどのファンだったことを明かし)
ストーカーでした。向田さんにがっかりされないように精進したい」と喜びを語るが、
中園の日干支「畑亥」は向田の年干支「畑巳」を納音する。
81年(宝酉)08月(陽申)22日(海申)の、
守護神月干「草」が消滅していた10年運「43歳鉄辰」の
トリプル天冲殺主導DNA日に志半ばで事故死した
向田邦子(29-1128/灯丑)は、
やや軽すぎる中園の受賞を、あの世界で喜んでいるのだろうか___。
感謝なくして、この後はないであろうなあ☆
 
■2013年04月06日(土)海寅
キャロライン・ケネディが駐日大使就任する夢の中●
■08年(山子)の干合年の大統領選で、早くからオバマ(61-0804/畑巳)を支持し
政権樹立に貢献しながらも、土性ゼロ(DNA車/牽なし)ということもあり、
政治家の道には進まなかったとされる
ジョン・F・ケネディ(17-0529/宝未)元米国大統領遺児の
キャロライン・ケネディ(57-1127/雨卯)が駐日大使に任命される見通しだと、
こぞってメデイアが報じている。
ケネディ記念図書館の館長をつとめたり、慈善事業に取り組んできた人だが、
時代整合性ある冬生まれとはいえ、総エネルギー137点の「雨」は霧なみ。
ターボ運ばかりか10年運「53歳灯巳」は、守護神10年運天冲殺だから、
目立って当然なのだが、常識的で模範生の「雨卯」だし、
約30分のテレビのインタビューで
「ユー・ノウ」(あのね〜、それで〜とかいう意味)を168回も連発した武勇伝もあり、
軽量級は否めない。
多大な寄付もふくめたオバマの恩返しという観測だが、
夢の中で仰せつかる役割は、ご褒美にしては重すぎる☆
 
小石田純一石田純一に公認され感激したご褒美●
■昨年(12年/海辰)後半より、純一(54-0114/鉄午)のモノマネをしていた
小石田純一(80-1002/山申)が、04月02日(山戌)のブログで、
本人の公認をうけたことを発表。
ファミリーで稼ぎまくる本家は、
「モノマネって芸能界から忘れられても、その人が真似してくれることで、
また呼び出してもらえる。小石田さんが真似することで、呼び戻してもらえるかも」
と大歓迎で、さすが主導DNA「調」の還暦を迎えるだけあり、貫禄(笑)。
小石田もDNA「調」で、偏るしかないし、
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)なのだから、創造力より租借。
さらに、総エネルギー224点中木性7点という、僅かなプライド頼り。
年支と日支が「申」で月支「酉」の地支金性一気格は、
むきだしの岩山で、必死に工夫するしかない。
「2歳陽戌/12歳灯亥/22歳山子」の変剋律を活かせず、
「32歳畑丑」のDNA「石」の小狡さで認知されるというのも珍しい。
今年(13年/雨巳)は、60年に一度の干合支合年で、夢が叶う。
これまでの辛抱が一気に報われた格好だが、
「光栄です。まだ石田純一さんご本人とお会いしたことはありませんが、
いつの日かお会いできる日を夢見て頑張ります。
石田純一さんに少しでも近づけるようにお洒落でトレンディに頑張ります」は間違い。
月干支は、「草丑」の石田に、小石田は「草酉」で大半会。
さらに、小石田の年干が「鉄」なので、共通干はあるも、住む世界は違う。
石田はあくまでも石田で、小石田は笑いをとるのが仕事。
好きな五十音を一文字言うと、すぐにオシャレでトレンディな言葉を返すネタがあるが、
練り込まれていないため、本家ほどの重厚さはなし。
ソックスを履かないのもエコではなく、野人の性。
勘違いせずに、おちょくるくらいでないと、需要は長続きしないかもな☆
 
水野美紀が昼ドラ初主演という今だけの夢の中●
■87年(灯卯)の主導DNA「牽」年にデビューするも、
95年(草亥)に所属事務所(バーニングプロダクション)から独立し、
干され続けてきた
水野美紀(74-0628/鉄子)が、
条件なし天冲殺とはいえ守護神年のため、
バーニングとは一線を画するケイダッシュと業務提携し、
04月01日(灯酉)の主導DNA「牽」日からスタートした
フジテレビ系昼ドラマ「白衣のなみだ 第一部 余命」に主演したり、
03月23日(山子)のDNA「龍」日には、
エッセイ集
私の中のおさんを刊行し、
プロモーションに一生懸命という、典型的守護神天冲殺現象を謳歌している。
「27歳灯卯」の主導DNA「牽」の10年運も終わり、
「37歳陽寅」は、DNA「車」で文句を言う暇もない忙しさ。
とはいえ、これも今だけの水の恩恵。
明けてしまえば、14年(木午)の天剋地冲と15年(草未)の干合支害も待っている。
「寅」年生まれ「鉄子」は、わがままで甘え。
格好ばかりつける「鉄」は時代遅れ。
ひたすら感謝の日々を送ることが出来るかだが、無理と思う☆
 
■2013年04月07日(日)雨卯
■遅すぎる解雇。
結局黒は白には勝てなかったが、
害持ち生月冲殺の自己発揮に自然界は味方しないのだ。
否、害をもたずとも宿命冲殺なら同じ。
むろん、条件なし天冲殺の夢の中も同じ。
害持ちも同じ。
だからこそ、活かしきって貢献すれば、
素晴らしい贈り物だって受け取れるはず☆
 
LiLiCoが元Bコース ナベ渡辺謙司と話題作りの安易な残酷●
■04月02日(山戌)に放送された日本テレビ系「好きになった人9」で、
映画コメンテーターの
LiLiCo(70-1116/鉄子)が、
Bコースナベ(渡辺謙司・76-0328/畑卯)に交際を申し込んだ件で、
放送終了後のブログで「お付き合いできなくなった」と告白。
「人生で一番短い春でしたね。『春が来た!』と思った一時間後には冬が来ました」だと。
「お互い年齢も年齢なので、ちゃんと話し合った結果です」ではなく、
単にDNA「鳳」の条件なし天冲殺で浮かれて稼ぎまくるLiLiCoが、
番組の演出に乗っただけではないか。
相手のナベは、年支「辰」VS日支「卯」の害持ちで表裏ありの持続力皆無。
月支も「卯」で、初旬「3歳海辰」もDNA「司」の害で確信的。
むろん、共通干支も何もない。
過去(10年/鉄寅の方三位年)には、
チュートリアル徳井義実(75-0416/海辰)の妹と同じように、
番組で公開プロポーズをしながらも破局しており、
害持ちならではの役割発揮とはいえ、バカバカしい。
LiLiCoは今年(13年/雨巳)から、
ようやく「33歳雨未」の害を抜けたとはいえ調子に乗りすぎ。
この「43歳海午」は、守護神月干「灯」が干合され窮地なうえ、
干合月干「宝」と年干と日干の「鉄」で金性天干一気入格で騒々しくなっているが、
もはや戦うことじたい時代遅れみたいなもので、恥のかき捨て。
「鉄子」がプライドを捨て野人なみになったらお終いだよ☆
 
辺見えみりのセレクトショップが大惨敗という毒の中●
■昨年(12年/海辰)、共通干支のない松田賢二(71-0923/宝亥)と入籍し、
現在妊娠7ヶ月と言われる
辺見みり(76-1216/海寅)が、
03月08日(雨酉)の主導DNA「石」重なりに
「モダンなPARISに住みながら、
生まれ育ったLAの高い空と青い海を想う、29歳の女性」というコンセプトで、
代官山にオープンさせたセレクトショップ「Plage」が、
開店一ヶ月で、閑古鳥状態だと「東京スポーツ」が報じている。
今年(13年/雨巳)は、条件あり天冲殺だが、本業以外の副業御法度のところに、
主導DNA「石」年とはいえ、害年なのだから、端から勝負は見えていた。
しかも、結婚相手との出会いは相手の条件なし天冲殺(10年/鉄寅)のうえに、
結婚は自身の天冲殺(条件ありでも全冲殺でない限り私生活は別)で、
さらに妊娠までしているのに、欲をかきすぎということだ☆
 
■2013年04月08日(月)木辰
IMALU大竹しのぶから独立宣言も売れぬのは相変わらず●
■共通干のない明石家さんま(55-0701/雨亥)と
大竹しのぶ(57-0717/鉄寅)の長女で、
09年(畑丑)のDNA「牽」の害年にデビューするも、
全くという程売れていない
IMALU(89-0919/海午)が、
04月04日(鉄子)のDNA「龍」の対冲日に、
「ご報告」と題したエントリーで
「みなさんに大事なご報告があります!私IMALUは四月から事務所が変わり、
リトルトウキョウプロダクションに移籍が決まりました」と報告。
デビュー時から4年間は母親の個人事務所「エスター」に在籍していたが、
「今後はそれをいかして、今以上に活躍できたらいいなぁと思います!」だそうだが、
所属は本人だけの個人事務所で、何も目新しいこともない。
生月冲殺が、よくもまあ共通干のない母親におんぶに抱っこで恥ずかしくないか。
「16歳草亥」の特別条件付10年運天冲殺も活かしきれていないし、
木性ゼロ(DNA鳳/調なし)に、アーティストでございと言われても困る。
今年(13年/雨巳)は、母親の宿命にない水性の害年、
すなわち、ありがた迷惑的救い。
IMALUにとっては、薄まるだけの年で、何の喜びもない。
お笑いに行かねば、絶対に無理だということがわかっていないから哀れだ☆
 
石黒彩 LUNA SEA 真矢と別居7年目の娘のハレの日●
■月干支同士が大半会するとはいえ、
年上の午未天冲殺とさげ●●日座冲殺という最悪の関係ながら、
00年(鉄辰)の石黒の天剋地冲年に結婚するも、
実の父親が借金苦で夜逃げをしたり、
税金滞納で二億円豪邸を手放すなど不運に見舞われ、
06年(陽戌)から別居していたとされる
モーニング娘。(78-0512/木戌)と、
LUNA SEA真矢(70-0113/雨巳)が、
石黒の守護神年で、真矢の律音年を迎えた今年(13年/雨巳)の
03月(草卯)下旬に、
長女(00-1105/灯卯)の公立小学校の卒業式に、
そろって出席したと「女性自身」が報じている。
満開の桜の下で長女と笑顔で記念撮影したのちは、
別々に帰っていったそうだが、仕方あるまい。
長女は、年支「辰」VS日支「卯」の害持ちの生月冲殺。
初旬「9歳草酉」が、DNA「調」の極端ながら、
一応、宿命害が切れている守護神支合なので、当然か。
大人の対応でもしないと、春を体感できぬからな☆
 
■2013年04月09日(火)草巳
AKB48 秋元才加が総選挙不出馬と卒業発表も厳しい未来●
AKB48秋元(88-0726/海午)が、
06月08日(木辰)に行われる「第5回選抜総選挙」に出馬せず、
グループを卒業することを04月07日(雨卯)のDNA「石」の屈辱日に明らかにした。
「私、秋元才加は今回の選抜総選挙には出馬せず、AKB48を卒業します。
AKB48で学んだ、経験した事をしっかり胸に留めて、
新たな世界へステップアップしたい、沢山の経験を積んで、
将来の夢、女優を目指していきたいという想いが強くなりました」だそうだが、
ターボ運で派手とはいえ、金性ゼロ(DNA龍/玉なし)のピークは、
10年(鉄寅)と11年(宝卯)で、既に終了している。
10年運「16歳灯巳」は、日干「海」を「木」に変質させ、
その干合日干が月干「畑」と二次干合し「山」となり、
天干は年干「山」月干「畑」干合日干「山」の土性天干一気。
地支も火性一気格で、類い希な鬱陶しさは、運営する側も手を焼いた。
総エネルギー261点の存在感があろうと、救いはなし。
「海+牽+未月」は、子供っぽいプライド。
「もう、これ以上は売れない」と実感し干拓された哀れな姿。
今年(13年/雨巳)は、年干と干合日干がさらに干合されて不安定。
月干以外は、地支もふくめて全て火性化で、燃え尽きた。
そして、屈辱をこれ以上受けるのであれば、身を退くのが「牽」主導。
むろん、退かされたとも思えるが、どちらにしろ救いはなし。
スポーツの世界に進んでいれば野人なりの活躍もあったろうが、
さすがに女優という二文字を口にだしても、実現は危うい。
お疲れさまである☆
 
芹那の狙いは関ジャニ∞ 大倉忠義という時間の無駄●
■どこそこの誰かにクドかれたとか、デートしたとか、
どうでもいい話を垂れ流す、
本年(13年/雨巳)は10年に一度の干合年の
(85-0519/山午)の本命は、
関ジャニ∞大倉忠義(85-0516/草卯)だと「東京スポーツ」が報じている。
「芹那はいろいろと噂になっているけど、どうも本命は関ジャニ∞の大倉忠義らしいですよ。
2人の目撃談はよく聞くし、最近も六本木の映画館でデートする様子を
うちのスタッフが見たって言っていましたよ」(某レコード会社社員)だそうだ。
また、大倉といえば、ジャニーズの人気グループのメンバーというだけでなく、
実家が大手飲食チェーンを経営している
大金持ちのお坊ちゃんであることもファンの間では知られている。
芹那は元SDN48のメンバーで、グループ活動をしていたころは、それなりに苦労もしていた。
表面上は天然キャラで売っているけど、実はああ見えて計算高い。
もしかすると、将来の玉の輿を狙っているのかもしれませんね」と断言している。
年干支も月干支も同じだが、子丑天冲殺同士が関わったところで、
壮絶なつぶし合いしか起こらないうえに、
今年は守護神年で、年干と日干が同一で両天秤らしい大倉に、
年支「丑」VS日支「午」の害持ちで、持続力なし表裏ありの面倒な芹那の
バカし合いなんて、時間の無駄だ☆
 
