BE●運命向上委員会緑水●BE茶房部
BE●苺1BE●苺2
熱意と心のDNAで運命を科学する 運命向上委員会●BE
2 0 1 3 年(雨巳)●02月 木寅 //茶房部 緑水
コラムの先頭へ
貴城けい 元宝塚宙組トップが市川月乃助と結婚の迷い●2013_0201
植村花菜が年下ジャズドラマーと結婚の勘違い●2013_0201
園田隆二 柔道女子日本代表監督の技ありの躓き●2013_0202
AKB48 峯岸みなみ 小者ダンサー宅宿泊で丸刈りの夢の中●2013_0202
安藤勝己 害で始まり害で終った野人の引退●2013_0203
青木裕子が芸能事務所に所属し古巣で初仕事の無駄●2013_0203
安倍昭恵田村淳に猛烈ラブコールの困惑●2013_0204
石田エレーヌが干合支刑日に第一子男児出産の感謝●2013_0204
夏目三久真相報道バンキシャ!で古巣復帰の恥●2013_0204
鈴木杏樹の夫が急死した抵抗不能の夢の中●2013_0205
上原さくら 自殺未遂離婚騒動で得るものなし●2013_0205
有村架純が爽やかに奏でるリトル・マエストラ●2013_0205
山田花子は夫にキス一回千円エッチ一回十万円のご奉仕●2013_0206
北陽 虻川美穂子 枡谷周一郎に子作り拒否され夫婦仲最悪の自業自得●2013_0206
吉高由里子RADWIMPS 野田洋次郎と交際の絶望●2013_0207
AKB48 板野友美の寂しい卒業宣言●2013_0208
忽那汐里松田翔太がドライブ手つなぎデートも感動せぬ夜●2013_0209
大江麻理子が厄介払いされた土砂降りの雨●2013_0210
AKB48 篠田麻里子が影の総監督就任●2013_0211
ケンドーコバヤシ 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕の汚濁夢の中●2013_0212
会田誠 天才でごめんなさいは許されるのか●2013_0213
三浦マイルド R-1ぐらんぷり王者の髪が薄い理由●2013_0214
キンタロー。が一発屋でしかなかった理由●2013_0214
高橋真麻が退職を発表した無感動●2013_0215
加藤綾子の退社慰留に年収三千万円保証の損得●2013_0215
AKB48の幕引きを暗示する脱落者ラッシュ●2013_0216
AKB48 仁藤萌乃が卒業発表した夢の中●2013_0216
ZONE 長瀬実夕が素行不良でクビ●2013_0216
尾上菊之助 中村吉右衛門四女波野瓔子に騙され婚の無抵抗●2013_0216
AKB48 So long! ドラマ総選挙は島崎遥香に栄誉の今だけ●2013_0216
鈴木えみが仕事に使えず結婚に至った哀しき改良年●2013_0217
藤谷美紀の第一子男児出産の微妙な幸福●2013_0217
熊切あさ美に騙された片岡愛之助の夢の中●2013_0217
壇蜜が自然な姿をさらす蜜の味と行く末●2013_0218
本村健太郎弁護士がテレビに出ねばならない理由●2013_0219
きゃりーぱみゅぱみゅ 堂々とアーティスト宣言の夢の続き●2013_0219
市川海老蔵の遊び呆けたツケの落としどころ●2013_0220
平祐奈平愛梨を超えられるか おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!●2013_0220
要潤が元タレントとの稼働力放棄の華なし婚のありえなさ●2013_0221
AKB48 篠田麻里子が福岡市カワイイ区長退任で毒の始まり●2013_0221
眞鍋かをり 参院選出馬報道は、もらい事故発言の半端●2013_0222
柳原可奈子宇佐美あいりの彼氏で渋谷の山Pにご執心の恥●2013_0223
訃報.ゲームクリエーター飯野賢治が逝く●2013_0223
渡辺直美にありえない改良改革恩恵の兆し●2013_0223
前田有紀が英国留学のため退社の愚かな夢の中●2013_0224
AKB48 内田眞由美の岩で笑いをとれない犠牲的精神●2013_0224
KAT-TUN 田中聖が副業でバーを開店 AKB48 板野友美も来店●2013_0225
菅野よう子 泥沼ビジネス訴訟と不倫疑惑浮上の毒の中●2013_0225
高嶋ちさ子 スーツケース盗難と従兄と確執の毒の中●2013_0226
MAX Reina 害年結婚の第二子は害持ち子丑化け物女子●2013_0227
小泉進次郎 ホストの従弟が風営法違反で逮捕の憂鬱●2013_0228
 
■2013年02月01日(金)山戌
貴城けい 元宝塚宙組トップが市川月乃助と結婚の迷い●
■92年(海申)のDNA「石」の害年に78期生として宝塚歌劇団に入団。
07年(陽戌)の主導DNA「司」年に宝塚を退団した
けい(74-0522/雨亥)が、
同年舞台で共演し、昨年(12年/海辰)に再会したという
歌舞伎俳優の
市川月乃助(69-0106/宝巳)と
01月27日(雨巳)の貴城の納音日に入籍したと事務所が発表。
初旬条件なくとも「35歳草丑」の10年運天冲殺中の貴城と、
「玉」×3もありながら、年干支の大半会を伴う88年(山辰)の守護神年に、
国立劇場第九期歌舞伎俳優研修了(一般人ということ)の月乃助は生年冲殺も、
初旬「10歳陽寅」は、干合支害を経験しており、異性の犠牲。
時代整合性ある冬生まれとはいえ、「40歳畑巳」のDNA「龍」は、
一見守護神だが、「山」の「玉」×3持ちとしては、
このような形で改良改革するのはブレかも。
「仕事でもプライベートでもお互いを尊敬し高め合える存在であることに気付き、
これからの人生も共に歩んでいこうと決意した次第です」と連名で声明をだしたが、
共通干などはなく、貴城に金性の月乃助は救いも、
月乃助にとって「雨」の貴城は微妙のうえに、
子丑天冲殺が年上と一緒になったところで得るものはなし。
仕事場で相手に出会う月乃助とはいえ、これでは仕事の一環でしかない。
お気の毒に☆
 
植村花菜が年下ジャズドラマーと結婚の勘違い●
■04年(木申)のDNA「鳳」年に活動開始、
05年(草酉)のDNA「調」の支合年にメジャーデビューし、
10年(鉄寅)の「トイレの神様」で認知された
花菜(83-0104/海辰)が、
Indigo Jam Unitなどで活動するジャズドラマーの
清水勇博(83-0327/木寅)と、
01月29日(草未)のDNA「調」の天冲殺日に入籍したことを、自身のブログで発表。
人生の折り返し地点だった昨年(12年/海辰)の律音年の
05月(草巳)に米国に修行傷心の旅に出かけた際に
(現地在住の清水と)出会ったそうで、
共に兵庫県出身(またかよ〜笑)ということで盛り上がり、交際に発展。
植村は、目上命の午未天冲殺にもかかわらず、
「戌」年生まれ「海辰」が自己愛の象徴ばかりか、
年干も月干も日干も「海」という真性水性天干一気でもあり、
わがままで、売れてからはいっそう天狗になり、完全に一発屋状態。
相手とは、共通干支も何もないどころか、
午未天冲殺が年下の(目上剋し)子丑天冲殺と一緒になる失態で、
完全にイカれてしまったようだ。
「海辰」の女性は、午未のなかでも究極の早生。
「ミュージシャンとしても、人としても、本当に素晴らしい人です。
喜怒哀楽の激しい私を、いつも穏やかな大きな心で包みこんでくれる、
とってもあったかくて素敵な人です」だとは、お目出度い☆
 
■2013年02月02日(土)畑亥
■1990年代、2000年代、2010年代と、チャート一位を記録した
モーニング娘。(98-0128/草亥)は立派だけれど、
時代整合性なきキャバキャバしたヒョウ柄衣装をどうにしかしないと、
本当に未来なし☆
 
園田隆二 柔道女子日本代表監督の技ありの躓き●
■柔道の女子選手15人が暴力を受けたと集団告発した問題を受けて、
園田(73-0916/草卯)女子代表監督は、
01月31日(灯酉)の、DNA「鳳」の対冲日に、気が萎えた模様で、
東京都文京区の講道館で会見を行い、
「これ以上、強化に携わることは難しい」と話し、
進退伺を提出するとともに、監督職からの辞意を表明し、
「このたびは私の行動、言動により、
選手をはじめ皆様方に大変なご迷惑をおかけしていることを
大変深く反省しております。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。
園田は「車」主導の単純な闘争心の持ち主。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人なのだから、
口汚く、かつ手をあげたのだろう。
とはいえ、生日冲殺、互換冲殺付の生年冲殺で、全て上の意向。
この流れは昨年(12年/海辰)の塩濁「玉」の害の流れ。
ただそれだけではない。
10年(鉄寅)に結婚した妻は、04年(木申)のアテネオリンピックの
柔道女子78kg級金メダリストの
阿武教子(76-0523/草亥)で、
日座冲殺さげ●●の影響大だし、
第一子男児(11-0605/宝卯)の害年もある。
この男児は水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、
母親とは共通干支がなく、
父親の月干支「宝酉」は、この子に納音されており、
こららも含めた生年冲殺の躓きは、
次旬「43歳陽辰」が、宿命にないターボ運付害では、
警視庁にも居づらくなるのであろうなあ。
生年冲殺とは、組織の犠牲であるが、
技ありで危ない人を押しつけられたがための挫折である☆
 
AKB48 峯岸みなみ 小者ダンサー宅宿泊で丸刈りの夢の中●
■表の顔はバラエティ担当で、裏の顔は合コン担当と言われる
AKB48峯岸なみ(92-1114/木午※)が、
01月17日(雨未)の水重なりの深夜に、
11年(宝卯)に舞台で共演したというEXILEの弟分で、
昨年(12年/海辰)メジャーデビューした
GENERATIONSの通称チャラン(嘆)こと白濱亜嵐(93-0804/灯巳)宅を訪れ、
朝まで過ごしたことを「週刊文春」に報じられた。
これをうけて峯岸は、01月31日(灯酉)のDNA「調」の偏り日に、
YouTube上のAKB48の公式サイトで、丸刈り姿で謝罪した。
白濱の事務所は、本人が「酉」年生まれ「灯巳」が逃げ腰でもあり、
「友人同士」を強調していたが、
峯岸は「AKB48を辞めたくない。甘い考えかもしれませんが、
今回のことはすべて私が悪かったです。本当に申し訳ございません」と、
恐ろしくみっともない姿をさらし、
運営側は02月01日(山戌)のDNA「禄」の半会日付で、研究生に降格させると発表。
過去の話のうえに、相手が全くの一般人だった
指原莉乃(92-1120/鉄子※)は、
HKTに移籍させ再利用をはかったが、
中途半端な相手とのズバリ写真は、言い逃れ出来まい。
しかも、共通干支もない、天冲殺範囲を持たれた年下の子丑天冲殺では、
売り出し中とはいえ後天運にも魅力がないので、
売名行為に加担させられたようなもので、AKB48の運営側に泥を塗った格好。
干合年だった昨年(12年/海辰)に、日本テレビ系「シュガーレス」に主演した白濱は、
フィリピン人の母親と日本人の父親との間に生まれたハーフであり、
姉はモデルの
ラブリ(89-1127/宝卯)。
一方の峯岸が露出が増えAKB48に貢献できたのは、条件なし天冲殺の流れ。
そして油断した先月(01月/雨丑)は、その夢の中の害月。
自身の月干支「宝亥」は、白濱の月干支「灯巳」に天剋地冲され、
立場が壊されたわけだが、
「残りたければ丸刈りにしろ」と言われたはずだが、
(指原事件の折に峯岸が、坊主と騒ぎ立てたため)
たとえ反省したとはいえ自己発揮だったら、それはそれでNG。
相手があまりにも小者で発展性も何もないので、笑いにも変えられず、
よくもまあ合鍵まで_____自覚がないというのか、ただの愚か者。
異常干支の指原と異なり、「木午」の限界でしかない☆
 
■2013年02月03日(日)鉄子
安藤勝己 害で始まり害で終った野人の引退●
■76年(陽辰)の守護神害年に、地方競馬の笠松競馬場でデビューし、
03年(雨未)のDNA「龍」の半会年に、
子丑天冲殺らしく、新たな道筋をつけるが如くJRAへ移籍し、
地方でも中央でも千勝超えを達成し(中央1.111勝、地方2.142で通算3.353勝)、
JRAでG1を22勝した作家の石田衣良と同一生年月日の
安藤(60-0328/草卯)が、
13年度(雨巳)の騎手免許の更新手続きを行わず、
01月31日(灯酉)の守護神対冲日に騎手免許を返上した。
年干支「鉄子」を大半会する初旬「3歳鉄辰」の干合支害経験があるとはいえ、
腰痛や体重増加に苦しみ、昨年(12年/海辰)はついにG1未勝利で限界を感じた
DNA「玉」の害の流れで引退決意。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、
総エネルギー124点中木性78点はしなやかで、ともかく身体能力は高かった。
今年(13年/雨巳)から始まる「53歳草酉」の主導DNA「貫」の納音は、
生年冲殺とはいえ、事切れたということか。
引退式は02月03日(鉄子)の干合天冲殺日の京都競馬場の最終レース終了後。
勝負服は着ずに、スーツで臨むという。
それでこそ、アンカツなのだろうが、
生年冲殺なのだから、これから安っぽいステージには進まないことだけを願う☆
 
青木裕子が芸能事務所に所属し古巣で初仕事の無駄●
■忌み神四土格に入格した昨年(12年/海辰)の12月31日(陽寅)付で、
TBSを退社した
青木(83-0107/草未)が、
02月01日(山戌)のDNA「司」の金銭物質優先日に、
「レプロエンタテインメント」に所属することになり、
フリー初仕事も、年干「海」の干合を伴う守護神天冲殺日である
02月20日(灯巳)19時にオンエアされる
古巣のTBS系特番「東京VS46道府県」の司会に決定。
天冲殺中だから、冒険をしないために、古巣と付き合う安全運転だと。
騒がしいことばかりやり、少し名前が売れたくらいで、
後ろ足で砂をかけるように退社して、高いギャラ奪取か。
初旬「1歳海子」は「玉」の害。
せいぜいの売りは四土格のみで、後天運も普通。
夢の中での自己発揮は禁止なので、古巣で仕事とならば、
(感謝もなく)辞める必要はなかったはず。
夢の中は持続だから、TBSに出るというのは詭弁で、
明けたらかえって藻屑で、挫折への入口に進むだろうな。
よほど痛い目に遭わないとわからないらしい。
陰であろうと木性は、自分では動かないものだ☆
 
■2013年02月04日(月)宝丑
安倍昭恵田村淳に猛烈ラブコールの困惑●
■共通干のない害関係の安倍晋三(54-0921/鉄辰)総理を支えているはずの
ファーストレディーの
安倍昭恵(62-0610/畑卯)が、
08年(山子)にラジオ番組で共演し、山口県つながりトークで盛りあがった
ロンドンブツ1号2号田村淳(73-1204/木戌)を、
次期参院選で
自民党(55-1115/鉄辰)から擁立しようと
熱心にラブコールを送っているものの、
日本維新の会(12-0928/海辰)から出馬したい淳は、
毎日かかっている電話を鬱陶しく感じ逃げ回っていると、「女性セブン」が報じている。
総理の月干支「雨酉」は、淳の年干支「雨丑」を大半会するが、
日干支同士は天剋地冲だし、
昭恵夫人が淳と干合支合関係でお気に入りだけではないのか_____。
夫人の害年の最後の最後(12年/海辰)に妙な話題だったが、
今年(13年/雨巳)の淳は、月干支「雨亥」の納音と、
年干支「雨丑」の大半会を伴うDNA「玉」年で、
10年運「39歳畑未」のDNA「司」を考慮すれば、
故郷山口から出馬するのも、納得できる。
とはいえ「丑」年生まれ「木戌」は孤立しやすい。
宿命成分に「草」すなわち、DNA「石」のない淳にとって、
「龍」主導で、新しいものになびく気持ちがあろうと、
モメてばかりで危うい「維新」ではなく、自民党向き。
決断は早いほうがいいのに☆
 
石田エレーヌが干合支刑日に第一子男児出産の感謝●
葉山エレーヌあらため、日本テレビの石田エレーヌ(82-0729/雨丑)アナが、
第一子男児(13-0201/山戌)を干合支刑日に出産。
四土格なんだから、その前に色々あろうと、
さすがに「戌」「未」「丑」持ちは「辰」で完成。
塩濁年も、自分の年干にもあるので、使えたな。
生日冲殺で「戌」年生まれ「雨丑」は自己愛なのに、
よく頑張れたと思うも、夫の年干は「雨」だろうから、
エレーヌの律音月の「雨丑」月範囲内に出産でセーフ。
男児とは年干支が衝突するも、共通干は二つで日干干合で、
そりゃ可愛いだろうけどさ、重い「山戌」の生年冲殺では、
最初は犠牲になってくれても、あとで根に持つぞ。
「石」主導は、潔くなく腹に一物ありだが、
「(出産後)一段落したらすぐに仕事に戻ります」というエレーヌは、
仕事人の鑑なのか、鬼の母親なのかはともかく、
生年冲殺の子供が生まれる結婚も結婚だし、
生年冲殺は親や仕事の犠牲になるために、
この世に出現しているものだが、
ひとまず目出度いとしか、言えない☆
 
夏目三久真相報道バンキシャ!で古巣復帰の恥●
■07年(灯亥)の忌み神天冲殺+害年に入社したために、
10年(鉄寅)には、広告代理店勤務の彼とのベッド写真が報じられ、
居場所がなくなり退社した
夏目(84-0806/海申)が、
古巣の日本テレビ「真相報道バンキシャ!」(日曜18時)の
新キャスターとして、04月07日(雨卯)のDNA「石」日から起用される。
産休に入る
鈴江奈々(80-0711/草酉)アナの後任だそうだが、
羅状で共通干支があるとはいえ、
福澤朗(63-0914/鉄申)との関係は、
鈴江ほど築けるかは疑問だし、そもそも訳ありで追われた会社に、
のこのこと出演するのは「牽」主導としては、ありえないのではないか。
「20歳畑巳」は主導DNA「牽」とはいえ、
今年(13年/雨巳)は、妥協屈辱の返り討ち(笑)☆
 
■2013年02月05日(火)海寅
鈴木杏樹の夫が急死した抵抗不能の夢の中●
■02月01日(山戌)のDNA「玉」に、
レギュラーを務める日本テレビ「ZIP!」の生本番中に、
鈴木(69-0923/宝丑)の夫で、
駿河台日本大学病院勤務の外科医の山形基夫(56歳/生年月日不明)氏が、
内臓疾患のため米国の病院 で亡くなったそうである。
鈴木は木性ゼロ(DNA禄/司なし)で、存在感希薄。
火性ゼロ(DNA車/牽なし)の配偶者成分皆無。
総エネルギー194点だが、金性112点はギッチリと密度が濃い。
しかも、年支と月支が「酉」VS日支「丑」の半会の地支金性一気格で、
さらに敷き詰められたような砂利のような足場は、いまどきかえって地味。
出会いは98年01月といっても、
そこは97年(灯丑)の宿命にない火性の年支と月支(共に酉)の半会がらみ。
腹痛で緊急入院した先で、執刀したのが結婚相手という、
まるで夢の中のような話だから、相手も普通の宿命ではあるまい。
結婚したのも、月干「雨」が干合されて「灯」化した98年(山寅)。
現在は「35歳灯丑」の宿命にない火性10年運の最後。
しかも、今年(13年/雨巳)は、金性強化(半会)の条件なし天冲殺三合会局の夢の中。
嘆き苦しみたい気持ちはわかるが、
使い勝手の芳しくない金性でも、これを機に、あらためて自分を売るしかない。
なんとあれ、60年に一度の守護神天冲殺なのだから。
感謝と口にしては不届きになるが、活かさぬ手はなし。
もとより、結婚には縁がなかった。
これからの人生は、あれこれ思案無用。
「貫」主導は夢の中で答えがでようと、ずっとあの世まで持っていく☆
 
上原さくら 自殺未遂離婚騒動で得るものなし●
■泥沼の離婚騒動中と言われる上原くら(77-0331/灯亥)が、
昨年(12年/海辰)の干合年の11月(宝亥)に、
都内マンションで飛び降り自殺をはかろうとしたと「週刊文春」が報じたが、
「東京スポーツ」は自作自演の売名と疑っているし、
「FRIDAY」では、夫の
青山光司(72-0713/草巳)が、
「最低、五億円ほしい」と要求されていると告白するなど、ぐちゃぐちゃ。
夢の中で青山が、つい騙されてしまった不徳なのだが、
今年(13年/雨巳)は救いの「雨」の青山と、
忌み神天剋地冲年の上原では、比べるまでもなし。
勝とうが負けようが、上原のイメージは地に墜ちて、
もはや芸能生活は風前の灯火となる。
年干支「灯巳」VS日干支「灯亥」の納音持ちでは、マッチポンプ☆
 
有村架純が爽やかに奏でるリトル・マエストラ●
■09年(畑丑)の月干「木」の干合のDNA「禄」年に、
所属事務所のオーディションに合格し、
10年(鉄寅)の干合年に「ハガネの女」でドラマデビュー。
ドラマの端役や映画にCMで地道に売りだされてきた
兵庫県伊丹市出身の
架純(93-0213/草丑)が、
01月10日(陽子)の守護神支合日にスタートした
木曜23:58日本テレビ系ドラマ「お助け屋☆陣八」でヒロインを演じたり、
02月01日(山戌)のDNA「司」の天冲殺日に公開された
映画「リトル・マエストラ」では、主役を任されている。
同作は女子高生の天才指揮者が、過疎に悩む漁村のオーケストラを立て直す物語で、
「調」主導ながら、根っこは強い春生まれの「草」の有村にはうってつけ。
総エネルギー201点中木性は69点と、春の新芽は勢いあり。
主導する「調」が才能にもなり、永遠の少女性で気づかいが売り。
「調+車」は、直向きな努力と元気。
「調+龍」は、向上心の塊。
「調+石」は、自尊心はあるも程よいブレーキ。
「草+調+寅月」は、極端な夢を持って成功。
「酉」年生まれ「草丑」は、ストレートに進む人生である。
初旬条件はなくも、ターボ運に支えられた「17歳陽辰」は、
主導DNA「調」の守護神が光り輝き、
この後には「27歳灯巳」の守護神三合会局まで控える。
その先の「37歳山午」の害をどうこういうつもりはないが、今は華。
今年(13年/雨巳)は、年支「酉」と日支「丑」がからむ三合会局。
新たな挑戦により、成長する好機。
フラームは、
広末涼子(80-0718/海辰)で蓄積したノウハウで、
この類を認知させていくのは得意なはず。
04月(陽辰)スタートのNHK連続テレビ小説「あまちゃん」では、
小泉今日子(66-0204/木午)演じるヒロインの母親の娘時代を演じる。
月干「木」に上手に絡みついていけるなら、
歳を重ねても渋い脇も出来そうだし、期待はふくらむ☆
 
■2013年02月06日(水)雨卯
■夏生まれの三谷幸喜(61-0708/海寅)が、
日々放送されるFM番組で、頸や腰の調子が思わしくなく、
手頃なマッサージにかかるも、
施術した人が「良くなったでしょ」と度々たずねられ、
「かえって気疲れして、気分が悪くなった」みたいと発言。
夏生まれの「海」は金性守護神なので鍼だと思うが、
条件なし天冲殺+害に、そんなところに行っても無駄だし、
かえって筋を悪くしそうだな☆
 
山田花子は夫にキス一回千円エッチ一回十万円のご奉仕●
■トリプル害年にもかかわらず宿命にない水性年ということで、
昨年(12年/海辰)、共通干支のない
第一子男児(12-0629/宝酉)を出産した
山田花子(75-0310/草卯)が、
夫が女友達に離婚を相談しているとか、浮気もしていると
「女性セブン」に報じられている。
10年(鉄寅)に結婚にこぎつけた
干合木性天干一気のトランペット奏者の
福島正紀(72-0206/灯卯)は、
花子には歓迎出来ない年上で、
(花子は)「キス一回千円、エッチ一回で夫に十万円」も渡しているといい、
夫からは「向上心がないから別れたい」とも言われたとか。
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、
金性ゼロ(DNA車/牽なし)で配偶者成分皆無でプライドなし。
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)は理性の欠片もないのだから、そうなのだろう。
福島の干合支害年に生まれた長男の月干支「陽午」は、
福島の年干支「海子」を天剋地冲しており、
日干支同士も天剋地冲のため、愛情も感じられないのだろうが、
ならば花子と結婚したのは、誰なのか。
トランペット教室が流行るとも思えず苦難であるな☆
 