■2013年04月10日(水)陽午
八田亜矢子が経済キャスター就任のお遊び●
■先頃、東京大学大学院の医学系研究科「公共健康医学専攻」を卒業した
八田亜(84-1004/宝未)が、
04月09日(木辰)のDNA「司」の意地汚い(笑)日にスタートした
TBSの深夜の経済番組「ビジネスクリック」(火24:58)で、キャスターを始めた。
同番組は30分間の生放送で、八田はスタジオで、
TBS解説委員と外国為替市場などの金融マーケットや経済の最新トレンドを伝えるほか、
米ニューヨークの日本人専門家の生の声を中継でつなぐ。
「経済が分かると世の中のしくみがより分かると思う。
分かりやすく伝えていきたい」と張り切っているが、
宿命中にあるのは「木」で、これはDNA「司」。
その「木」のある年支「子」と日支「未」は害となり、表裏あり。
月干支「雨酉」の大半会を伴う守護神年だから起用されたと思うが、
その心は、DNA「鳳」のお遊び。
「宝+貫+酉月」は、不器用なうえに、
「子」年生まれ「宝未」は、矛盾を感じぬ良い度胸。
とりあえず自分の経済のためだな(笑)☆
 
SPEED 新垣仁絵の改良改革出来なかった毒婚●
SPEED新垣(81-0407/草卯)が、
00年(鉄辰)の60年に一度の干合支害年に、
ニューヨークで出会った相手と04月08日(木辰)の
DNA「石」の屈辱的害日に入籍したことを発表。
ただでさえ鈍い「草卯」ばかりか、火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の人のうえ、
月支「辰」VS日支「卯」の害持ち。
今年(13年/雨巳)はDNA「龍」の改良改革年なんだから、別離だろうに。
10年運「29歳草未」はM主導DNA「貫」の自己確立大半会。
「いつも陰ながら、自分の事のように応援して支えてくれる彼の寛大さ、誠実さ。
そして何よりもありのままの私を受け入れてくれて言葉で表現するのは難しいのですが、
私にとって居心地が良いソファーなような方です」だそうだが、
子丑なのに二歳年上みたいですよ。ダメだね(笑)。
何を言っても、無駄なのだ☆
 
浅尾美和の危険がいっぱいの入籍報告●
■元ビーチバレー選手の美和(86-0202/灯丑)が、
04月02日(山戌)のDNA「調」の刑日に、
約一年の交際をへた三十代半ばの会社員と結婚したことを、
04月07日(雨卯)のDNA「車」重なり日に放送された
レギュラーを務めている中京テレビ「PS三世」の番組内で明かした。
結婚するなら、干合年だった去年(12年/海辰)ではないのか____。
年支も月支も日支も「丑」の浅尾にとって、
今年(13年/雨巳)は、全てが拓けるとはいえ、
DNA「車」の危険な始まりでもある。
いずれやってくる10年運「41歳木午」は、
DNA「玉」の守護神とはいえ、三柱害の八方塞がり。
手放しでは喜べまい☆
 
神永学の女児誕生に観る苦難の象徴●
■04年(木申)に自費出版した「赤い隻眼」が話題を呼び、
「心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている」でデビュー後、
ヒット作を連発している
(74-XXXX)が、
自身のブログに「戯言」と題して、
第二子女児(13-0405/宝丑)が誕生したことを報告した。
神永の誕生日が不明なので、本人の解説は出来ないが、
女児は親縁薄い生年生月冲殺。
総エネルギー261点の相応の宝石がターボ運付の後天運があろうと、
2旬「20歳山午」の守護神年干「雨」が干合する害は厳しい。
もとより、月干「陽」と日干「宝」の宿命内干合があり、
年干「雨」に干合月干「海」干合日干「雨」の水性天干一気。
母親は「辰」内「山」も土性過多。
父親は「山」の干合相手の年干「雨」。
すなわち、両親の確執により苦難を味わう予定。
このような子供の誕生は親の結婚に理由あり。
最もそういう人でなければ作家など出来ないかもなあ☆
 
■2013年04月11日(木)灯未
かりゆし58 前川真悟に第一子男児誕生の苦難と毒●
■09年(畑丑)には、その後自死することになった
上原美優(87-0502/宝亥)との交際報道がなされた
かりゆし58のヴォーカルの前川真悟(81-0713/海辰)が、
律音年だった昨年(12年/海辰)の人生の折り返し地点に結婚し(相手は不明)、
第一子男児(13-0408/木辰)が誕生したことを、出演したラジオ番組で発表。
「つい先ほど息子が生まれました!
カワイイとか父親としての実感がまだなく、何かフワフワしてます」と感想を話しながら、
実は「(息子を抱いたときに)今までになかった感情があふれ出し、涙が止まらなかった。
自分が体感している人生の面白さを息子にも肌で感じさせたい」と語った。
午未天冲殺がどんな結婚をしたか不明だが、男児とは共通干なしのうえ、
初旬「1歳草卯」は、主導DNA「石」の10年運天冲殺ながら、月支も日支(共に辰)も害。
前川も今年(13年/雨巳)から、10年運「32歳宝卯」のDNA「玉」の害。
生月冲殺の「司」冲殺主導は、家庭に波乱。
危ない危ない☆
 
美勇伝 三好絵梨香のありえない結婚と危険性●
■年支「子」の害を伴う、「11歳雨酉」の忌み神10年運内の
03年(雨未)のDNA「牽」重なり年に、
「ハロー!プロジェクト 新ユニットオーディション」に合格し、
04年(木申)に、
石川梨華(85-0119/山午)と岡田唯(87-1218/宝亥)と共に
「美勇伝」としてデビューするも、
実績を上げられずに、08年(山子)のDNA「鳳」の対冲年に活動終了し、
09年(畑丑)のDNA「調」の害年には、ハロープロジェクトから離脱し、
出身地の札幌で活動していた
三好梨香(84-1108/陽午)が、
同い年の一般人と、年干支「木子」の大半会を伴う
04月08日(木辰)のDNA「龍」の主導DNA守護神日に入籍したことを、
ブログで発表した。
「ずっと描いていた『大好きな地元札幌で幸せな家庭を作る』という
ささやかな夢を彼と支え合いながら叶えて行きたいと思ってます。
日々の幸せを感じながら一歩ずつ一歩ずつ
前に進んで行きたいと思ってます」だそうだが、
三好は金性ゼロ(DNA禄/司なし)の配偶者成分皆無。
さ来年(15年/草未)の守護神支合年まで待てば、
「31歳宝未」の宿命にない金性の干合支合になるのに残念な人だね。
それに「陽午」が三十前に結婚したところで、
相手の運を喰いつぶす「ヒノエウマ」。
やれやれ☆
 
佐々木心音壇蜜対決扇動に旨味なし●
■一部では、壇蜜(80-1202/畑酉※)ソックリだと噂され、
06月15日(海子)に公開される映画
ギアなあなたで、
(壇蜜と)ダブル主演する
木心音(90-0522/灯亥)は、
DNA「石」主導で、大物(笑)を利用する熱すぎる火の玉。
「石+鳳」は、ごくごく普通に見えるが、生年冲殺なため妙。
「石+牽」は、月干支「宝巳」と天剋地冲もあるため、大いなる打算。
「石+司」は、家庭優先。実際母親との結びつきも強い。
「石+禄」は、そのものズバリ他人を利用。
「灯+石+巳月」は、おだてれば喜ぶ女王気質。
「午」年生まれ「灯亥」は、存外まとめ下手。
生年冲殺・生日冲殺・互換冲殺と苦悩も少なくないが、
壇とは年干同一のうえ、壇の月干支が「灯亥」なので、そりゃかぶるだろうさ。
月干支同士は天剋地冲同士で、お友だちにはなれぬところに、
今年(13年/雨巳)の壇は、DNA「禄」の商売優先。
佐々木は、もとより年干「鉄」に月干「宝」で、お金になればなんでもやる。
煽るのはいいけど、後天運の応援が全くない佐々木が話題作りしても、
天剋地冲年で、ただただ壊れるだけではないのか☆
 
■2013年04月12日(金)山申
市川海老蔵がブログ開設という追いつめられた環境●
■歌舞伎俳優の市川老蔵(77-1206/灯酉)が、
04月09日(草巳)のDNA「龍」の守護神天冲殺半会日に、
オフィシャルブログを開設し、
04月10日(陽午)に更新したエントリー「歌舞伎十八番」では、
「最近の悩みが、ずっとある」と告白。
しかし、これはまるで日本語になっていない。
頭は大丈夫か___。
松竹は管理していないのか___。
生年冲殺であろうと、私的部分は深い夢の中。
特に、10年運「30歳山申」は月支「亥」の害で、不安がいっぱい。
さらに今年(13年/雨巳)が、その月支対冲を伴うDNA「車」の忌み神半会年。
そりゃ、心も落ち着かんであろうよ。
だが、ブログなんてお笑いではないか。
成田屋としての自覚があれば、じっとじっと静かにしているか、
社会貢献に励んでいるはずであろうさ☆
 
小向美奈子が十五歳での妊娠を告白の毒の中●
■覚醒剤使用で逮捕され、ストリップやAV女優として劇的復活を遂げている
小向奈子(85-0527/陽寅)が、「東京スポーツ」で手記を連載し、
デビュー間もない十五歳(00年/鉄辰)に、
当時交際中の男性がおり妊娠したが、
相手がバイク事故で亡くなったために、出産を断念したと告白している。
今年(13年/雨巳)は、DNA「牽」の害年。
今月(04月/陽辰)は、主導DNA「貫」月___。
不名誉というか不祥事を告白して消化なのか。
月干支「宝巳」VS日干支「陽寅」の干合支害持ち。
「23歳木申」は、DNA「龍」の害切れとはいえ、
ただの破れかぶれ☆
 
百田尚樹 海賊とよばれた男が2013年本屋大賞受賞の技●
■「探偵!ナイトスクープ」などを手がけた放送作家出身で、
06年(陽戌)の守護神年に「永遠の0」でデビューした
尚樹(56-0223/鉄申)が、
04月09日(草巳)の干合支合日に、
海賊呼ばれた男で「2013年本屋大賞」を受賞した。
同作は、出光興産と英アングロイラニアン社が争った
53年(雨巳)の05月09日(鉄申)に起きた「日章丸事件」をモデルにした歴史経済小説で、
実に60年も前の題材であるばかりか、日干支が共通する百田らしい。
「禄」主導の「鉄申」で、押しの強い引力本能がある百田は、
10年運6旬「54歳陽申」は、DNA「車」の守護神繁忙期。
年干支「律音」で、より重厚な仕事世界への取り組みに期待がかかるところに、
今年(13年/雨巳)のDNA「調」の刑と支合年は、競争して極端な成果。
04月(陽辰)は守護神半会月なので、干合支合日受賞は真っ当な所だね。
それなりのレベルの仕事をしていれば、忌み神年も何もない。
第10回目で「禄」主導が受賞というのも感慨深い。
見習いたいものよ☆
 
■2013年04月13日(土)畑酉
オセロ 松嶋尚美が腹をくくって解散を発表●
■93年(雨酉)に結成されたオセロ(93-0429/鉄辰)の解散を
白の
松嶋(71-1202/宝酉)が、自身のブログで発表。
「今、解散します!! これからはお互い頑張ります!
色々迷惑かけた皆様、応援してくれてた皆様…ありがとうございました!!
オセロでした」と最後に
中島知子(71-0825/海午※)との
ツーショット写真まで掲載するサービス。
今年(13年/雨巳)は、松嶋の年支「亥」対冲と、
月干支「畑亥」の天剋地冲で、DNA「鳳」は「もういいや」であろう。
10年運「42歳木辰」は、DNA「司」の支合だし、騒動もたくさん。
火性ゼロ(DNA車/牽なし)にとっては、最後は冷たいのだから(笑)。
中島は年干支「宝亥」VS月干支「陽申」の干合支害持ちで環境汚染宿命。
生月冲殺で揺れている「海」に安堵なし。
「亥」年生まれ「海午」は異性理解不能のうえに狭視。
ようは了見が狭いのである。
次旬は「45歳宝丑」の害なのだし、もはや終わり。
「35歳鉄子」の主導DNA「龍」の対冲で壊れたのだが、
そもそものスタートが、DNA「石」年の妥協屈辱であったしね。
もはや、これ以上話題にしたくない松嶋が幕引きしたんだよ☆
 
相葉雅紀が親孝行出来ぬ事情●
相葉(82-1224/宝巳)の実家が
千葉県内で営む「チャイナハウス 桂花楼」で、
本人のサインが撤去され、店舗オリジナルの息子のグッズも販売中止になりそうだと、
「週刊女性」が報じている。
第三者なら、圧力のかけようもあるが、実家とあって、
強面のジャニーズ事務所も直接であろうと間接であろうと圧力をかけられぬそうで、
仕方なく本人に介錯人をつとめさせた模様。
「店内にはメンバーのサインだけでなく、
ファンから送られてきた相葉の誕生日プレゼントなどが大量に飾られていました。
これらがすべて撤去されてしまったようで、
相葉ちゃんのお母さんも相当落ち込んでいましたよ」と同誌は伝えるが、
木性ゼロ(DNA禄/司なし)の相葉が、10年運「14歳木寅」の関わりではやむを得ずか。
母親成分は、日支「巳」内の「山」。
ただし、父親成分である「雨」は宿命内に存在せず、
陰陽関係の「海」が年干と月干に日干と同格で存在するため厄介。
「戌」年生まれ「宝巳」は、矛盾だらけとはいえ、
制約のない申酉天冲殺としては、親孝行が出来ず不本意だよねねえ。
現在の「24歳草卯」は、放出だから廃棄も納得済みだが、
次旬「34歳陽辰」で結婚でもして、孫の顔でも見せるしかないね☆
 
後藤真希実弟の後藤祐樹が自叙伝で真相告白の愚●
■00年(鉄辰)の宿命にない金性(DNA車/牽)の
60年に一度の干合支害年に芸能界デビューし、
02年(海午)の宿命にない水性年で、未成年飲酒事件で引退。
さらには、07年(灯亥)の主導DNA「鳳」年には、
銅線強盗で逮捕され懲役5年6カ月となった
EE JUMPユウキこと後藤祐樹(86-0710/草卯)が、
仮出所後に初めて事件の真相を語った書籍
懺悔 ゴマキの弟呼ばれて』が、04月24日(鉄申)の、
忌み神害月(04月/陽辰)の宿命にない金性日に出版される。
自叙伝ではそんな彼が、父の死、母の死、芸能界での恋、
獄中生活、そして姉である
後藤真希(85-0923/草丑)のことなどについて初めて告白。
芸能界で必死にがんばっていた姉の足を引っ張り、
たくさんの人々を不幸にしてしまったとして懺悔の思いを打ち明けているそうだが、
いくら宿命にない守護神水性年の今年(13年/雨巳)だろうと、
またまた姉の足を引っ張っているのが、不幸だ☆
 