北陽 虻川美穂子 枡谷周一郎に子作り拒否され険悪●
虻川美穂子(74-0911/草卯)が、
夫でイタリアンレストランオーナーシェフの
周一郎(73-0110/陽午)に、
子作りを拒否され、枡谷と休日を過ごすのも月に一度あるかないかだと
「女性セブン」に報じられている。
09年(畑丑)の09月29日(灯丑)に「はなまるマーケット」で共演した縁で、
虻川が押しに押して、10年(鉄寅)の10月24日(灯未)に結婚したものだが、
09年は虻川の年干「木」が干合で「山」となり、
その干合年干が月干「雨」と二次干合し、
年干は「陽」月干は「灯」と救いが多くなったかに見えたが、
そこは条件なし天冲殺の夢の中のお試しなのに、虻川が自己発揮しすぎたわけである。
入籍した10年は枡谷の条件なし天冲殺で、根負けしたわけだが、
枡谷もさすが夢からさめたのであろうな。
月干支が大半会するとはいえ、子丑天冲殺の虻川が年上狙いもまずかったが、
その枡谷にしても、決して清潔とはいえない髭面は、
木性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人ばかりか、
月支「丑」VS日支「午」の害持ちで、およそ結婚には向かない。
「牽」主導でやたらプライドが高いうえに、
年干支「海子」VS日干支「陽午」の天剋地冲は、
犠牲をだしながら名を売るのだから、
虻川が利用されたとグチもこぼしたくなるだろうが、
そこは自己責任であろうと、声を大にして言いたい。
ターボ運の枡谷は、とにかく目立てば御の字も、
虻川の料理をマズイとかケチつけながら、
炒め物には何でもマヨネーズをかけるとか。
そんなイタリアンに客が足を運びたいかは疑問だな。
店を閉めたあと外で食事をして帰宅が深夜になり、
添い寝すら拒否する枡谷も、虻川と五十歩百歩で、
この話は、昨年(12年/海辰)の虻川「玉」の害の流れ。
閉幕も遠からず☆
 
■2013年02月07日(木)木辰
吉高由里子RADWIMPS 野田洋次郎と交際の絶望●
■02月23日(鉄申)に公開される吉田修一(68-0914/灯亥)原作の
映画「
世之介」でヒロイン役を演じる由里子(88-0722/山寅)が、
RADWIMPS野田洋次郎(85-0705/草巳)と交際中だと「週刊女性」が報じている。
二人は01月14日(鉄辰)に、ミュージカル「100万回生きたねこ」を観劇。
吉高はニット帽にマスクという完全防備で、野田はこれといった変装はせず。
そのわずか数日後のまだ雪の残る中、深夜2時半過ぎ。
野田は都内にある吉高のマンションにタクシーで訪れ、
慣れた様子でマンションに入りエレベーターで階上に向かった。
吉高の部屋では映像を映し出すような光が窓から漏れていたが、
午前4時過ぎに明かりが消え、朝になっても野田はエントランスへ姿を現さなかったという。
吉高の所属事務所では「プライベートに関しては本人に任せています」とし、
03月06日(宝未)に
illion名義でUBUでソロデビューする野田は沈黙。
共通干はないうえに、日支同士はズバリ害。
土性天干一気の吉高が年上なんてとんでもないうえに、
今年(13年/雨巳)は、60年に一度の干合支害年で、
とんでもない異性で最大級の躓きなんだから、
害の相手なんて、あまりにそれらしくて自殺行為。
野田にしても条件なし干合支害天冲殺(10年/鉄寅)に、
「マニフェスト」がスマッシュヒットし一般的に認知されたが、
前総理と同じ苗字という笑えぬ事情もあり、(今では)かなり恥ずかしくなってきた。
ところで、野田は年支「丑」VS月支「午」の害持ちで、
吉高の月支「未」は、この害を切るものだが、
同時に吉高の月干支「畑未」は、野田の年干支「草丑」を天剋地冲するため、
野田が吉高に入れあげれば、それだけ社会性は失われる。
金性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、遊びが下手な吉高は、すぐのめりこむ。
ターボ運付とはいえ「15歳灯巳」の害でデビューしたわけだから、
いつまでもどこまでも長く売れるより、そろそろ山崩であろうな☆
 
■2013年02月08日(金)草巳
AKB48 板野友美の寂しい卒業宣言●
AKB48板野(91-0702/雨酉※)が、
同グループを年内に卒業することが、02月01日(山戌)の干合支害日に判明。
この日公開されたAKB出演のドキュメンタリー映画
「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」
内で発表したもので、舞台挨拶前に一人で登場し
「チームK板野友美です。突然の発表になってしまったんですけど、
私、板野友美、AKB48を卒業します」と自身の口からも発表。
「日程などは出ていないんですが、出たら発表します。
残りの時間を楽しく過ごしたいと思います」と明かしたが、
おそらく主導DNA月の05月(灯巳)あたりであろうが、
全くと言って話題になっていないので、BEが少しふれておく。
板野は「禄」主導の目立ちたがり屋も、
「雨+禄+午月」は、肝心の時に挫折しやすい。
夏の「雨」は言われているほど敵はないが、
かといって迫力があるわけでもなく、
今年(13年/雨巳)は、年支「未」と月支「午」のからむ方三位と、
日干支の大半会もあり、夢も広がるうえに、
「22歳灯酉」は、主導DNA「禄」の自己確立と刑。
思うがままに生きようとしても、身内との確執が避けられぬため、
ソロという選択もあるわけだが、
「雨酉」は度胸はあっても心は弱く、同性集団に守られていたほうが得策。
七年二ヶ月の清算は、おそらく半ば肩たたきに近い。
今後の方向性は異性を踏み台に出来れば話題にもなろうが、
それでも次旬「32歳山戌」が干合支害10年運天冲殺では、喜べまい☆
 
■2013年02月09日(土)陽午
忽那汐里松田翔太が手つなぎデートも感動せぬ夜●
■11年(宝卯)には「家政婦のミタ」で一躍注目を浴び、
昨年(12年/海辰)は、第85回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞受賞と、
第66回毎日映画コンクール新人賞を受賞し、
モスバーガーやカラリオなどのCMでも大露出した
忽那(92-1222/海申)と、
平清盛の後白河法皇役や、
GATSBYやなっちゃんのCMが印象的だった
松田(85-0910/海子)が、
固く手をつないで、時折見つめ合いながら歩く姿を「FRIDAY」が報じた。
共通の知人を通じて知り合ったとかだが、
「あまり若いカップルを見かけない首都圏の公園でデートを楽しみ、
その夜、松田が愛車に忽那を乗せて忽那の自宅マンションに向かったが、
松田はマンションに入らずに車を降りた忽那を見送った。
数日後には忽那の女友達も交えて都内の隠れ家風レストランで食事を楽しみ、
その後バーで飲んだが、時間が遅くなると松田がタクシーを停めて忽那を乗せ見送った」
という不自然な記述は、もっと決定的な写真があるのに抑えたか、
はたまたこの程度しかなかったのかは別にして、
忽那の主導DNA「石」年とはいえ、盛りあがらぬ理由は、
松田の日干支「海子」が忽那の年干支「海申」を大半会するという
少々心地良い響きがあろうと、「海」同士が混じっても感動なしという緩さ。
しかも、二人とも火性ゼロ(DNA禄/司なし)の野人で、配偶者成分皆無なので、
恐ろしく貪欲か淡泊かのいずれか。
年干も月干も日干も全て「海」で真性水性天干一気の忽那は、目上剋し。
総エネルギー170点で水性77点の小さな湾なみの松田は、
総エネルギー235点で水性165点の大海の忽那においそれと手が出せぬ。
「玉」主導で和の気持ちが似合う松田に、
木性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、実は内容希薄で、
「龍」×2でオーストラリア産まれの
「石」主導で反応も鈍な忽那では、噛み合わぬだろうしな。
松田は「11歳雨未」の害の10年運デビュー。
忽那は06年(陽戌)の宿命にない火性の条件なし天冲殺に、
「全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞しての関わり。
共に、一筋縄ではいかぬスタートなんだから、遊んでる暇なし☆
 
■2013年02月10日(日)灯未
大江麻理子が厄介払いされた土砂降りの雨●
■テレビ東京の大江理子(78-1021/陽辰)アナが、
04月01日(灯酉)の主導DNA「石」の支合日付で、
「ニュースモーニングサテライト」のキャスターとして取材活動を行うため、
子会社「テレビ東京アメリカ」のニューヨーク本社に出向する。
大江は「長年担当し、大切に思っている番組を離れるのはとてもつらいことでしたが、
新しい環境に身を置く機会をいただきありがたく思っています。
赴任中に精いっぱい見聞を広め、知識の蓄積をはかり、
視聴者の皆様にとってより良い伝え手となるよう精進いたします」と、
「石」主導らしい無難なコメント。
01年(宝巳)の干合年入社の大江は、初旬「4歳宝酉」の干合支合で成功運型。
ターボ運付の後天運は目立つばかりか、
年干支「山午」・月干支「海戌」・日干支「陽辰」のオール子丑天冲殺の凄腕も、
「出没!アド街ック天国」「モヤモヤさまぁ〜ず2」などバラエティ色がつきすぎ。
干支番号構成は55-59-53と行動範囲は思いっきり狭く、
DNA「龍」もないところのDNA「玉」の害月(03月/草卯)に、
ありえない左遷をされるのが、年干「山」が干合される今年(13年/雨巳)の土砂降り。
同局広報では大江の転勤について「通常の人事異動です」としているが、
他に何と言えばよいのか_____。
一部では、転勤は将来「ワールドビジネスサテライト」の
メインキャスターを務めさせる修業という見方もあるようだが、
扱いづらい子丑は、力をそがれないと本物になれず。
お試しに耐え抜ければ、先は期待がもてるようになるかもしれぬ☆
 
■2013年02月11日(月)山申
AKB48 篠田麻里子が影の総監督就任●
■AKB48の1期生とはいえ、諸般の事情で若干遅れて参加した
カフェっ娘出身の1.5期生ながら、
今やグループ最年長となった
篠田里子(86-0311/木寅)が、
別格の殿上人扱いで、後輩メンバーやスタッフにとって恐れ多い存在と化し、
世話をしてくれているマネジャーに横柄な態度をとり、
名前も呼び捨て、取材中であるにもかかわらず、
ずっとスマートフォンをイジりながら対応するなどの悪評は聞こえていると
「サイゾー」に報じられている。
また、そんな態度の悪さをプロインタビュアーの
吉田豪(70-0903/陽戌)が、
01月30日(陽申)にニコニコ生放送で配信された
「居酒屋ナックルズ AKBも日本も下世話に斬るぞ」で暴露。
わずか25分の取材時間しか与えられず8ページ分の原稿を執筆依頼だったそうだが、
時間通りに来たのは
渡辺麻友(94-0326/宝亥)ただ一人。
その後
高橋みなみ(91-0408/山申)がブーツを手に持ち、
裸足で大急ぎで登場し「すみません!」と席についた。
最後にやってきた篠田は「ものすごい優雅に」やってきて、謝罪なし。
それでもインタビュー自体は順調に進み、
終了時刻になり吉田が「おつかれさまでした」と挨拶をすると、
渡辺は深々と頭を下げて挨拶、高橋も挨拶をしたが、「篠田だけスルー」。
ウワサに違わぬ「麻里子様」ぶりだったとコボす。
また、開始時はきちんと受け答えをしてくれていた渡辺が、
高橋・篠田がそろった途端に「完全に無言」になってしまい、
吉田は「うわ、上下関係すげえー!」と驚いたとか。
そろそろ27歳になるイイ大人の篠田はたまげたものだが、
子丑天冲殺が、七年もやっていればエラソーになるのであろう。
さらに、これに輪をかけるように、
体調不良を理由に公演には、まるで参加していないのに、
選抜メンバーに選ばれているSKE48と
チームK兼任の
松井珠理奈(97-0308/畑酉)を、
(篠田が)夜遊びに連れ回しているとtwitterで発信し、
「未成年者を何だと思っているんだ」とネットで反発の声もあるそうだとか。
チームAの篠田が、(チームも異なる)干合相手で生月でノリのいい松井と
「かわいい妹じゅりたん」「まりお姉ちゃん」と、
いちゃついているのだから、始末に負えず。
午未天冲殺の吉田の話に戻れば、年下の子丑であろうと、
篠田の年干支「陽寅」を大半会するのだから、
本来はそこまで嫌悪しないはずだろうが、
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人が、よほど鼻についたのであろう。
この背景には、昨年(12年/海辰)、デビュー以来初の方三位付の水性年を迎え、
もはや怖いものなしと増長してきたわけだが、
暴露されるのは、むろん今年(13年/雨巳)の宿命にない水性の害。
まだ、始まったばかりでこれでは、鈍感無神経な「石」主導だけに危機感ゼロ。
これ以上増長したら「週刊文春」が黙っていない☆
 