相武紗季の理解不明な米国短期留学の言い訳●
■今月(04月/陽辰)から中途半端に米国に5カ月間の短期留学すると発表した
相武(85-0620/鉄寅)が、手っ取り早く稼げるCMには露出するそうで、
04月10日(陽午)の忌み神天冲殺半会日に、
牛丼チェーン「吉野家」の新CM発表会で、
「いろいろ見て来れたらいいな。不安なことは何もないです」と力強くコメント。
報道陣から「ハリウッドへの第一歩?」と聞かれた相武は、
「海外の作品も好きなので、日本の作品との違いが見れたら。
英語が全然しゃべれないところから、
ちょっとしゃべれるくらいになって帰ってこれたら」と意欲を語りつつも、
「あまりハードル上げないでくださいね。
(語学の取得は)“だいぶ先”じゃないですか〜?」と
自身の名前にかけたダジャレで煙に巻いた。
生月冲殺が仕事を休むなんてとんでもないことだし、
「玉」冲殺主導に米国が似合わぬのは確か。
「丑」年生まれ「鉄寅」は、内外シーソー。
10年運「26歳草酉」は、年干支「草丑」の大半会を伴う干合で、
どこから眺めても遊んでいるヒマなし。
厄介払いや特別な事情がない自己発揮は悔やまれる。
真面目に仕事をするしかないんだぞ☆
 
■2013年04月14日(日)鉄戌
壇蜜(80-1202/畑酉※)は、着物は似合うんだが、
ドラマ「お天気お姉さん」の演技は下手すぎて、
バラエティとは訳が違うな☆
 
志村けん北野武の美談はデマとグレート義太夫が否定●
■インターネットを中心に広まっている「志村けんとビートたけしの美談」について、
たけし軍団の
グレト義太夫(58-1226/灯丑)が、twitterで否定した。
この美談とは、86年(陽寅)のフライデー襲撃事件の直後、
北野武(47-0118/灯酉)が謹慎していた間、
たけしの家族とたけし軍団の生活費の面倒を、
志村けん(50-0220/陽戌)が見ていたというもの。
たけしの著書が出典とされており、志村の負担額は3億円にも上ったとか。
当時二人は「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」と
「オレたちひょうきん族」で視聴率を争うライバル関係だったにもかかわらず
支援した「いい話」として、Facebook上で急速に広まっていたようだが、
グレートは「FBで、エラい勢いで広まってる『志村さんと殿の美談』」に対して、
「当事者として言わせてもらうと『初耳』そう言う事実は無かったと思うよ、
誰が流行らせたんだか…」と否定した。
「ね〜、そんな『直接的な支援』しもされも普通しないよね。
あれから30年、そんな話し1度も聞いた事無いもの…」(原文ママ)。
また義太夫は、続けて「何かね、FBに『それ、ウソですよ!』
なんて書くのも野暮ったいと思ったんだけど、黙ってる訳にも行かなくてさ、つい…」
とわざわざ言及した理由を明かしている。
「車」主導の義太夫らしい発言だが、それだけに信憑性もあり。
そもそも、志村の日干支と北野の年干支が同一とはいえ、
日支同士は害の関係だし、
これは年支「戌」VS日支「酉」の害持ち北野の典型的天冲殺現象でしょ☆
 
椎名林檎が素足で街を徘徊する奇行と児玉裕一との関わり●
■略奪愛のあげく子供を出産したかと思えば、僅か一年程で離婚。
その後も数々の男性と噂になってきた
林檎(78-1125/宝卯)が、
なぜか片手に靴を持ち、片足だけ素足のまま路上を歩く椎名と、
ヒゲ面の男性との2ショットを「週刊新潮」に報じられている。
相手の男性は、兼ねてから略奪愛がウワサされていた
映像クリエイターの
裕一(75-0820/山戌)で、
一昨年(11年/宝卯)の椎名の人生の折り返し地点の律音年で、
椎名がボーカルを務めていた東京事変のミュージックビデオを児玉が担当してからだとか。
同誌によれば、児玉は現在こそ独身だが、
椎名との距離を縮めていった時期には、まだ既婚者だったそうだ。
渋谷区内の児玉のマンションに入り浸っているそうで、
さすが午未天冲殺の女性は、子供がいようと、教育上よろしくないことをやってしまう。
DNA「鳳」年は、気が緩むんだよ(笑)。
「椎名からの強烈なアプローチがあったようです」だそうだが、
実際は児玉の日干支「山戌」が椎名の年干支「山午」を大半会するため、
冬生まれの椎名にとって、児玉が守護神だろうと、
児玉に勝手にいれこもうと、何の励みにもならない(笑)。
今年(13年/雨巳)は、60年に一度の干合条件なし天冲殺の夢の中。
愚かな男もいるものだ☆
 
浅野温子が恩人を裏切り続ける古事記よみ語りと夢の中●
■すっかり過去の人になっている温子(61-0304/陽申)が、
10年程前から何よりも大切にしている
全国の神社を回り、現代語に脚色した「古事記」をひとりで読み語る
『浅野温子 よみ語り(わたしの古事記)』という舞台を巡り、
逆風が吹いていると「女性セブン」が報じている。
これまでに、伊勢神宮(三重県)や出雲大社(島根県)、熱田神宮(愛知県)など、
全国の有名神社で行われてきたもので、
その功績から、08年(山子)には国学院大学の客員教授に就任しているが、
そんな彼女を長年にわたって支えた、浅野の人気が下降してきた
98年(山寅)から自分の事務所に所属させ、
03年(雨未)から古事記の企画を考案して、浅野を復活させた50代の元女性社長。
現在は、浅野はこの事務所を辞し、
「読み語り」も、あたかも自分が考案したと涼しい顔をしているばかりか、
10年(鉄寅)に、この社長が乳癌で倒れた途端、
後ろ足で砂をかけるように逃げだしたというもので、
ようは、浅野のDNA「牽」の条件なし天冲殺刑と支合という夢の中。
初旬条件もなく「11歳海辰/21歳雨巳」の10年運天冲殺で、
一気に認知されるも、奉仕も感謝もなければ、こんなもの。
そもそも「龍」主導の浅野に古事記は荷が重かったのであるな☆
 
オードリー 若林正恭がイケメン下ネタ福山雅治をガチ批判●
オードリーのツッコミ担当である若林(78-0920/草酉)が、
04月06日(海寅)深夜に放送された「オードリーのオールナイトニッポン」で、
「俺たちみたいなクズ、こういうクズが下ネタ言うの大事にしていきたいと思う」と発言。
その流れから「たまにいるっしょ? イケメンで俳優かアーティストかなんかで、
『下ネタ言えますよ?』みたいな」と言い放った。
相方の
春日俊彰(79-0209/灯未)は「います?」などとトボけてフォローしていたが、
若林の発言をさえぎるようにCMが入ってトークはフェイドアウト。
若林は「強制終了ですか?」と言いながらも、
CM入り直前に「大っ嫌いなんですよ、ああいうの」とダメ押しした。
個人名を挙げてはいないものの、イケメンで俳優・アーティストで下ネタもこなすといえば、
福山雅治(69-0206/海子)が真っ先に思い浮かぶ。
福山は芸能界屈指の女性人気の高さで知られる超イケメンでありながら、
「AV好き」「オナニー好き」を自称し、
男性用自慰グッズ「TENGA」の愛用者であることも公言している。
もし福山に対する批判だったのであれば、
オードリーの番組の直前の時間帯に
「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ」が、
オンエアされているだけに、かなり大胆な批判だったと周囲は心配している。
若林が番組の最後に「ありがとうございました。
オードリーの若林でした。バイバルディア!」と発言したことも、
批判の矛先が福山だったという根拠になっており、
「バイバルディア」は、福山が出演する東芝のハイビジョンレコーダーの名称だものな。
この因縁の発端は「2年前に放送されたラジオで、
福山とオードリーが共演したときに、
ゲストの歌手
miwa(90-0615/宝亥)が、「この中で好きなタイプは?」と聞かれた際に、
コンビ解散危機を乗り越えたエピソードに感動したから若林と答えたことに、
福山は自分が指名されずに気を悪くし
「ああいう(解散危機)話って、どこにでもあるんですよ。
会社だってバンドだって劇団だって。それを出すか出さないかの違いですよ」と発言。
さらに福山は「それを出したということは、
そういう話を出すようなタイプの人間ということですよ」と徹底的に若林にダメ出し。
福山はギャグにしながらも、本気で気を悪くしていたらしく、
この時、面目を潰された若林もこの時のことをいまだに根に持っていると、
「サイゾー」が報じている。
若林は「車」主導の危ない人だし、
午未天冲殺なのに、水性ゼロ(DNA龍/玉なし)で目上運なしの盆栽でカチカチ。
「車+車」は、本能に従うようなものだから、
宿命にない水性年(13年/雨巳)で、ついつい本音がでたわけ。
「午」年生まれ「草酉」は、一か八かの大勝負師。
やるなら徹底的にやってもいいんだよ(笑)☆
 
■2013年04月15日(月)宝亥
天海祐希の雨年は独創的ばかりで男気強力●
■「女信長」が見事にコケた祐希(67-0808/木辰)には
ストロング・チューハイはお似合いだけど、
今年(13年/雨巳)は、月干「山」が干合で「陽」化するから
守護神火性の「鳳」も増えて、あんな大股開きサイボーグに変身かよ。
「禄」主導はサービス精神旺盛なんだね☆
 
澤村拓一森麻季の離婚と理性なし●
■読売巨人軍の澤村(88-0403/山子)投手と、
元日本テレビアナの
森麻季(81-0219/山辰)が、
03月31日(陽申)の二人のDNA「龍」の半会日に離婚したと、
系列の「スポーツ報知」が報じた。
二人は、10年(鉄寅)の澤村の学生時代に知り合い、
11年(宝卯)の森の害年に結婚したもので、
「山」同士の結婚に感動などありようがないし、
森の害年は、汚れと病気を一手に引き受けたものばかりか、
澤村の月干支「草卯」が、森の年干支「宝酉」を天剋地冲するため、
森のやることなすことに澤村がいちゃもんをつけるような格好。
ほいほいと結婚した森も情けないが、
森の未来をなき物にした澤村の責任は重いぞ。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人で、
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、澤村は釈明も満足に出来ぬであろうな。
同じく火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人の森は、
年長者として身から出た錆だな。
「今もお互いを尊敬する気持ちに変わりはありません。
これからも応援し合いながらそれぞれの新しい人生を形作っていきたいと思います。
応援して下さった皆様に感謝するとともに
二人の今後を温かく見守ってくださるようお願い申し上げます」って、
いったい誰に言わされてるんだよ(笑)☆
 
高橋愛が両側声帯結節手術で最高級年を棒にふる残念●
■01年(宝巳)の大半会年に、「モーニング娘。LOVEオーディション21」に合格し、
同年10月31日(灯卯)の天剋地冲日に、5期メンバーとしてデビュー。
07年(灯亥)には、リーダーに就任するも、
11年(宝卯)の納音年に同グループばかりかハロープロジェクトからも卒業した
(86-0914/宝酉)が、02月(木寅)後半から喉に違和感があり、
声が出しにくい症状があり、病院で検査を受けた結果、両側声帯結節と判明し、
04月30日(陽寅)の主演舞台「もしも国民が首相を選んだら」終演後に
手術を行い治療に専念すると発表した。
高橋は、水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、休息なし遊びなしなのに、
今年(13年/雨巳)は、年支「寅」の害を伴う、宿命にない水性年で挫折なんて、
遊びすぎなんだろうね。
初旬「2歳陽申」は、年干支「陽寅」を納音する成功運型。
現在の「22歳木午」は、年支「寅」の半会を伴うDNA「司」で、
真面目に仕事に励む時期。
日頃の精進がない残念な人だね☆
 
ともさかりえが現夫と元夫と三人で食事する狂気●
■03月27日(海辰)の大半会日に、ともさりえ(79-1012/海子)が、
自身のblogに、08年(山子)の相手の60年に一度の
干合支害年の大晦日に離婚を発表した
俳優兼演出家の元夫の
河原雅彦(69-0707/雨未)と、
ともさかの条件なし天冲殺だった11年(宝卯)に再婚した
現在の夫の
スネヘアー(71-0506/宝卯)との2ショット写真をアップした。
ブログによれば、その日ともさかは夫と一緒に、
河原が演出した舞台「八犬伝」を観劇し、
終演後三人で合流し食事をしたのだという。
これを報じている「女性セブン」によれば、
「夫妻を招待したのは河原さんだったそうです。
別れたとはいえ、河原さんとともさかさんは、
子供の両親ということで離婚後のほうが仲良しでしたから」だとかで、
河原は、離婚後は、ともさかが親権をもった
長男(04-1027/畑卯)を預かったり、
学校行事に参加するなど、離婚前よりも良好な関係にあったそうだが、
「スネオヘアーさんと河原さんは、以前番組で共演したことがあって、
もともと顔見知りだったそうです。
そして今回、スネオヘアーさんは河原さんの舞台を観劇して、
“かっこいい”“面白い”と絶賛していました」と仲良しなんだそうである。
ここで今一度、ハッキリさせておくが、
ともさかと河原は十歳違いのため、羅状も含めて共通干支あり。
ただし、妊娠と結婚は河原の条件なし天冲殺(04年/木申)だったし、
離婚は、河原の干合支害年(08年/山子)。
むろん、年支「未」VS日支「子」の害持ちで持続力皆無の
ともさかに結婚なんて、およそ似合わない。
しかも、再婚相手は共通干支も何もなく天冲殺範囲をもたれた、
年上午未天冲殺男で、それも主導DNA「玉」年とはいえ、
ともさかの夢の中なので、まったくもって整合性なし。
当日は、干合土性天干一気の息子はどうしていたか知らんが、
教育上悪い、大義なき生き方をしていれば、
いずれ自然界に成敗されるのは、見えている。
しかし、河原の月干支「宝未」が、スネオヘアーの年干支「宝亥」を大半会し、
(スネオヘアーの)日干支までいれれば、三合会局まであり、
初旬「10歳海辰」の害を受けている、
そのスネオヘアーのみ、今年(13年/雨巳)は守護神年。
河原が「ともさかをヨロシク」みたいな発言をしたのであれば、漫画みたいな話。
こうしてダメな大人が、教育上悪いことをしているのだな☆
 
■2013年04月16日(火)海子
SKE48 中西優香がキャプテンでは勢いが削がれる●
SKE48が04月13日(畑酉)、名古屋の日本ガイシホールでコンサートを行い、
08年(山子)のグループ結成以来初となるチーム組閣を発表。
W松井としてグループをけん引してきた
松井珠理奈(97-0308/畑酉)と松井玲奈(91-0727/山戌)が
別々のチームに所属することが決まった。
珠理奈がチームSに残留、玲奈は干合天冲殺年らしく
チームSからチームEへ異動しリーダーに就任する。
また「SKE48キャプテン」が新設され、
AKB研究生からSKE1期生となった経歴の
チームSリーダー兼任の
西優香(89-0124/木申)が指名された。
愛知県刈谷市出身の午未天冲殺だから中西がSKEに存在意義はあるが、
いくら時代整合性ある冬生まれであろうと、
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人ばかりか「16歳雨亥」の害はありえない。
年干「山」は今年(13年/雨巳)のダブル干合で「陽」化してようと、
害は害なんだから、期待してはいけないだろう。
それに年長者だろうと、ターボ運だろうと、
「司」主導で地味な午未にキャプテンは、荷が重いというものだよ☆
 
YUIあらためyui波多野裕文と熱愛の不健康さ●
■昨年末(12年/海辰)で引退したかと思ったら、
05月(灯巳)から四人組バンド「FLOWER FLOWER」のヴォーカルとして活動する
YUIあらためyui(87-0326/木戌)が、
People In The Boxのヴォーカル兼ギターの
野裕文(81-0825/草亥)と見られる男性と
交際中だと「FRIDAY」が報じている。
二人の出会いはライブ会場で、昨年から歌手活動の合間をぬって、
個人的に対バン形式のライブに参加していたyuiは、
何度かPeople〜と共演するうちに、
同じ福岡県生まれの波多野と意気投合。
先月中旬、yuiが当時付き合っていた彼と破局したのを機に、
一気に熱愛へと発展したとか。
今年(13年/雨巳)に入ってから自慢の黒髪ロングヘアをばっさりと切り、
まるで時代に逆行するように(玉年だよ〜)
金髪ショートに変身して心機一転の決意を示したyuiだが、
共通干支もない日座冲殺同士で交雑しても、仕方なかろう。
総エネルギー174点ながら、木性19点火性7点土性7点に比して、
金性は87点水性が54点という、妙な鞭みたいな宿命が、
yuiにからみつくのを想像しただけでも、吐き気がしそうだが、
相手が全冲殺だからといって、
「卯」年生まれ「木戌」の異性理解不能が惚れていいなんていうことはなし。
所詮夢と害の中で(05年/草酉)にデビューして、いずれ消えゆくyuiだけど、
生き急ぐには、若すぎるぞ☆
 
■2013年04月17日(水)雨丑
布施明(47-1218/宝未)と
FUNKY MONKEY BABYSファンキー加藤(78-1218/木寅)が
誕生日が同じのうえ、入籍が同時ということで、
「何か運命を感じる」とか(加藤が)喜んでいるらしい。
双方とも、そこはかとなく、害が見え隠れするが、
あまりお近づきにならないほうが賢明だと思う☆
 
FUNKY MONKEY BABYS ファンキー加藤が結婚で毒を満喫●
■06月02日(畑亥)の干合支合日に解散する
FUNKY MONKEY BABYSファンキー加藤(78-1218/木寅)が、
11年(宝卯)の相手の条件なし天冲殺半会年に交際が発覚した
元マネージャー(78-0415/灯未)と、
彼女の誕生日である04月15日(宝亥)のDNA「牽」の支合日に入籍したことを、
自身のブログで発表した。
「このタイミングで入籍させて頂いたのは、応援をしてくれているファンの皆さんに、
FUNKY MONKEY BABYSのファンキー加藤として、
今回の報告をしたかったからです」だそうだが、意味不明だろう(笑)。
この日は、金性ゼロ(DNA禄/司なし)で野人で、
家庭的な味わいに飢えている彼女の宿命にない金性の半会日。
月干「陽」が干合されれば「海」にもなるので、
宿命にない配偶者成分も一瞬出現した日になり、相手には有り難いようにも見えるが、
加藤は子丑天冲殺ながら、僅か179点の弱々しい「木」。
相手は守護神の火性だが、火性117点土性118点の総合エネルギー297点の熱い人。
しかし、子丑天冲殺は同級生であろうと、年上と一緒になるわけにはいかぬし、
加藤は、今年(13年/雨巳)は主導DNA「玉」年とはいえ害年。
本来は過去の見直しなんだが、ファンモン解散だけではすまんだろう。
生月冲殺のうえ、同じく金性ゼロ(DNA車/牽なし)の加藤にとっても、
入籍日は、相応に意味があるが、
彼女の10年運「33歳海子」は、干合支害で異性の裏切りでもある。
自身の条件なし天冲殺と加藤の宿命にない金性年で発覚した二人。
整合性なき辛さはいつかやってくるのだろうな☆
 
布施明森川由加里と信じがたい結婚に踏みきる不可思議●
■80年(鉄申)のDNA「石」年に、共通干支がある
オリヴィア・ハッセー(51-0417/灯亥)と結婚しながら、
結婚が相手の害年でもあり、89年(畑巳)に離婚した
(47-1218/宝未)が、
87年(灯卯)にデビューし「SHOW ME」をヒットさせた
由加里(63-0412/草酉)と、
04月15日(宝亥)の布施の大半会天冲殺日に双方の公式サイトで入籍を発表。
布施は「実はこの度、私、布施明と森川由加里は、入籍することと相成りました」と、
森川も「この度 縁ありまして、歌手、布施明さんと結婚致しました。
二人寄り添い 歩いて参りますので どうぞこれからも
お力添えの程 宜しくお願い申し上げます」としているが、
共通干支もないのに、何を血迷ったのだろうか____。
出会いは11年(宝卯)に、アルバム作成時の共演らしいが、
これは布施の年支「亥」と日支「未」のからむ三合会局と大半会年。
森川は守護神月干「陽辰」の干合支害だから不安だったんだろうなあ。
布施の年干「灯」は月干「海」と宿命内干合すれば
「草」になる程度の共通干では、あまりにも希薄。
生年冲殺・生日冲殺・互換冲殺の布施に、
「卯」年生まれ「草酉」は、まとめ下手の森川。
完璧を求める森川にしては、あまりにも稚拙な判断。
今年(13年/雨巳)は、DNA「龍」の改良改革半会年が悔やまれるうえに、
布施にとっては、DNA「鳳」の気の緩みではないか。
森川は、春生まれのため「シクラメンの香り」はしないと思う(笑)☆
 
浅田真央が自己発揮で来季引退を決めた人生の折り返し●
■フィギュアスケート女子の(90-0925/雨巳)が、
来季限りで現役を引退する意向を、04月13日(畑酉)のDNA「車」の半会日に示し、
04月14日(鉄戌)のDNA「玉」日に、報道陣の取材に応じた。
「今年に入って徐々に思い始めた。自分の気持ちがふと来た時があった」などと説明。
ソチ五輪が開かれる来季を区切りにすることを改めて語ったのだが、
今年(13年/雨巳)は律音で、鎧甲を着て強く戦える人生の折り返し地点だが、
これまで不運な人はこれをキッカケとして、はばたくこともあるだろうが、
浅田のように、相応に結果を残してきた順調な人は、
来年(14年/木午)などはないと考えねばなるまい。
そもそも生年冲殺の浅田が、条件あり天冲殺(14年/木午)の一年も前に、
自己発揮して引退など口にして、良いわけもなし。
とてつもない目標でも実現しない限り、
生年冲殺は誰かに肩をたたかれて、辞するものである。
「午」年生まれ「雨巳」は、孤立しやすい。
まして「
いい旦那さんと巡りあってちゃんと子供が欲しい」に心ときめかせ、
ソチに向かうなんてありえない。
初めから言い訳を用意しておく、生年冲殺は許すまじ。
「龍」主導だから、実は飽きたのであろうな☆
 
訃報.三國連太郎が水没して逝く人生の折り返し地点●
■年干「海」月干「雨」日干「雨」の
水性天干一気にして、午未天冲殺の
俳優・
三國連太郎(23-0120/雨巳)が、
04月14日(鉄戌)のDNA「玉」日に、急性呼吸不全で死去。
初旬「5歳木寅」は、常に反逆。
午未なのに、年下女性を追いかけまわし、
一生ターボ運で目立つ怪演は、評価の分かれるところ。
現在は「85歳海戌」の水性天干一気強化とはいえ、
「雨」も濁り危機的。
今年(13年/雨巳)は律音で、人生の折り返し地点だった☆
 
磯山さやか下平さやかから長野久義強奪という悪い冗談●
■昨年(12年/海辰)末には、結婚間近と言われていた
読売巨人軍長野久義(84-1206/木戌)と、
テレビ朝日下平さやか(73-0212/畑卯)アナが、
長野のDNA「龍」の改良改革年と下平の害年のため破局し、
長野は、新たに
さやか(83-1023/木申)と交際中だと、
「週刊ポスト」が報じている。
テレビ朝日内では「二人の関係はもう終わった」との情報が広まっており、
長野は今年初めに日大時代の同級生数名と連れだって食事をしたそうだが、
その時にタレントの磯山さやかを連れてきたことで、
一気に磯山との仲が深まっているようにも思える。
磯山の日干支「木申」が、長野の年干支「木子」を大半会するも、
「木」同士は群れやすいとはいえ、感動なし。
それに、年支「亥」VS日支「申」の害持ちで表裏あり持続力なしの磯山に、
生日冲殺付の日座冲殺さげ▼▼の長野がつるんでどうする。
長野は磯山に天冲殺範囲を持たれており、
大半会の形状からも、磯山サイドのアプローチは濃厚だが、
「子」年生まれ「木戌」の長野は内外シーソーまである。
害持ちの磯山らしい、とんでもない男に入れあげているわけだが、
長野も年干と日干が同一で両天秤で、少しも爽やかではない。
悪い冗談というか、不幸は世の中にいくらでもあるなあ☆
 
■2013年04月18日(木)木寅
西山茉希が妊娠三カ月で問われる早乙女太一の男気●
■11年(宝卯)に交際が発覚し、12年(海辰)には堂々交際宣言したかと思えば、
DV騒動で
早乙太一(91-0924/灯酉)との
同棲を解消したとされていた、
西山(85-1116/畑未)が、
妊娠三ヶ月だと「スポーツニッポン」が報じている。
関係者によると「今後、二人が結婚するかどうかは分からない」としているが、
そりゃ、宿命にない水性(DNA車/牽)年二年目の危険な「雨」の夢の中だものな。
西山のDNA「鳳」の遊びの年に始まったが、
そこは早乙女の天剋地冲で、発展はいまひとつ。
そもそも生年冲殺の西山が、仕事がらみではなく趣味の延長で始めたことだから、
整合性はいまひとつだから、応援もなかなか得られず。
早乙女の天冲殺で子供が産まれても、親縁がなくなるのは濃厚だが、
早乙女だって子供ではあるまい。
配偶者成分がなくったって、
怖い子丑に関わったのだから、覚悟しなくちゃな☆
 
根本美緒が第二子女児を害日出産ばかりですまぬこと●
■生月冲殺なのに01年(宝巳)に就職した東北放送を、
担当番組の企画で気象予報士の試験の資格を取ったのに、
04年(木申)のDNA「車」年に辞め、フリーアナウンサーとなり、
09年(畑丑)に、大学病院に勤務する7歳年上の
医師(72-0530/宝酉)の天冲殺に結婚。
「山」なのに12年(海辰)には、米国シカゴに移住してしまった
根本(79-0210/山申)が、
共通干のなかった
第一子女児(10-0731/海午)に続き、
第二子女児(13-0415/宝亥)を害日に、出産したことをブログで発表。
60年に一度の干合支合年だけに、月干「陽」が同一という共通干あり。
とはいえ、女児しか産まれぬばかりか、
第二子は、月干「陽」と日干「宝」が干合すれば、
年干「雨」に干合月干「海」に干合日干「雨」の干合水性天干一気。
初旬「7歳灯巳」が日干支を天剋地冲するので、成功運型のうえ、
ターボ運だけれど4旬「37歳鉄申」の害が待ち受ける。
「とっても元気で産まれてすぐ もう チュパチュパとおっぱいを上手に飲んでいて
思わずうるっとしてしまいました。
二人の女子と共にさらに賑やかな家族になるのを楽しみに」と心境をつづるが、
共通干のない姉に共通干はあろうと害関係の干合水性天干一気の妹は、
共に異常干支では、身が持たぬ感もある。
夫の年干支(海子)は、長女の日干支(海午)に納音されている時点でアウト。
共通干支のない相手なんかと結婚するもんではないね。
海外にいるうちは、緊張感もあるからいいけれど、帰ってきたら崩壊だ。
それが夫の次旬「42歳鉄戌」の害なんだろうな☆
 
SKE48 菅なな子がロボ女な理由●
■「体力と根性だけは誰にも負けない」と豪語し、
工学系アイドルを目指している
SKE48チームSのメンバー菅なな子(96-1111/海子)が、
04月15日(宝亥)発売のロボット総合情報誌「
ロボコマガジン」5月号に登場している。
ロボコマガジン」は創刊15年の歴史をもつロボット総合情報誌。
菅は2足歩行ロボットを自ら制作し複雑なモーションのプログラムまで
組むほど技術に精通しており、
以前テレビ出演の際にその特技を披露し話題になった。
菅は単独表紙を飾り、さらに誌面ではロボットにはまったきっかけなどを語っている。
「『歴女』みたいに『ロボ女』が流行ったら、すごくいいなと思います」と
「ロボット好き女子」が増えてほしいとコメント。
菅は、時代整合性ある冬生まれながら、金性ゼロ(DNA龍/玉なし)。
だからこそ、無限大な胸キュンがロボットに向かうが、
総エネルギー173点中守護神火性は7点、抑えの土性も5点なのに、
水性は173点という存在感だが、浄化されぬため、鮮度は疑問。
初旬条件はなくも、2旬「11歳灯酉」3旬「21歳陽申」は守護神で期待大だが、
4旬「31歳草未」は、年支も日支も害で、厳しい。
SKE48の5期生オーディション合格もデビューも、
宿命にない金性の条件なし天冲殺の夢の中。
今年(13年/雨巳)は月干支「畑亥」の天剋地冲の、横道にそれるも、
「陽辰」月だから、まあこの程度は芸のうちとしておくか(笑)☆
 