■2013年02月12日(火)畑酉
ケンドーコバヤシ 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕の汚濁夢●
■芸歴20周年記念のMr.やりたい放題ケンドーコバヤシ(72-0704/陽申)が、
今をときめく超人気お笑い芸人たちを集結させ、
壮大でデタラメなコントを繰り広げたDVD
緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕事件の真相に迫る〜』を
02月10日(灯未)の主導DNA「石」日にリリース。
8年ぶりとなるソロDVDは、
ケンコバがついに逮捕されたというニュースを受けて、
とある地方のワイドショー番組が、その事件の真相を追うというストーリー。
豪華芸人の面々がそれぞれの役になりきりながら、
ワイドショー番組によくある
警察署前からの中継、再現VTR、スタジオでの図解説明、評論家や文化人のコメント、
現場レポート中継、目撃証言者VTRなど、
さまざまな角度で事件を追ったもの。
「ワイドショー関係者に言いたいのは、ほんとに僕がこういう事件起こしたときは、
このDVDの素材を使ってくれと。お願いします」とメッセージ。
クドい夏生まれの「陽」も、年干「海」が守護神。
「石」主導は、本質を悟られぬように、曖昧。
才能も、妙に生温かい「石」で、いわゆる人たらしで敵が少ない。
だが、その本質は木性ゼロ(DNA龍/玉なし)で野蛮(笑)。
そして、現在同期で最も売れているかに見えるのは、
昨年(12年/海辰)の60年に一度の守護神三合会局条件なし天冲殺のおかげ。
今年から始まる「41歳宝亥」は、月干と日干の干合を伴う水性天干一気干合支害。
その気になってあらぬ方向に動きすぎれば、裏切られる。
そのものズバリなら、ありえない異性との確執に、金銭物質面の失敗、体調不良など。
強そうに見えても、生じられる木性がないため、
「石」主導らしく、優しいふりをして、本質を見破られぬよう気配り。
とりあえず、節目に相応しい壮大なフェイクサスペンスだけれど、
本当に逮捕されるようなことだけは避けたい。
そのための防波堤や言い訳ともとれるが、
消化にしては、商魂逞しい組織にいるので、このままとはいくまい☆
 
■2013年02月13日(水)鉄戌
会田誠 天才でごめんなさいは許されるのか●
■昨年(12年/海辰)11月07日(海申)から、今年(13年/雨巳)の03月31日(陽申)まで、
東京・六本木の
術館で開催されている
現代美術家の
(65-1004/宝卯)の
展覧会
天才ごめんなさいの展示作品が、
「残虐な児童ポルノ」「きわめて下劣な性差別であるとともに障害者差別だ」と
市民団体から抗議を受けているという。
会田は性的な表現を含むセンセーショナルな作風で知られ、
手足を切断された裸の少女が首輪をされて微笑んでいる
絵「犬」シリーズなどを展示しているが、
このような刺激的な作品に対し、
美術館側は入場者から事前に了承をして閲覧してもらっているうえ、
特に刺激が強いと思われるものについては
「18歳未満は入場禁止」のギャラリーを別に設けているとしているものの、
見てしまってから不快に感じることも否めない。
会田は「単線的に、性的嗜好の満足、
あるいは悪意の発露などを目的とすることはありません。
また『万人に愛されること』『人を不快な気分にさせないこと』という制限を
芸術に課してはいけないとも考えています。
発表する場所や方法は法律に則ります」と声明。
芸術はそもそも偏りなんだから、目くじら立てるのもどうかと思うが、
会田は「貫」主導で、攻撃されるとより頑なになり、反抗心も強くなる。
ただでさえ自意識過剰な「宝」なのだから、始末に負えない。
しかも、才能が「貫」なので、衝突しても話題になればニンマリ。
「貫+牽」は、目立てば勝ちという打算さ。
「貫+禄」は、「禄」×3もある悪だくみ(笑)。
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人のうえ、
「宝卯」でもあり、商売になれば何だっていいわけである。
精神性より現実優先で、ウケ狙い。
総エネルギー149点の軽さをして、
これまでは、無限大の表現力みたいな芸術性を御旗にのしあがってきたのだ。
後天運は、初旬「9歳木申」こそDNA「司」の堅実で無風だったが、
2旬「19歳雨未」と3旬「29歳海午」が、
宿命にない水性の10年運天冲殺で、一気に研磨。
現在の4旬「39歳宝巳」が主導DNA「貫」。
昨年は60年に一度の宿命にない水性の害で、
独創的な反抗であり確信犯以外のなにものでもなし。
そもそも11年(宝卯)の律音で、上がりきったはずなので、
去年と今年の水性はオマケみたいなもの。
来年(14年/木午)から始まる5旬「49歳鉄辰」は、
年干と月干の「草」を「宝」化する干合金性天干一気の害で、
擁護されてきた目上にも反抗し、DNA「石」の屈辱を一気に受ける。
耐えられるのであろうか_____☆
 
■2013年02月14日(木)宝亥
三浦マイルド R-1ぐらんぷり王者の髪が薄い理由●
■一人話芸の日本一決定戦「R-1ぐらんぷり2013」決勝戦が、
02月12日(畑酉)に行われ、
三浦マルド(77-1018/山申)が、
決勝ブロックで披露した広島弁のフリップネタに加え、
最終決戦では道路交通警備員のネタを披露し、満票獲得で11代目王者に輝いた。
三浦は「玉」主導で、芸風を変えず。
アクが強い広島弁ネタも売りなのだろう。
「玉+鳳」は、派手なうえに小細工なしのすり替え技。
「玉+貫」は、重厚な風情もその場限りの一発芸。
「玉+玉」は、無理をせず。
「山+玉+戌月」は、自信がないと危うくなるため、
出自や過去に経験したことをネタにし、
「巳」年生まれ「山申」は、「山」らしく受け身の人生。
初旬「3歳畑酉」は、DNA「石」の妥協屈辱ながら、
年干支「灯巳」と大半会的なため(初旬のみ灯と畑は同格扱い)成功運型。
現在の4旬「33歳陽午」はDNA「龍」の「山」なりのリフレッシュ。
今年(13年/雨巳)は、60年に一度の干合支合年なのだから、
天冲殺天剋地冲月(02月/木寅)の追い風もあり優勝の栄誉と見る。
頭頂部の毛が縦に禿げており、いずれ髪とはお別れになる理由は、
木性ゼロ(DNA車/牽なし)という分かりやすさ。
「山」を覆う成分がないのだから、禿げ山。
総エネルギー278点は堂々とした「山」で、
うち金性108点は、埋蔵するものはギッシリ。
つまり、引き出しはおおいにあり。
野人なみの姿は無限大でもあるので、
ここで認知されておけば、来年(14年/木午)とさ来年(15年/草未)は楽しめる。
「大変なことをしでかした感じ。今後が楽しみでもあるけど、不安も大きいです。
(真っ先に伝えたい人物は母親だとし)女手一つで育ててくれたんです。
芸人になることも反対されたけど、これでようやく認められるかな」とは、
さすが立派な「玉」主導である。
現在は日本ハムで時給840円生活の三浦。
優勝賞金500万円は「半分は母親にあげて、あと社会貢献にも使いたい。
それと後輩と旅行かな」と泣かせ男は、
審査員の
桂文枝(43-0716/草亥)に「哀愁があった」と言わせしめた。
年齢のわりには渋く、まさにお父さんの時代を象徴した受賞に感謝☆
 
キンタロー。が一発屋でしかなかった理由●
■芸歴一年半でAKB48前田(91-0709/鉄辰※)のモノマネで、
昨年(12年/海辰)一気に認知され、「R-1ぐらんぷり2013」決勝戦にも進出した
キンタロー。(田中志保・81-1023/木戌※)が、
02月12日(畑酉)の干合支害天冲殺日にあっけなく敗退した。
本家の卒業から時間の経過もあり、新鮮さがなく、やっていることはワンパターン。
前回取りあげた時は「草亥」と額面通りの鑑定としたが、
この機会に、その容貌もとくと観察した結果、
午前四時前生まれの「木戌」であろう。
また、「女性セブン」には、名古屋市内の裕福な家庭に生まれるも、
不景気の影響で両親の所有するビルの経営が悪化。
借金は膨らみ、母親がビルの屋上から飛び降り自殺し、
そのショックで父親も体調を崩し、老人ホーム生活になったという
壮絶なプロフィールを報じられており、
これも「草亥」というよりは「木戌」らしいところ。
キンタロー。の「禄」主導は、壮大な自己顕示欲。
「禄+牽」は、格好重視も妙な折り目正しさ。
「禄+禄」は、本質不器用。
「木+禄+戌月」は、子供っぽく、
「酉」年生まれ「木戌」は、真っ直ぐ。
ただし、曲者なのは年支「酉」VS月支+日支「戌」の害。
持続力がないうえに、何処までが本当か不明の表裏。
さらには、秋生まれとはいえ水性ゼロ(DNA龍/玉なし)でギスギス。
野人なみのうえ、母親成分がないのだから、
(親が)犠牲になったのも織り込み済み。
ありえない習得本能を活かしたのか、関西外国語大学卒業。
生年冲殺なのに、不動産会社に事務員として勤務する傍ら、
社交ダンスの講師をしたりと無茶苦茶。
11年(宝卯)の害切れに、松竹芸能の松竹芸能タレントスクール入り。
12年(海辰)は、宿命にない水性の害切れ対冲で、突如注目されるも、
初旬条件があるわけでもなく、この後「35歳海寅/45歳雨卯」に、
宿命にない水性10年運が控えており、
総エネルギー217点中金性124点と、身体を傷めるようなハイテンションな動きと、
モノマネだけでは芸とは言えず、五年十年と持続させるのは苦痛だろう。
「お母さんは私のモノマネが好きだった。
天国にいるお母さんのために、頑張っている姿を見せたい」と
お笑いの道に進む決意をしたらしいが、ないものはない。
頑丈に見えて、木性は僅か15点と実は打たれ弱い。
成長力なき「木」に多大な期待をしては可哀想。
既に終わっている
スギちゃん(73-0824/海辰)なんかと、
喜んで絡んでいるようでは無理☆
 
■2013年02月15日(金)海子
高橋真麻が退職を発表した無感動●
■このところとみに出番が減ったフジテレビの高橋真麻(81-1009/鉄申)アナが、
02月13日(鉄戌)に、03月31日(陽申)付で退社すると発表した。
高橋はDNA「石」主導で、特別意識の強い和合性。
木性ゼロ(DNA禄/司なし)の引力本能・配偶者成分皆無の鈍感人間。
器が違うと言えばそれまでだが、総エネルギー242点中金性161点のゴツさに、
年支「酉」・月支「戌」・日支「申」の地支金性方三位一気格は、
融通の利かない時代遅れな武器。
雙葉の初等科・中等科・高等科から東京女子大学文理学部社会学科卒業は、
「龍」×2もあり、頭は使えるのだろうが、活かしづらい。
共通干支もない父親の
高橋英樹(44-0210/木辰)のコネ入社という話もあったが、
それすらも売りに出来るのは、「酉」年生まれ「鉄申」が他力運という理由。
ただし、子丑の良さはないわなあ_____。
「アナウンサーとして色々な仕事を経験させていただくうちに、
枠を超え、より幅広く仕事をしていきたいという思いが強くなりました。
4月で入社10年目を迎える節目に自分の可能性を試してみたいと思い退職を決意した」と
説明するも、今後の予定も明らかにされず、何も見えず。
入社は宿命にない木性の04年(木申)も、方向性が決まったのは、03年(雨未)。
今年(13年/雨巳)も「雨」年で、ようは月干「山」の干合が決め手になった。
22点しかない弱い守護神火性が干合で「陽」を得て勢いがでたもの。
10年運初旬「10歳畑亥」は、DNA「玉」の害で、出自や組織の犠牲。
「20歳鉄子/30歳宝丑」は10年運天冲殺ばかりか、
現在の「宝丑」は、年干支「宝酉」の大半会を伴う
主導DNA「石」の自己確立。
特性を活かした、まさかの夏の参院選出馬ならば納得も、
何も決まっていないなんていうのが本当ならば、ありえない。
むろん、子丑が年上と結婚なんてバカげたことも自殺行為。
最初から10年という密約でもあったのか(苦)☆
 