■2013年04月19日(金)草卯
櫻井翔の水10家族ゲームのもっともらしさ●
■今年(13年/雨巳)は、60年に一度の干合支合年を迎えた、
櫻井翔(82-0125/山申)が、
81年(宝酉)に、第5回すばる文学賞を受賞した
干合火性天干一気の
本間洋平(48-1109/山戌)作の
水10
家族ゲに主演した。
本間の今年は60年に一度の干合天冲殺。
DNA「調」の害年に受賞したため、その後は静かなものだが、
さすがに時代整合性ある冬生まれの商売人である。
松田優作(49-0921/木寅)や長渕剛(56-0907/灯丑)が
名前を売った役に櫻井では意外すぎるのではないかという外野の声は、
木性ゼロ(DNA車/牽なし)で、火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人なんだから、
独自の色合いで演じられたように思う。
ない人は、演出家にとっては扱いやすい部分もあるしな。
他では、
神木隆之介(93-0519/鉄子)は、
木性ゼロ(DNA禄/司なし)で、実際にそのような役どころだが、
生月冲殺が守護神条件あり天冲殺年なのだから、
良い配役がされた感がある☆
 
コーネリアス 小山田圭吾嶺川貴子に葬られた夢の中●
■00年(鉄辰)に幼なじみ同士として結婚し、
01年(宝巳)はじめに長男が誕生していた
コーネリアス田圭吾(69-0127/海寅)と
貴子(69-0603/畑酉)が離婚したと「週刊女性」が報じている。
結婚したのは、小山田のDNA「龍」の改良改革年だけれど、
月干干合の方向性変化の条件なし天冲殺の夢の中。
さらには、共通干支も何もないのだから、よく持ったものである。
まして嶺川は、木性ゼロ(DNA車/牽なし)で配偶者成分皆無。
水性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人なんだから、優しさも何もないうえに、
今年(13年/雨巳)は、宿命にない水性年と、
小山田の条件なし天冲殺+害の、DNA「石」の屈辱抵抗不能年なんで、
容易かったのであろうなあ。
年下の天干一気と一緒になった小山田も小山田だが、
年干支と日干支が「畑酉」で、月干支が「畑巳」なんて、
倒柱×3のとんでもない壊し屋だから、予測出来たのは、
BEが00年当時に解説したとおりである。
「(理由は)いろいろな気持ちのすれ違いの積み重ねです。
子供も微妙な年頃で、今年中学に上がりまして・・・」と、
わかったようで、意味不明な言い訳をする嶺川は潔くない。
また、小山田は「申」年生まれ「海寅」で受け身。
「33歳畑巳」の主導DNA「牽」の10年運天冲殺害も明け、
「43歳鉄午」のDNA「龍」の改良改革半会は渡りに船。
解放されたということであるが、あまりにも残酷な時を過ごしたため、
もう力が萎えるばかりであろう。
「玉」主導で懲りない嶺川は、早速音楽活動再開のようだが、
初旬条件のない「41歳木戌」は、宿命にない木性の干合支害と、
特別条件付10年運天冲殺。
小山田に感謝なく、新しい男を作れば新たな因縁を生成することになり、
親権所有している長男に教育上悪いことこのうえないばかり。
学ばなくちゃなあ☆
 
■2013年04月20日(土)陽辰
■八重の桜が絶不調らしいが、
もう今年(13年/雨巳)から男の時代に入っちゃったからね。
火性ゼロ(DNA車/牽なし)のヒロインは、
気を揉んだらいけないんだよ☆
 
松田翔太の木9潜入探偵トカゲの高い完成度にわけあり●
■超人的な記憶力と強靱な身体能力を持った元刑事の名探偵が、
警視庁の依頼で潜入捜査を行うという設定で、
火性ゼロ(DNA禄/司なし)で冷酷無比でニヒルな
松田翔太(85-0910/海子)のために用意されたような役柄。
ここに干合すれど共通干支なしで天冲殺範囲をもたれている
蓮佛沙子(91-0226/灯卯※)が絡んでややこしくなるが、
最後はお決まりのスカッと解決するのだから、良しとしておこう。
原作があるわけではなく、
橋本裕志(62-0205/木戌)のオリジナル脚本。
5旬「50歳陽午」は、年支と月支が「寅」なので、守護神の三合会局が完成。
ヒマさえあれば、安心して見られるドラマである☆
 
水沢アリー ローラ激似の今だけ商売●
■02月05日(海寅)の年支「午」の半会と月支「申」の対冲を伴う守護神日に
初めてテレビに出演(今夜くらべてみました)して以降、
「ローラ激似!!」と話題なのが、
ドイツ人の曽祖父を持つという
水沢アリー(90-0903/宝未)。
外見的には本家とかけ離れているが、声質・声の高さ・仕草・コメント内容まで、
ほとんど
(90-0329/雨巳※)を
トレースしたといって過言ではないほどよく似ている。
まさにモノマネの域だが、本人は「パクリじゃないの」
「素だよ〜、うふっ」とあくまで天然モノであることを強調しているのは、
さすが総エネルギー260点もある「石」主導。
「敬語を使わず、大物芸能人のことも『●●くん』と呼ぶのは、
金性80点もある人間関係構築の賜物だし、
笑うときに口元を両手で覆うクセを踏襲したり、雰囲気はローラそのもの。
同い歳なんだし、まあ許容範囲か。
その完成度の高さが逆に視聴者の反感を買っているようで、
「絶対ローラ意識してるクセに」
「ローラは失礼でも許せるけど、この人は…」といった意見まである。
「お金がない」という理由で大学を退学したと公言しているので、
貧乏キャラとかいうと、それは違い「宝未」らしいお金好きの一面。
とはいえ才能は「司」で、どこまでも化けの皮をはがさない。
今のところ、難易度の高いフリートークもこなせているのは、
それこそ努力の賜物だが、
年支「午」日支「未」月支「申」の変則方三位に、
今年(13年/雨巳)の守護神「雨」と「巳」で夏の方三位が完成した恩恵。
10年運「19歳海午」は、守護神支合。
他には一切稼働条件がないので、むろん今だけなのだが、
DNA「鳳」年をしっかり愉しめばいいだけだね☆
 
林修いつやるか?今でしょ!の強気守銭奴の正体●
■「いつやるか?今でしょ!」のCMで、
所属の東進ハイスクールのみならずトヨタ自動車などを相手に
稼ぎまくる
(65-0902/畑未)は、
DNA「調」主導で、特別意識の強い偏りで時代の徒花。
「調+玉」は、熱さは感じるが、得意分野以外はからっきし。
「調+貫」は、恩恵受けるのも恩を売るのも、さほど興味なし。
「調+車」は、雑草のように腰の強い反骨精神。
「調+牽」は、迫力があって、大胆ながら品性なし。
「畑+調+申月」は、賭け事大好き。
秋生まれの「畑」の守護神の木性が年干(草)と月干(木)にあり。
売り物はいっぱいあるが、総エネルギー274点中木性は42点で上辺だけ。
利用することに長ける子丑天冲殺の「畑未」。
自身の土性104点と己が中心。
初旬「2歳雨未」のDNA「禄」と「12歳海午」のDNA「司」で、
経済に対する飽くなき気持ちを植えつけ、
5旬「42歳畑卯」でさらに土性の強化となったところで、
今年(13年/雨巳)は、ズバリお金に愛想をふりまく時期。
とはいえ、そこまで勢いのある後天運でもなく
あまり調子に乗りすぎると、次旬「52歳山寅」は年支「巳」の害もあり、
「畑」は「山」に埋もれるような気がする。
著書の
いつやるか今でしょ!
10万部突破記念とかでサイン会を開いたそうだが、
そんなものなのか___。
タレントへの本格転身こそ「ないです」と否定したのは
己の器を知っているからなので賢明だが、
「この本を読むのにオススメの場所は?」と聞かれると、
即座に「居間でしょ!」と答える余裕はあったが、
「畑」に必要なのは「名誉」であり、
お金ではないことを忘れてはいけないよ(笑)☆
 
■2013年04月21日(日)灯巳
中島知子の窓口が洗脳治療の苫米地英人の胡散臭さ●
■93年(雨酉)に結成されたオセロ(93-0429/鉄辰)の解散を、
04月13日(畑酉)のDNA「牽」の不名誉条件あり天冲殺に発表し、
松竹芸能を解雇された
中島知子(71-0825/海午※)の窓口が、
立ち直りを両親から任されているとされていた
認知科学者の
苫米地(59-0907/海辰)になったと
04月17日(雨丑)のブログで発表された。
苫米地氏「私の中島知子さんのコーチング期間は既に終了していますが、
ご本人より、次の事務所等の所属が決まるまで、
当面の期間、連絡窓口をして欲しいと依頼され、
一昨日、これを承諾いたしました」と報告しているが、
中島は「洗脳されていない」と断言するなど、独特な発言をする苫米地は、
羅状で共通干支があるとはいえ、同じく年支「亥」月支「申」の害持ち仲間だし、
年上の午未天冲殺を信頼する中島もどうかしていると思ったら、
案の定、苫米地は中島に冲殺範囲をもたれており、
「洗脳されていない」も怪しくなった(笑)。
今年(13年/雨巳)の「海」は、DNA「石」のなあなあの政治力だが、
いくら頭は悪くない苫米地とはいえ、
あなたの10年運「50歳灯卯」は、年支「亥」が半会し話題になろうと、
選挙に出れば落ちるし、その気になれば異性に裏切られるのだよ。
しかも昨年(12年/海辰)の律音は人生の折り返し地点で、
それまで活躍してきた人は、そこを機に落ちるだけなのだよ。
実績は実績であろうと、火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人が、
ありえない成分に逆襲されていると考えれば、
来年(14年/木午)とさ来年(15年/草未)で一巻の終わりであろうな。
言っちゃ悪いけど、自然界が中島を使って試しているのだよ☆
 
本田朋子五十嵐圭の結婚報道に喜び薄し●
■02年(海午)の守護神年に「ミス立教」となり、
芸能活動後の06年(陽戌)にフジテレビに入社し(05年/草酉の条件あり天冲殺決定)
現在は「すぽると!」のキャスターの他、
「ペケ×ポン」や「ほこたて」の司会進行役の
本田朋子(83-0816/陽子)アナが、
三菱電機所属のプロバスケットボールプレーヤーの
五十(80-0507/鉄辰)と交際中で、
結婚が決まっていると「女性セブン」が報じている。
出会いは08年(山子)の本田の主導DNA「鳳」年と、
同じく五十嵐の主導DNA「龍」の半会年で、
生月冲殺の本田と生年冲殺の五十嵐らしく「すぽると!」の取材を通じてのもの。
本田の月干支と五十嵐の年干支が共に「鉄申」で共通干支あり。
日支同士も本田の「子」と五十嵐の「辰」で半会するため、
一見何ら問題がなさそうに見えるが、
夏生まれの五十嵐に、今年(13年/雨巳)こそ守護神年だが、
「陽」の本田は変に熱くて、何の救いにもならず。
年支「亥」VS月支「申」の害持ちなので、潔く仕事を退かないと危うい。
とはいえ、金性天干一気で強情な五十嵐が、自身のブログでは、
「一部報道でも取り上げられましたが現在、
私はその方といいお付き合いをさせて頂いております」と交際を認めているので、
害持ちの本田の害切れなので、意外と早くまとまるかも知れない。
とはいえ、本田が午前四時前生まれの際は「草亥」となり、
今年がDNA「龍」の改良改革年になるとはいえ、
月支「申」VS年支+日支のダブル害持ちの日座冲殺さげ●●になってしまう。
親密になったのが10年(鉄寅)らしいから、
「草亥」なら宿命害切れの干合支合年だったはずで、なおさら賛成できない。
不器用な人達が、苦労を好きこのんでしてるみたいだね☆
 
壇蜜が女性向け恋愛指南本エロスのお作法で教えてくれる●
■今をときめくアラサーの星、グラビアタレントの壇蜜(80-1202/畑酉※)が、
04月12日(山申)のいい人を振る舞うDNA「石」日に、
初の女性向け恋愛指南本となる
エロスお作法を刊行。
本にはデートや言葉の作法とともに「ベッドのお作法」まで指南。
一貫して「いかに殿方を立てるか」をテーマにしながら、
“夜の作法”では「実用的かは分かりませんがスパイス的に役立ててもらえれば」。
肝心の本人は約二年前「46歳のバツイチ営業マンと遠距離恋愛に」なったが、
「互いに焦り過ぎて」自然消滅に。
いまは「私がエロいこと言っても
気にも留めないバツイチの音声さん」と妙に細かくて業界的。
人気者になってから、1人だけ“一目ぼれ”した映像関係者がいたが、
いきなり「握手した時に電話番号を書いた小さな紙を渡された。興ざめぇ〜。
私から行きたかったのにぃ」とか。
自ら“作法”を実践できる人がいないことを残念がっている様子だったが、
今年(13年/雨巳)は、何処までいってもDNA「禄」の愛情商売。
さらに今月(04月/陽辰)は、DNA「玉」の支合で、
濃いお姉さんになった気分で、教えてくれるのだろうな。
今や、男性復権の時代。それを伝導する彼女の需要は、まだありそうかもな☆
 
■2013年04月22日(月)山午
岩城滉一が宇宙旅行挑戦に思い残すことなし●
■俳優の岩城(51-0321/鉄申)が、
来年(14年/木午)に宇宙飛行に挑戦することを、
04月18日(木寅)のDNA「禄」の天剋地冲日に明らかにした。
オランダの会社が来年から始める
スペースアドベンチャープロジェクト(民間宇宙旅行)に参加し、
出発から帰還まで約45分間のフライトで宇宙空間には約3〜4分ほど滞在するとか。
スポンサーであるルミノックス腕時計を永年愛用していたご褒美らしいが、
さすが「司」主導の持続力ということにしておくか。
会見した岩城は、日本の芸能人で初の民間宇宙飛行を行うことについて
「一般の民間の人間は、もう無理かなあと思ってたけど、
俺も『地球は青かった』って言いたいよね」と笑顔で話し、
「先駆者に絶対なります。やる以上中途半端じゃいられない性格なんで」と語ったが、
火性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人だから、怖い物なし。
年干と月干が「宝」で日干が「鉄」の金性天干一気は、やや時代遅れの感ありだが、
そのあたりは、宇宙船と一体化はしやすいのだろうよ。
岩城は、初旬「5歳鉄寅」が納音で初旬条件あり。
2旬「15歳畑丑」3旬「25歳山子」が、10年運天冲殺。
3旬に加え4旬「35歳灯亥」と5旬「45歳陽戌」が変剋律のうえ、
4旬5旬が宿命にない火性で、ここまでが旬。
現在の6旬「55歳草酉」は、
年干支も月干支も「宝卯」なので天剋地冲で、日干干合の主導DNA「司」。
自己確立というよりは、他人様に迷惑をかけねば
一丁上がりで好きなことをやっていい時期。
お好きにどうぞである☆
 