加藤綾子の退社慰留に年収三千万円保証の損得●
■「フリーになれば年収1億円は稼げる」と言われる
フジテレビのカトパンこと
綾子(85-0422/宝卯※)アナが、
06月(山午)の人事異動で開局史上、最年少の管理職に登用されると
「東京スポーツ」が報じている。
「カトパンは27歳ですがアナウンス部の上級主任に抜てきされます。
普通、その役職になるのは35歳以上。異例のスピード出世ですよ。
将来のアナウンス部長の椅子は約束されたも同然です。
実はカトパンは最近まで真剣にフリー転身を考え、
とんねるずの事務所か、夏目三久が所属する大手プロへの移籍で悩んでいた。
原因は仕事量に対するギャラ。あれだけ露出しても年収は1.700万円弱。
他局に比べれば良い方ですが、
働いていない同期も似たような金額なのが不満なんです。
明石家さんま、とんねるず、
志村けんら大御所のご指名が入るため、簡単に休めません。
もちろん、局としては今カトパンに辞められたら大変なことになる。
上級主任にして、年収三千万円を保証するということです」だそうで、
雑用から解放させ慰留を決意させたという話だ。
埼玉県三郷市出身で、国立音楽大学音楽学部音楽教育学科卒。
アナとしては変わり種の加藤は「玉」主導で、最初が肝心で生き方を変えない。
「玉+龍」は、本音を言わず。
「玉+禄」は、計算尽く。
「玉+石」は、発言に霊力あり。
「宝+玉+辰月」は、確証さえあれば生きていける。
そりゃ午未らしく、若くして出世が保証されれば、悪くないよね。
フリーはいまどき流行らないし、危ないもの。
そして「丑」年生まれ「宝卯」は、内外シーソー。
さらに火性ゼロ(DNA車/牽なし)は、配偶者成分皆無のうえ、無限大のプライド。
月干「鉄」が年干「草」を干合すれば、年干は「宝」となり、
日干「宝」を含めた金性天干一気が完成し、両天秤もあろうが、派手。
10年運初旬「4歳宝巳」は、宿命内干合年干支「宝丑」を大半会するので成功運型。
2旬「14歳海午」と3旬「24歳雨未」は、守護神10年運天冲殺で恵まれており、
流れにさえ逆らわねば、私生活さえ充実させようとせねば、仕事運は上昇。
グズグズしているうちに外堀を埋められたという見方もあるが、これはこれで正解。
さすが「宝卯」は商売人である☆
 
■2013年02月16日(土)雨丑
AKB48の幕引きを暗示する脱落者ラッシュ●
■今年(13年/雨巳)は、月干「山」が干合で「陽」になるため、
年干「陽」を含めた干合火性天干一気を伴う天剋地冲年の
AKB48(06-1025/灯亥)に、矢継ぎ早に脱落者が出ている。
これは「水」剋「火」のDNA「車」の攻撃を受けて、
生け贄をさしだすような動き。
そうしないと本体がもたない。
それが能動的ではない受け身の衝突の処し方。
「調」主導は、何でも極端。
毛色の変わったことをして当たり前。
まして「調+調」に常識など通用しない感覚。
「調+牽」は、大胆。
これ以上は、上がり目が見込めないためやむをえまい☆
 
AKB48 仁藤萌乃が卒業発表した夢の中●
■異常干支の「畑亥」らしく書道や消しゴムはんこの特技を持ち
昨年(12年/海辰)は「じゃんけん選抜」で二位まで押し上げた
AKB48チームAの萌乃(92-0722/畑亥)が、
02月14日(宝亥)のDNA「鳳」日の公演で、卒業を発表。
年支「申」VS日支「亥」の持続力なしの害持ちが、
今月(02月/木寅)がDNA「牽」の害切れ干合支合月のために、
一切の自己発揮をしてはいけない夢の中なのに、
年下の子丑天冲殺である
島崎遥香(94-0330/草卯)なんかの追い上げなど、
微妙な周囲の空気を察したのか、逃げだしてしまう。
「ずっとAKBのメンバーとして戦うつもりもありません」って、
おいおい、もはや戦う時代ではないし、
「卒業して、今まで以上に色々な経験をしたい!
自分のスキルアップに繋げられるように頑張りたいと思っています!!」なんて、
いかにも夢の真っ直中の人が言うセリフ。
肩たたきされる雰囲気があろうと、絶対に決意してはいけないのが天冲殺。
河西智美(91-1116/鉄寅)、板野友美(91-0702/雨酉※)に続く脱落は、
ホリプロに問題がありそうだな☆
 
ZONE 長瀬実夕が素行不良でクビ●
■01年(宝巳)にメジャーデビューし、05年(草酉)に解散。
11年(宝卯)に再結成された
ZONE(01-0207/宝丑)の長瀬実夕(88-0520/草亥)が、
「著しい不品行及び度々の業務不履行などの行為があり、
これによりファンの皆様・関係各位に大変なご迷惑をお掛けし、
多大な損害を生じさせました。
(長瀬実夕に対し)指導・説得を繰り返して参りましたが、
残念ながら改善は見られませんでした」と、
02月13日(鉄戌)の干合日に、事務所から専属契約を解除された。
長瀬は「調」主導で反抗心の塊。
昨年(12年/海辰)は、守護神年も月干支「灯巳」が干合で「草巳」となり、
年支「辰」の刑もあり、希望が見いだせず、宿命内納音で、挫折。
おそらく私生活のブレ。
今年(13年/雨巳)は、同じく守護神年も年干「山」が干合で「陽」化し
周囲は忌み神だらけ。
日座冲殺の「草亥」が、仕事を優先出来ぬようでは救いなし。
守護神であろうと本人が不安定だと使えぬ場合あり。
「辰」年生まれ「草亥」は、上がって落ちる。
縁がなかったからと思えば、退場を申し渡されたのも救い。
ちなみに、ZONEに残ったのはMAIKOこと
栄舞子(86-0724/畑巳)のみ。
年支「寅」VS日支「巳」の害持ちで、白蟻倒柱である☆
 
尾上菊之助 中村吉右衛門四女波野瓔子に騙され婚●
■過去に江角マキコ(66-1218/宝亥)や
知花くらら(82-0327/畑酉)との交際を報じられたことがある
寺島しのぶ(72-1228/雨巳)の実弟・尾上菊之助(77-0801/鉄寅)が、
(菊之助とは)共通干がなく午未天冲殺のため後継者のいない
中村吉右衛門(44-0522/陽戌)の四女である波野瓔子(82-0830/草酉※)と、
02月26日(雨亥)の守護神支合日に結婚すると発表された。
瓔子は「牽」主導で、役割意識の高い人。
出自も今や一流ならば、昨年(12年/海辰)まで勤務していた和光も同様。
「牽+鳳」は、少々お天気屋も熱く語る。
「牽+車」は、忍耐力はあるように見えるも繊細さはなし。
「牽+玉」は、伝統の中に生きようと改革の気風。
「牽+司」は、家を守り抜く術あり。
「草+牽+申月」は、機敏。
「戌」年生まれ「草酉」は、恐ろしく働き者。
総エネルギー213点は相応も、自身の木性は僅か9点の華奢な花。
生まれながらに完成されている美しさはひときわ輝くもので、
年干支「海戌」という旧家に生まれた、月干支「山申」の鉄壁の守りの
日干支「草酉」の可憐で完成された活け花という存在。
後天運は、初旬「7歳灯未」2旬「17歳陽午」は守護神10年運天冲殺。
現在の3旬「27歳草巳」は、大半会。
「草酉」VS「草巳」の平凡結婚に縁がない大遭遇は、まさに究極の選択で、
さすが年支「戌」VS日支「酉」の害持ち表裏ありとはいえ、
地支金性方三位もあり、あらかじめ決められていたような理想な道ではないか。
瓔子は、念には念を入れて菊之助を落としたのだよ(笑)。
惜しむらくは、菊之助とは年干同士と日干同士が干合する仲とはいえ、
共通干支が全くないこと。
その菊之助は午未天冲殺ながら、生月で「玉」冲殺主導。
伝統性・出自の犠牲をこうむりやすく、
「音羽屋」と「播磨屋」の政略結婚ではないかと一時は感じたが、
年支「巳」VS日支「寅」の害持ち表裏あり同士が呼び合ったわけで、
吉右衛門に「こんなんでいいの〜」と言わせしめたのだから、
親の介在しない誠の吉事なのであろうな。
しかしながら、共に目上に良さを引きだされる
午未天冲殺同士の婚姻に整合性なし。
菊之助は水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、
芸事をするには、無限大の表現力ともなり売りにはなろうが、
人間として普通の生活を送るには難ありも、
結果的には狭い世界のお友達なみの祝言に文句はつけられまい。
今年(13年/雨巳)は、菊之助の60年に一度の守護神害。
瓔子の60年に一度の害切れ支合「玉」年(12年/海辰)の交際開始は、計算済み。
(菊之助の年干支「灯巳」も「草巳」に変化し、一瞬の大半会も成立した)
今年は月干「山」が干合で「陽」化するのだから、(瓔子は)してやったり。
菊之助にはありがた迷惑の観念も、
梨園にとっては、これほど目出度いことはなし。
未来永劫幸福かどうかなんて下賤が詮索すべきではない(笑)☆
 
AKB48 So long! ドラマ総選挙は島崎遥香に栄誉の今だけ●
AKB48(06-1025/灯亥)が出演する日本テレビ系「AKBINGO!」が、
02月13日(鉄戌)24:59に生放送され、
「AKB48ドラマ総選挙」と題して同局の
三夜連続ドラマ
So long!(11〜13日)の
最優秀女優賞と最優秀作品賞が、視聴者投票で決まった。
ドラマのコンセプトは「あなたはAKB48で泣けますか」。
第1夜(山申)はチームAによる「恋と友情の物語」、
第2夜(畑酉)はチームKによる「姉妹の物語」、
第3夜(鉄戌)はチームBによる「教師と生徒の物語」で、
最優秀女優賞はこの日放送された「教師〜」で主演した
島崎遥香(94-0330/草卯)で、
最優秀作品賞もこの日放送されたチームBの同作となり、
チームBには、04月(陽辰)から始まる同局のレギュラードラマ番組が与えられた。
これは水性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人島崎の守護神年の恵みで、
当日はDNA「牽」の干合支合日なのだから、ヤラセでも何でもないが、
これからは「春」の時代ということで、
春生まれ木性の島崎と、前進力と和を象徴した群像劇をチョイスしたBの読み勝ち。
もはや恋愛や姉妹ではなく、それこそチームの時代なのだ。
しかし、「18歳草丑」の10年運天冲殺中とはいえ、
鈍くて逃げ腰の子丑の「草卯」が次代のホープでは哀しい。
このあたりが、AKB48の限界☆
 
■2013年02月17日(日)木寅
鈴木えみが仕事に使えず結婚に至った哀しき改良年●
■年干も月干も日干も「草」という真性木性天干一気ながら、
いまひとつ鈍さがある「草卯」で、
火性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人の
鈴木(85-0913/草卯)が、
02月14日(宝亥)の主導DNA「車」日に、
僅か交際三ヶ月(つまり海辰の害始まり)でしかない
一歳年上のファッション関係の会社に勤務している男性と結婚したことを、
自身のブログで発表した。
「優しくて頼れる人で、彼と出会ってから、
魔法かのように色んなことがハイスピードで変化していきました」は、
そこは天干一気だろうと、総エネルギー157点の子丑天冲殺という己知らず。
「28歳山子」の10年運天冲殺で、DNA「司」の家庭を意識したところで、
今年(13年/雨巳)は、生年冲殺年支「丑」と月支「酉」の三合会局。
10年運は干合で「陽子」的に、年運は「灯巳」的に見えてしまい、
ありえない火性マジックに騙されたという種明かし。
DNA「龍」の改良改革としては、恥ずかしい部類だな。
年上と結婚する子丑は最低だと、10年前に教えておいたはずだが、
すっかり忘れたらしいので、これはご愁傷さまでしかない☆
 
藤谷美紀の第一子男児出産の微妙な幸福●
■昨年(12年/海辰)11月(宝亥)に同年代の一般人と入籍した
87年(灯卯)の第一回全日本国民的美少女コンテストでグランプリの、
藤谷美紀(73-0915/木寅)が、
第一子男児(13-0213/鉄戌)をDNA「車」の半会日に出産。
「元気に健康で産まれてきてくれて、とにかく嬉しく思いました。
新しい家族の誕生に、ただただ幸せな気持ちです。
今まで支えてくれた多くの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びのコメントを発表。
藤谷の年干支「雨丑」と男児の年干支は「雨巳」で大半会。
男児の月干支と藤谷の日干支は「木寅」で同一。
日支同士は半会で何も破壊条件はないのだが、
せっかくの寅卯天冲殺も、生月冲殺。
これといった見所はなく、このあたりは生年冲殺が、
仕事場とは直接関係ないところで相手を見つけたツケかな。
とはいえ、普通であるところは、合格点。
男児が年支「巳」VS月支「寅」の害持ちなら、
藤谷は害の出産で、DNA「玉」年でも、
いずれ、どこか暗くなる予定であろう☆
 
熊切あさ美に騙された片岡愛之助の夢の中●
佐藤江梨子(81-1219/宝未)や愛原実花(85-1214/灯亥)との交際や、
隠し子まで発覚したこともある
片岡之助(72-0304/木午)が、
今春公開予定の映画「歌舞伎町はいすくーる」で共演した
元崖っぷちアイドルの
熊切あ(80-0609/雨丑)との交際を
02月14日(宝亥)に「否定はしません」と認めた。
朝刊スポーツ紙が一斉に報じているのが、
「申」年生まれ「雨丑」は、矛盾があろうと、
「雨+車+午月」はすぐに騒ぐという
10年運「31歳山寅」の干合10年運天冲殺中の
熊切のブログがネタ元ではないかと推測される。
子役出身で、93年(雨酉)に二代目片岡秀太郎の養子となったことを機に、
大阪中座で上演の「勧進帳」で駿河次郎役を演じながら、
六代目片岡愛之助を襲名したという経緯があり、梨園とは無縁の愛之助は
「木+貫+寅月」で苦難の人生を糧にするも、
「子」年生まれ「木午」は受け身のため、女性の側から近寄る。
とはいえ金性ゼロ(DNA車/牽なし)の、だらしなさがあるためトラブルも必至。
熊切は木性ゼロ(DNA鳳/調なし)で、常に真剣も、
月支「午」VS日支「丑」の害持ちで、最後はモメる面倒な人。
宿命にない木性の愛之助は新鮮な対象なのだろうが、
自身が害持ちとはいえ、害の関係では、いずれこじれる。
さらに、熊切の年支「申」と愛之助の年支「子」は半会のうえ、
熊切の月干支「海午」は、愛之助の月干支「海寅」と大半会するため、
正面衝突したみたいな、交際初期の相性は、大変良く感じるのだが、
熊切の月干支「海午」は、愛之助の年干支「海子」を納音し、
最後が害という、薄汚れたものなので、長持ちはしまい。
むろん、愛之助は条件なし天冲殺の夢の中。
熊切にしても、デビューは98年(山寅)の干合とはいえ、条件なし天冲殺。
乗り越えようとすれば、地獄を見ることになる☆
 
■2013年02月18日(月)草卯
壇蜜が自然な姿をさらす蜜の味と行く末●
■デビューは10年(鉄寅)の条件なし天冲殺も、
昨年(12年/海辰)から妙に注目されている
壇蜜(80-1202/畑酉※)が、
02月14日(宝亥)のDNA「鳳」日に、初の自伝的エッセー
を刊行した。
当初は額面通りの誕生日で鑑定して「鉄戌」としたが、
さすがにこれだけ露出して顔を見たり、発言内容を精査すれば、
午前四時前生まれとしかいいようがない。
そもそも上質なのっぺりとした「畑」顔である。
母親の実家がある秋田県横手市で生まれ、幼少期に東京に移り住み、
昭和女子大学卒業後、
服部栄養専門学校のテクニカルコースにて調理師免許を取得した後、
母親やその友人と和菓子店を始める計画があるも、(母親の友人の死で)頓挫し、
和菓子工場に就職も、その後銀座のホステスなど様々な職業を経た上、
葬儀の専門学校へ通い研修を受けた経験を持つ壇は、
DNA「司」主導で、何でもありの底知れぬ引力本能を所有。
「司+調」は、負けず嫌いで表向きの売りは、少女趣味。
「司+鳳」は、忍耐力あり、さすが受け身の積極性の「畑」らしい。
「司+龍」は、知恵の勝った冒険。
ある一線は超えず、どこかわきまえている感あり。
才能は「龍」で、テリトリー内での用心深い、現実的な挑戦。
「畑+司+亥月」は、ソツのない技術力あるも中身は激しい。
「申」年生まれ「畑酉」は、王道を行くばかりか、
守護神と才能が月干「灯」で活かしやすく、
ネイルをしない、髪を染めない、温故知新の精神が、
女性にも嫌われない所以であろう。
ただし、母親や組織が曲者なのは、初旬「8歳陽戌」が守護神「玉」の害。
年支「申」日支「酉」の金性方三位に、
この「戌」に月支「亥」まで連ねたので、まずまずの救い。
2旬「18歳草酉」は、DNA「車」の刑で、猛烈に動かされたのだが、
現在の3旬「28歳木申」は、DNA「牽」なので、見目美しくもなるわけだ。
時代整合性ある冬生まれに加え、強くはないものの倒柱は、
内側にいれてしまうには、あまりにも危険だが、
昨年は天冲殺明けの主導DNA「司」年でのご褒美。
今年(13年/雨巳)も、年支「申」と月支「亥」の害を切る半会があるので、
この春(02月/木寅・03月/草卯)は、まだまだ需要は衰えず。
「永遠のご主人さまは
佐野史郎(55-0304/木子)さんです」と
理想のタイプをあげていたが、害持ちらしく、
年支「未」VS日支「子」の表裏ありの干合相手を上げるとは侮れず。
来年(14年/木午)の干合重なりがピークとなるが、
夢で始めたこの世界。相手になるには、厄介な人である☆
 
■2013年02月19日(火)陽辰
本村健太郎弁護士がテレビに出ねばならない理由●
■日9「行列のできる法律相談所」の賑やかしと言えば、
07年(灯亥)から出演する赤い眼鏡の
健太郎(66-1217/鉄戌)弁護士。
佐賀県出身で、高校時代は演劇活動にうちこみ、全国高等学校演劇大会優秀賞。
東京大学法学部在学中の85年(草丑)の干合年に、
テレビ朝日のテレビドラマ「イッキ!イッキ!東大へ」の
準主役オーディションに合格し、俳優デビュー。
一方、月干支「鉄子」の納音を伴う
90年(鉄午)の大半会年に司法試験に合格し、翌年大学卒業。
司法修習を経て、93年(雨酉)に弁護士登録。
97年(灯丑)に本村法律事務所を設立も、
08年(山子)のDNA「龍」の改良改革年より
一人は疲れたのか(笑)、東京赤坂法律事務所に所属し、
売りは、弁護士業もタレント業も仕事を断ったことがないこととか。
「調」主導は、頭でっかちの偏り。
「調+玉」は、案外世間知らずで得意分野以外は___。
「調+車」は、休息なし。
「調+貫」は、恩義無用。
「調+牽」は、大胆。
「鉄+調+子月」は、悪人ではない。
宿命の最大特長は、木性ゼロ(DNA禄/司なし)。
ようするに、何が何でも目立ちたいのと、すべからく貪欲ということ。
主導DNA「調」年だったとはいえ、弁護士登録が害年では、
埋め合わせが必要なのは明白。
とはいえ、初旬条件のない人が、
2旬「17歳海寅」3旬「27歳雨卯」の10年運天冲殺で流れにのり、
その後の4旬「37歳木辰」5旬「47歳草巳」のありえない木性で、
ともかく稼ぎまくっているわけだが、少々やり過ぎの感もあり、
6旬「57歳陽午」7旬「67歳灯未」は、かえって危うい。
時代整合性ある冬生まれとはいえ、これからは春生まれが期待だから☆
 
きゃりーぱみゅぱみゅ 堂々とアーティスト宣言の夢の続き●
■02月17日(木寅)の「雨」年「木」重なりの
TBS系・日11「情熱大陸」に、
きゃりーぱみぱみゅ(93-0129/鉄戌)が登場。
今年(13年/雨巳)新成人を迎え、09日(陽午)の守護神半会日より、
「100%KPP WORLD TOUR 2013」をスタートさせ、
この日はベルギーでの模様も放送された。
しきりに、アーティスティックを強調していることへの賛否はともかく、
本人の資質は別にして、チームキャリーによる部分も否定出来ない。
「玉」持ちらしく、自分を「新人類」と言うのは笑わせてもらったが、
「新しい可愛い」は、才能「調」に「龍」の刺激に違いない。
だからこそ、声がでなくなって格好悪い思いをするなら、
口パクのほうがマシだと考えるのだろう。
海外ではAKB48の
峯岸みなみ(92-1114/木午※)の坊主事件へのコメントを求められ
「アイドルは男に媚びるのが仕事。私はアーティスト寄り」と発信したらしいが、
そういうことこそ、大きく報じてほしい。
とは言っても消費財には変わらぬのだから、
芸術ではないが、芸術寄りが時代整合性ということへの証し。
根幹は木性ゼロ(DNA禄/司なし)の引力本能皆無が、
条件なし天冲殺(11年/宝卯)で爆発しただけである。
幼き時の人見知りは、この木性の不在も、
初旬「8歳海子」は、年干支「海申」を大半会、
総エネルギー265点中金性104点は硬派。
ファッション・モンスターを標榜しようと、優しさがなく熱さも薄い冬まれ。
昨年(12年/海辰)は、天冲殺明けの年干支の大半会もあったが、
今年(13年/雨巳)は、DNA「調」の才能年ではあるものの
現実的条件はないので、海外に活路も響かず。
まだはもう、もうはまだとはいえ、
この二ヶ月(02月/木寅・03月/草卯)は、宿命にない木性の天冲殺月。
なんとかあと十ヶ月持続させられれば、
いよいよ宿命にない木性の半会年(14年/木午)にたどり着く。
失速するか、さらに化けられるかは、素をださぬようにするだけ。
03月20日(草酉)の宿命にない木性の干合支害日には、
5thシングル
にんじりばんばんをリリース。
さすが「玉」主導だけあるが、笑えるのはありえない明るい害だな☆
 
■2013年02月20日(水)灯巳
市川海老蔵の遊び呆けたツケの落としどころ●
■市川宗家の重圧だか何だか知らんが、
負の遺産相続の十九億円は生年冲殺らしくて、
かえって清々しいというか、やる気が起きるのが
市川海老蔵(77-1206/灯酉)の「牽」主導ではないか。
もとより、月支「未」VS日支「子」の害持ちの
父親の配偶者の作ったものである。
そして海老蔵も初旬「10歳鉄戌」の初旬条件のない害で、
内側に不安ありで、金銭物質は貯めこめまい。
それが、調子に乗って遊びすぎ。
年干と日干は両天秤ばかりか大半会なのだから、
歌舞伎とその他芸能と八面六臂の活躍をせねばならぬのに愚か。
器は総エネルギー176点と身弱で後天運はいまひとつ。
現在の「30歳山申」は、月支「亥」の害。
母親成分の「木」も配偶者成分の「海」も「亥」内のため、
不安も尋常ではない。
売り(?)は「巳」年生まれ「灯酉」の異性理解不能。
了見は狭いから、必死にならねばならぬが、
才能は冲殺年支「巳」内「石」の人間関係。
生年冲殺だからこそ、松竹も肩代わりしているが、
この流れでは還暦までもつまいな☆
 
平祐奈平愛梨を超えるか おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!
■朝会えるアイドル(通称あさドル)テレビ東京系朝6:45「おはガール」の
第15代
おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!(12-0807/鉄子)が、
歴代初のシングル三枚目となる
こあくまるんです/サヨナラのかわりに2013を、
02月19日(陽辰)にリリースした。
センターでダンス委員の
(98-1112/雨亥)は、
40年間にも及ぶ10年運天冲殺を所有し、
時代整合性ある冬生まれながら、
総エネルギー166点中自身の鉄が僅か10点という身弱の
共通干支もない
平愛梨(84-1212/鉄辰)の妹。
兵庫県明石市出身とはいえ、害年の姉の本格活動にあわせ
99年(畑卯)に東京に移り住んだ祐奈は、
主導DNA「調」の蛇行急流(それがダンスか・・・)で、
「調+牽」は、やればやるほど大胆になる。
「調+調」は、常識は通用せず。
「調+貫」は、恩義とは無感心。
「雨+調+亥月」は、目的が極端であればあるほど頑張り、
「寅」年生まれ「雨亥」は、調整役。
時代整合性ある冬生まれのうえに、
総エネルギー234点中114点が水性という偏りは、
子丑天冲殺らしいといえばそれまでだが金性ゼロ(DNA龍/玉なし)。
さらには、年干「山」と月干と日干の「雨」が干合すれば、
「山」は「陽」に、「雨」は「灯」になるため、
干合火性天干一気で稼働すればやたらと目立ち、
年支「寅」と月支と日支(共に亥)は、直感的になる地支木性的一気格で、
何かのきっかけで、目下を利用する火砕流に化ける。
初旬「2歳海戌」は、宿命内干合月干と日干の「灯」と干合すれば
「木戌」となり、環境異変さえあれば特別条件付10年運天冲殺。
現在は「12歳宝酉」で、宿命にない金性のDNA「龍」で、
ターボ運付なのだから、蘇生せぬ訳はなし。
デビューは11年(宝卯)の宿命にない金性のDNA「龍」の半会。
端役ながら、映画「奇跡」や「貞子3D」や「だいじょうぶ3組」の出演、
「Rの法則」にもでていたが、需要はこれから。
前作オリコン4位を超えるかどうかはともかく、
「サヨナラのかわりに」は、
おはスタ先輩
ベッキー(84-0306/畑亥)のカバー。
偉大な先達をしのげるかどうかは、
この納音年(13年/雨巳)で、良き意味で壊れることができるかである。
不器用で使い勝手の悪い「鉄」の姉が成功していないぶん、
化ける可能性も大ありだ☆
 