ホンジャマカ 石塚英彦 刑事110キロで連ドラ初主演の賭け●
■83年(雨亥)から活動中のホンジャマカ英彦(62-0206/草亥)が、、
04月25日(宝酉)のDNA「車」の天冲殺日にスタートする
テレビ朝日系ドラマ木8「刑事110キロ」に主演する。
芸能生活31年目で連続ドラマ初主演の石塚は、
体重110キロの捜査一課長付刑事役に挑戦。
「現在、117〜118キロある僕が、110キロの役を演じる。そこが難しい。
ひざの負担や足の軽やかさが違ってきますからね」と笑わせたが、
今年(13年/雨巳)は、DNA「龍」の改良改革対冲。
デビューから30年で、新たな挑戦で過去からの脱却は好ましい。
「司」主導だけに、それこそ無難にこなしてくれるだろう。
日座冲殺が自分が一番と信じこむ年干支と月干支(共に海寅)に囲まれているのだから、
意気込みも半端ではないだろうが、
総エネルギー252点中木性119点と脚腰は強いが、
金性ゼロ(DNA車/牽なし)で、自然体ではびこる雑草(笑)。
公務員が似合わない宿命も、ないなりに演じればいいだけ。
10年運「49歳灯未」は守護神半会だし、
年干と月干の「海」が干合されれば「木」化され、木性天干一気入りであるし、
地支は年支と月支「寅」VS日支「亥」の支合で、もとより木性旺地の一気格的。
さすが「木」に囲まれても、全身木性一気ならば埋もれるわけもないだろう。
「まいう〜」と称賛されるよう、奮闘を期待したい☆
 
夏目理緒が初旬害の第二子子丑男児を出産のお気の毒●
■11年(宝卯)03月(宝卯)のDNA「石」の屈辱妥協重なりに引退を表明し、
09月(灯酉)の守護神月に、結婚と妊婦ヌードを発表、
年支「卯」VS日支「辰」の害持ちで、
共通干支のない
第一子女児(11-1004/海辰)を出産した
夏目(85-0220/鉄寅)が、第二子男児(13-0420/陽辰)を出産したことを、
オフィシャルブログで発表した。
「これからまた忙しい毎日が始まります。
二人の面倒を見るのがどれだけ大変か不安もありますが、
まわりにも協力してもらいながら頑張っていきたいと思います!!」
とつづり、母子ツーショットを掲載している。
男児とは共通干支のない子丑天冲殺で、
初旬「5歳草卯」が、月干支と日干支のDNA「玉」の害で、母親との確執。
幼なじみと結婚したという夏目だが、「丑」年生まれ「鉄寅」は内外シーソー。
「鉄+禄+寅月」は異性の裏切り。「寅」×2もあり半端ではない。
10年運「24歳宝巳」も、屈辱の害でお気の毒☆
 
■2013年04月23日(火)畑未
宮沢りえが娘の入園式で140万シャネルのスーツの場違い●
■04月(陽辰)上旬に、成城学園幼稚園と見られる入園式に
共通干のない
(09-0520/草丑)の手をひいて、
パールがあしらわれた黒のシャネルスーツを着た
宮沢(73-0406/海申)の写真が「週刊女性」に掲載されている。
下腹ぽっこりは「雨」年らしいご愛嬌としても、
芸能人だからこそ、地味な姿が望まれるのではないか。
ただでさえターボ運で派手に見られるのだから、わかっていない。
今年(13年/雨巳)は、年干支「雨丑」の大半会だろうと、
静かにしていないと、DNA「石」の屈辱になってしまうぞ。
それに「調」主導ばかりか、「丑」年生まれ「草丑」の娘は、
今年は守護神半会年だけれど、孤立しやすいタイプ。
最初はともかく、来年(14年/木午)は害年だし、
初旬「5歳鉄午」の干合支害のDNA「牽」の不名誉も始まる。
上に上がれなくなるんじゃないかね☆
 
黒田慶樹(皇太子様義弟)が八王子に出向で迎える正念場●
■天皇家のご長女清子(69-0418/雨亥)様の共通干のない夫で、
東京都庁職員の
慶樹(65-0417/宝丑)氏が、04月01日(灯酉)付で、
八王子市にある公益財団法人「東京都都市づくり公社」の
総務課長として出向になったと「週刊新潮」が報じている。
これまでは、目白の自宅から約35分程の通勤時間だったが、
このほどの異動で、通勤時間は一時間になったようだ。
黒田は今年(13年/雨巳)は、主導DNA守護神「鳳」の条件あり天冲殺。
「巳」年生まれ「宝丑」は、落ちて上昇だから、
少々時代遅れとなった干合金性天干一気だろうと、
慣れない職場と通勤に時間をかけることで消化すれば、
15年(草未)の天剋地冲以降には、本庁へ戻れるだろうな。
10年運「44歳草亥」は、年干支「草巳」の納音で、
細かい仕事も多くなるが、異常環境でそつなくこなせば救いあり。
清子様は10年運「36歳海申」のDNA「石」の害で、内側世界は辛抱だし、
今年は納音年で、崩壊現象なのだから、高度な消化に違いない☆ 
 
AKB48 渡辺麻友 制服図鑑のありえないほど自然な崩壊●
AKB48のセンターである渡辺麻友(94-0326/宝亥)が、
04月19日(草卯)の主導DNA「禄」の条件あり天冲殺半会日に、
渡辺麻友制服図鑑 最後制服を刊行。
今年(13年/雨巳)は、宿命にある「海」の守護神とはひと味違う
DNA「鳳」の緩やかな守護神だし、
今月(04月/陽辰)は、これまた宿命にない「陽」のDNA「牽」の干合月なので、
計算されたとはいえ、いかにも恵まれたものだという印象。
高校生活をテーマに、主導DNA「禄」の条件あり天冲殺半会月の
02月(草卯)末に都内で撮影された写真は、
守護神方向のプールの授業中という設定。
普段は完璧に整える前髪がナチュラルな「水場仕様」になっている点も見逃せない。
渡辺も「今までとは違う自然体な私の表情が収められています」と大満足の作品で、
自然体イコールDNA「鳳」の素という意味が伝わってくる。
さて、06月08日(草巳)に行われる今年の総選挙は、
主導DNA「禄」の天剋地冲日となっている。
どれだけ攻められるかがポイントだが、
生月冲殺のうえに「戌」年生まれ「宝亥」は受け身。
どちらかと言えば、トップが似合わぬ運型なので、
それこそ、力まずに自然体でというしかない☆
 
■2013年04月24日(水)鉄申
田波涼子野尻佳孝の第二子女児も再び子丑●
■07年(灯亥)に結婚式場関連の事業を行う
「テイクアンドギヴ・ニーズ」代表取締役会長の
野尻佳孝(72-0604/陽寅)と結婚し
11年(宝卯)に
第一子男児(11-0302/陽辰)を産んだ、
モデルの
田波(74-1008/海午)が、
第二子女児(13-0420/陽辰)を出産したことを自身のブログで報告。
「どうしよぉ きゃわいいっ。ママのところへ来てくれてありがとう。
いっぱい抱きしめて、家族で守ってあげるからね」だそうだが、
「玉」冲殺主導だけに、気分屋は否めない。
しかし、第一子が地支方三位の「陽辰」の子丑天冲殺で
年干支「宝卯」VS日干支「陽辰」の干合支害持ちの究極の表裏で、
田波と共通干がなかったのに比して、
今回の第二子の年干支は「雨巳」だから、
田波の月干支「雨酉」が大半会するため「きゃわいいっ」のだろうが、
総エネルギー166点の田波に306点の子丑天冲殺なんて育てられるのか。
しかも子供二人が、子丑天冲殺の「陽辰」なんてゾッとする。
野尻が自身の年干支「海子」を納音される田波と
条件なし天冲殺の夢の中で一緒になんかなるもんだから、
自然界はとてつもない試練を与えるねえ。
月支「巳」VS日支「寅」の害持ちの野尻は、そもそも結婚に向かない。
そんな人が結婚式場関連事業を経営しているのだから、
意地でも別れることなんかできないことも、全て消化の一環だな☆
 
島田珠代が二度目の離婚発表と子離れの有り難い毒の味●
■大阪府吹田市出身で、88年(山辰)のDNA「龍」年に吉本興業入りし、
98年(山寅)の同じくDNA「龍」年に、吉本興業社員と結婚し東京で生活。
05年(草酉)のDNA「司」の干合年に離婚。
07年(灯亥)のDNA「牽」年には、中部日本放送の美術スタッフと再婚。
第一子女児(08-0624/草未※)をもうけていた
金性天干一気で、月支「巳」VS日支「寅」の害持ちで、
「戌」年生まれ「鉄寅」は内外シーソーで、
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人という、
凄まじい宿命の
島田(70-0510/鉄寅)が、
今年(13年/雨巳)の03月(草卯)に離婚していたそうだ。
「お互いに仕事が忙しくスレ違いが多くなり、ずっと話し合いを続けてきましたが、
これから別々に歩んで行こうということになりました」だそうで、
(親権を父親側が持つ理由としては)
子供のことを最優先に考えた結果としている。
いやはや何とも人騒がせで、教育上悪そうな人だが、
午未天冲殺ばかりか、水性がないのだから、子供は好きではないのだろう。
それが、宿命にない水性年と害の到来で、お別れである。
また、父のもとに残る女児にしても、
年干支「山子」VS月干支「山午」の納音持ちで秘密あり。
年支「子」VS日支「未」の害持ちの表裏ありは、持続力なし。
生日冲殺付の内外シーソー運は、母親と同じ。
さらには、金性ゼロ(DNA車/牽なし)なので、子としての役割もなかったのか。
制御不能なのは、今年が守護神でもDNA「龍」の条件なし天冲殺だから。
改良改革というよりは、別離。
母親と干合すれども、共通干支はないうえに、
島田は冲殺範囲をもたれており、気に入らなかった。
女児も年干と月干(共に山)の周囲の大変化は、忌み神の「陽」化。
可哀想にも思えるが、「草未」は不良になるか優等生になるか極端。
罪作りな話だ☆
 
生駒里奈白石麻衣にセンターを奪われた夢の中●
■04月20日(陽辰)に京都・京都パルスプラザで行われた
乃木坂46の5thシングル『君の名は希望』発売記念全国握手会イベントで、
6thシングル(発売日曲名未定)のセンターに
麻衣(92-0820/山辰)が選ばれた。
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人ながら、10年運「14歳陽午」は守護神だし、
今年(13年/雨巳)は、月干と日干(共に山)が干合され「陽」となる好機。
一方、デビュー曲から5作連続センターを務めてきた
生駒(95-1229/木午)は、
主導DNA「玉」の条件なし忌み神天冲殺二年目で、痛恨の二列目へと敗退。
いくら「13歳鉄寅」でありえない稼働力が出ようと、
金性ゼロ(DNA車/牽なし)には、似合わないどころか荷が重かった。
誰かを犠牲にだす「木午」が、月干支「山子」持ちで天剋地冲まであり、
しかも「亥」年生まれ「木午」は受け身で、初旬「3歳畑丑」は干合支害なのに、
その気になりすぎていた慢心であろう。
感謝も奉仕も少なければ、夢の中で斬り殺されるのが、この時期。
(今年は)月干「山」が干合で「陽」になる守護神的イメージだが、
これは重圧から解放されたと考えるしかない。
「自分的にはすっきりしている」と強がるも、
立ちくらみを起こして尻もちをつき、後は涙で途中退場。
「玉」主導「玉+龍」は誤解されやすい。
さようならという消化と考えたい。
これにて、乃木坂46はよりファッショナブルになるに違いないという
秋元康(56-0502/畑巳)の計算である☆
 
■2013年04月25日(木)宝酉
羽鳥慎一渡辺千穂と再婚に向かう不可解●
■11年(宝卯)の条件あり天冲殺に日本テレビを辞めフリーになり、
昨年(12年/海辰)05月02日(雨亥)の干合支害日に、
元芸能人でCAだった
栗原冬子(71-1222/宝巳)と離婚した
テレビ朝日系「モーニングバード!」などに出演中の
羽鳥慎一(71-0324/山申)が、同年08月(山申)に出会ったという
脚本家の
渡辺(72-1018/海午)と再婚を視野に入れ交際中だと、
朝刊スポーツ紙が、一斉に報じている。
渡辺は02年(海午)の律音年デビューで、
フジテレビ系「サキ」や、TBS系「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」など、
数々のドラマを執筆してきたそうだが、共通干支なし。
前妻(宝巳)が金性天干一気で、自身の年干支「宝亥」を天剋地冲されていたので、
息がつまるような生活だったからといって、これはないだろう。
もし、午前四時前生まれだったら「宝巳」だから、同じことの繰り返し。
二人は所属事務所社長が主催した会食で知り合い、
定期的にグループで会食していくうちに、互いを意識するようになり、
三カ月後の同年11月(宝亥)の羽鳥の害月頃から交際をスタート。
交際半年で、自宅を行き来するようになり、結婚を意識するようになったという。
羽鳥は既に前妻のもとで暮らす高校生の長女にも、報告済みで、
親しい知人には「彼女はクリエーティブな仕事をされているので、
話を聞いていると、素直にすごいと思わされることが多い」と、
魅力を説明しているようだが、
火性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人の羽鳥は、
今年(13年/雨巳)は、60年に一度の干合支合年で、思いを遂げる時期だが、
10年運「36歳灯亥」は、宿命にない火性の守護神害。
「玉」は組織だから、事務所社長の余計なお節介(笑)。
また、年支「亥」VS日支「申」の害持ちだから表裏あり。
そして「亥」年生まれ「山申」は、単なるワガママ。無理だよ。
一方の渡辺は、木性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、
「子」年生まれ「海午」は、異性理解不能。
年干支「海子」VS日干支「海午」は、何らかの秘密あり。
ちなみに蜷川実花と同一生年月日であり、
10年運「33歳陽午」は、年干支「海子」は天剋地冲されるが守護神で輝く。
「司」主導は、お金大好き。
今年はDNA「石」の妥協・屈辱でなければ、上手く立ち回るである。
いずれにしたって、期待は出来ない☆
 
田島優成が寝過ごし遅刻で舞台中止謝罪と趣里の影響●
■昨年(12年/海辰)の守護神年干「灯」の忌み神干合年に、
水谷豊(52-0714/宝酉)と伊藤蘭(55-0113/木戌)の一人娘で、
両親と共通干のない
(90-0921/畑丑)と交際していると
「女性自身」に報じられた
田島優成(87-0827/山申)が、
04月21日(灯巳)の守護神刑支合日に、新国立劇場で出演予定だった
舞台「効率学のススメ」に現れず、同公演が中止になった問題で、
田島04月23日(山午)に同劇場で謝罪会見を開き、
「私の不注意が原因です。取り返しの付かないことをしてしまった。
偉大な新国立劇場を無名の若造が傷を付けてしまったことを重く感じている。
期待を裏切るような失態を犯したことを心から反省しています」と
目を潤ませながら頭を下げて謝罪した。
舞台は13時から上演予定だったものを田島が19時と勘違いしたうえに、
携帯電話の充電切れで、連絡がつかなかったというお粗末なもの。
前日に飲み過ぎたということだが、生年冲殺にしては痛恨のエラー。
でも、事務所が悪いよ。
合鍵はないのか___。
部屋までいったら、こじ開けろよ。
損害は、払い戻し実費ばかりか、お客様の交通費まで負担することになったんだぞ。
今年(13年/雨巳)は、日干支ばかりか月干支(共に山申)まで干合支合。
年干「灯」に、月運干「陽」まで揃う、火性天干一気完成の炎上だもの。
本来なら、もっと良いことで目立たねばならないのが生年冲殺だけど、
いくら同じ生年冲殺だろうと、
年干支「午」VS日支「丑」の害持ちの表裏人間なんかと関わっちゃ、
こんな失態も、起こしますよ。
趣里は、今年は月支「酉」VS日支「丑」の三合会局で大事件。
頭ぐらい丸めてもいいのではないか(笑)。
反省だけが、人生だ☆
 
吉本実憂が初ビキニが写真集でうれし泣きの夢の中●
■昨年(12年/海辰)の08月21日(木寅)の干合支合日に、
第13回全日本国民的美少女コンテストにてグランプリを受賞した
吉本実憂(96-1228/畑亥)が、04月24日(鉄申)のDNA「調」の害日に、
吉本実憂真集を刊行した。
吉本は、DNA「禄」主導で、いつまでも長く目立ちたがりたい人。
「禄+禄」は、笑顔をふりまくも不器用。
「禄+司」は、自制心に欠け貪欲。
「禄+玉」は、若かろうと計算尽くの勝負師。
「禄+調」は、他人と同じことはやりたくない。
「畑+禄+子月」は「子」年生まれでもあり、
じたばたしやすく、簡単に異性の誘惑に負けてしまう。
「子」年生まれ「畑亥」は、実は孤独。
年干「陽」の守護神持ちだが、
総エネルギー146点と軽くて、うち103点が水性という泥水みたい。
年支と月支が「子」で日支が「亥」の地支水性一気格は、
洪水並みで、時代整合性あり。
初旬「7歳畑亥」が日干支律音で成功運型で、
今年(13年/雨巳)から始まる「17歳山戌」は、妥協屈辱。
周囲に翻弄され、揉みくちゃにされることで、才能が磨かれる変剋律だが、
「うれしすぎて泣いちゃいました。120点の出来栄えです」だそうだが、
年支と月支(共に子)の半会を伴う条件なし天冲殺でデビューし、
今年はその二年目の主導DNA「禄」年の天剋地冲で、全部出しつくし。
似たような経緯でデビューした、12年前の
松浦亜弥(86-0625/鉄子)は、
当時は素晴らしいスタートダッシュで、もっと売れたぞ。
ようは、見世物であるのだが、気づいたら用済み濃厚かもな☆
 
■2013年04月26日(金)海戌
坂口憲二が夢と毒を清算した桜井裕美の夢と毒の中●
■09年(畑丑)に「女性セブン」に交際開始を紹介され、
11年(宝卯)より同棲していたという
坂口憲二(75-1108/山午)とモデルの裕美(81-0524/海寅)が、
事実婚を解消したと「女性自身」が報じている。
坂口の仕事が立て込んでいて、いつ結婚できるのかが見えなくなっていたようだが、
それを桜井が待てずに、話し合った結果
「それならいったん同棲を解消して、お互い離れて考えよう」という結論に至り、
一緒に住んでいたマンションも解約したとかいう都合のいい話。
共通干支もなく、坂口の月干支「灯亥」と桜井の月干支「雨巳」は天剋地冲。
交際開始(09年/畑丑)が、桜井の年支「酉」と月支「巳」がからむ三合会局年も、
坂口の条件なし天冲殺+害年で、
今年(13年/雨巳)は、坂口の月干支「灯亥」の天剋地冲を伴う干合年で変節で、
桜井の条件あり天冲殺とはいえ、DNA「石」の屈辱の害年。
もとより、月支「巳」VS日支「寅」の害持ちの桜井だから衝撃は相当だろう。
坂口の事務所は「同棲を解消したのは事実ですが、別れたわけではありません。
坂口は今、ドラマの撮影で忙しいため
『ドラマが終わったら改めて話をしよう』となったと聞いています」とコメントするも、
嘘ばっかり_____。
本来関わることのない二人なので、事実婚が復活することなどない☆
 
AKB48 峯岸みなみが坊主頭顛末を婦人公論で激白の疑問●
■条件なし天冲殺の忌み神害月(海辰月の雨丑月)に、
GENERATIONSの通称チャラン(嘆)こと
白濱亜嵐(93-0804/灯巳)宅に
宿泊したことを「週刊文春」に報じられ、
01月31日(灯酉)の守護神DNA「調」日に、
丸刈りになった姿をYouTube上のAKB48の公式サイトにあげた
峯岸みなみ(92-1114/木午※)が、
04月22日(山午)のDNA「禄」日に発売された
婦人で、
改めて騒動の謝罪をし、事務所の強制でなかったことを強調している。
「どうしたら謝罪の気持ちが皆さんに伝わるか、
目に見える形で誠意を伝えたいと思った時、
浮かんだのが『坊主頭にすること』でした」と、丸刈りにした理由を説明。
「とにかくAKBをやめたくなかったという気持ちが強く、
一瞬でもAKBをやめようと思っていたら髪は切らなかっただろう」というのは、
さすが「貫」主導で、立派だと思うが、
ならばロングヘアのウィッグなど一切つけずに、
ふたたび髪が伸びていくさまをファンにお見せくださらぬと、
「木」の再生とは言えないのではないか_____。
同じく忌み神条件なし天冲殺でも、
野人で異常干支の
指原莉乃(92-1120/鉄子※)は、
もはや何事もなかったかのように仕事をしている。
それに比べれば、峯岸は中途半端で謙虚さも今ひとつ。
調子に乗りすぎると、徹底してお灸を据えられるのが夢の中。
「AERA」あたりに頼めば、まだ良かったけれど、
断られるか・・・(笑)☆
 
■2013年04月27日(土)雨亥
矢口真里のブログ更新挫折の果て●
■10年運「15歳宝亥」のDNA「調」の害中の
98年(山寅)の条件なし納音天冲殺で、モーニング娘。二期メンバーとしてデビュー。
05年(草酉)に、
小栗旬(82-1226/雨未)との交際発覚を機に、
三代目リーダーばかりかグループからも辞し、
11年(畑卯)の条件なし天冲殺に、
中村昌也(86-0430/木辰)と結婚した
何もかも矛盾だらけの
真里(83-0120/山申)が、
月干「雨」が干合され「灯」化した救いを伴う
大半会年だった08年(山子)の干合支害月の11月(雨亥)14日(山午)に始め
毎日更新していたブログを
今年(13年/雨巳)は、60年に一度の干合支合年ということでもあり(笑)、
04月22日(山午)に途絶えさせてしまった。
1.620日持続してきたそうだが、木性ゼロ(DNA車/牽なし)にしては頑張った。
10年運も「25歳鉄戌」のDNA「鳳」の伝達本能の息切れだものね。
「ちょいと疲れちゃった」らしいが、無理は禁物。
「山」が「畑」を見下ろす「石」主導で、仲間あってこそだが、
化粧であれブログであれ、装飾しないと、単なる禿げ山。
「マイペースを取り戻します。
ブログは楽しくあげないと意味がないですもんね」ともいうが、
野菜をしっかりとって、木性強化していかないと、
害と夢で始めたことなのだから、易々とは生き残れない。
もう本当に潮時かな☆
 
嶋大輔が芸能界引退し政界転進の守護神年の危ない空気●
■81年(宝酉)に横浜銀蝿の弟分としてツッパリキャラでデビューし、
82年(海戌)の守護神条件なし天冲殺のドラマ「天まであがれ」に出演し、
主題歌「男の勲章」をヒットさせた
(64-0521/鉄午※)が、
04月24日(鉄申)のDNA「貫」日に引退を発表。
「日刊ゲンダイ」によれば、85年(草丑)にデュエット曲をだしたり、
08年(山子)には映画「ロックンロール★ダイエット!」で夫婦役で共演した経緯もある
同い歳の
三原じゅん子(64-0913/草丑)の引きで、
今夏に行われる参議院選挙に自民党から出馬するという。
嶋は三原と同じDNA「車」主導のキャラを作ることもないツッパリ(笑)。
今年(13年/雨巳)は、「巳」月生まれの守護神年だし、
「車+龍」だから、はたとひらめいたのであろうな。
「車+玉」は、考えたら行動にうつすわかりやすさ。
「禄+車」は、ルールに縛られるのが嫌なのに大丈夫か_____。
ま、才能は「禄」で奉仕だから、一応やってくれるのか。
10年運「45歳木戌」は、初旬「5歳鉄午」を経由した10年運天冲殺で、
才能の「禄」で奉仕だからなのだろう。
しかし「辰」年生まれ「鉄午」は矛盾だらけの人生。
干合支害の相手の誘いにのって、後悔してもしらない☆
 
笑い飯 西田幸治が一般女性と結婚の微妙な救い●
■96年(陽子)より活動しながら、いまひとつ大ブレイクとはいえない
笑い飯西幸治(74-0528/畑巳)が、
09年(畑丑)の大半会年に、
テンダラー浜本広晃(74-0215/灯亥)が
経営する焼き鳥店「ハマー」で働いていた、西田が一目惚れした女性(30歳)と、
04月25日(宝酉)に、入籍したことを所属事務所が発表。
西田は「私事ですがこの度結婚しました。
嫁の名誉のために言わせて頂きますが、僕は変態ですが、嫁はノーマルです。
これからも応援よろしくお願いします」とコメントしているが、
年干「木」で月干と日干が「畑」の干合土性天干一気で、
水性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人だから、間違いはないだろうな。
総エネルギー314点中自身の土性145点という存在感ももあるのに、
優しさも家庭的な味わいもなし。
とはいえ年干支「木寅」VS月干支+日干支「畑巳」の干合支害は、
持続力なしの究極の表裏で、異性に騙されるか、
はたまた相手が浮気するのかはともかく、恐ろしく結婚には不向き。
今年(13年/雨巳)は、宿命にない水性と宿命に二つある「巳」重なりで、
節目と言えば節目なので、結婚に踏みきったのだろう。
それに、一応10年運「33歳雨酉」は、水性がでているからね。
とはいえ、次旬「43歳木戌」は、初旬条件のない干合10年運天冲殺。
しかも年干支「木寅」が大半会するので、売れる見込み。
そのためには、「寅」年生まれ「畑巳」が落ちて上昇なので、
一旦落ちねば、上がりもなし。
この結婚の行く末が気になるなあ☆
 
AKB48 河西智美 生年冲殺らしい汚れた愛人騒動●
■05月03日(畑巳)のDNA「玉」の「巳」の害重なりに卒業が決定している
AKB48河西智美(91-1116/鉄寅)が、
AKBの大スポンサーで、運営会社
AKS窪田康志(71-XXXX)社長と、
不倫愛人関係にあることを「週刊文春」が、報じている。
60日に一度やってくる04月09日(草巳)の干合支害日に、
目黒区内にある窪田の別宅(本宅は神戸にあり妻子が住む)に泊まり込み、
翌日は違う衣装で出かけていったのを、写真入りで報じたもので、
気にくわない仕事をドタキャンしたり、
写真集が児童ポルノ並みと指摘され、発売中止になろうと、
深夜ドラマとはいえテレビ東京系・水曜23:58「めしばな刑事」のヒロインに起用されたり、
昨年(12年/海辰)末シングルデビューした
「まさか」が、そこまでインパクトがなかったのに、
05月08日(木戌)にはセカンドシングル
Mineをリリースできるのは、
こういうカラクリがあったわけだ_____。
もともと二面性のある「鉄寅」だが、
総エネルギー205点中木性70点と、男もお金も大好きな河西が、
生年冲殺らしく、仕事場で男を得られたのだ。
しかし「未」年生まれ「鉄寅」は、内外シーソー。
住まいは窪田の旧宅の超高級マンションで、
コンシェルジェが常駐し、自室まで五重のオートロックで守られたお城のようなもの。
これはAKB48のなかでも、最高級のグレードで、総監督や総選挙一位よりも格上。
そりゃ仕事に真剣にはなれぬだろうし、売れるわけもない。
とはいえ、所詮愛人だし、中途半端は否めないし、
後天運も特筆できるものはないから、
害年(13年/雨巳)で、ここまで狙い撃ちされたら、早晩お払い箱かもな。
愚か者というより、その程度の宿命なんだからやむなし☆
 