■2013年02月21日(木)山午
要潤が元タレントとの稼働力放棄の華なし婚のありえなさ●
■水性ゼロ(DNA鳳/調なし)のため、
遊びに出来ず、すぐに真剣になってしまう
(81-0221/鉄午)が、
01月26日(海辰)に放送されたTBS系「原宿ネストカフェ」で、
ありえない害月(01月/雨丑)のためうっかり結婚相手の存在をほのめかしたため、
02月19日(陽辰)の朝刊スポーツ紙が一斉に
「要が美容関係の会社を経営する同じ年齢の元タレントと、
今年に入ってから婚約し、
婚約指輪のデザインなどを仲むつまじく話し合っている」と報じた。
相手の
松藤あ(81-0910/宝卯)は、
午未天冲殺なのに土性ゼロ(DNA龍/玉なし)で、頭は空っぽ。
水性ゼロ(DNA鳳/調なし)の野人で、磨かれぬ単なる石ころ。
「貫」×3はギスギスして潤いも余裕も皆無。
「酉」年生まれ「宝卯」は異性理解不能だから、
女性のための美容関連を生業にしているのだろうが、感心せず。
むろん要が理解してもらえる保証などないところに、
「鉄」と「宝」の兄妹のような同士が一緒になっても有難味なし。
時代遅れな金性天干一気の要は、初旬「6歳畑丑」の害を経験しており、
そもそも、内側に結果を求めづらい。
この流れは、共に水性なしの昨年(12年/海辰)の緩みなのだが、
松藤には、判断を誤らせる60年に一度のありえない守護神害。
最悪なのは、(同学年なので)共通干支はあろうと、
松藤の日干支「宝卯」は要の年干支「宝酉」を納音していること。
要の未来は一瞬にして暗雲が立ちこめてしまったが、
松藤にしても内側世界の充実は、同様に明るくない。
要は変剋律と10年運天冲殺が「36歳陽戌」で同時終了するため、
未来永劫続かぬ相手と結婚しやすい。
「今はまだ二人にとって、とても大切な時期ですので、
あたたかい目で見守って頂ければ幸いです」というコメントは、
「酉」年生まれ「鉄午」のまとめ下手を露見。
それにしても、華も希望もない結婚☆
 
AKB48 篠田麻里子が福岡市カワイイ区長退任で毒の始まり●
■福岡市は02月19日(陽辰)に、市のPR活動の一環としてHP上に開設した
仮想の行政区「カワイイ区」の区長を務めていた
AKB48篠田里子(86-0311/木寅)が、DNA「鳳」の方三位日になる
同日付で退任すると発表した。
同区は、昨年(12年/海辰)の08月29日(海戌)の
宿命にない水性のDNA「龍」の半会日に、
福岡県出身とはいえ、福岡市ではない糸島市生まればかりか、
「玉」すらない故郷に縁なしの子丑天冲殺なんか起用するからである。
なんでも、市民から
「カワイイ女子を奨励していて男女差別を助長する」などと苦情が寄せられ、
市が02月15日(海子)の宿命にないDNA「龍」の天冲殺日に、
「篠田さんのイメージを損ねて申し訳ない」と退任を打診したとか。
ようはお引き取りを願われた訳だが、これも今年(13年/雨巳)のDNA「玉」の害。
さらにこの「雨」は厄介で、害ばかりか、
「22歳山子」の10年運天冲殺の環境を「陽子」に変えてしまい不安定。
その「陽」は年干と共に月干「宝」を「雨」に変え、
この「雨」はさらに_____。
つまり方向性は不安定で、これからどうしていいか悩みが襲う。
もともと成長力がない野人(春生まれの水性ゼロ)が、
「石」主導で上手く立ち回ってきただけ。
化けの皮もはがされるであろうし、
早晩、今の地位を維持出来ぬスキャンダルもあり。
もとより人選を誤った福岡市は、公募など手法も含めて検討しているそうだが、
福岡の観光情報を区民(カワイイ区は人口41.833人)にメール配信するなら、
端からHKT48の誰かにしておけば良かった☆
 
■2013年02月22日(金)畑未
眞鍋かをり 参院選出馬報道は、もらい事故発言の半端●
■07月(畑未)に行われる参議院選挙で、
自民党(55-1115/鉄辰)が、
眞鍋か(80-0530/雨卯*)に、
出馬を要請したと「女性自身」が報じている。
これについて本人は、02月19日(陽辰)の天冲殺害日に出演したラジオ番組で、
「もらい事故のような感じ」と身に覚えがないと否定した。
しかし、事務所移籍トラブルや異性関係報道で、
すっかり勢いがなくなったいま、
「もらい」は生月冲殺としては真骨頂で、事故とはフザケた言いようだ。
ありがたき幸せではないのか_____。
現在の「28歳山寅」は、忌み神とはいえDNA「牽」の名誉。
色々大人の事情もあろうが「やっぱり出ます」では恥ずかしい。
その自民党は、真鍋の年干支「鉄申」を大半会するも、
天冲殺範囲と害までもたれており、守護神害なので微妙。
喜びも中途半端ということなのか。
しかし、ここで決意をせねば、それこそ半端。
むろん笑いもとれていないし、
これまで芸能界から挑戦した誰にも見られる決意が感じられないところが、
頼りにならない「雨卯」とはいえ、
お試しには素直に従うのが、宿命冲殺ではないかい☆
 
■2013年02月23日(土)鉄申
柳原可奈子宇佐美あいりの彼氏で渋谷の山Pにご執心●
■映画「ウォーターボーイズ」に出演し渋谷の山Pと呼ばれる
元俳優(28歳)が店長を務めるバーに
柳原奈子(86-0203/山寅)が通い詰め、
一目惚れで、携帯にメールを送ったり、食事に誘ったりの猛プッシュ。
そんな努力のかいもあって、最近ディズニーシーへデートに行ったようだが、
その男は、01年(宝巳)デビューながら売れない
グラビアアイドルの
宇佐美いり(85-0206/陽子)と半同棲だと
「女性セブン」が報じている。
柳原は「石」主導の「山」だし、自信過剰の「山寅」でもあり、
相手に彼女がいようとお構いなし。
さらに、「山+石+丑月」は、他人から租借で、
「丑」年生まれ「山寅」は、まとめ下手。
時代整合性ある冬生まれとはいえ、「雨」の異性は忌み神。
そして、今年(13年/雨巳)は年支も月支(共に丑)も半会で、
やる気満々ながら、60年に一度の干合支害年で、結果は見えてる(笑)。
分かりやすいお試しは、次旬「31歳雨巳」の予行演習。
エレベーターの中で抱きつき、わざとらしい小芝居が繰りひろげられたそうだが、
笑いをとれぬならば、ただの恥。
仕事しなくちゃね☆
 
訃報.ゲームクリエーター飯野賢治が逝く●
■95年(草亥)に代表作となった「Dの食卓」を発表した
ゲームクリエーターの
飯野(70-0505/草酉)が、
02月20日(灯巳)のDNA「鳳」の半会日に、高血圧性心不全で死去。
年干と月干が「鉄」、日干が「草」という干合金性天干一気で、
年干支「鉄戌」VS日干支「草酉」の干合支害持ちは、究極の表裏。
名誉が極まったり、異性を意識すれば(結婚すれば)犠牲がつきものという、
持続力が望めない晩夏の「草」。
総エネルギー211点中金性104点は、身を傷めやすいが、
初旬「1歳宝巳」は、干合日干支「宝酉」と大半会のため成功運型。
2旬「11歳海午」3旬「21歳雨未」は10年運天冲殺。
4旬「31歳木申」は方三位完成のDNA「石」の妥協。
現在の5旬「41歳草酉」は、金性天干一気強化の律音。
仕事世界の年干支「鉄戌」は干合支害でもあった。
会社設立は3旬の10年運天冲殺中とはいえ、94年(木戌)の害。
たとえ母親が7歳で失踪し、暖かい家庭に飢えていても、
現実性が強く「司」主導では感謝が足りなかったのではないか。
何でもかんでも、欲しがってはいけない。
もとより、結婚が似合わぬのに二児の親。
無理をしすぎれば、衝突も避けられず、もたない。
午未天冲殺でこの宿命(干合支害天干一気)が生き急いだら、目的がなくなってしまう。
一時は成功したかのようにみえても、早生は辛く、
今年(13年/雨巳)の、DNA「龍」の半会は別れとなってしまった。
早すぎる終わりに、合掌☆
 
渡辺直美にありえない改良改革恩恵の兆し●
■02月08日(草巳)の律音日に、
渡辺直美1stパーソナルブック naomeetを刊行した
渡辺直美(87-1023/草巳)が
「25歳女の子。 158センチ。 42キロ。 本が出ました。
お近くの書店で。 宜しくお願い致します♪」と、twitterで発信しているが、
さして話題にもなっていないようなので、取りあげる。
なりきりビヨンセ(81-0904/草酉)として笑いを誘い、
テレビやCMばかりか、昨年(12年/海辰)は映画「綱引いちゃった!」で、
貴重な役どころを演じた渡辺は、
年干支「灯卯」の大半会を伴う守護神対冲年だった07年(灯亥)デビュー。
茨城県石岡市出身で、父親が日本人、母親が台湾人のハーフ。
母子家庭で育った生年冲殺で、DNA「司」主導は、
現実性が強すぎて、蓄積意識が勝っているため、痩せることがない。
「司+貫」は、意思は強いものの、「草」であるばかりか、
「貫」が冲殺されているため、表向きは柔軟で「貫」が才能。
「司+牽」は、組織の意向に従い保身術優秀。
「司+鳳」は、負けず嫌いで熱き貪欲。
「草+司+戌月」は、愚純なるも、
「卯」年生まれ「草巳」は正直者のため悪人ではない。
秋生まれで、乾いた種子だが、
水性ゼロ(DNA龍/玉なし)のため、頭の中身はたかがしれているが、
そこが愛嬌であり、売り。
初旬「5歳宝亥」は、日干支の天剋地冲があり成功運型。
2旬「15歳海子」2旬「25歳雨丑」は宿命にない水性廻り。
昨年(海辰)は年干支「灯卯」の干合支害で表面的には前進不能も、
干合年干「草」と日干「草」の両天秤が、
この書籍への道筋になったはずである。
「直美ちゃんって太っているのに、なんであんなに可愛いの!?が、
この1冊でわかります! モノマネあり、台湾旅行あり、インタビューあり…。
コレはまさに、デブカワ芸人・渡辺直美の百貫辞典ならぬ百科辞典。
オモシロ写真でスカッと笑って、言葉の端々で新たな一面を知れば、
直美ちゃんをゴリゴリに好きになる―ハズ」だそうだが、
今年(13年/雨巳)は、宿命にない水性年で、新たな挑戦。
とはいえ、余興でも
パンサー向井彗(85-1216/畑丑)との公開キスはマズイ(笑)。
相手の年干支「草丑」を大半会とはいえ、年上の午未天冲殺なんて、
何の役にもたたないのだから_____。
せっかくの好機も、好感度アップにはつながらんぞ☆
 
■2013年02月24日(日)宝酉
■スギちゃんは見た途端だったけれど、
キンタロー。も三度みたら嫌悪感ばかりで、耐えられない。
使い回しが出来ず、あれしかないのは辛い☆
 