■2013年04月28日(日)木子
仲村トオルが家事全般にフル稼働と鷲尾いさ子の夢の中●
■14歳と9歳の娘がいる仲村トオル(65-0905/海戌)。
08年(山子)には、天冲殺ながら「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」に選ばれると、
「子育てだけでなく、掃除、洗濯、食器洗いが大好きで、
アクティブな引きこもりです」と答えていたが、
それは、夫人の
鷲尾さ子(67-0401/草未)が、数年前から重病を患っており、
症状はいい時もあるものの、悪い時になると歩くのもやっとで、
外出することもままならない状態になると「女性セブン」が報じている。
鷲尾は、融通の利かない「貫」主導で不器用。
そして、金性ゼロ(DNA車/牽なし)で配偶者成分皆無なのに、
結婚をしているために、妻としての役割や家事が負担になるタイプ。
ここに「42歳山申」が守護神的とも言える月干「雨」を干合すると、
「灯」に変化してしまうため、子供の成長についていけなくなる。
そして、金性ばかりか宿命に水分が一滴もなくなってしまう状態になるので、危うくなる。
まして、この二年は条件なし天冲殺なので、虚の水性に振りまわされたあげく
特に今年(13年/雨巳)は、「灯巳」的な夢の中では、燃え尽きかねない。
これに符丁するがごとく夫の仲村の「40歳鉄辰」の主導DNA「龍」の対冲で、
妻の座が危うくなっているうえに、
次女(04-02XX)はデータ不詳も、
父親と共通干支のない
長女(98-1119/鉄午)は、
鷲尾と干合支合するも、強い金性の生月冲殺で、育てづらいのではないのか。
仲村は強い子丑天冲殺ばかりか、
「巳」年生まれ「海戌」は、働き者だから試される。
二人で事務所から独立し稼ぎすぎたつけという話もあるが、
何があろうと、鷲尾の夢の中であり、消化するしかない。
そう言えば、娘二人の通学する学校は、
大学がなくなってしまうことになった、先行き不透明な東京女学館。
色々重なるものなのである☆
 
遠野なぎこ 母と男に告白本で復讐する害毒の総決算●
■91年(宝未)の条件あり天冲殺にデビュー、
99年(畑卯)にはNHK朝の連続テレビ小説「すずらん」でヒロインをつとめながら、
09年(畑丑)に会社員男性と結婚するも、一ヶ月で別居し二ヶ月で離婚し、
バラエティ番組で「私、七股なんです」といった自由奔放な発言が原因なのか、
昨年(12年/海辰)には長年所属していた東宝芸能を辞した
遠野なぎこ(79-1122/雨巳)が、
03月26日(宝卯)の年支「未」と月支「亥」の
表面的な三合会局日DNA「龍」日に、自伝的小説の
一度も愛してくれなかった母へ一度も愛せなかった男たちへ』を刊行。
帯の文章は「愛が、よくわからない…だって、母親にさえ愛されたことのない私が、
男の人から愛してもらえるわけが、ないじゃない?
近づくと傷つけられる。傷つけられると傷つけ返してしまう。
そんな関係性はもう、母親だけで十分だ」は、あまりにもストレート。
前半は、遠野が幼少期に実母から受けた、
育児放棄や虐待のリアルなエピソードが描かれている。
母親は、高校時代になぎこを身ごもり、青森から東京に駆け落ち。
幼すぎる夫婦の結婚は失敗に終わり、
遠野の母親は、その後、別の男たちとの生々しい性愛模様を、
幼い遠野に見せつけるように生きていく。
小学高学年になった遠野が、
実の母から再婚相手と一緒にお風呂に入るように強要されるというのも衝撃的だが、
それ以上に驚くのが母親が
カレシの男性器の写真を見せるシーンなども書かれていること。
母親は再々婚して健在だそうだが、遠野は勿論連絡を絶っているそうだ。
あとは、その影響を受けた遠野の男遍歴なのだが、それはいい(笑)。
遠野の母親は「雨」を産みだす「鉄」であり、
これは内側のDNA成分のため、生年冲殺とはいえ関わりは濃い。
しかし、冬生まれにとっての金性は、忌み神。
それでも、一時期遠野がスポットライトを浴びられたのは、
初旬「5歳陽子」2旬「15歳灯丑」の守護神のおかげだろう。
しかし、現在の3旬「25歳山寅」は、干合支害で男に裏切られ、不名誉もあり。
その最後の最後の律音の人生の折り返し地点である今年(13年/雨巳)に、
こういうものを世に出すのは、本人なりのもの。
しかし、次旬4旬「35歳畑卯」が、年干支「畑未」を大半会するとはいえ、
生年冲殺の躓きを取り戻すのは容易ではない。
それまで不遇だった人の反攻が期待できるのが律音。
一応、来年(14年/木午)からは干合支害10年運もあけ、
条件あり天冲殺の二年(14年/木午・15年/草未)は頼もしい。
それだけに、東宝芸能にはしがみついていてほしかった。
普通に考えれば、もう期待してはいけない☆
 
■2013年04月29日(月)草丑
中西モナが「三度目の復帰です」会見の恥●
■昨年、第一子女児(12-0710/海申)を出産し、
一年もたっていないのに、いつのまにか仕事復帰している
旧名山本モナの
中西(76-0211/雨巳)が、
夫に背中を押されたとかで、
03月21日(陽戌)に芸能活動復帰宣言をし、
個人事務所を立ち上げ、バラエティ番組に露出し始めている。
真相は、夫の稼ぎをあてにして、ブランド物や洋服に湯水のように使う夫が、
「そんなに使うなら、自分で稼げ」と言われたと
「日刊ゲンダイ」に報じられている。
月支「寅」VS日支「巳」の害持ちで、家庭に安泰なし。
むろん、家にじっとしてもいられない。
これに輪をかけるように、娘は共通干がない干合木性天干一気では、
(子供縁の薄い午未天冲殺の母親としては)居場所がないのであろうなあ。
今年(13年/雨巳)は、律音で人生の折り返し地点。
今まで素手で闘ってきたような人でも、
結構な重装備を与えられるような気分になり、力が入る。
そして、これまで頑張ってきた人は、これを境に落ち目に入るし、
その逆の場合は、飛翔モードに入るわけだが、
モナの場合は、中途半端すぎて、判定不能(笑)。
しかし、これまでがあまりにもトホホなので、
上がりに賭ける気持ちがないと、前進できない。
「牽」主導なのに、恥を感じぬ厚顔に期待するしかない☆
 
舟山久美子が美容師と交際を大宣伝の愚●
■「Popteen」専属モデルで、初の表紙を飾った09年(畑丑)から10年(鉄寅)まで
17ヶ月連続表紙の記録を作った「くみっきー」こと
久美子(91-0429/畑巳)が、
東京・表参道の人気美容室「U-REALM」代表の
高木裕介(77-0815/木辰)と交際中だと、
「日刊スポーツ」が報じている。
08年(山子)の主導DNA「石」年にスカウトされ、
母親がフィリピン人とのハーフという舟山は、
総エネルギー289点中土性118点の引力本能多大。
初旬条件はなくも「12歳木午/22歳草未」が木性廻りで、「畑」の賑わい。
一方の高木は、DNA「禄」の目立ちたがり屋。
総エネルギー263点中土性100点も、自身の木性は33点という弱さで、
「巳」年生まれ「木辰」は、スケール大であろうと、そこまでの力は感じないね。
「木+禄+申月」は、異性に利用されたり、寸前で裏切られる。
出会いは知人の紹介で11年(宝卯)って、
舟山の年干支「宝未」は大半会され世界は拡がっただろうけど、
DNA「鳳」の遊びだし、
高木は、条件なし天冲殺に害ではないの。
こりゃダメだと思ったけど、落ち行く人には倒柱の「畑巳」が待ち受ける(笑)。
高木も「2歳灯未/12歳陽午」の守護神で努力したんだろうけど、
現在の「32歳木辰」は律音で気強くなっているけど、
次旬「42歳雨卯」は、初旬条件のない10年運天冲殺に害。
期待しないほうがいい☆
 
デヴィ夫人壇蜜を毛嫌いする理由●
■自宅映像がテレビで流れたため深刻なストーカーに遭っていると
「東京スポーツ」に報じられた
(80-1202/畑酉※)が、
「週刊文春」では、
デヴィ夫人(40-0206/畑卯)に、
「赤線の娼婦みたい」だの「乳首がアグリー」だのと、一刀両断されている。
デヴィは「鉄辰」年で、壇は「鉄申」年と違いはあるが、二人とも「鉄」年生まれで、
日干まで「畑」なのだから、どこか同じものを感じるのかもなあ。
だからこそ、年支「辰」VS日支「卯」の害持ちのデヴィが、からみたがる(笑)。
そして納音同士は、似ていても実はそれは表だけで、中身が違う。
それをデヴィが言いたいのだろうが、
「71歳鉄午」のDNA「調」で、若い女性と絡みたくても、
もう少し謹んでいただかないと、お疲れになるばかり。
今年(13年/雨巳)は月干支「山寅」の干合支害で、
新たな若い女性は、実際は救いにもなるのに、脅威に感じてしまうのだろうなあ。
「石」主導のデヴィのことだから、話題作りには違いないけどね。
ところで、父親はツアーコンダクターで、母親が保育士と
「週刊新潮」に報じられている壇だが、今でも母とは仲が良いそうだが、
「畑酉」の倒柱は、母親に庇護されてこそ伸びる寅卯天冲殺。
一人暮らしではなく、両親と一緒にお暮らしなさいって。
そうすれば、敵から守ってもらえるんだからね☆
 
■2013年04月30日(火)陽寅
Kiroro 金城綾乃が離婚発表も全ての子に因縁あり●
■96年(灯丑)の年干支「灯巳」の大半会を伴う守護神年に活動開始した
Kiroro金城綾乃(77-0815/木辰)が、04月26日(海戌)のDNA「龍」の対冲日に、
離婚したことが公式サイトで発表された。
05年(草酉)のDNA「石」の妥協年に、関東地方出身の飲食店経営者と一緒になるも、
第一子女児(05-1126/木寅)は、
本年(13年/雨巳)はDNA「玉」すなわち母親の害という子丑天冲殺で、
第二子男児(09-0314/山午)は、年支「丑」VS日支「午」の害持ち生年冲殺だし、
第三子男児(11-0329/雨未)は、金城の条件なし天冲殺+害年の害月出産なのだから、
相手の素性がどうであろうと、あまり歓迎できない結婚であったことがしのばれる。
(金城の)今年は、月干支「山申」の干合支合化で、方向性の変化さえすれば
火性も生成され救いとなる。
10年運「28歳宝亥」は、守護神年干支「灯巳」の天剋地冲だし、
月支「申」は害で不安なDNA「牽」の不名誉。
「木+禄+申月」は、異性の裏切りに遭いやすいものだが、
子供三人を抱えた、これからは厳しい。
「木」の金城の東京進出が正解だったかは、疑問と考えたい☆
 
八幡カオルキンタロー。便乗で古賀シュウにキスの恥●
■04月28日(木子)に放送された「有吉反省会」に、
前田敦子のモノマネで一気に認知された
キンタロー。(81-1023/木戌※)に
便乗しまくる
峯岸みのマネの八幡カオル(75-0520/陽寅)が出演し、
「キンタロー。に何から何まで便乗してしまうことを反省します」と
いう内容で懺悔したものの、
キンタロー。が、04月02日(山戌)に放送された
日本テレビ系特番「好きになった人」の収録中に、
公開告白で彼氏をゲットしたことに関連して、
「自分も同じように告白したい人がいる」と、またもや便乗しようとする。
そして、スタジオにサプライズで登場した“告白したい人”にマジ告白し、見事成功。
さらに、盛り上がった2人は、キンタロー同様、その場で熱いキスも披露してしまった。
相手は、なぎら健壱、長島三奈のモノマネなどでおなじみ、
先輩モノマネ芸人の
古賀シュウ(67-1006/雨卯)。
八幡と古賀は、半年前にライブで共演したことがきっかけで知り合い、
それ以来、会うたびに「かわいいね」と褒められ、意識するようになったという。
番組スタッフによると、事前の打合せで、
古賀は「(八幡と)付き合うことは100%ない」と言っていた。
しかし本番では、八幡の勢いに押しきられた形で「OK」してしまった様子。
MCの有吉をはじめ、今回は“付き添い”として一緒に出演していたキンタロー。
など、スタジオにいた出演者全員が、このまさかの状況に驚いていたが、
水性ゼロ(DNA車/牽なし)の野人の八幡は、この二年は、その水性廻り。
しかし、去年(12年/海辰)と異なり、今年(13年/雨巳)は、DNA「牽」の害。
さらには、もとより月干支「宝巳」VS日干支「陽寅」は干合支害持ちで、
ロクでもない男にしか興味をもたないのだが、
共通干支がないうえに、古賀の月干支「畑酉」は八幡の年干支「草卯」を天剋地冲し、
仕事上は何のプラスにもならない足手まといだし、
そもそも夢の中の古賀に言い寄っても意味なし☆
 
ビッグダディ 林下清志林下美奈子の感動しない闘い●
■正直言って、16人の大家族とはいえ一般人の生活を延々と
4時間以上も特番で流す意味に賛同しかねる
テレビ朝日系「痛快!ビッグダディ」に出演していた
ビッグダディこと林下清志(65-0408/海辰)と
林下美奈子(83-0223/海午)が離婚して、
清志は小豆島から岩手へ、美奈子は宮崎へ移住して、
清志は04月26日(海戌)の納音日に
ビッグダディ流儀を、
美奈子は05月01日(灯酉)の干合天冲殺日に
ハダカ美奈子という
それぞれ暴露本までだしているのだから、始末が悪い。
初旬「1歳畑卯」で不名誉がつきまとう午未天冲殺が、
年下と一緒になって失敗するのは自己責任だが、
子供をふくめた周囲は、大迷惑。
「子供は好きじゃない」といいながら、
「妊娠する可能性がないセックスには興味がない。
人生で避妊をしたのは一度だけ」なんて、冒涜。
「41歳草亥」は、主導DNA「調」の特別条件付10年運天冲殺で、
そりゃ変わった事をすれば話題にはなるだろうけれど、
もちろんターボ運付の守護神「24歳灯巳」の美奈子は、
金性ゼロ(DNA龍/玉なし)だが、とりまきに恵まれているのか、
帯には「15歳で妊娠」「シンナー」「覚せい剤」「殺された元カレ」
「元夫からのDV」……と、衝撃の文字が躍るもんだから、売れているらしい。
「亥」年生まれ「海午」は、狭視で異性理解不能であるし、
慌ただしい戦場の花嫁の「海午」に安閑に縁なし。
グラビアにも挑戦し、勝負を賭けている。
共通干は日干の「海」だけのうえ、午未天冲殺に翻弄される年下の嫁。
食傷気味以外の感想なし☆
 
コラム総合目次//茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●鳳積堂 Copyright(c)1994→2016 birthday-energy.inc.
 
BE●運命向上委員会BE●鳳積堂 きたでら
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2