前田有紀が英国留学のため退社の愚かな夢の中●
■「やべっちFC」や「くりぃむクイズ ミラクル9」に出演している
テレビ朝日の
前田有紀(81-0117/草未)アナが、
大半会月の03月(草卯)に退社することを、02月22日(畑未)にテレビ朝日が発表した。
前田は03年(雨未)のDNA「龍」の改良改革年入社で、
アナウンススクールなどに通わない清新さが評価されての入社だったが、
「入社から10年、テレビ朝日でアナウンサーとしてキャリアを積んでいく中で、
その他にも勉強したいことがいくつか出てきました。
アナウンサーをやりながらというよりも一度時間を作り、
自分と向き合いながら掘り下げて行きたいと思い、
ロンドンに留学のため退社することを決めました。
新しい経験を積む中で、
これから進むべき道を見つけていきたいと考えています」とコメントも、
今年(13年/雨巳)のDNA「龍」年とはいえ、条件なし天冲殺の夢の中。
「車」主導は単純だから、思い立ったら行動なのだが、
10年運「24歳陽戌」は、DNA「調」の極端。
守護神とはいえ、変剋律は悩みながら才能を磨くもので、逃げてはいけない。
後輩は喜ぶだろうが、社会人にもなって勉強なんて最低。
疲れたのか、遊びたいのか、花道なき撤退は愚かなだけだ☆
 
AKB48 内田眞由美の岩で笑いをとれない犠牲的精神●
■10年(鉄寅)のDNA「龍」の改良改革半会年の
09月21日(木戌)のDNA「鳳」の半会日に行われた「じゃんけん大会」で優勝し、
12月08日(海辰)発売の19th「チャンスの順番」で初のメディア選抜入りを果たし、
同時に初のセンターポジションを務めた
AKB48チームKの
内田眞由美(93-1227/海午)が、02月22日(畑未)のDNA「牽」の支合日に、
初のフォトエッセイ
岩にしみ入る“内さん”の声を刊行。
忌み神の岩はどう見ても似合わないのだが、
今や代名詞にされてしまった「岩」のまま
銭湯や観光名所を訪れている不可思議な写真や、
温泉宿で「岩」を脱ぎながら白いビキニ姿を披露するセクシーショットなどと
自身で書いた22本のエッセーと8本のポエムを収録している。
東京都八王子市出身で、「石」主導は時間がかかる和合性。
「石+玉」は、いちいち理屈をつける。
「石+司」は、内側は質素。だから水着も無理。
「石+石」は、薄まった塩水で、有難味はいまひとつ。
「石+鳳」は、ごくごく普通。
「海+石+子月」は、おだてに弱い。
「酉」年生まれ「海午」は、内外シーソー。
生年冲殺なのだから、何でもやらねばならないが、
すなわち果てしなく自由と無縁で、とりあえずは汚れ役。
初旬「3歳草丑」は、DNA「調」の害。
「小学校の時、同じクラスの女の子たちから嫌がらせを受けていた。
ストレスで入院したこともあった」は、これが理由。
生年冲殺なのに、「じゃんけん大会で負けたら、AKBをやめようと思っていた」は、
何をいまさらであり、2旬「13歳陽寅」は、守護神半会なのだから、このまま。
今年(13年/雨巳)は、年干支「雨酉」の大半会を伴う屈辱(笑)。
秋元康(56-0502/畑巳)総合プロデューサーは、
「悔しさや悲しみの涙が染みこんだその岩は、
誰もまねできない特別な存在になったなと…。
この本は、岩に耳を当て聞いた声でできている」と意味不明なコメント。
出せただけ、有り難き幸せと思うが、
僅か132点の四正格が、入格した11年(宝卯)にはあえて書くほどの売りもなく、
(ダイエットや自身の名をつけた高知競馬のレース施行程度)
集中できないのは「雨」が多く薄い「海」だからなのかと思うぞ☆
 
■2013年02月25日(月)海戌
KAT-TUN 田中聖が副業でバーを開店 板野友美も来店●
KAT-TUN田中聖(85-1105/山申)が、
干合月だった先月(01月/雨丑)に、
港区内に会員制のラウンジバーをオープンさせたと
「サイゾーウーマン」が報じている。
事務所は副業を禁止しているため、兄名義とされているようだが、
店の入り口には田中お気に入りのハーレーのバイクが置かれるなど、
内装に関しても田中の趣味全開ということなので、言い逃れは無用なうえに、
場所も傷害事件が発生したビル内という、危ないところ。
しかも、訪れた人の話では
AKB48板野(91-0702/雨酉※)と
密会していたなんていうことまで書かれており、穏やかではない。
KAT-TUNとしてのデビューは06年(陽戌)だが、
ジャニーズ事務所入所は98年(山寅)の納音条件なし天冲殺。
さすが、今年(13年/雨巳)は60年に一度の干合支合年だし、
いい加減、飽きてきたのであろうなあ☆
 
菅野よう子 泥沼ビジネス訴訟と不倫疑惑浮上の毒の中●
■人気アニメ「カウボーイビバップ」「マクロスF」などの音楽を手掛け、
最近はNHK震災チャリティー曲「花は咲く」を作曲したことでも
話題になった作曲家の
菅野よ(64-0318/陽寅)。
その音楽センスは国内はもとより海外でも評価が高く、
ゲームや実写映画、CM曲など
幅広活躍しているが、
そんな菅野が別荘ビジネスで複数の訴訟に関わり、
関係者と不倫疑惑まで取りざたされていると「週刊新潮」が報じている。
発端は元夫のチェリスト
溝口肇(60-0423/宝巳)との離婚を
くだんの人物と相談しているうちに、深い仲になったというものだが、
それは共通干支もない干合支害関係の相手と結婚したから、
離婚に至ったものだが、
「玉」主導だけに、中途半端な場所の別荘というのも笑えるが、
そもそも金性ゼロ(DNA禄/司なし)が、稼いでも使い方を知らないと躓く。
初旬条件(4歳陽寅は日干支と律音)があるとはいえ、
現在の10年運「44歳海戌」は、DNA「車」の10年運天冲殺半会。
「海」は守護神とはいえ、宿命にない危険な成分。
今年(13年/雨巳)は、DNA「牽」の害で不名誉。
真偽はともかく、挫折は挫折。
総エネルギー268点中木性128点で、そこまで堪えぬだろう。
感謝や奉仕がない人には、いい薬になったかな☆
 
■2013年02月26日(火)雨亥
高嶋ちさ子 スーツケース盗難と従兄と確執の毒の中●
■02月03日(鉄子)の主導DNA「禄」日に、
地方公演からの帰りの新幹線内で、プラダのスーツケースを盗まれた
ヴァイオリニストの
高嶋ちさ子(68-0824/陽寅)が、
02月10日(灯未)にTBS系「アッコにおまかせ!」で電話取材を受け
被害総額が百万円であったことを明かすも、
「(犯人が)どんな理由で持っていったのか知りたいです」
「間違えて持っていっちゃったんだったら、早く持ってこい!」
などと怒りをぶちまけたあげく、
取材班が「大きななくし物をした高嶋政伸さんについては何かありますでしょうか?」
と質問すると、突然声色を変え、
「あの! ただでさえイライラしてんのに、くだらないことを聞かないでください!」と
電話をきったと「女性セブン」が報じている。
同誌によると、ちさ子の父親は「ビートルズを日本に紹介した人物」として著名な
東芝EMIの元ディレクターで、その兄が俳優の
高島忠夫(30-0727/山寅)。
(忠夫の妻の)
寿美花代(32-0206/灯酉)に、
ちさ子が、6歳からヴァイオリンを始めた折り、
「お金がかかるのに大丈夫なの?」と嫌味を言われたり、
奨学金で留学したのに、援助したと言いふらされたのが確執の発端で、
親戚付き合いは一切ないそうだ。
「禄」主導で権力志向が強いちさ子も自己中心のうえ、
「禄」×3もあり頑固一徹だし、
幼少期からのあだ名が「悪魔」と言われるほどの独善者という行状ではやむを得ず。
身から出た錆もあろうな。
結婚は99年(畑卯)ながら、10年運「26歳灯巳」の害(頸椎ヘルニアの発症で消化)。
二児を出産したのは害明けの「36歳陽辰」だが、
今年(13年/雨巳)は、年干「山」が干合する忌み神化を伴うDNA「牽」の不名誉。
害年で毒を吐いた_____笑える展開。
生日冲殺なのに、事務所の代表は父親。
初旬条件や後天運天冲殺もなく、支えはターボ運だけ。
才能は「龍」を活かしてはいても、無理に無理を重ねてきたツケはあり。
「申」年生まれ「陽寅」は、上がりきれば落ちる。
戌亥天冲殺だから、血縁にはそこまで興味がなかろうと、
大半会もある
高嶋政伸(66-1027/畑未)にコメント出来ぬようだから、
盗難にも遭遇するのであろうなあ。
感謝と余裕がないと試される。
「禄+龍」は視野が狭く、独善的だしね。
ちなみに、スーツケースに入っていたドレスは、
06年(陽戌)の大半会天冲殺に始めた
高嶋ちさ子 12人ヴァイオリニスト
ためにあつらえたもので、縁なし☆
 
■2013年02月27日(水)木子
MAX Reina 害年結婚の第二子は害持ち子丑化け物女子●
■干合火性天干一気ながら、11年(宝卯)のDNA「調」の害年に、
出来ちゃった結婚をして第一子男児(11-11XX)を出産するも、
まったく音沙汰なしで、誕生日すら公表しなかった
MAXREINA(宮内玲奈・78-0106/山辰)が、
第二子女児(13-0217/木寅)を出産したことを、約4ヶ月ぶりのブログで発表。
今年(13年/雨巳)は、忌み神とはいえ主導DNA「司」年の干合年らしく、
アットホームな環境の念願の助産院出産に、はしゃいでいる。
REINAの月干支「雨丑」が娘の年干支「雨巳」を大半会するため、
ブログどころではなかった初産と比して、何もかも好転しているので仕方ないか(笑)。
とはいえ、REINAも土性過多総エネルギー273点のターボ運付きの身強だが、
女児は総エネルギー306点中木性104点という化け物なみの存在感のうえ、
年支「巳」VS日支「寅」の表裏あり。
月支も「寅」だから、中身は強固でガッシリで、見事としかいいようがないが、
後天運ターボ運付とはいえ3旬「25歳灯巳」は、守護神害。
いったいどういう結婚してるんだか_____☆
 
■2013年02月28日(木)草丑
小泉進次郎 ホストの従弟が風営法違反で逮捕の憂鬱●
■自民党の小泉次郎(81-0413/宝酉※)青年局長の
共通干支のない従弟の
小泉力也(83-0520/山申)が、
02月17日午前一時頃(雨丑)に、
神奈川県横須賀市の横須賀中央駅から徒歩2分のスナック街で、
「サンクチュアリ」という店を無許可で営業していた容疑で、現行犯逮捕された。
力也は年支「亥」VS日支「申」は、わがままのうえ、
年干支「雨亥」VS日干支「山申」の干合支害持ちは、
究極の表裏人間で、持続力もない一族の鼻つまみ。
父親は、
小泉純一郎(42-0108/宝酉)元首相の実弟で、
母親は
石原慎太郎(32-0930/木午)前都知事の妻のいとこの娘という家系は豪華も、
「鳳」主導の単なる遊び人(笑)。
11年(宝卯)から、毎晩のように明け方までドンチャン騒ぎをしていたそうで、
夢の中で始めたことが、60年に一度の害切れ干合支合年(13年/雨巳)の
害切れ天剋地冲天冲殺月(02月/木寅)に発覚したもの。
自業自得というか、この辺でお縄になるのは、忌み神とはいえ救いなのだろう。
選挙区で幼少期から兄弟同然だったとされる従弟の逮捕に、
進次郎は「残念です…」と言葉少なめ。
このあたりは火性ゼロ(DNA車/牽なし)は、
自尊心なしで、口だけで濁すという感じだなあ。
年干支も日干支も同じく「宝酉」で、表裏ないというか、
実は毒にも薬にならぬ部分は、身内の逮捕で露見する。
もとより子丑天冲殺なのに、親の跡を継いだところで、矛盾は覚悟。
10年運「23歳畑丑」のDNA「龍」の改良改革半会天冲殺の最後の事件は、
来年(14年/木午)から始まる
「33歳山子」のDNA「玉」の変剋律付10年運天冲殺の
地元関連の苦悩に続くため、これで終わりではない。
なんたって進次郎も08年(山子)の天冲殺で当選したのだから、
制御不能は政治の世界にいる限りつきものである☆
 
コラム総合目次/茶房会館(1 9 9 6 年〜)
さ く い ん
BEHPは書体設定明朝体にしてご覧になられるのを推奨しています
プラウザのバックを使ってお戻りください●
BE●運命向上委員会 Copyright(c)1994→2019 birthday-energy.inc.
 
BE●灯BE●幸せ発電所
BE●運命向上委員会BE●運命向上委員会
BE●苺1BE●苺2